未解決の女|4話の動画見逃し無料視聴はこちら【5月10日放送】

  • この記事を書いた人:マスダ
波瑠主演・2018年春ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話(2018年5月10日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月10日(木)放送終了後〜2018年5月17日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『未解決の女-警視庁文書捜査官-』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじ

2018年5月10日(木)放送のドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじを紹介します。

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)が山中の橋から転落し、全身打撲で意識不明の重体に陥った。

この事件が発端となり、ひとつの未解決事件の捜査が再び動き出す。

真智が乗っていた車から採取された毛髪のDNAが、ある失踪者のものと一致したからだ。

失踪者は近所でも“理想の主婦”と評判だった藤田里美(真飛聖)。

里美は15年前、代議士の夫・藤田晃一(堀部圭亮)と息子2人と共に祭りに来ていたが、まるで神隠しのように突如姿を消してしまっていた――。

真智の車からは、毛髪だけでなく、9桁の数字が羅列された“謎の文書”も見つかっていた。

妙に張り切る「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)から“捜査の脇役”扱いをされながらも、「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は文書を解読して捜査に貢献しようと奮起。

やがて証拠文書の紙が移動図書館のチラシだと突き止めた朋は、9桁の数字が蔵書の資料コードだとにらみ、番号から割り出した蔵書と資料をかき集める。

すると、それらはすべて失踪事件に関する書籍や、里美が失踪した事件に関する記事で…!

やがて、真智と15年前の事件現場との間に“ある接点”があったことが判明。

そんな中、里美が息子たちに託した手書きレシピを見た第6係の文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は「字が泣いている」と言い出す! 

さらに、息子たちへの直筆メッセージにもぬぐえない違和感を覚え…!?

番組公式サイトより引用

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

たかは
第4話は15年前の主婦の失踪事件がテーマみたいでこれもまた楽しみです。

主婦は当時メモを残していたようなのでそれをまた鳴海が読み解いて事件を解決してくれると思います。

個人的には3話の最後で鳴海が「恋がしたい」と言っていたのがとても意外で気になりました。

それを聞いて同僚の草加が動揺していたので鳴海のことを意識しているのだと思います。

そちらの恋模様もこれからは注目して見ていきたいと思います。

また、特命捜査対策室6係としては未解決の事件を何件も解決しているので室長である古賀に認めてもらえると良いと思います。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

飛べないアヒル
ショップ店員が山中の橋から転落し、意識不明になることが発端となり、15年前の代議士の夫人が失踪した事件が動き出すようです。

転落した人の車から発見された毛髪のDNAが、失踪した主婦のものと一致したためのようです。

しかも、毛髪だけでなく、謎の文書も見つかることで第6係の名コンビの女性刑事の登場となりそうです。

次回の主婦失踪事件でも、鈴木京香さん演じる魔女と呼ばれる女刑事さんが、残された文書を手掛かりとして、事件の真相を文字から解明し、波瑠さん演じる体力刑事が犯人逮捕へとつなげる展開となりそうですが、古賀刑事との絡みも今後どうなっていくかも楽しみです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

garlic
第3話では百人一首が鍵となりましたが、第4話では図書館蔵書の資料コードが事件を解決へと導く鍵になりそうです。

それとともに予告動画では主婦が引いたおみくじと二つの絵馬の写真もありましたのでそれらも鍵になるのでしょうか。

いつも一直線な朋、そして彼女に振り回される理沙ら周囲のドタバタに笑わされながらも終盤ではしっかりとホロリ、心を熱くさせられるのが毎度お馴染みのパターンとなっています。

今回も15年前に失踪した主婦が家族に対しての愛情を残した何かがあってその真意をいかに朋と理沙が解き明かしてくれるかに、やはり期待せざるを得ません。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

はるか
次回の楽しみな所は、字の謎解きです。

字の解読のシーンは、文学のフインキを鳴海理沙とともに味わえるような気分になるからです。

字のクセとかで性格判断をしているところも興味深いです。

展開予想としては、主婦の失踪事件は、藤田里美が、お祭りの日に旦那とショップ店員の浮気現場を目撃してしまったことと旦那の本性が、分かってしまい危険を感じて失踪しているのだと思います。

ショップ店員の事故は、失踪したと思っていた藤田里美が、登場して何か口論になり事故になったと思います。

子供達も藤田里美とともに危険から逃れるために逃げていたのだと思います。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

セントポーリア
第4話は、神隠しのようにいなくなってしまった近所でも評判の良い主婦・藤田里美。

未解決事件のまま時が過ぎ、そんなある日、長瀬という男性が転落してしまう、一命をとりとめた彼の乗用車の中から、なんと15年前の神隠し事件の主婦藤田の毛髪が見つかり再び闇に葬られていた事件が浮上。

藤田と長瀬は、何か関係しているのか、長瀬は、事件に関与しているのかの疑問にドキドキし、そして、さらに謎の文字コードまで、その文字コードを読み解くその文字コードは、図書館の本につけられた番号だと判明するが、その番号は、藤田里美に関することが書かれた資料ばかりで謎は深まるばかり、いったいどんな展開が待ち受けているのか、藤田と長瀬の関係はと思うと今から早く次が見たくて仕方がありません。

今回は、文字コードが暗号のようになって出てきますので、今回も斬新な事件の典型にハラハラドキドキします。

本当に次回が楽しみで、早く見たい気持ちが募ります。

次回ももちろん見逃せません。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

カノシン
理沙は変わらず、文字や文章から人間の感情や性格を読み取る。

朋はそれに惹かれつつある。

時に繊細な一面も見せる。

しかしそれが堅さや、気難しさとなって事件捜査にそぐわない事もあるらしい。

しかし朋との出会いによってその振る舞いは事件解決に活用されていっている。

理沙の口から恋したいとの意外な発言も飛び出し、それが実現するのか。

次週は転落事件が未解決の扉を開く、15年前の主婦神隠し事件。

主婦が残した文字から真実をたどる。

当時一体何があったのだろうか。

政治家の夫が食卓に隠す備忘録、キーワードはチラシ裏の暗号。

ペンネーム:カノシン(30代・男性)

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

さわ

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレ

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)が橋から落ちたことから未解決事件の捜査が再び始まるのです。

車から採取されたDNAが失踪者の藤田里美(真飛聖)と一致したのです。

文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らの捜査から新たなことが分かってくるうちに、藤田里美は神隠しで実の姉の川村あやこと入れ代わってことに気がつきます。

警察が死体遺棄も踏まえて藤田晃一(堀部圭亮)も追っていると、「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)らに追い詰められた藤田晃一は放火の現行犯で逮捕されてしまいます。

長瀬真智殺害も踏まえて藤田里美は逮捕されてしまいます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の感想

藤田里美(真飛聖)と藤田晃一(堀部圭亮)との子供は本当に野菜の切り方など料理を藤田里美に習っていて上手だなと思いました。

ケーキやお菓子つくり等も出来るだろうなと思いました。

子供二人はお菓子職人になってもいいなと思いました。

子供二人は一人は藤田里美の子供でもう一人は川村あやこの子供だから文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)が見ても文字の性格が違うのだなと思いました。

それにしても藤田晃一(堀部圭亮)は藤田里美に態度がでかいなと感じました。

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)もちょっと言い方が悪いですね。

人の弱みに付け込んで、藤田里美が気に障ることでしょう。

ペンネーム:さわ(40代・女性)

kazu464

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレ

15年前理想の妻との噂があった藤田里美が失踪する事件があった。

ショップ店員の長瀬真智が山中の橋から転落し全身打撲で意識不明の重体に陥った。

真智が乗っていた車から里美の髪の毛と9桁の数字を書いた紙きれが採取される。

9桁の数字の書いた紙きれには山梨県草見公園の文字が書かれてあった。

捜査1課第6係の朋と草加は山梨県草見公園へ行くと子供たち居て、紙きれのある場所は移動図書館を教えてくれた。

9桁の数字は15年前の里美が失踪した事件関係の雑誌であった。

真智は15年前の里美失踪の事件を追っていたのである。

里美の子供2人は大学生に成って居た。

子供2人が通っている大学で中の様子を見ている女が居た。

朋と草加・川奈部は女の後ろから里美さんですねと言い身柄確保する。

里美は15年前、姉が金を無心に来た時、里美は誤って姉を階段から突き落とし殺していた。

夫に相談すると15年経てば時効だと言われ身を隠していたのであった。

15年経てば時効の法律は今はもう無効に成って居た。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の感想

里美は15年前不慮の事故で姉を殺した形に成って居た。

夫に相談すると15年たてば時効だと言われ姉に成り代わって15年間身を隠していた。

真智は里美が生きているものと思い姉に成り代わってる里美を追っていたのである。

なぜ、事件に関わりなさそうなショップ店員が里美を追っていたのであろうか?

最後の場面で真智が意識を取り戻したとあった、真智は里美をなぜ追っていたのか話したのであろうか?

真智が里美を追っていた理由が分かればドラマはもっと充実していたように思える。

実際にこのドラマのように未解決事件が多いのかどうか疑問がある。

私は田舎に住んでいるので事件が起こる事は滅多にない。

都会ではどうであるかは分からない・・・

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

かものはし

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレ

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜さん)が山中の橋から転落し、全身打撲で意識不明の重体になった。

この事件で、真智が乗っていた車から採取された毛髪のDNAが、15年前の失踪者、藤田里美(真飛聖さん)のものと一致した。

そこから15年前の失踪事件を捜査する事になった「特命捜査対策室」第6係の朋は、はりきる。

そこで証拠文章が出て来て文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)が捜査に参加する事になるが、レシピ本をみた鳴海は「字が泣いている」と言い出した。

そこから徐々に捜査が進展していく。15年前の事件と今回の事件がまた一つに繋がっていく。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の感想

今回は親子の話で、少し泣けてくる話だった。

15年前急に神隠しのように消えてしまった母親の捜査をする朋達だったが、鳴海の文章解読からこの母親が生きていて、15年前の殺人を隠すために失踪していた事がわかった。

時効が15年と言うところとそのあと時効撤廃が改定された事もキーとなる。

鳴海は最初文字を解析するが、なかなか文字の神様が降りて来なかったが、降りてきた瞬間のゾクゾクっとした顔がかなり印象的だった。

最後、母親は捕まってしまったけどそこに子供が来て、感動の再会。

母親はなんとも言えない顔だったが、子供から「生きていてくれてありがとう。待ってるから。」と言ってた時は、感動でうるうるしてしまった。

ペンネーム:かものはし(30代・女性)

けんけん

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレ

長瀬真智という女性が山中の橋から転落した。

彼女の車から発見された髪の毛のDNAは15年前に失踪した代議士秘書の妻、藤田里美のものだった。

また、車の中からは数字の羅列のメモが見つかる。

それは移動図書館の書籍のナンバーで里美の失踪事件の記事を掲載した書籍や雑誌だった。 

真智の転落と里美の失踪が結びついたが既に代議士になっていた元夫、藤田は「失踪宣告もしておりもう捜査は必要ない」と言う。

理沙は、里美がそれぞれ自分の子供たちにあてたメッセージを見て、兄と弟では距離感に違いがあることに気付く。

弟は、里見の姉のアヤ子の私生児を養子縁組したのだった。

また、当時里美が子供たちに贈った料理本のメモは短期間に泣きながら書いたこと、里見は意思を持って失踪したことを理沙は推理する。

アヤ子を追い求める捜査員たち、しかし彼女は勤務先の定食屋から先は行先がつかめなくなっていた。

アヤ子の筆跡を見た理沙はそれが実は里美のものだったと洞察する。

また、夫の藤田が時効廃止法案可決に苛立っていたという情報と合わせ、理沙は、里美がアヤ子を殺害し時効明けを待つ間失踪の名のもとに逃亡していたと推理する。

夫の藤田も協力する形で。

朋たちはアヤ子を探し当てる。里美はようやく理沙に真実を語り始める。

里美が殺害したアヤ子の遺体を藤田と二人二人で山中に埋め、自首を望む里美を藤田が引き取め時効まで逃げ切るよう説得した。

しかし、時効が廃止になり藤田は里美を手切れ金とともに切り捨てていた。

アヤ子の名で隠遁生活を送る里美を真智がかつての失踪者と気付き、金目当てで事情を探ってきたところを誤って橋から転落させてしまったのだった。

すべてを知られた藤田は逆上して放火を図るが間一髪朋の一本背負いが阻止する。

連行される里美に、二人の子供たちは告げる「生きていてくれてありがとう」「僕たち待っている」と。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の感想

普通の推理モノと違い、探偵(理沙)が、「妄想だから」、「空想だから」、と言いながら真実にアプローチしていくのが面白い。

それが鈴木京香さんが言うと説得力があり、また後を追うように科学捜査や文書等でそれが立証されていく。

朋と理沙の掛け合いは回を追うごとに板についてきたように見える。

もっとも今回はコナン君方式は採用されなかった。

あんまり朋が勝手なことばかり言うので理沙が愛想をつかしたのか、それとも(もしかしたら次週以降明らかになる)理沙の中になにか思いがあったのか。

古賀は捜査一課長の座を狙っていることが明らかになったが、大岩課長(内藤剛士さん)の再登場、直接対決も期待。

ペンネーム:けんけん(50代・男性)

セントポーリア

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレ

15年前、藤田里美は突如姿を消してしまっていた。

二人の息子のうち、次男は里美の姉の子供で特別養子縁組をしていた。

里美の姉はあばずれで未婚の母、今も男と逃げているらしい。

2009年、「時効廃止法案」が審議されているの国会中継を見て、テレビにグラスを投げつけた代議士の夫・藤田晃一。

里美は生きていた!

15年前のある日、姉が急に家に着た。

息子を捨てたくせに、息子が手元にいないと養育費ももらえないとお金のためにやってきた。

もみ合っているうちに、姉が階段から落ちた。

「あんな女探す人間もいない。」そう思った堀部圭亮は、姉の遺体を遺棄。

しかし里美は耐えきれず、自首したいと言い出す。

それを隠すため、堀部圭亮は里美を消し、殺した姉として生きるように指示。

東京を離れて暮らし、15年たてば時効になり、自分の罪は消えるとそう思って暮らしてきた。

2009年、時効廃止法案成立。

だが、罪は消えない。

堀部圭亮は3000万円を里美に渡し、これから里美の姉として好きに生きるようにと言い渡す。

ショップ店員・長瀬真智はなぜか里美の事件を調べていた。

地元の食堂で里美を見かけ、よく似ていると思った。

姉を埋めた場所で手を合わせる里美を見て、恐喝することを思いつくが、里美に吊橋から突き飛ばされてしまう。

9年ぶりに連絡があった夫・堀部圭亮からは「捕まっても絶対に本名を言うな」と言われてしまう。

保身のために妻の人生を殺した堀部圭亮は、ガソリン(?)をばらまき選挙事務所を燃やそうとするが現行犯逮捕。

両親揃って犯罪者で代議士の優秀な息子から、犯罪者の息子になってしまいましたが、けれども二人ともそろって、お母さんに「生きててくれてありがとう」と言葉をかけていました。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の感想

両親がふたりとも犯罪者で代議士の優秀な息子から、犯罪者の息子になってしまいましたが、二人とも一転して犯罪者の子供になってしまい辛い。

辛いだろうにけれども二人ともそろって、お母さんに「生きててくれてありがとう」なんて言ってしまうなんて本当に良いお母さんだったんだねぇ、子供達もお母さんが犯罪者になってしまったのだけれども生きてあえるなんて本当に夢の用だったんだろうなと思います。

ずっと子供達に会いたかったお母さんまた刑期を終えたら可愛い息子たちが待っていてくれますよとドラマを見ていて久々にホロッとした気持ちになりました。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

シャワーズ

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじネタバレ

2003年に起こった品川区主婦神隠し事件から15年後に殺人未遂事件が起こった。

被害者の長瀬真美が乗った車にあった髪の毛は品川区主婦神隠し事件の被害者である藤田里美の髪の毛だった。

また、数字の暗号もあった。

草加刑事や矢代刑事は数字の暗号の裏に印刷された草加公園に赴いた。

そこで判明したのがメモ用紙だということだった。

長瀬は15年前に、里美が行方不明となった神社の巫女のバイトをしていたことが発覚した。

草加刑事や矢代刑事は藤田の息子らを訪ねた。

鳴海の解説によると、息子それぞれに対する母性が違うのだと言った。

それを情報の縄張り理論だと言った。

実は息子2人は母親が違うのだ。

次男の実母も行方不明だった。

長瀬は次男の実母の河村を探っていたことが発覚した。

矢代刑事と草加刑事、鳴海刑事は神社現場に来た。

その時に河村の字を見た鳴海刑事は文字の神様が降りて来た。

藤田の息子らの大学に来た河村だと言う里美を発見した。

鳴海刑事が自分から取り調べに向かった。

15年前に里美は河村を殺してしまった。

それを夫に謝罪した。

夫と里美は河村の死体を隠した。

だが里美は自首したいと夫に懇願した。

夫は殺人の時効15年だと言い、藤田家を守るためには里美を消そうと考えた。

里美は河村として生きていくことになった。

2009年に時効廃止になってしまった。

夫は失踪宣言をすると言い出した。

里美が河村の死体が埋められている場所にいる姿を長瀬に写真を撮られてしまった。

そのため、長瀬を殺そうとしてしまった。

藤田の夫は事務所にガソリンを撒き、火をつければいいのだと言い切った。

それを止めた矢代刑事。

里美のところに息子らが訪ねた。

15年振りの再会だった。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話の感想

序盤のおみくじシーンで、母親に学問危ないと言われて息子が頭を抱えるというのが可愛かった。

てっきりと息子が行方不明になったかと思ったら母親が行方不明になってしまったというのが驚きだった。

古賀刑事が矢代刑事を褒めたシーンは感動した。

5時15分となると、古賀刑事や矢代刑事以外みんな帰る支度をし、財津刑事が矢代刑事を引っ張って帰るというのが面白かった。

里美と15年振りの再会を遂げた息子らを見てみると思わず涙が出てしまいそうになった。

感動した。

鳴海刑事が自ら進んで里美の取調を行ったというのが珍しかった。

矢代刑事の影響なのだろうか。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

コメントお待ちしています!

CAPTCHA