未解決の女|3話の動画見逃し無料視聴はこちら【5月3日放送】

  • この記事を書いた人:マスダ
波瑠主演・2018年春ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話(2018年5月3日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月3日(木)放送終了後〜2018年5月10日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『未解決の女-警視庁文書捜査官-』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじ

2018年5月3日(木)放送のドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじを紹介します。

大学教授・塚本秀平(吉田栄作)のもとで百人一首を研究していた大学生・舞阪佳織(福原遥)が、白昼の駅前駐輪場で刺殺された。

事件当時、現場から立ち去る男の目撃情報があったにもかかわらず、被疑者を捕まえることはできなかった…。

佳織は百人一首の一札を握って絶命していたが、その意味を見つけ出すこともできず、事件は通り魔による凶行とみなされ“未解決”のまま凍結していた――。

その5年後、腕に「MISEBAYANA」というタトゥーのある男が殺される。

その男はほかでもない、佳織と交際していた会社員・与田秀樹(深水元基)だった! 

2つの事件に関連はあるのか、そして被疑者は一体誰なのか…。

その謎を解くべく、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は事件現場へ出向き、捜査を開始。

第6係が専門とする文書捜査の域を出た行動に「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)は目くじらを立てるが、朋は意に介せず、足を使った捜査を続行する。

そんな中、朋は佳織が持っていた百人一首の箱に“間違ったもの”が入っていた、との情報を得る。

その“間違ったもの”と“彼女の日記に頻出する言葉”を分析した文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、佳織の知られざる一面を推察。

さらに、箱の中にあるべき1枚がないことに気づき…!?

朋と理沙は手掛かりを求め、塚本のもとへ。

だが、塚本からはこれといった手掛かりを得ることは出来ない。

その矢先、佳織の同級生から得た些細な証言が思わぬトリガーとなり、朋の脳裏に“これまでの捜査を根底から覆す記憶”がよみがえる――。

番組公式サイトより引用

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

garlic
5年前に起きた女性刺殺事件。

その被害者は百人一首の札を手にしていた。

そして、5年後にその女性と交際経験のある男性が殺された。

男性にはアルファベットの羅列のタトゥーがあった。

これらだけでも「未解決」と「文書捜査」のタイトルがうなりますね。

5年前の被害者女性は大学生で百人一首を研究していたのですが、彼女と交流のあった大学教授は握り締められていた百人一首の札は事件に関連無いと言ったと、予告にありましたが、怪しさ満々です。

でも、それでは当たり前過ぎるからその教授の真の姿を暴くのが難攻不落なのだろうと予測します。

それを解き明かすのが初回で見せた「コナン君のアレ」だったら面白いのになと思ってしまうのですが、どうなりますか。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

kazu464
5年前大学教授・塚本秀平のもとで百人一首を研究していた舞阪佳織が白昼の駅前の駐輪場で刺殺される。

佳織は百人一首の1枚札を握っていた。

札は何を意味しているのか不明のまま未解決事件として処理されていた。

腕に「MISEBAYANA」と言う入れ墨をした男が殺される。

佳織と交際していた与田秀樹であった。

朋が5年前の事件を理沙と調べ始める。

朋は秀平の所に行って当時の事情を聴くが手掛かりなしで有った。

理沙は入れ墨の「MISEBAYANA」から 「見せばやな 雄島(をじま)の蜑(あま)の 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色は変はらず」の句を解析していくと意外なヒントがあった。

佳織の同級生がこの句からある人物を思い出し・・・・・

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

とり
主要のメンバーが悪くないだけにもう少しおもしろくなることを期待せずにはいられません。

矢代朋(波瑠)と鳴海の掛け合いはとてもおもしろいのでもっと増えるといいかなと思っています。

鳴海がどうして人間が苦手になって外に出ることもなくなったのかそれは今まで関わってきた捜査が関係しているようです。

少しずつ彼女の素性が見えてくるところが楽しみです。 

そして矢代とのタッグはどうなっていくのか。

あんなに脇を固める役者さん達が素晴らしいのでもっとそれを活かせるような脚本になっていくことを期待したいと思います。

あともう少しです。

ペンネーム:とり(30代・女性)

ゆう
今回のお話ではなぜ鳴海が人間嫌いになってしまったのかというストーリーが少しだけ描かれていました。

三話以降では彼女がなぜ文書捜査官という道を選んだのかという経緯が明かされるのではないでしょうか。

また朋と鳴海の関係にも注目です。

一話では、初対面でぴりぴりしている雰囲気が流れていましたが二話では彼女たちの間にわずかな信頼関係が生まれたように見えました。

彼女たちのは信頼しあえる刑事になれるのか期待です。

三話では五年前の通り魔事件とその五年後におきる殺人事件の捜査に彼女たちが挑みます。

重要なキーアイテムは百人一首。

これは文字フェチ刑事鳴海の出番です。

次回も鳴海の名推理に期待です。

ペンネーム:ゆう(20代・女性)

shiba165
毎回、ドラマの中で人の話し方、書き方など、言葉の選び方など、言葉には人を表す力があるんだと気付かされます。

次回は女子大生ストーカー殺人で百人一首がヒントになるようです。

特に百人一首は隠れた意味なんかもあるため、さらに言葉の奥深さが感じられそうです。

女子大生をストーカーしていた教授が犯人のようですが、きっと百人一首を研究する教授なのでしょうか。

だとすると彼も言葉のプロと言えそうです。

事件のことを上手く隠してきたかも知れませんが、鳴海先輩の鋭い観察と八代の行動力にどれだけ耐えられるのかが楽しみです!

また、八代も少しずつ言葉の声を聞いて事件の真相を見出すことが出来るようになっているため、八代がどんな推理をするのかも見どころになってくると思います。

ペンネーム:shiba165(20代・女性)

焼き肉食べたい
3話も未解決事件と似た事件が発生する。

またまた鳴海と朋とのコンビが大活躍する。

凸凹コンビだが、意外とうまく行ってしまうだろう。

あと朋の事件をすぐ捜査してしまう行動に「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹さん)は気にくわない。

でも朋は気にしないで足を使った捜査を続行するが、いつもこの行動によって事件が解決に導かれていく。

最後にはこの凸凹コンビが事件を解決するけど、お手柄はいつも古賀清成のものになる。

いつになったら文句を言うのかも楽しみだし、古賀が何だかんだで鳴海を頼っているので昔の関係性もどうなのかも気になる所。

ペンネーム:焼き肉食べたい(30代・女性)

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

たかは

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレ

5年前に百人一首を研究していた女子大生が殺害されます。

その事件は未解決のまま5年の月日が経ち、5年後に当時女子大生と交際していた会社員である与田が殺害されます。

殺された女子大生の日記からは複数の男性の影が見えることから交際していた与田以外に大学の教授とも何か関係を持っているかもしれないと疑い始めます。

教授に心理テストをするとその筆跡から教授が5年前の事件と何か関係していることがわかりました。

その後の調べで与田は女子大生との別れ話から殺害を後輩に依頼し、それを知った教授が与田を殺害したことがわかりました。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の感想

5年前の女子大生殺害事件と今回起きた事件がどのように関係しているのかが気になりながら見ていました。

今回は百人一首を通して事件を解決していく話で百人一首をあまり知らなかったので勉強になりました。

5年前の事件は女子大生の交際相手である与田が後輩に殺害を依頼して、それを知った教授が与田を殺害したことがわかりました。

教授の女子大生への愛が大きくて、大きすぎて悲しくなりました。

今回も鈴木京香演じる鳴海の解読によって事件を解決することができました。

筆跡や文章からその犯人の性格や心情を読み解くことができるのはとても面白くて毎回とても楽しいです。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

飛べないアヒル

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレ

5年前、大学で百人一首を熱心に研究していた女子学生が、昼間の駅前駐輪場で刺殺され、現場から立ち去る男の目撃情報があったものの、事件は迷宮入りしてしまいます。

その5年後の現在になって、刺殺された女子学生が当時付き合っていたとされた男性が刺殺され、以前の事件との関連性を疑った文書捜査課の第6係の名コンビ女性刑事が動きだします。

事件を解く鍵となるのは、刺殺された女子学生が持っていた百人一首の札のようです。

しかし、本当のストーカーは、付き合っていたとされた男性の疑いが強まり、真犯人は、依田に脅された同級生、しかも、復讐に大学教授までが手を汚してしまいます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の感想

怪我をした波瑠さん演じる女性刑事の柔道着姿が披露され、柔道場でのいきなりの王子わざとして投げ技を繰り出すシーンがあるものの、ちょっと作りすぎの感がしました。

今回の波瑠さんの刑事役は、多少わざとらしさを感じるシーンもありますが、鈴木京香さんとの凸凹コンビの掛け合いは、絶妙な味わいを生み出しているように思えます。

しかも、回を重ねるたびに、上司である古賀との関係も絶妙なバランスを作り上げているのも、面白みとなっています。

今回は、大学教授役で吉田栄作が出演し、ストーカーの疑いを受けながら真犯人が別に存在するという意外な展開も、興味深いものでした。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

garlic

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレ

5年前に起きた女子大生殺人事件。通り魔による犯行であるとした当時の捜査、それは行き詰まり未解決のままだった。

それから5年後にその女子大生と交際していたとされる会社員男性が死体で発見される。

女子大生の遺品にあった百人一首には1枚多い(重複している)札と1枚不足している札があった。

理沙の想像と朋の武道経験から5年前の事件は通り魔ではなくストーカーが犯人だとの仮説が浮上する。

そして、女子大生の百人一首の師である大学教授にストーカー疑惑の証言が得られた。

しかし、朋らの捜査により実際のストーカーは殺された会社員男性の方であることがわかる。

教授と学生は百人一首の札の交し合いで淡い恋を確かめていた。

その女子大生の死から5年経ったある日のこと教授は会社員男性と偶然再会する。

それは、会社員男性が女性にストーカー行為をはたらいている場面だった。

男性は、教授と女子大生の文学の絡んだ恋愛を貶める言葉を放つ。

それに怒った教授は男性を転落死へと至らしめた。

殺害の直前に教授は会社員男性が女子大生殺害を知人に委託していたことを知る。

殺人を請け負った男を殺そうとする教授の前に朋らが駆けつけて阻止した。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の感想

教授役の吉田栄作さんにはアクティブなイメージがありましたが、今回は周囲から変わり者と評されている、颯爽とは正反対なキャラを演じておられました。

年齢も比較的高い設定なので発声に力の抜けた部分をあえて作っている喋りです。

しかし、専門の百人一首のことを話す時にはその発する言葉には情熱がこもっており、とても良い演技でした。

地味な服装で猫背気味にしていたものの体つきのがっちりさは隠し切れてはいませんでしたが、一時代の先頭を走っていた頃には想像しえない変わり様で、円熟の域に向かっていらっしゃると思いました。

あと、朋が「ッス」と体育会系男子を連想させる言葉遣いを連発させていましたが、前回までは気にはならなかったことです。

原作の矢代朋彦がそういう言葉遣いなのかも知れませんが、「なんで急に」と少々不自然さを感じました。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

はるか

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレ

百人一首の好きな女子大生の舞阪佳織が、白昼に刺殺された。

舞阪佳織は、一枚の百人一首を握っていた。

事件は、通り魔殺人事件として未解決になっていた。

しかし、その後に舞阪佳織と交際していた依田秀樹が、殺害されていたことから女子大生通り魔殺人事件を捜査を捜査することになった。

実は、舞阪佳織を殺害していたのは、交際相手の依田秀樹であった。

舞阪佳織が、百人一首の大学教授の塚本秀平を好きになり振られる事に逆上し依田秀樹に怪我を負わせた後輩を脅して殺害させていた。

そして、塚本秀平は、依田秀樹が、他の女性に事件を匂わすことを話しているのを聞いて依田秀樹が、犯人だと分かる。

舞阪佳織の復讐のために塚本秀平は、依田秀樹を殺害した。

舞阪佳織の握っていた百人一首は、塚本秀平への愛を詠った句であった。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の感想

百人一首が、テーマだったのですが、とてもロマンチックな物語でもあり面白かったです。

女子大生と教授の恋愛ってどこかかわいらしいですね。

吉田栄作さんが、大学の教授役で出演していたのですが、若い頃の吉田栄作さんのイメージしかなかったのでラストで吉田栄作さんなのかなと分かりました。

サラサラの栄ちゃんのイメージから渋い感じになりました。

しかし、何となく女子大生が、惚れてしまうのも分かりますね。

女子大生役の舞阪佳織役の福原遥さんは、子役から活躍している女優さんですが、どんどん教授を好きになるシーンが、良かったです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

セントポーリア

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレ

百人一首を研究する大学生佳織が、駅前の駐輪場で何者かに刺され、百人一首の56番の句を持ったまま命を落としたが、未解決事件となった。

5年後の現在。

会社員・与田秀樹が命を奪われた。

与田はかつて佳織と交際していた。

朋は草加と、捜査を開始。

朋は通り魔的な犯行ではなく、佳織だけ狙ったような手口だと感じる。

佳織の家へ。

理沙から佳織の日記か手帳を借りてきてほしいといわれた朋は、父親から佳織が所有していた百人一首の中に、ひとつ間違ったものが入っていたと告げられる。

間違っていたものとは百人一首の51番で、その1枚だけが他の札と色もデザインも異なっていた。

そして51番が2枚入っている代わりに、89番の1枚が抜けていた。

理沙が日記の文章から『彼』という人物が頻繁に登場する事に気づき、書き方から、『彼』はおそらく2人いることが判った。

朋は理沙と、かつて佳織を教えていた大学教授・塚本秀平を訪ね、塚本は事件の事を訊くが、5年前の事だから憶えていないと口にする。

その後、与田が元柔道選手で、雑誌にも取り上げられるほど活躍していたことが明らかになった。

与田は後輩・山崎雄太との練習中に怪我をし、選手生命を絶たれたが、山崎を責めることはなかったそうだ。

佳織の同級生から「塚本先生が佳織のストーカーだったかもしれない」という証言を得る。

佳織と与田は交際してたが、塚本に惹かれ、与田に別れてくれと頼んだ。

与田は佳織の命を奪うことを計画。

塚本は負い目を感じていた山崎を使い、佳織を刺した。

真実を知った塚本は、与田の命を奪ったあと、さらに山崎に復讐しようとした。

しかし寸前のところで朋たちに止められ、塚本と山崎は逮捕。

佳織が持っていた1枚だけデザインの違う百人一首の51番の句は、塚本が彼女に贈ったもの。

また刺された後に握っていた56番の句は、命を落とす前に塚本に会いたかったという気持ちを表していた。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の感想

今回の第3話は、三角関係のもつれから、恋人だった与田が山崎を使って佳織を殺害し、そして、それを知った塚本が、復讐の為、与田を殺害してしまうという何とも悲しいお話でした。

与田は、佳織を殺害してしまったけれどもいくら何でも殺害するなんてと思いました。

時には、見切りをつけることもお互いの人生の為には必要なのになと思いました。

そして、佳織が百人一首を殺害された後も握りしめていた56番の句カードの意味は、命を落とす前に塚本に会いたかったという気持ちを表していたという事には、恋する女の子の気持ちが上手に表現されていて、きゅんとしちゃいました。

ペンネーム:セントポーリア(40代・女性)

カノシン

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじネタバレ

事件は5年前の女子大生刺殺事件。被害者の佳織は百人一首の札を握りしめて亡くなっていたが、通り魔の犯行とされ、未解決となっていた。

そして現在になって当時の恋人の与田が何者かに殺害され、腕には歌の刺青があったことから事件が動き出す。

朋と理沙は佳織の当時の日記から、佳織には情熱的な感情を抱く恋人のような男性と、その真逆の感情を抱くストーカーのような、2人の男性が身近にいた可能性を探る。

そして佳織が百人一首を熱心に学んでいたことから、担当教授だった塚本を訪ねる。

その後、与田を分析したことで与田には激情的な一面がある事が分かり、一方塚本には佳織と百人一首の札を交換していた事実が発覚する。

それにより、ストーカーは与田であり、佳織と塚本には恋愛関係があったと分かる。

与田は塚本によって佳織の復讐で殺害されていたのだ。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話の感想

当初恋人と思われていた男が実はストーカーになっていたことは驚き。

塚本は教授と学生というかなりの年の差恋愛にもまた驚き。

塚本は佳織と恋人にはならなかったけれど、卒業したら、その時はきっと恋人になっていたでしょう。

恋愛というものはいつの時代、どんな関係であっても美しいもの。

2人の場合、それが百人一首という形のラブレターになっていた。

警察が最初の段階で犯人逮捕ができていれば、新たな犯罪者が生まれることもなかったであろうと思うと、悲しさもある。

他人にはおじさんとの恋愛なんて有り得ないと評されるが、2人にしか分からない絆も確かにあったようである。

ペンネーム:カノシン(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

コメントお待ちしています!

CAPTCHA