Missデビル|6話の動画見逃し無料視聴はこちら【5月19日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou
菜々緒主演・2018年春ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』

↓今すぐ『Missデビル』を全話見る↓

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話( 2018年5月19日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月19日(土)放送終了後〜2018年5月26日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじ

2018年5月19日(土)放送のドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじを紹介します。

眞子(菜々緒)から宣伝広報部に研修に行くよう命じられた博史(佐藤勝利)。

しかし今回はリストラのことなど考えずに研修を楽しむよう言われ、少々拍子抜けしてしまう。

そんな折、共亜火災の「子育て支援制度」がテレビ番組で取り上げられることになった。

取材を受けることになったのは、妊娠中の宣伝広報部員・唯香(篠田麻里子)。

部長の寺田(湯江タケユキ)は大ハリキリだが、唯香の仕事をフォローすることになった課長の湊(坂本三佳)をはじめとする女子社員はいら立ちを募らせるばかりで…。

妊婦に優しい職場をアピールしようと寺田が張り切るほど、女性社員の中で孤立していく唯香。

唯香に対する同僚の態度が「マタハラ」にあたるのではないかと博史は眞子に相談するが、一蹴されてしまう。

それぞれの立場から、眞子が共亜火災に来た本当の理由を探ろうとする喜多村(西田敏行)と大沢(船越英一郎)。

眞子が2人をあしらいながら宣伝広報部を見守る中、ストレスによる貧血で唯香が倒れてしまった!

湊は唯香にこれ以上無理をさせるべきではないと主張するが、テレビの取材を優先したい寺田は逆ギレ。

そんな寺田の態度を見た博史は、寺田をリストラ対象者として眞子に報告する。

公式サイトより引用

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

sira
新しい研修先が決まってしまった主人公の博士さん。

南雲さんのことが心配になりながらも、いろいろな困難が降り注ぐ日々になんとか前にすすんでいく姿が本当に印象的です。

とくに、当たらし研修先で、一体どうなるのかが気になるうえに、どう話が進んでいくのか注目どあるところだと思います。

また、あのインパクトのある椿さんのさまざまな言葉や言動、行動に毎回毎回印象的であります。

博士さんと椿さんの今後だどう進展していくのかも、大変見ものだと思えるドラマだと思いました。

なんというか、目が放せないという感じのドラマであります。

ペンネーム:sira(20代・女性)

さきママ
今回のやり取りで、社長よりも会長が何か隠しているのではないかと疑いを持ちました。

秘書の柴崎が眞子を追い掛けたり、縣が眞子の事を調べていたり、明らかに眞子を警戒している様子が伺えました。

今回、眞子が遠回しに、ホテル火災の疑惑をぶつけたことで、会長が何かしらの動きを見せるのではないかと思います。

あれほどまでに優しい顔をした会長が、何を隠しているのか、眞子をどうしようとしているのか、とても楽しみなところです。

一方で、会長は何も知らず、実は黒幕は柴崎ではという予想も持っています。

いずれにせよ、会長室には不穏な空気が有りそうに思い、それが明かされるのが楽しみです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

セントポーリア
次回第6話では、マタハラの話が出てくるようです。

子供を妊娠したことによって肩身が狭くなるという事は、本当に辛い事ですね、同じ女性としては、本当にマタハラが原因で肩身の狭い思いをしないで済むような環境になってくれればいいなと思います。

同じ社員同士が気を配りあって業務を進めるような社会になればいいですね。

さて次回第6話は、同じ女性という事でどんな展開になっていくのかドキドキハラハラするだろうなと思います。

本当に次週も絶対に見逃せません。

スッキリとおさまって良い方向に向かってくれるといいのですが、良い展開になるように期待したいです。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

シャワーズ
南雲という同期が会社からいなくなってダメージを感じるものの、南雲の分まで頑張ろうと斉藤は今まで以上に仕事を励んでいこうという気持ちになる。

だが研修はリストラのことなど考えずに研修を楽しむようにと言われ、どのように楽しめばいいか分からないまま仕事に集中していく。

そのうちに、椿は本来斉藤にとある指令を出したかったが、今回は斉藤自身が気付くようにするという狙いがあった上で、楽しむようにと指令をしたのではないかということが発覚した。

斉藤は誰がリストラされるべきかを見つけ、椿に報告し、褒めてもらうかと思ったらリストラされる人物は別だという展開を予想している。

斉藤が成長していく姿をみれるというのが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

グッチー
南雲の過去にあった一件と椿の過去に絡んでいそうな一件は共通点がありそうですね。

そこに社長の大沢が絡んでいて何かを隠しているようです。

椿は確信を得てるようで綻んだ所から一気に攻め立てるかもしれません。

分からないのは喜多村会長。

何も知らないのか、全て彼の指示なのかまだ尻尾を見せない、穏やかそうで食わせ者かもしれません。

秘書の柴崎の態度からすると何かしら喜多村会長も絡んでいるのでしょう。

そこに斉藤がどう絡んでいくのかとても楽しみです。

毎回楽しみにしていりる廻し蹴りもより効果的に使って貰える事を期待しています。

ペンネーム:グッチー(40代・男性)

むぅたろう
リストラ対象者を決めると言うのは大変な決断が必要ですが、眞子は対象者の仮の姿、表の仕事っぷりだけでなく、細部まで調べたうえで冷酷に対象者を選んでいきます。

博史は、良い人に見えるのになぜ対象者になるのか分からず毎回食いつきますが、実際は眞子の言う通りで裏では色々してたり闇を抱えてたりする事を知り、少しづつ眞子に対する嫌悪感や恐怖心も薄れてきてるように思います。

そんな博史がどう成長していくのかたのしみです。

まだ何も明らかになってませんが、会長と社長は笑顔の裏に何かありそうだし、人事部長の伊東も何か関わってそうだし、博史の父も何か思うことがありそうだし…一体何が隠されているのか非常に気になります。

すごい複雑に絡まってそうで次回が楽しみです。

ペンネーム:むぅたろう(40代・女性)

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

レオコネ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレ

広報宣伝部の寺田部長は妊娠した部下の吉武がテレビの取材の対象になり、女性が輝く会社として育児支援制度をアピールしたい為に腫れ物に触るように吉武に仕事をさせないように気をつかっていた。

しかし、それが職場の女性の反感を買ってしまう。

眞子から広報宣伝部に行けと言われた博史は、吉武に対するマタハラが行われていると眞子に訴えるが眞子に聞き入れて貰えない。

そうするうちに吉武の上司の湊課長は吉武をフォローするが、吉武はストレスで倒れてしまう。

港は寺田部長に吉武をこれ以上、無理をさせるべきではないと主張するが部長は聞き入れず、湊課長を叱責する。

そこで博史は、眞子に女子社員の反感をかっている寺田部長をリストラ候補に挙げるように進言する。

しかし眞子も聞き入れない。

眞子は吉武に詰め寄り仕事をしなくても御主人の収入だけでも生活できる筈という。

そうすると退職願いを出した吉武に退職願いを撤回させたり、子供を産まない湊を罵倒する部長の隠しカメラのテレビ映像が職場に流れてしまい、部長が窮地に陥る。吉武は退職を決断する。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の感想

女性活躍社会を政府が謳い、人手不足なために女性にも働けと促し、少子高齢化社会の中で、産めよ増やせよと女性にプレッシャーをかけている昨今、実際に職場では妊婦に対するやっかみや妬み嫉みがあるのではないか。

しかも女の敵は女とも言われるように女性同士の陰湿な足の引っ張り合いがある。

妊婦にマタニティバッジまでつけさせてアピールさせる会社の方針に、吉武は恥ずかしく、心の負担になると言い、しかも吉武の面前で、仕事のしわ寄せが来るのは嫌とか自分が妊娠したら職場に迷惑がかかるから会社辞めますとまで同僚の女性に言われ、吉武がストレスで精神的に潰れてしまったのは皮肉な結果である。

それでも職場に復帰して働けと部長は指示し女性社員に吉武に負担をかけないように圧力をかけ、余計に女子の反発を受ける。

建前と本音の錯綜する職場の実態は根が深いと思った。

それ以上に女性活躍を売りものにして出世の道具に利用した部長の野望にも驚かされた。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

さきママ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレ

今回博史は、宣伝広報部での研修を言い渡される。

宣伝広報部では、社員の吉武唯香の妊娠が分かり、その事で『女性が輝く会社の未来』というテーマでテレビ取材が入っていた。

唯香の上司である寺田は、唯香を応援すると言い、テレビの取材に積極的。

また、唯香に無理をさせないようにと、他の女性社員に仕事を回していた。

そんな寺田の態度に、他の女性社員は、次第に唯香へも冷たく接するようになる。

何よりも、唯香本人が息苦しさを感じていた。

そんな状況を見かねた博史は、椿に寺田のリストラを志願するが、椿は「会社を辞めるべきは彼ではない」と言い放つのだった。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の感想

今回、何となく会長室に不穏な空気を感じました。

前々から、会長である喜多村には、笑顔の裏の怖さを感じていました。

関係ない話のようで椿を探る喜多村と、それを上手く交わしながら、逆に探りをいれる椿という構図にはドキドキしていましたが、前回椿を付けた柴崎の存在も気になり始めました。

前回の途中から、柴崎の視線や表情に違和感を覚えていましたが、一体何者なのか、こちらもドキドキし始めています。

更には、そんな柴崎の行動は、会長からの指示だと思っていたのですが、柴崎の動揺具合を見ていたら、また違う目的なのだろうかと感じ、より謎が深まりました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

かなな

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレ

今回博史(佐藤勝利)は、椿眞子(菜々緒)に宣伝部の部署に行くように命じられます。

その宣伝部では、子育てについての意見をテレビ番組でとりあげられることになり、妊娠している女性社員の唯香(篠田麻里子)が担当することになります。

唯香が妊娠しているため、他の女性社員が彼女ができない業務を担うのに文句を言いつづけます。

そんなとき唯香がストレスから倒れてしまいます。

唯香の上司寺田(湯江たけゆき)は全然女性に理解がなく彼女を宣伝の一部としか思っていませんでした。

唯香の体調は完全復活したわけではありませんが、みんなに迷惑かけたくない一心で職場にすぐ戻ります。

それを見ていた博史は椿に唯香の上司寺田をリストラ候補にあげます。

しかし、椿はリストラすべきは上司の寺田ではなく、唯香のほうではと言います。

そんな時取材を受けたテレビ番組がながれます。

そこには、寺田部長の唯香の退職願を受け取らなかった場面や、部下へのひどい態度がながれます。

唯香は最後会社をやめる権利を得て退職します。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の感想

妊娠している唯香が妊娠していても会社に居座るから他の女子社員にうらまれていましたが、実はやめることを許されていなかったというのはひどいなと思いました。

毎回博史がどの部署に行かされるのかを楽しみにしていますが、今回も宣伝部署でのおろおろした活躍が面白かったです。

おそろしいと思われている椿も回を追うごとに、実はいい人なんじゃないかなと思うようになりました。

博史役の佐藤勝利さんをあまり知らなかったのですが、上司の椿の命令を聞きながらも誠実な純粋な新入社員役を上手に演じていて感心させられます。

今回は妊娠している人が働く難しさを考えさせられて女性として面白かったです。

ペンネーム:かなな(30代・女性)

シャワーズ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレ

優梨子が妊娠していることが発覚した。

斎藤は宣伝広報部に行って、楽しく過ごすことだという研修が椿から出され、きょうあ君に宣伝広報部にまで案内してもらうことになった。

宣伝広報部部長に日テレのことを紹介される。

子育て支援制度の放送についての話で、吉武に密着取材をすることになったのだといった。

斎藤は宣伝広報部に良い印象を持った。

だが部長がそこまで子育て支援制度に力を入れているのに対し、吉武は戸惑ってしまった。

それに、妊婦だけ優しい会社にするのか、と他の女性は不満を口にした。吉武が取材されている現場に椿も現れた。

斎藤は人事部長と子育てに関する話をしていた。

部長があまりにも吉武を支援するため、他の女性からの不満が出てきた。

それに対し、部長は反論した。

斎藤は他の女性の行為はマタハラに該当するのではないかと椿に報告した。

斎藤の眼の前で吉武が陣痛を起こ、椿が助けた。さらに他の女性からの不満が発生した。

吉武は職場で謝罪するものの、誰も反応しなかった。

それでも取材に応じた。

斎藤は部長をリストラにすべきだと椿に報告した。

だが椿は宣伝広報部から去る人物は部長ではないと言った。

椿は吉武に、何のために会社に来ているかと尋ねた。

その時にテレビに流れていたのは、吉武の退職願を反対する部長の映像だった。

それで苛立つ部長を椿はビデオカメラで撮った。

その上、吉武に会社を辞める権利があるのだと告げた。

吉武はやめた。

だが、吉武の退職願を反対する映像は社内の特別中継だった。

斎藤は会社で斎藤の父がいるのを目撃した。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の感想

きょうあ君を初めて見たのですが、結構可愛かった。

実在してもおかしくないと感じた。妊娠バッジも可愛く見えた。

妊婦さんイジメの意味でのマタハラという言葉は初知りだった。

その言葉も存在していることに驚いた。

今時の企業はセクハラ問題だけでなく、マタハラという問題が発生することもあるのかどうか気になった。

斎藤が椿との結婚式を妄想していたシーンは面白かった。

結局、ウェデイングドレスを着ても斎藤を一蹴するという、椿の武器でもある蹴り技が発揮されているというだけでも面白かった。

斎藤と椿の結婚は意外とありで、恐妻家に怯えていく斎藤の姿を想像できてしまい、笑えた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

けんけん

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレ

今回の博司の研修先は広報部、しかし眞子からはいつものリストラ対象者を探すという指示はなかった。

広報部では産休直前の吉武がいた。

部長の寺田は吉武に「無理はさせられない」と通常業務は他の社員に押し付ける一方、吉武には妊娠中でも生き生きと働ける会社をアピールするためのテレビ出演を強いていた。

吉武は回りの女性社員からの冷たい視線とテレビ出演のストレスで倒れ救急搬送される。

大事はなかったものの、寺田は他の女性社員達を非協力的と責める。

博司はリストラ要員として寺田の名を眞子に報告するが、眞子は「他に辞めるべき人間がいる」と言う。

待ちに待ったテレビ放映。

寺田は女性の働きやすい職場を実現する自分の姿が流れるものと喜びいさんでテレビをつけた。

そこに映し出されたのは退職を願い出る吉武を無理に慰留してテレビ出演を強要し、また他の女子社員を厳しく攻め立てる寺田の姿だった。

実は眞子の画策で、社内には眞子が入手した寺田の裏の姿が流れたのだ。

逆ギレした寺田には眞子の回し蹴りが一閃撃退される、そして彼女は吉武に告げる「あなたには会社を辞める権利があります」と。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の感想

寺田部長ほどおバカな例は稀かもしれませんが、実際の会社でも思いやりや協力の名の元に自分や組織の利益のための無理強いをする人って確かにいますよね。

ドラマなのでデフォルメはされてますが、いるいる、と思って観た視聴者の方が多かったのではないでしょうか?

6話は、眞子に決め台詞「あなたには会社を辞める権利があります」という言葉を、今までの回のなかでは最もリアルに言わせたのではないでしょうか。

皆が同じように会社に籍を置いて働くことを会社がダイバシティの名の元に強要したら、それはもはや多様性でもなんでもないということを的確に表現したメッセージ性の高いエピソードだったと思います。

ペンネーム:けんけん(50代・男性)

しし

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじネタバレ

今回のテーマは妊娠後も働く女性についてでした。

妊娠をした女性が、ひょんなことからテレビでの「妊娠しても働く女性」という内容のインタビューを受けます。

その女性の男性上司は、テレビ出演にテンションがあがってしまい、あまり仕事をさせないようにさせたりしてしまいます。

そんな日々が続き、周りの女性社員からは陰口をたたかれたりイヤミを言われるようになります。

するとその妊娠した女性はストレスから倒れてしまいます。

それでも上司は「明日の取材受けるように」などとプレッシャーをかけます。

いわゆる、マタニティハラスメント。

どんどん空気が悪くなっていく宣伝部を見ていくうちに、リストラ対象として部長をあげますが、却下されてしまいます。

本当のリストラ対象は妊娠した女性。

しかし流れるテレビ放送には女性に圧力をかける部長の姿。

今回も椿眞子は部長の本性を暴き、妊婦である女性は辞めたいと本音を話して、辞めていきました。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話の感想

私は会社勤めしたことがありませんが、現代社会らしい問題なんだろうなと思いました。

女性が妊娠するって、本当は素晴らしいことだと思うのに、周りの人は仕事が増えたり人間関係がギクシャクしてしまう現実が本当にあるんだろうな、と思うと、何か間違ってるな、と考えさせられました。

あまり過保護になりすぎることも周りにとっては良くないし、かといって過剰に労働させるのも良くはないです。

男性女性関係なく、もっと相手のことを気遣って、本音を聞いて仕事ができる、という環境を作っていくことが大切なんだと感じました。

そんな社会を作っていけるといいな、と思いました。

ペンネーム:しし(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA