Missデビル|10話(最終回)の動画見逃し無料視聴はこちら【6月16日放送ミスデビル】

  • この記事を書いた人:yatarou
菜々緒主演・2018年春ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』

↓今すぐ『Missデビル』を全話見る↓

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回  2018年6月16日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年6月16日(土)放送終了後〜2018年6月23日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじ

2018年6月16日(土)放送のドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじを紹介します。

大沢(船越英一郎)が、ホテルアックスの火災事故で偽装を働いていたことを認めた。

偽装の証拠を示す写真と引き換えに父の行方を教えるよう、渡米目前の大沢に持ちかける眞子(菜々緒)。

大沢は、16年前に縣(大高洋夫)が眞子の父を殺し、ホテルの跡地に埋めたと眞子に告げる。

博史(佐藤勝利)は眞子と共に指定された場所で遺体を探すが、眞子の父は見つからない。

一方、喜多村(西田敏行)は意識を取り戻したが、共亜火災では退職者が続出し混乱が続いていた。

投資会社・グッドマンキャピタルの曽我部(堀部圭亮)が共亜火災に出資を申し出るが、眞子は曽我部が信用ならない相手だと千紘(木村佳乃)に助言。

そんな中、喜多村が母と別れた経緯を知った千紘は父と和解するが、ホテルアックスの事件が週刊誌にすっぱ抜かれ…!

修(鶴見辰吾)から大沢との関係を聞かされる博史。

大沢が自らホテルアックスの件を雑誌にリークしたことを見抜く眞子。

会社を危機に追いやってでも、ホテルアックス事件の“真相”を公表するべきかどうか悩む千紘。

それぞれの思いを胸に喜多村の元を訪れた3人を、最後の試練が待ち受けていた!

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)の見どころや期待度をご紹介いたします。

えいこ
ついに最終回です。

9話ではいろいろ真相がわかってきましたので、とりあえず頭をまとめましょう。

ホテルアックス火災偽装に関わった縣を殺したのは社長秘書?

火災偽装の指示を出していたのは社長?

縣に脅迫状を出していたのは博史の母親?

そうですよねってことと、何故にって思うことがありますよね。

予告では「部下を守るのは上司の義務」「私を裁くことはできない」とか気になる台詞がいっぱいです。

社長は裁かれるのか、博史の家族はどうなるのか、会社から膿は出切るのか、そして眞子は眞子としての使命を終えることができるのか。

このあたりが最終話のポイントではないかと考えます。

個人的にほしいと思っている映像は、社長が崖の上で真相告白ですね。

是非お願いしたいと思っております。

ペンネーム:えいこ(40代・女性)

レオコネ
10話では、縣に、「もうお前たちは終わった」という手紙を出して、又、銀行の金庫からホテルアックスの火災の偽装工作の写真を手に入れて縣を焦らせ、縣に博史の父を強迫させたのは眞子だったが、博史の母は自分が縣を殺したと言い出した。

一方、社長の秘書の本橋が社長を庇おうとして警察に自首したが、疑いが晴れて釈放される。

代わりに博史の母が警察に自首した。

博史の母は、縣が眞子と会社を出た後をつけて縣をナイフで刺して殺したと警察に言う。

一方、眞子は縣の銀行の金庫から奪った偽装工作の写真をネタにマスコミに暴露し社長は株主総会で16年前のホテルアックスの火災事故の偽装工作を株主に追求され解任される。

又、9話で意識を失った会長が蘇生するのか秘密を墓場まで持って行ってしまうのか関心がある。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

さきママ
いよいよ、これまでの真実が明らかになっていくのだと思うと、とても楽しみでなりません。

事件の真相もそうですが、個人的に気になっていることがあります。

それは、毎回過去の火事のシーンが映る度に出てくる、炎に入っていく人影です。

一体誰なのか、全く明かされていませんが、もしかしたら、椿が記憶を閉ざしている出来事なのではないかと思っています。

また、個人的には、実はあれは博史の父ではないかと予想しています。

実は博史の父が足を悪くしたのがホテル火災で、そんな親友を何かしら助けるために、とりあえずホテルの保険金は出さない等となったのではないかと予想してしまいます。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

湊海
ついに自分の正体を明かした眞子と、ホテルアックスの不正を認めた大沢が、この後どのような判断をするのか、かなり気になります。

予告で眞子がなにかを掘り返しているシーンがあったので、やはり支配人は殺されていたんじゃないかと思います。

そして、実は縣を脅していたのは自分だったととんでもない爆弾を落とした博史の母親も、やはりホテルアックスの件に何か関わりがあったんだと思います。

夫婦でそのことを隠していたけど、眞子はそのことを知っていて、博史に警告していたんだと思います。

まだ秘密を隠していそうな人物が多いので、伏線が全て回収されて、納得のいく結末に期待しています。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

シャワーズ
椿の正体は鬼頭舞子であることを知った大沢社長は椿と斎藤に対し、ホテルアックス火災の事実を話した後に、それでも自分は悪くないといい、ニューヨーク出張に向かおうとしていた。

その時に椿は録音したことを大沢社長に言い、この録音を警察に渡すと言い、大沢社長はやめろと椿に襲いかかる結果、椿に一蹴されてしまい、大沢社長は警察に逮捕されることになった。

また、縣を殺した犯人は斎藤の母であり、殺した動機は斎藤の父や斎藤を守るための犯行であるのだという展開を予想している。

椿や斎藤にとってハッピーエンドになる結果であるかどうか楽しみなポイントとしている。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

吉田
最終回に向けて斎藤家と会社の関わり、椿が会社に来た目的、縣を殺した犯人、ホテルアックスの火災の真相、会長と伊藤の関係等気になることは多い。

しかし伏線を張りすぎて最終回でこれらが視聴者の納得いく回収ができるのか、大いに期待したい。

また菜々緒のSっ気の部分や、あのスタイル良さを活かしたシーンにも期待したい。

あとは斎藤と藤堂の恋の行方にも注目したい。

ただここまでの伏線があるので最終回はきっとハッピーエンドにはならないような気がして少し心配である。

ドラマの初回では人事部の話がメインだったので、そんなに期待していなかったが後半から色々伏線が出だしてかなり面白くなったので、来週の最終回がかなり楽しみである。

ペンネーム:吉田(30代・男性)

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

シャワローズ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

椿がホテルアックスに関する偽装の写真を持っているため、父の行方を教えてもらう条件での取引を提案した。

大沢社長は縣が椿の父を殺し、ホテルの跡地に埋めたという話をした。

椿と斎藤はホテルの跡地にある石碑の前に向かい、掘り始めた。だが椿の父は見つからなかった。

伊東人事部長は、曽我部CEOが共亜のことを評価し、出資してくれるためには経営に参加することに関して異論を唱えた。

伊東人事部長は椿に対し、曽我部CEOのことをどう思うかというのを聞くと、彼はハゲタカだと椿は言った。

翌日、伊東人事部長は喜多村会長の病室に赴いた。

会長が伊東の母と伊東を捨てたことは伊東の誤解であったことが明らかになった。

週刊誌に16年前のホテルアックス火災の不正の記事が載せられた。

夜、喜多村会長の病室にいる椿はそこで大沢社長と会った。

週刊誌にホテルアックスの情報を流したのは大沢社長で、大沢社長の狙いがわかったと椿は言った。

斎藤の父は大沢社長と親友だったのだと話した。

大沢社長がホテルアックスの話をした時に涙を流したのを斎藤の父は見た。

斎藤の父は大沢社長に打ち明けられた秘密の重さに負けていくようになったのだと言った。

斎藤の親は警察に行って話してきたそうだ。

伊東人事部長は16年前のホテルアックス火災のことで全てを話す決意をした。

だが、そこには曽我部CEOらが足止めに入った。

それを椿が制圧した。

会見が始まった。

そこに大沢社長も現れ、ホテルアックス火災のことを話した。

大沢社長はニューヨークに行って契約をしたことで、会社としての体裁を保てると話した。

縣に脅かされた大沢社長の元に、秘書が縣を死なせたため、2人で縣の死体を埋めたそうだ。

大沢社長は自分で罪を認め、警察署に向かった。

共亜は規模縮小し、従業員も10分の1となった。伊東人事部長は社長に就任した。

椿は今後も父を探し続ける。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)の感想

斎藤が大沢社長に訴えた言葉が素敵だった。

罰の有無の問題ではなく、辛い人がいるという主張はその通りなのだと感じた。

悪魔で強い女だという椿が感情を持って父を探しているというのには、斎藤と同じく衝撃を受けた。

「ハゲタカ」という言葉を知らなかったので今回を機に学べた。

斎藤の同期の南雲が出演し、南雲の近況を知れたのと、南雲の元気な様子を見て安心した。

やはり伊東人事部長は良い方なのだと感じた。

強気で会社に向き合う椿と、冷静に慎重に会社と向き合っていこうとする伊東、この2人は良い均衡を取れているのだと感じた。

椿の父はどこかに行ってしまったのだろうか、椿が見つけてくれることを願う。

ペンネーム:シャワローズ(20代・女性)

湊海

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

大沢はホテルアックスの不正写真と引き換えに、眞子の父親が縣に殺されて斧が先に埋められていると教えられましたが、そこには死体はありませんでした。

実は、支配人は生きていて、会長秘書の柴崎が眞子の父親だったのです。

大沢は、不正のことをマスコミにリークし、共亜火災は株が大暴落して、倒産の危機に立たされていました。

グッドマンキャピタルの曽我部が共亜火災に出資を申し出ますが、それは副社長が目論んだ乗っ取り計画でした。

眞子は千紘に曽我部のことを警告し、会長にも背中を押された千紘は、記者会見を開き、事実を公表しようとします。

そこに大沢が現れ、全て自分が行ったことだと謝罪します。

大沢は海外の会社と提携のためにニューヨークに行っていたと明かし、共亜火災は規模を縮小して存続することになりました。

千紘が新社長に就任し、大沢は会社を去りました。

眞子も父親を会社を辞め、父親を探し続けると博史に別れを告げました。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)の感想

眞子の父親が柴崎だったというのは予想通りでしたが、最後まで名乗り出なかったのはちょっと意外でした。

でも、会長に父親の思い出話をしたり、最後にアップルパイをプレゼントしたことを考えると、実は父親の正体に何となく気づいていたような気がしました。

大沢は自ら社長を辞めるくらいなら会社を潰そうと思って記事をリークしたんだと思っていたので、自分だけが罪をかぶって会社を守ったという身の引き方には驚きましたが、男らしかったと思います。

だからこそ、眞子も最初は三人に復讐するつもりで会社に潜り込んだけど、徐々にその考えも変わっていったんだと思います。

ハッピーエンドというわけにはいきませんでしたが、事故の真相を暴くという眞子の目的は果たせたので、後味は良かったと思います。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

さきママ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

椿は大沢社長から、縣が椿の父親を殺害し、斧ヶ崎に埋めたと知らされる。

急いで斧ヶ崎の地を堀りに向かった椿だったが、結局父親は見つからなかった。

大沢社長は、予定通りニューヨークへと姿を消した。

その間、16年前の保険金未払いの件が週刊誌にて報じられる。

社長秘書の逮捕と合わせて世間が騒ぎ始める中、曽我部という人物が共亜火災の乗っ取りを画策し始めていた。

何とか会社を守るため、伊東は過去の事件の真相を話すため記者会見を開くことを決意。

途中、曽我部の邪魔が入るも、椿がいつものように制裁する。

記者会見を行おうとした時、姿を消していた大沢社長が現れ、16年前の事件が自分の一存だったと認めるのだった。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)の感想

全ての真実が明かされたようで、そうでもなかったモヤモヤが少しありました。

結局、椿の父親はどこに行ってしまったのか、本当に全てが大沢社長の一存だったのか、会長の表情が複雑そうだったのは、単純に大沢社長が真実を話したからなのか、スッキリしない感覚も残りました。

ただ、全体的には本当に面白かったと思います。

最後の最後まで椿の回し蹴りや発言にはスッキリさせてもらいましたし、博史の成長ぶりも伺えて、とても充実感の得られたドラマだったと思います。

個人的には、あまりに社内事情に詳しかった沖津を疑ってた事もあったので、予想が外れて申し訳ない感覚さえありました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ふないちろう

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

ホテルアックスの火災の偽装工作を行ったことを告白した大沢は、眞子の父親は、縣が殺し、ホテルの跡地に埋めたと、告白した。

しかし、見つからなかった。

大沢の秘書本橋が、縣を殺した事で、共亜火災は、ピンチとなった。

そこへ、グッドマンキャピタルから、援助の話が来たが、千紘は、受け入れることができなかった。

また、ホテルアックス火災の偽装工作が週刊誌に掲載され、益々、会社は追い込まれていった。

入院中の喜多村との誤解が溶けた千紘は、会社をどのようにしたら良いか悩んでいた。

そこへ訪れた眞子は、父親の話をした。

そして、博史は、よい会社であったらと。

千紘は、記者会見で、ホテルアックスの件について、公表することにした。

そこへ、大沢が現れ、すべて自分がやったことだと話した。

そして、千紘と眞子に、共亜火災を守るため、アメリカの会社と業務提携する事になったと。

また、大沢を脅した縣を、本橋が殺害し、ふたりで縣を埋めたと。

そして、共亜火災は千紘が社長となり、規模を縮小し、存続していく事になった。

博史と、沖津は、残ることになった。

眞子は、会社を去るが、父親を捜し続けると。

そして、博史には、あなたは大丈夫だと言う言葉を残して。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)の感想

本当に大沢の一存で、偽装を行ったのでしょうか。

大沢一人が、罪を被ったのではなかったのかとの思いがあります。

そして、眞子の父親の行方がわからなかったことは、でも、それは、眞子にとっては、もしかしたら、生きているのではないかという期待があるのかも知れません。

見ている方は、ちょっとスッキリしないですが。

一方、博史の両親の告白に、博史の妹茜の、「好きだから、こうなったんでしょ」と言う言葉は、とても優しく聞こえました。

とても素敵な家族なんだなと。

そして、眞子に、あなたは大丈夫と言われた博史でしたが、いつのまにか、強くなっていたのでしょうね。

悪魔の眞子の元で、働いていたのですから。

ペンネーム:ふないちろう(50代・女性)

けいさん

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじネタバレ

ホテル火災について、大沢(船越英一郎)は偽装を認めました。

眞子(菜々緒)は、証拠と引き換えに自分の父親の行方を教える様に話を持ちかけました。

大沢によると、眞子の父親は16年前、縣(大高洋夫)により殺害され、ホテルの跡地に埋められたとの事です。

眞子は博史(佐藤勝利)と共に、言われた場所へ行くものの、必死の捜索も空しく、父親の遺体は見つかりませんでした。

共亜火災では、退職希望者が続出し、混乱していました。

投資会社の曽我部が共亜火災に出資を申し出るも、信用できない相手だと眞子は千紘(木村佳乃)に助言しました。

千紘も意識を取り戻した、自分の父親である喜多村(西田敏行)と母親と別れた経緯を知り和解しました。

そんな時、週刊誌にホテル火災の事が取り上げられてしまったのです…。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)の感想

それまでずっと、クールビューティーの様なキャラクターを通してきた眞子が、ホテル火災、及び父親の事を通して、感情を露わにしたので、ドキッとしました。

また、明らかに金儲けの事しか考えていない投資会社の曽我部や側近に対して、(最終回とでけあって)眞子のキックを含むアクションにとても力が入っている様に思えました。

最後、共亜火災は縮小した形で続け、社員はそれぞれの道を歩みますが、眞子も博史い助言を残し父親を捜す旅に出ると言っていましたが、ちょっと時代劇の様な最終回だなと正直思いました。

それでも、スッキリした終わり方で良かったと思います。

ペンネーム:けいさん(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第10話(最終回)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7月からは同枠でドラマ『サバイバル・ウェディング』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA