Missデビル|1話の動画無料視聴はこちら【4月14日放送見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou
菜々緒主演・2018年春ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』

↓今すぐ『Missデビル』を全話見る↓

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話( 2018年4月14日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年4月14日(土)放送終了後〜2018年4月21日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじ

2018年4月14日(土)放送のドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじを紹介します。

老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった博史(佐藤勝利)は、家族に愛されて育った心優しい青年。

就職活動中に親しくなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、関内(山本直寛)と共に、晴れて入社式の日を迎えた。

初めての会社員生活に挑む彼らを待ち受けていたのは、「社員は家族」をモットーとする会長の喜多村(西田敏行)と、腹の奥で何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、切れ者だが心優しき人事部長・千紘(木村佳乃)。

そして、大沢の抜擢で「共亜火災」にやってきた人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。

博史たちは、入社翌日から眞子の元で新人研修を受けることになった。

そしてスタートした2週間の新人研修。

初日に眞子が新入社員に課したのは「退職願い」を書くことだった。

その場で50人の新入社員を研修中に10人に絞ると宣言する眞子。

博史たちは10組のチームに分けられ、様々な課題で順位を競うことに。

ランニングや穴掘り、チームの仲間の欠点を挙げるなど、過酷な研修に取り組む博史たち。

新入社員たちは次第に疲弊し、研修初日に書いた「退職願い」を提出する者が出始めた。

事故で足が不自由になった父・修(鶴見辰吾)と家族のために、歯を食いしばって研修に耐える博史。

一方、財務省にコネを持つ日下部(森永悠希)と同じチームになった南雲は、日下部とその取り巻きによって精神的に追い詰められていく。

そして遂に30人以上の新入社員が「退職願い」を提出。眞子のやり方に疑問を抱いた千紘は、研修を中止するよう申し入れるが…!?

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

JAO

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレ

日本最大手の損害保険会社(共亜火災)へ入社した新入社員 斉藤博史(佐藤勝利)達が期待とは裏腹に、新たに抜擢された人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)によって思いもよらぬ研修を強いられるところから始まる。

最初は皆研修に食らいついていくが、仲間割れやリタイアが続出し、しまいには飛び降り自殺を図る社員までも出る。

そんな異常事態から研修は急遽中止となったが、椿眞子が当初宣言した、「研修を通して新入社員を10人に絞る」数に1名多い11名が残る。

そこで椿眞子は新入社員による投票によって最後の1名を決める提案をする。

各々脱落して欲しい者の名前を記入し投票を進めていくが、斉藤博史が居ても立っても居られず、当社(共亜火災)に入社した想い、自分の過去を思い返し、退社希望の名前を「椿眞子」と書く。

5名以上、同一人物の名前が出ない場合、椿にリタイアする者を決めてもらおうと日下部(森永悠希)が提案し、椿眞子はそのリタイアする者を日下部にする。

日下部は同僚の南雲(前田航基)を父親の権力を盾に、執拗に追い詰めているところを椿眞子には知られており、結果10名の新入社員が決まり、新人研修は幕を閉じることとなる。

斉藤博史はその後人事課人材活用ラボに配属されることとなるが、そこで改めて室長として着任した椿眞子と再会する。

椿眞子の部下としてその後、MISSデビルと呼ばれていた意味を知っていくこととなるが、まだ序章に過ぎなかった。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話の感想

正直、新しいドラマに出会えた気がしました。

バトル・ロワイアルのような脱落者形式、トモダチgameのようなゲーム性、そして今の時期にマッチしたテーマ感。

ミステリアスですが、とても椿眞子の理にかなった、反論出来ぬ経営側の目線と、斉藤博史の新入社員の声を双方しっかり表現されており、また社会に出ることの厳しさ、上辺だけではやっていけないことを痛感されてくれそう。

近年の若い子は忍耐力がないと言われている。

もちろんそうでない子もいますが、生きるか死ぬか(言い過ぎかもしれませんが)、そんな気持ちで志事(誰かに仕えるだけの仕事ではなく、強い志を持ってする仕事)をしてくれる人が増えてくれば、その方がただの人材から人財となるのだろうと思います。

そんな人財を作る術を椿眞子は熟知しているように思えるので、マネジメントの勉強にもなる当ドラマは、自分にとって今期とても注目のドラマです。これからがとても楽しみです。

ペンネーム:JAO(30代・男性)

anitatsu

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレ

入社早々50人から10人になるまで切り捨てる容赦ない新人研修の様は、会社ではなく自衛隊の訓練のようだった。

泥まみれになりながらゴールを目指したり、穴堀をしたかと思えば今度は30分以内に穴を埋めるなど、普通に考えれば「ふざけるな!」とぶち切れるような展開。

実際一人やり方に理解できなくて、脱落していきましたが。

さらには、陰湿ないじめにより屋上から飛び降りた者も。

そんな過酷な状況から生まれる仲間意識や裏切りや企みなど、良くも悪くも人間の持つ感情が表れていて、相手が誰であろうが、どこまでもバッサリとクールな視点から物事を見極め判断を下していく椿眞子の采配は見ものです。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話の感想

新人研修の容赦なさなどは、かなりキツイやり方ではあると思いましたが、精神力を鍛えるにはいい事だと思うし、セクハラだのパワハラだのスメハラだの気に入らない何かがあれば語尾にハラをつけて制限をかけたがる世の中なので、少々過酷や冷酷なドラマはアリだと思います。

そうやって何かと制限させるような事をするから歪んだ犯罪を多く見かけるようになったんじゃないのかとさえ個人的には思います。

感情は、我慢させても解決にはならないでしょうから。

話を戻して、椿眞子のやり方は単に冷酷さが際立っていましたが、最後の方は人を選ばずバッサリ裁く様はデビルというか閻魔様というか。

これはこれで正義の一つなんじゃないかと思いました。

ペンネーム:anitatsu(40代・男性)

さきママ

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレ

共亜火災保険という会社に入社することとなった博史は、新しい環境に期待を寄せつつ入社式に望む。

そこで、新任研修担当として、椿眞子という人物が紹介された。

外部から来たにも関わらず、社長から新任研修を全て任され、突如新入社員を10人まで減らすと宣言した眞子。

その日から、1日中走らせたり、深い穴を掘らせたり、他人の悪いところを書かせたりと、新入社員を追い込むような事ばかりをさせるようになる。

そのため、追い詰められた新入社員がどんどんと辞めていってしまう。

また、他の新入社員から悪質な嫌がらせを受けていた南雲が自殺未遂を引き起こしてしまう。

そんな現状に、博史は納得が出来ず、最終的に眞子に楯突く。

そんな博史を、眞子は冷ややかに見つめて研修を続けていくのだった。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話の感想

眞子の言動もさることながら、眞子を呼び寄せた社長が何を考えているのかが気になりました。

会長の口から、『Missデビルと呼ばれていた』と出たくらいなので、社長が何も知らないわけがないと思います。

それほど残酷な眞子を呼び寄せたのには、どのような理由があるのか、本当に眞子ならば、会社を建て直せると思ったのか、それとも他に何か理由があるのか、そこがとても気になりました。

また、オープニングで出てきた、眞子の幼少期であったであろう火事のシーンも気になりました。

今の残酷な眞子の姿があるのは、もしかしてあの火事に関係があるのか?今後の展開に注目したいです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

湊海

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレ

春から共亜火災に入社することになった博史は、研修の場で、新しく人事コンサルタントになった椿眞子と出会います。

彼女は以前いた海外の会社でミスデビルと呼ばれていました。

眞子は、新入社員全員に退職願を書かせて、研修の間に50人を10人に減らすと宣言し、ランニングをさせたり、穴を掘って埋めさせたりと過酷な研修を強要します。

その結果、退職願を出す社員が続出し、眞子の横暴なやり方を人事部長の千紘が社長に抗議しますが、彼は研修は眞子に一任していると突っぱねます。

父親のコネで入った日下部は、チームの足を引っ張る南雲をいじめ、博史に嫌がらせをさせます。

それに耐えられなくなった彼は飛び降り自殺を図ります。

運良く一命を取り留めましたが、この騒ぎで研修は中止になります。

現時点で11人残ったので、ひとりを投票で選ぶと眞子が言いますが、みんなが南雲に投票する中、博史が眞子の名前を書いたため、結果は白紙になり、眞子は独断で日下部を選びます。

全員に日下部が南雲をいじめている動画が送られ、逆上した日下部が眞子に襲いかかりますが、あっさり返り討ちにあい、辞めると言います。

10人に残った博史は、眞子が室長を務める人材活用ラボに配属されました。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話の感想

冒頭から、眞子が二重人格なのではないかと疑うようなミステリアスなシーンがあったので、彼女には何か大きなトラウマがあるのかもしれないと思いました。

初回から新人研修のハードな場面が多かったですが、社会人になってもこういう陰湿ないじめがあるのかと思うと、ちょっと怖かったです。

眞子のやり方は破天荒だけど、きっちりと日下部という悪人を排除することができたので、終盤はかなりスッキリしました。

菜々緒さんの回し蹴りもすごく、「あなたには会社を辞める権利があります」という決め台詞で凄む姿はインパクト抜群でした。

毎回ラストはこういうパターンになるのかなと思いましたが、ストーリーのテンポも良く、楽しく見れました。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

ぐちやん

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレ

共亜火災保険に入社してきた斉藤博史、期待に胸を膨らませいましたが、新入社員研修の人事コンサルタント椿眞子は全員に退職届を書かせ50人を10人に減らす事を高らかに宣言します。

その新入社員研修は熾烈を極め、同期の草壁の嫌がらせ等も乗り越え、斉藤たちは周りが続々と辞めていく中なんとか生き残ります。

そして最後の11人、目標の10人まであと一人切り捨てないといけないと告げた椿は残り一人を全員の投票で決めると宣言しました。

意地悪な同期草壁を椿は切り捨て新入社員研修は終わります。

ホッとしたのもつかの間再び期待に胸を膨らませ向かった配属先で待っていたのはまたもや椿眞子でした。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話の感想

長いヒールに抜群のスタイルで颯爽と現れる姿が何ともカッコいい椿眞子なのですが、彼女が行う新入社員研修はまさにスパルタでおおよそ今の若い者たちには到底付いていけるものではありませんでしたね。

同期の中にも足を引っ張ってくる者もいて草壁の嫌味な加減は腹が立ちましたが最後の脱落者を指名するときに草壁を指名した時はやはりスカッとしましたね。

厳しい中にも意図があり、会社のためを考え厳しく行動していく。

まだまだ謎が多そうな椿眞子がどんな秘密を抱えているのか、会長や社長とどういった繋がりがあるのかまだまだ面白くなりそうです。

ペンネーム:ぐちやん(40代・男性)

デビー7

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじネタバレ

大学を卒業し斉藤博史は、共亜火災保険会社の入社式を迎え、新人研修を担当する椿眞子紹介され、翌日から研修で最初の作業は「退職願い」を書かされ50人から10人まで減らすと言い、1チームを5名にして研修を始め、順位着けのランニングに穴堀の体力やチーム内の仲間の欠点指摘など、非情な研修に新入社員は徐々に退職願いを出していきます。

博史は車椅子の父や家族が就職を喜んでくれた事を思い頑張ります。

財務省につてがある日下部が南雲に対して、日下部のレポートを書かせるなどのいじめや、博史の靴が無くなり誰かにゴミ箱に捨てられる事が発生します。

研修によって30人も辞めた事から、人事部長の千紘は社長の大沢に中止を進言するも拒否され、眞子に抗議するも会社自体に問題がありコストカットが重要と言われる。

その時、南雲が日下部のいじめに耐えかね、ビルから飛び降り自殺をするが未遂に終わる。

新入社員が人となり、最後の一人を投票で決めると眞子が言い、それに対して博史は会社に入った思いを眞子に言い放ち止めさせようとしますが、眞子は投票を続け、博史は眞子の名前を書き、こんな状況は間違いだと主張する。

投票で決しなかったため、眞子が選ぶ事になり、日下部の名を上げ、新入社員のスマホに日下部が南雲に暴行している動画が送られる。

日下部は眞子に襲いかかるも、眞子の回し蹴りを受け、会社を辞めると言う。

眞子は、喜多村会長に呼ばれ「何者か」と問われるも何も言わず立ち去る。

博史は、人材活用ラボに配属され、室長の眞子の部下としてリストラを担当する事になった。

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話の感想

ドラマのタイトルが「Missデビル」であったり、告知の椿眞子が見るからに人の心が理解できない人物のように感じていたので、暗すぎる内容と思っていましたが、ちゃんとした部分のある設定で、ダメダメな日下部を、華麗な蹴りで仕留める爽快さに虜になりました。

ただ、会社側と椿の考え方に理解する所もありましたが、日下部を除いた他の新入社員には全くもって罪がなく、完璧なパワハラとリストラの合わせ技の新人研修は、無意味で卑怯な手段で、社会に出たばかりの若者を不幸にしているだけの事に見えてしまいました。

更に実際に存在するブラック企業に、リストラ方法を教えてしまったようにも感じました。

ペンネーム:デビー7(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『Missデビル -人事の悪魔・椿眞子-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA