【未解決の女】最終回(8話)ネタバレと感想!ラストは続編確定な結末?

  • この記事を書いた人:tomopon
波瑠主演・2018年春ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』

2018年6月7日(木)にドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』最終回(第8話)が放送されました。

ドラまる
前回、誘拐犯を追って犯人の銃弾に倒れた矢代。

その銃が、警察のものだとわかるんだよね。

ラマちゃん
15年前の3億強奪事件の捜査は、その拳銃のこともあって一筋縄ではいかなさそうね。

真犯人は誰なのかしら。

こちらの記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』最終回(第8話)のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』最終回(第8話)あらすじネタバレと感想

15年前の3億円強奪事件の犯人の一人と思われる藤枝信也(長谷川朝晴)が撃たれ死亡した。

そして、さらにその犯人にコーヒーチェーンの会社社長・百々瀬博昭(石黒賢)の娘・百々瀬佐智(谷村美月)が誘拐されていました。

その事件の犯人・秋田昇(岡田浩暉)を追い詰めたが撃たれた矢代朋(波瑠)。

先輩刑事の草加慎司(遠藤憲一)の悲痛な叫びの中、先週は終わりましたが、矢代は胸ポケットに忍ばせていた辞書によって命を救われました。

うーん、ベタな展開でしたね。前回、矢代が持ってきた辞書がやけに小さいことが気になりましたがやっぱりという感じです。

捜査の結果、矢代が撃たれた弾丸、藤枝が撃たれた弾丸、そして15年前の現金強奪事件で撃たれた弾丸が一致したことがわかりました。

しかも、使われた拳銃は15年前に警察が使用していた拳銃だったのです。

古賀室長(沢村一樹)の元にやってきた元刑事局長・野々村慎太郎(岩城滉一)の狙いはこれを口止めするためだったんですね。

一方、逃げていた秋田が、潜伏していたホテルで何者かに刺され命を落としました。

防犯カメラには、右足をひきずるようにして逃げる男が写っていました。

今回の事件は、過去に3億円を強奪した三人組の仲間割れではないかと考える強行犯捜査係ですが、矢代は犯人が足を引きずっていることから、15年前の事件で足を撃たれた警備員・戸塚正秀(大谷亮平)が復讐のために秋田を刺したのではと報告します。

その頃、戸塚のほかに15年前に現金輸送車に乗っていた警備員・水口栄一(梨本謙次郎)の元に聞き込みに行っていた鳴海理沙(鈴木京香)は重要な証言を手に入れていました。

珍しく捜査に乗り出した鳴海がぎっくり腰で入院していてびっくりです。

水口の話では、事件当時に話した内容が記載されていないということでした。

拳銃マニアだった水口は、その時にすでに事件で使われていたのが警察の使っている拳銃だったということを証言していました。

しかし、何者かによって調書は書き換えられていました。

そして再び野々村は、古賀の元にやってきて拳銃のことを捜査しないように遠回しに口止めをしました。

秋田を刺した犯人として事情を聞くために戸塚の元に向かう強行犯捜査岡部守(工藤阿須加)達。

騒がしい人々の視線の先を見ると、ビルの屋上で今にも飛び降りようとしている戸塚の姿を見つけました。

すんでのところで阻止した戸塚を警察に連行します。

謎は、なぜ秋田の居場所を戸塚が知っていたのかということでした。

戸塚は、差出人不明のメールを見たというのです。

謎の人物から、何度も何度も送られてくるメールを見ていくうちに、戸塚の中で復讐の気持ちが固まっていきました。

そのメールはまるで洗脳するように何通も何通も送られ、戸塚は復讐のために犯行に及んだのでした。

捜査が進む中、百々瀬博昭と藤枝・秋田の接点が判明しました。

15年前の強奪事件は、事業に失敗して多額の借金を背負っていた百々瀬が自身の展開していた店舗の従業員だった二人を共犯にして起こしたものでした。

百々瀬の取り調べが始まり、15年前の事件と今回の事件を引き起こした犯人は自分だと自供するが、百々瀬の態度から鳴海と矢代は納得がいきませんでした。

事前に草加から渡されていた百々瀬の字からは、人を洗脳するようなカリスマタイプではないと分析していた鳴海は、佐智の書いた字を見て何かをひらめきました。

誘拐されていた佐智に話を聞きに行く矢代。

嘘をついていたのは佐智で、藤枝が銃殺されたあの現場には偶然いたのではなく、藤枝に秋田を殺すように依頼し確認のためにそこにいたのではと問いただします。

藤枝が計画を失敗し、反対に秋田に撃たれてしまったことで計画は変更になってしまった。

だから、自分を誘拐させて秋田を泳がせた。

そして、洗脳済みだった戸塚を秋田の元に送り込み事件が起こったのです。

15年前中学生だった佐智は当時から頭の切れる子供でした。

事業に失敗して、人生を終わらせようとする父を見て、現金輸送車を襲う計画を立てたのです。

しかし、それを証明する証拠を矢代は持っていませんでした。

今まで、鳴海の空想が数々の真実を暴いてきましたが、今回は逮捕することはできませんでした。

いつか佐智を逮捕して見せる。そう決意する矢代。

そして、残るなぞは拳銃の出どころでした。

鳴海が男子トイレにまで突撃してくるとは。

事件で使われた拳銃は、警官が紛失していた銃で拳銃を紛失したのは野々村の息子だったのです。

野々村は様々な偽造改ざんを繰り返し、必死で隠ぺいを図っていましたが、古賀は記者会見で拳銃が警察官が紛失したものだということを公表しました。

事件が一応の解決を見、再び6係として捜査を続けることを誓う矢代でした。

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』最終回(第8話)ネットの反応や感想

ドラまる
SPEC思い出したよ。

そして矢代は真犯人の佐智を捕まえられなかったね。

ラマちゃん
もう登場から岩城滉一さんが悪人にしか見えなかったわ。

ドラまる
草加さん、本気で心配してたね。

最後まで草加さんいい人だった~。

ラマちゃん
いろいろ未解決で終わった感じよ。

すっきりしなかった人も多かったみたい。続編で解決してほしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『未解決の女 警視庁文書捜査官』最終回(第8話)の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年6月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』最終回(第8話)のネタバレ感想をご紹介いたしました。

結局、実行犯は捕まったけれど真犯人の佐智は捕まえることができませんでしたね。

矢代の中では未解決になってしまいました。

そして、拳銃の出どころはわかったけれど入手ルートが詳しく知りたかったです。

鳴海と矢代の凸凹コンビももう見れないかと思うと寂しいですね。

二人のやり取りを微笑ましく見つめる草加さんも最後まで素敵でした。

ドラまる
やっぱり谷村美月さんが、単純な誘拐される令嬢で終わるはずなかったよね。
ラマちゃん
父親をそそのかして現金を強奪させるなんて驚いちゃった。

矢代は今後佐智を追い詰めることができるのかな?

続編で見たいわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA