Missデビル|7話の動画見逃し無料視聴はこちら【5月26日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou
菜々緒主演・2018年春ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』

↓今すぐ『Missデビル』を全話見る↓

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話( 2018年5月26日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月26日(土)放送終了後〜2018年6月2日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじ

2018年5月26日(土)放送のドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじを紹介します。

博史(佐藤勝利)が眞子(菜々緒)から指定された新たな研修先は、昨年設立されたばかりのCFD。

顧客の利便性を高めるためにリーダーの甘露路(袴田吉彦)をはじめ各部署のエリートが集結した部署で、業界内でも注目を集めていた。

そんな精鋭たちの働きぶりを学ぶのが、今回の博史のミッションだ。

膨大な仕事量をこなしているはずなのに、CFDの部員が定時で退社していく裏には何かあるのではないか…と疑う千紘(木村佳乃)。

そんな中、博史の指導担当の里中(永岡佑)が突然倒れてしまった。

里中と同期入社の沖津(和田正人)は、定時退社しているはずの里中がほとんど自宅に帰っていないことを疑問視。

博史は、CFDが隠れて仕事をしている“残業アジト”を突き止めるよう命じられる。

共亜火災の顧客だったホテルの火災事件以降、支配人の鬼頭が姿を消していることを当時担当者だった大沢(船越英一郎)にほのめかす喜多村(西田敏行)。

一方、修(鶴見慎吾)と電話で話した博史は、父が何か隠していることを直感し…。

そんな中、CFDの“残業アジト”の所在が判明。

博史が荷物のフリをしてアジトに潜入することになるが、千紘と眞子が甘露路たちに拘束されてしまう!!

公式サイトより引用

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

レオコネ
博史は、父が共亜火災に来たのを目撃した。

斧が崎のホテルアックスの火災が起きた時、博史の父は昔、大沢の部下であり大沢が呼びつけたのであった。

眞子が、保険調査会社の縣と調査部長時代に付き合いのあった大沢に疑いの眼をもって追及をしたために大沢が真相の、もみ消しに手を打ち始める。

会長もアックスの支配人の娘の行く末を心配して眞子に尋ねるが眞子は実は、その支配人の娘だった。

大沢は博史の父に、縣を眞子から遠ざける様に命令するが、眞子は執拗に縣にホテルの火事の真相に迫ろうとする。

その結果、博史の父、斎藤は縣を殺害してしまう。

眞子は、どうやって大沢と会長に復讐するのか興味深い。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

さきママ
最後に出てきた、博史の父親の存在が気になりました。

今までのストーリーで、どうやら博史の父親は大沢社長の友人であるらしいということなので、そこが何か関係しているのだろうかと感じています。

個人的には、もしかしたら、ホテルアックス火災に、実は博史の父親も絡んでいるのではないかと予想しています。

以前出てきた、博史に内緒にしている事というのが、その事なのだろうかと感じています。

そして、ついに共亜火災に訪れたところから見て、次回あたりには、その辺りのところの確信に迫ってくるのではないだろうかと予想しています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

かなな
6話の最後に、博史(佐藤勝利)の父親(鶴見辰吾)が博史がつとめている共亜火災を訪れているところで終わったので、父親の鶴見辰吾と上司の船越がどのような関係なのかがとてもきになるところです。

たまに電話では話している場面がありましたが、実際に会社を訪れるシーンはなかったので早く関係を知りたいなと思いました。

また、菜々緒と木村佳乃がだれかにとらわれてしばられていたので、あの強い椿眞子がしばられているのだから何かがあったのだなと次回エピソードが楽しみになりました。

次回博史が配属されるのはエリート部署のようでその配属先のエピソードも楽しみです。

ペンネーム:かなな(30代・女性)

シャワーズ
斎藤の父が会社とどういった関係があるかどうか明らかになっていくのと、椿が、斎藤の父と会社の間に何かあったかという事情を既に知っており、斎藤は斎藤の父が会社と関わっていたことや、椿がその事実を既に知っていることに驚くという展開を予想している。

また、椿は斎藤に研修を命じるが、その研修内容は直接的な指示が無く、斎藤自身が研修先の部署にどういう問題があるかどうか自力で判断しないといけない展開も予想している。

椿から斎藤に対するドSのシーン、椿らしくもない冗談を椿が口にするシーンを観れるというのが楽しみなポイントとしている。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

けんけん
斧ケ崎のホテルの謎、会長の思惑や、社長や伊藤部長の過去、だんだんパーツが出揃ってきたので来週辺り結構謎が見えてきそうな雰囲気ですね。

会長秘書、ずっと怪しかったけど会長にカマかけられてうろたえていたし。

今まで会長と社長はグルかと思わせ振りなシーンが多かったけどどうも思惑は別々のようだし、博司の父がどんな位置付けかも明らかになりそう。

なにより眞子がどんな過去を背負って今なにを狙っているかが随分見えてきそうな気がします。

個人的には、伊藤部長が今まですごいいい人なのが強調されているので、実は一番ひどいひと、眞子の言う「モンスター」だったりしたら面白いのに、と期待してます。

ペンネーム:けんけん(50代・男性)

しし
6話の最後で家族に嘘をついてまで会社にいき、社長に会いに行く父。

この二人ははきっと昔のホテル火災の何かの秘密を知っているのだと思います。

また、この二人が昔の事件に関与していることを椿眞子も勘付いていて、自分の記憶にあるホテル火災について調べています。

その椿眞子について会長はついに気が付きます。

主人公の父、社長、人事部長が知っている秘密がついに暴かれ始める回ではないかと思います。

また、今まで無敵であった椿眞子が何者かによって捕まっていました。

そこも、誰の仕業なのか?無事に逃げ出せるのか?とっても気になり、楽しみです。

ペンネーム:しし(20代・女性)

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

レオコネ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレ

共亜火災の顧客の利便性向上の為に1年前に新設された部署であるCFDに眞子から研修で送り込まれた博史であった。

眞子は甘露路が1年で業績を上げていたことに疑問を持っていた。

ところが博史の研修指導役の沖津の同期の里中が過労で倒れた。

妻は夫がCFDに部署替えになってから家に帰るのが遅くなったと不安を訴える。

里中は定時退社後、夜中まで帰宅しておらず、どこかに寄り道していた。

博史が尾行してもわからず、電話の通話記録からアジトが倉庫だとわかり箱に博史が入り、倉庫に潜入させられる。

すると箱の隙間から博史が覗くと千紘が拘束されておりリーダーの甘露路はじめCFDの社員がアジトで残業していたことが判る。

一方、眞子が甘露路を問い詰めるが一緒に手を組まないかと言われるが眞子は断り部下に襲われアジトに拘束されてしまう。

甘露路はPJ150達成のためにアジトについて社長に報告済みだと言う。

しかし眞子は命を犠牲にしてまで働くのは間違っている、人が仕事に飲み込まれた先には悲劇があると諭し眞子に暴力をふるおうとした甘露路達を懲らしめる。

そしてCFDは解散が決定する。

社長は千紘にCFDの件を非難され激昂して終わる。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の感想

博史の父が大沢社長と面談した後に眞子に遭遇し自分の素性を眞子に知られていて動揺し、会長もホテルアックスの火災事故についてはホテルに落ち度があったとして事故を当時担当した社長と千尋が火災保険を支払わなかったのを支配人が恨みを持っていたとようだと、こだわっていた。

そこに追い打ちをかけるように眞子に会長は都合の悪いことは忘れるのかと言われ自分が問い詰められているのかと不安を感じた場面は、眞子の冷徹な眼差しに凄みが感じられて、思わず息を飲む場面だった。

ただ、縣の手元に銀行の金庫の解約届けが送られて縣が動揺する場面の理由は判らなかったが、今後の眞子の復讐のストーリーの展開に期待ができる。

それにしても定時退社させられても会社発展の為に24時間働くべく外で残業して働く甘露路に象徴されるサラリーマンの性が悲しく思えた。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

さきママ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレ

博史は、スキルアップのためと称して、CFDと呼ばれる部署に派遣される。

そこは、部長の甘露路の元、たった一年で業績を上げてきた、優秀と言われる部署だった。

そこで博史は、里中に付いてもらうが、そんな里中が突然倒れてしまう。

たまたま通りかかった沖津と病院に運ぶ博史。

沖津は、里中と同期であったが、里中に異変を感じていた。

更には、意識の戻った里中は、絶対安静にも関わらず仕事に行こうとする。

その異常さに、残業アジトがあるのではないかと疑った博史達は、調べていくうちについにアジトを発見。

そこには、事情を知って一人で乗り込んだ伊東が捕まっていた。

更には、椿まで捕まってしまい、アジトに監禁されてしまうのだった。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の感想

今回は、どこまでが椿の計算だったのか疑問に感じた回でした。

国本、田部、花村の3人は、監視カメラを操作したり電源を操作したりしていたので、計算通りだったと思います。

また、恐らくきょうあ君に入っていた沖津も、計算通りだったと思います。

ただ、そのような流れが出来ていたとなると、椿が捕まったことも、実はアジトに侵入するため、わざとやられたのではないかという疑いを持ちました。

もしそうだとしたら、とても命懸けな作戦だと感じました。

そして、そんな椿に偉そうに楯突いた甘露路の異常さに、恐怖と共に苛立ちも感じながら見ていました。

椿が言っていたように、仕事以外に何もなかったのだろうなと哀れささえ感じるキャラクターだったと思います。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

湊海

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレ

新設された部署のCFDに派遣された博史は、部内の里中が倒れたことをきっかけに、彼らが隠れて仕事をしている残業アジトを突き止めた人材開発ラボのメンバーに、現場に潜入させられます。

そこでは、PJ150という謎のキーワードを掲げた社員達が鬼の形相でロボットのように働いていました。

独自にアジトの内情を探ろうとした千紘と眞子は、リーダーの甘露路に拉致されてしまいます。

縄をほどいて抵抗するふたりでしたが、敵が多く苦戦を強いられます。

箱に潜んでいた博史が倒れてきたおかげで、ピンチを脱した眞子は甘露路に回し蹴りをし、千紘は彼に解雇を言い渡しました。

CFDはなくなりましたが、この件で大沢に疑惑を持った千紘は、彼と険悪になりました。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の感想

残業アジトという異常な組織の存在が恐ろしかったです。

甘露路は仕事に取り憑かれているというか、社員達を洗脳して、限界を超えて仕事をさせる独裁者のように見えました。

こんな上司の下では絶対働きたくないと思いました。

でも、そもそもの原因は、会社の働き方改革というシステムだと思うので、こんなモンスターを作り出してしまった責任は大沢にあると思います。

このシステムには千紘も賛同していたので、CFDをとやかく言う権利は本来ないはずなんですが、そこをスルーして、甘露路に責任転嫁しているところがちょっと疑問が残りました。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

シャワーズ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレ

斉藤は椿の指令により、斉藤のはスキルアップ目的としてCFDに研修することになった。

人事部長はCFDの業績に疑問を持っているようだ。

里中は倒れてしまい、病院に運ばれた。

斉藤は椿に報告すると、椿はCFDに秘密があるからとの研修の本当の理由を明らかにした。

人事部長は椿に、斉藤のCFD研修のことを触れ、CFD情報を教えてほしいと頼んだのに対し、椿は快諾した。

里中の点滴が誰かに取られて状態が悪化し、絶対安静という状態になってしまったことが沖津の話により発覚した。

斉藤が録音をしてからCFDを出ている間に何かを話すのではないかという作戦を練った結果、KDO8000の話題が浮上した。

CFDがKDO8000を購入していることが明らかになった。さらにCFDの残業アジトを見つけた時に人事部長がやってきた。

椿はCFDの残業アジトで監視する目的で斉藤が入るためのKDO8000を工作した。

斉藤が突入し、残業現場を目撃すると人事部長が捕まえられていることに気付いた上に、さらに椿に残業現場の映像を見せた。

甘露路と椿が組むことに関し、椿が断るとそこには甘露路の部下が現れ、甘露路は「お連れしろ」と指令した。

結局、椿は人事部長と共に縄で捕まえられてしまった。

椿がPJ150の意味を甘露路に聞くと「プロジェクト150」だと答えた。

大沢社長は残業アジトのことを知っているそうだ。

甘露路は残業アジトの良さを豪語した。

「人は仕事と対等であるべき」だと椿は訴えた。

椿は人事部長と共に縛り付けられた縄を取り外し、椿の反戦が始まった。

人事部長も戦う羽目になった。

斉藤はKDO8000から出れずイライラしていた時に箱ごとに甘露路にぶつけた後、椿の一撃が決まった。

人事部長は甘露路に向かって会社をやめてもらうと告げた。

里中の状態は復活してきた。

人事部長は大沢社長に経営のやり方についての指摘をした。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の感想

椿が斉藤に最初に指令した「スキルアップのため」という理由が嘘だったというのは拍子抜けだった。

喜多村が椿のことを「ミスデビル」と名付けたのが面白かった。

同期でお茶をするシーンに南雲がいないというのが寂しかった。

南雲もその場にいてほしかったのではないかという斉藤の気持ちが伝わってきた。

椿が甘露路に訴えた言葉に感動した。「人は仕事と対等であるべき」はまさしくその通りだと感じた。

人事部長が案外と戦う力を持っているというのが驚いた。

人事部長がまさか「あなたにはこの会社を辞める権利があります」系のセリフを言うとは思わなくて驚いた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

けんけん

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレ

博司は眞子からCFDへの研修を命じられる。

CFDは社内のエリートを集め短期間で高業績を挙げた中枢部署だ。

しかし、高業績の裏には終業後に別の場所で社員たちをサービス残業させる「残業アジト」の存在があった。

人材活用ラボメンバーの田部のハイテク技術によりアジトの所在を突き止め、荷物に紛れて斎藤は潜入を試みる。

そこには先に潜入した伊藤人事部長が拿捕されていた。

また、CFDリーダーの甘露路の策略によって眞子も捕まってしまう。

実はCFDは洗脳された社員からなる過重労働社畜集団だった。

大沢社長もそれにコミットしていると言う。

眞子は甘露路に「人は仕事と対等である」と告げ、縄を解き一気に反撃に出る。

追い詰められた甘露路に眞子の回し蹴りが炸裂、伊藤は彼に解雇を通告する。

CFDの存在について大沢に詰問する伊藤、眞子の正体が鬼頭舞子と洞察する喜多村、そして眞子に襲い掛かる県、すべての謎がもうすぐ明らかになる。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の感想

面白かった。

まずドラマの根底に流れるテーマが鮮明にされた回。

袴田義彦さんが演じたので悪役丸出しだったが(笑)、甘露路の言い分も一概には間違っていない。

時代の風潮とともに形だけ、上辺だけの「働き方改革」がまかり通り、そこに喪失感や不条理を感じている人が多いのも事実。

ただし、無理に時代を逆行させようとしてもそこはひずみしか生まないというのも現実で、眞子が言った「人と仕事」は平等という言葉を皆が真剣に考えなければいけないというメッセージが明確に伝わった。

そう考えると「あなたには会社を辞める権利があります」って逆説的な決め台詞、改めて深い。

一方、物語全編を流れる謎解きもパーツがしっかり揃ってきた。

やはり柴崎が怪しすぎる。

大沢や伊藤は、やはり大きな陰謀の中で使われたコマに過ぎないように見えてきた。

また、今まで地味だった博司の母が、絶対何かを知っている。

物語のクライマックスに向けて期待が広がった。

ペンネーム:けんけん(50代・男性)

しずか

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじネタバレ

会社の同僚が倒れて、知らぬ間に腎臓などが悪くなっていて、気が付いた同僚は、「PJ150を完成させなきゃ」と連呼していた。

PJ150とは、プロジェクト150の略で、10年後に創業150周年の記念プロジェクト。

しかし、担当の職場は、いつも定時に終わっていて、おかしいなと思われていた。

調べてみると、定時に会社を退社して、他の場所で残業をしていた。

その空間の人たちは、洗脳されたかのように、ひたすら働き、やつれた人ばかりだった。

そんな中、アジトを発見したことを知った人事部長は、1人で乗り込み拘束される。

椿眞子も拘束されるが、2人で協力して、紐をほどき、撃退する。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話の感想

いつもいきなり何かをし始める椿眞子ですが、今回も箱を作り、無理やり入れと言うところは、笑ってしまいました。

また、無敵なイメージがあったのですが、今回はまさかの拘束されてしまい、ドキドキしながら見てました。

すると、先に捕まっていた対立関係な感じでもある人事部長と協力して紐をほどき、敵を撃退していくところは、本当にかっこよくて、見入ってしまいました。

最後の敵の大将を、箱の中に潜入してた部下が、箱ごと倒れて撃退したところは笑ってしまいました。

毎回、調査のやり方は、無理やりなところがありますが、無事に解決していくところは、本当に見どころです。

ペンネーム:しずか(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA