Missデビル|9話の動画見逃し無料視聴はこちら【6月9日放送ミスデビル】

  • この記事を書いた人:yatarou
菜々緒主演・2018年春ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』

↓今すぐ『Missデビル』を全話見る↓

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話( 2018年6月9日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年6月9日(土)放送終了後〜2018年6月16日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじ

2018年6月9日(土)放送のドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじを紹介します。

ホテルアックスの火災事故の際、保険金支払いを避けるために共亜火災が偽装工作を働いていた…!!

その証拠写真を取り戻すために眞子(菜々緒)の元を訪れていた調査会社の縣(大高洋夫)が、遺体で発見された。

縣が眞子に襲いかかって来た場にいた博史(佐藤勝利)は、胸騒ぎを抑えられない。

一方、喜多村(西田敏行)が自分を捨てた父だと知らされた千紘(木村佳乃)は、あまりの衝撃に身動きが取れなくなっていた。

そんな中、縣の事件の捜査のため、警察が共亜火災にやってきた。

事情聴取を受けることになった大沢(船越英一郎)や喜多村、そして縣から脅迫じみたメールを受け取っていた修(鶴見辰吾)。

修と共亜火災をつなぐ“点”である博史も警察から話を聞かれることになり…。

眞子の無実を信じつつ、縣が殺害された夜に眞子と会っていたことを警察に話してしまう博史。

一方眞子は、自分の正体を知った喜多村に共亜火災に来た“目的”を告白する。

そして遂に警察から呼び出された眞子と博史。

その場で眞子は思いがけない証言をするのだが…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

シャワーズ
藤堂が会社を辞めないで仕事を続けていくという決意をし、藤堂の父も回復に向けて治療を続けていくことで藤堂の問題は解決した。

ホテルアックス火災事件について調査を進めていく椿室長の指令により、斎藤は秘書部のスパイとして研修することになった結果、ホテルアックス火災事件に関する話や物的証拠を掴むことになったが、喜多村会長らの仕業により、斎藤に危険が及んでしまうという事件が起こり、椿室長は喜多村会長らに対して憤りを覚えるという展開を予想している。

斎藤の父親が、喜多村会長らに就くのではなく、斎藤の味方でいてくれるかどうかが楽しみなポイントとしている。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

レオコネ
ホテルアックスに関する秘密資料を縣の預けていた銀行の金庫から入手した眞子が再度、縣から命を狙われるが助かる。

一方、会長からホテルアックスの不祥事の責任を問われ、退職を迫られた仕返しに、社長は会長のスキャンダルを暴露すると会長を脅す。

そして会長は服毒自殺をする。博史の父も又、社長と共謀していたので、縣に命を狙われるが、眞子が博史の父を助ける。

しかし眞子は会長と社長に亡くなった支配人だった親の復讐を遂げるべく、眞子はホテルアックスの火事がホテルの過失ではないとの共亜火災の極秘資料をマスコミに暴露し、株主総会で社長は不正を株主から非難され退陣に追い込まれる。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

さきママ
今回、椿にガッツリとやられた縣の今後の言動が気になっています。

これだけ打ちのめされても、まだ椿に危害を加えようとするのか、それとも諦めるのか、そもそも縣は誰の差し金で椿を調べていたのか、やはり会長なのか、様々な疑問が残り、その解決が楽しみとなっています。

また、予告で殺人事件という文字がありましたが、誰が殺されるのか、椿は疑われるのか、そんな椿を目の前に博史はどのような反応を見せるのか、そのあたりも楽しみな展開の1つです。

次回からまた、今まで以上に博史の成長具合に期待を持てるのではないかと考えています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ふじお
椿眞子が復讐するにも、危険な罠がありそうです。

本人も気付いていますが、女性一人で戦えるかが疑問です。

佐藤勝利さんでは、とても頼りないので期待していませんが、助っ人が欲しいところです。

会長は、社長を辞任にする考えですが、これは会社を守るための手段だと思います。

表向きは、社員は家族と言っていても、腹の内は分かりません。

このドラマは人間とは何か?会社とは何か?と疑いがある人間模様が見えます。

こうなると誰も信用できない人間が造られてしまいます。

まだ若い佐藤勝利さんには、腹黒い人間の心を知り大人になって行きそうです。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

湊海
縣は恐らく、内部告発をするつもりだったか、大沢を強請ろうとして写真を持っていたんだと思いますが、口封じのために大沢に殺されたんだと思います。

眞子が殺人の疑いをかけられるようですが、会長に全てを打ち明けるようなので、大沢を切り捨てたい会長は、土壇場で眞子を擁護するんじゃないかと思います。

修が共亜火災と関わった目的も明らかになると思うので、いよいよ眞子の本当のターゲットも明らかになると思います。

大沢が素直に罪を認めるとは思えないので、また悪あがきをしそうですが、最後に眞子がスカッと解決してくれることを期待しています。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

sakura06
第9話は醍羽はドロドロのバトルになりそうな気配。

懸が何者かに殺され、眞子に嫌疑がかかる。

警察の事情聴取をどう切り抜けるのか、警察で黒い闇を暴いていくのか、それとも大沢との直接対決で一気に暴いていくのか見もの。

今後過去の数々の不祥事・偽装工作が世間に明るみに出て共和火災は潰れるのか。

会社が瀕死の中、伊東部長は自分を捨て恨んでいた父が会長と分かり、葛藤しながらも会長の遺志を継いで伊東部長が社長となるのか、行方不明の支配人も殺されているのか、懸を殺した真犯人はまさか会長秘書の柴崎なのか。

会長が死亡するような予告だったが、会長が死ぬまでに会長と伊東部長の親子関係は修復できるのか、もしかしたら会長は病死ではなく毒殺されてしまうのか、気になるところ。

眞子の心の闇が救われるときは来るのかも気になる。

ペンネーム:sakura06(50代・女性)

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

えいこ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレ

ホテルアックスの火災事故の際、保険金支払いを避けるため共亜火災は偽装工作をしていた。

そのとき協力をしていた調査会社の縣。

その縣が遺体となって発見された。

その事件で眞子が疑われ、警察に任意で連れて行かれてしまった。

一方で、会長・喜多村が伊藤人事部長を捨てた父親だと知った。

あまりのショックでどうしらいいのかわからくなり、いままで父親のように慕っていたがぎくしゃくすることになってしまった。

バラバラだった人間関係が繋がりだした。

そんな中、喜多村会長が気を失ってしまう。

ホテルアックスの火災事故についても、博史の家族をも巻き込み始めた。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の感想

私はこのドラマをコメディだと思って観ています。

だって無表情眞子さん、一人コミカル担当の博史くん。

あり得ない新人研修の方法など、コメディとしか思えないのに、なんと殺人事件がおきました。

昔のホテル火災事件の偽証に関わる人が遺体となって発見されたのです。

そしたら、直接つながるシーンではないですが、社長演じる船越英一郎さんが崖にいるシーンがあって火曜サスペンスを思わせました。

いろいろ挟んで来ますよね。

ふざけた感想はここまでとし、この9話で随分話が進展しました。

博史の家族が巻き込まれている様子、会長秘書が社長と怪しかった様子、そして火災偽装したのは!

眞子が真相を突き止めた先になにがあるのか?

最後には笑顔がみたいな。

ペンネーム:えいこ(40代・女性)

レオコネ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレ

ホテルアックスの火災事故の偽装工作の証拠を取り戻そうとしていた縣が殺された。

一方、会長に退職を迫られた社長から自分が会長の娘だと言われた千紘はショックを受けていた。

会長秘書が大沢社長に千紘の秘密を漏らしていた。

警察は損害調査部長の時の縣との関係を尋ねる。

又、社員で怪我をした人間はいないかと尋ねる。

更に警察が会長に縣に会っていないかと尋ねるも会っていないと会長は答えたが、「5月8日に会長」と手帳に書いてあったと言われ、会長が縣と会ったことを認めた。

警察は博史の父に会って縣がメールした事実を突きつけるが、縣には会った事がないと答える。

そして警察に、博史に殺害時刻に何処にいたかと聞かれ、しどろもどろになる。

眞子を庇おうとしたが、縣が眞子にノックアウトしたことを白状してしまい眞子も聴取を受ける。

眞子は縣が元彼で喧嘩したと言う。

会長は眞子に、この会社に復讐に来たのかと聞くが、その責めは自分、会長にあるから復讐は私にしてください。

というが眞子は復讐を願ったことはない、探したいとしか言わない。

警察は殺害当日夜に縣と一緒に会社を出た監視カメラの映像から眞子を容疑者として連行する。

眞子は、社長秘書の本橋にとても残念な、お知らせがあると伝えた後に、何故か薄笑いを浮かべて警察に連行された。

そうすると、社長の秘書の本橋が自首した。

眞子は疑いが晴れて釈放された。

ところが博史の母が縣を殺したと夫に伝えた。

眞子は鬼頭舞子であると社長に迫る。

偽装はすべて社長の指示であると社長が認めた。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の感想

眞子が警察に縣は自分の元彼だと弁解した時は、ついに眞子の弁解も行き詰ったと思ったが、警察に連行されるとき、不気味な笑いを浮かべていたのが意外だったが、眞子が犯人ではないかという視聴者の疑いを見事に裏切るストーリーには敬服した。

それにしても社長の秘書が自首した理由がわからない。

なにか社長に弱みでも握られていたのだろうか。

博史の母が夫を強迫した縣を殺する理由が今いち、理解しにくい。

いずれにせよ、眞子は会長に共亜火災に復讐する為に入社したのかと聞かれ、そうではないと答えたのは、どこまで本心なのか理解しにくいと思った。

最終回まで、眞子の本当の狙いがわからず、又、縣殺害の真犯人が誰なのか、そこが興味深い。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

さきママ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレ

元調査会社員の縣が何者かに殺害された。

最近、共亜火災保険付近で目撃されていたことや、縣の私物の情報から、共亜火災保険に警察が聞き込みに来る。

皆が縣の事を隠そうとし、それは博史も同様だった。

椿に容疑が掛からぬように咄嗟に『縣を知らない』と嘘をつくが、刑事から偽証罪という言葉が出たことで怯み、縣との出来事を全て話してしまう。

そのことで、椿は一時警察へ連行されてしまう。

無言を貫く椿だったが、そこへ、社長秘書の本橋が自首しにやってくる。

無事に釈放された椿だったが、直後、ニューヨーク出張に行くという大沢社長の元へ走り出すのだった。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の感想

正直、何が何だか分からなくなったと言うのが、率直な感想です。

突然縣が殺されてしまったり、本橋が自首したり、大沢社長が高跳びとも取れるニューヨーク出張を突然決めたり、会長が倒れてしまったり、沢山のことがありすぎました。

そんな中で、1つ気になったことがありました。

人材活用ラボでの会話で、沖津が縣の事件の事を『鈍器で殴られたんだろ』と言ったことです。

そこで、死因なんて言っていただろうか?と思いました。

私自身が聞き逃したり、出てこなかっただけで、既に死因が知られている設定なのかもしれませんが、一瞬、『もしかして沖津は、犯人しか知り得ないことを発したのでは!?』と勘ぐってしまいました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

湊海

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレ

縣が何者かに殺され、刑事は縣と関係のあった人物に次々と詰問していきます。

修から情報を引き出せなかった刑事は、博史に狙いを定めます。

刑事の圧力に耐え切れなくなった博史は、縣がラボに来て、眞子と接触を持っていたことを話してしまいます。

眞子は縣が元彼で、今彼の博史と三角関係で揉めたと追及をかわしていましたが、防犯カメラの映像を調べられ、警察に連行されてしまいます。

そして、取り調べされている間に、社長秘書が自首してきて、眞子は解放されます。

千紘に父親だとバレた会長は、彼女が今も恨んでいると知って気落ちしていました。

その様子を見て、秘書の柴崎は自分が大沢に教えてしまったと懺悔します。

その時、会長が突然絶命しました。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の感想

縣が殺されるという冒頭の衝撃的な展開から、想定外の事態ばかりが起こって、途中から状況を把握できなくなってしまいました。

ですが、縣を殺したのが社長秘書だったというのは、途中から何となくわかりました。

恐らく社長のために、秘密が漏れないように口封じをしようとして殺したんだと思います。

会長の突然死も、現時点では自殺か他殺かわかりませんが、もし殺されたのだとしたら、彼女がやったのか、見返りにつられて柴崎がやったような気がします。

あるいは、大沢が直接殺したのかもしれません。

手の震えはそのせいだったのかなと思います。

色々深読みさせられる展開でした。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

シャワーズ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレ

縣を制圧した椿は、縣と話をするから斎藤は帰れと言った。

喜多村会長の実の娘だと知った伊東人事部長は帰った。

喜多村会長は大沢社長が何故そのことを知っているかと聞いた。

大沢社長は家族の有り様には否定し続け、私は退きませんと宣言した。

翌日、縣が死体となって発見された。

椿は夜道で転んで左手を負傷していた。

警察は縣を知る人から話を伺うことになった。

斎藤は椿の仕業ではないかと予感した。

警察は喜多村会長の元に訪れた。

喜多村会長は10年、、15年とか前に会ったと言ったが、警察によると縣の手帳には最近会っているのだと指摘した。

それを受け、喜多村会長は認めた。

翌日、警察は斎藤の父に会いに行った。

縣が斎藤の父にメールしていたそうだ。

縣に脅しの手紙が来ていることも警察は言った。

斎藤の父は分からないと答えたのに対し、警察は斎藤が共亜に勤務していることを指摘した。

翌日、斎藤は椿の左手の傷を心配すると、椿はなぜ心配するかと聞き、会長室に向かう隙に斎藤が椿のパソコンをチェックすると真っ先に椿に止められた。

警察が斎藤に話を聞くことになった。

斎藤が動揺のあまり、偽証罪を知っているかと聞かれた。

そのため、斎藤は全て話してしまったことを椿に報告した。

次に、椿と斎藤は警察に聴取を受けた。

椿は斎藤のことを彼氏で、縣は元彼氏なのだと主張した。

そこで警察は斎藤を帰し、防犯カメラを確認すると話した。

喜多村会長の元に伊東人事部長が顔を出したのに対し、喜多村会長は謝罪した。

警察は椿に対し、椿の証言は嘘だったのだといい、斎藤は警察署にまで椿に迎えに行き、大沢社長のニューヨーク出張の情報を話すと、椿は走り出した。

椿は大沢社長に対し、ホテルアックス火災の事件で偽装工作により、巨額の保険金が支払われなかった、それから鬼頭舞子であるのだと名乗った。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の感想

警察に事情聴取されている時の斎藤の動揺がバレバレすぎてハラハラしてしまった。

絶対に警察に疑われてしまうほどに動揺していたので、終始ハラハラが止まらなくなった。

しかも斎藤は警察に、偽証罪だと騙されてしまっていたので、なおさらハラハラした。

斎藤が警察に全て話してしまったことを椿に素直に報告するのが偉いのだと感じた。

椿さんはやっていないよね?と聞く斎藤に対し、微笑む椿の姿は何てたくましいのだろうかと驚いてしまった。

斎藤の母が縣に脅迫状を出していたことに驚いてしまった。

脅迫状は斎藤の父の仕業だと思っていたからだ。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

吉田

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじネタバレ

元調査会社の縣が何者かによって殺される。

その直前に会っていた椿に疑いの目が向けられる。

また椿はその翌日手を怪我して出社し、斎藤も疑心暗鬼に襲われる。

そんな中伊藤の父親が会長であったことも判明する。

また、縣がメールを斎藤の父親に送っていたことが分かり、捜査は斎藤の家族にも及ぶ。

椿が警察に連行されるが、社長秘書の本橋が自首をする。

椿は警察に連行される前に本橋に何かを伝えていた。

解放された椿は急いで社長の元に向かい、ホテルアックスの火災での社長の偽装を追求し、社長はそれを認める。

一方斎藤家では、斎藤の母が縣を脅迫していたと告白する。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話の感想

縣の殺人事件が今回の話の主軸になっていたが、全体の演出的に最終回に向けて引き延ばしている感が否めない。

また、捜査に来た警察の描き方がミステリアスすぎて何か裏があるかのような感じがした。

最終回で何かあるのであればおもしろいのだが。

また視聴者的には椿が犯人でないことは明白な為、疑いがかかる人間は他の人の方が、ストーリー的に面白かったのではないか。

それにしても菜々緒のスタイルの良さが今回もあちらこちらに出ていた。

男性視聴者にとってはそれも楽しみの一つでよかった。

また最終回に向けていくつもの伏線があり、面白い分、頭を働かせて見ないといけないのでは少し疲れる。

ペンネーム:吉田(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA