未解決の女|2話の動画見逃し無料視聴はこちら【4月26日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou
波瑠主演・2018年春ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話(2018年4月26日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年4月26日(木)放送終了後〜2018年5月3日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『未解決の女-警視庁文書捜査官-』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじ

2018年4月26日(木)放送のドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじを紹介します。

大手IT企業の社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される誘拐事件が発生する。

早期解決を目指す捜査本部は、各部署から人員をかき集め体制を強化。

「特命捜査対策室」からも第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が招集される。

誘拐されたのは中学生の幸田遥花(畑芽育)。

犯人が電話で、父親・幸田雅也(戸次重幸)に遥花の声を聞かせたとき、遥花は「かもめ」とだけ口にしたという。

まるで意味が分からない朋だが、その一言は文字フェチの同僚・鳴海理沙(鈴木京香)に12年前のある未解決事件を思い出させることに…! 

それは主婦・坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽衣が誘拐された事件。

実は当時、芽衣も今回と同様に「かもめ」という言葉を発していた――。

まもなく身代金の受け渡し役に任命された朋は、雅也の秘書に扮し、指定場所に赴く。

ところが犯人の指示で方々を走らされた結果、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に露見! 

身代金はまんまと誘拐犯の手に渡り、人質も解放されないという最悪の事態を招き…。

一方、理沙は「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)から、犯人と雅也の通話解析を命じられる。

そんな中、朋は先輩刑事・草加慎司(遠藤憲一)から、12年前の未解決事件の詳細を聞くことに。

その事件は、今回の誘拐事件と奇妙な共通点を持っていただけでなく、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていて…!?

番組公式サイトより引用

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

DSI
1話完結の未解決捜査。

矢代が現在の事件の捜査とつながる過去の捜査にのりだして、鳴海は資料から読み取れることを指示する。

草加は毎回巻き込まれる。

鳴海はもともとできる刑事で、何か失敗して嫌になった過去がありそう。

6係全員が過去に何かをかかえていて、徐々に明らかになっていくかな。

怪我の理由が明らかになるか。

1課長とつながっていたので、コラボみたいな話もあるのかなと思います。

現在の事件と過去の事件がつながって、未解決の事件を解決していく。

次の事件はどんな事件か楽しみです。どんな鳴海の分析解説が聞けるのかも。

ペンネーム:DSI(30代・女性)

garlic
12年前の誘拐事件を調べることになった朋は、理沙を無理矢理に捜査へと連れ出します。

理沙にとってそれは今までの自分の仕事にはなかったことであり、迷惑千万に他ならないようですが、常に一直線な朋に振り回される回になりそうな予感が予告編で生まれました。

現在進行形の誘拐事件に際して身代金の運搬役を任されることになった朋。

彼女は本来それを担わされるはずだった「秘書」の代わりということですが、朋のあり余る体力がアダとなって秘書でないことがバレてしまうあたりがどんな見せ方なのか楽しみです。

また、12年前の事件はどうやら理沙に影響を与えていたようで、それが一体何なのかも見逃せないポイントになっています。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

そら
まず無鉄砲な矢代と倉庫番の魔女の鳴海が今後のどういった形で捜査していくのかが楽しみです。

今回のように鳴海の言葉を矢代が犯人や被害者家族に伝えていくのか。

それとも鳴海が表に出てくるのか。

矢代と鳴海のやり取りに草加と財津係長がどういったかたちで関わっていくのか。

そしてそんな6係に古賀がどんな風に接していくのか。

見所満載のドラマだと思います。

1話のような矢代と鳴海の犯人に対峙していくコナン方式なのもコナン好きにはたまらないですが、いつかはこの方式も無くなってしまうのかと思うと残念なので。。。

このままの感じで最後まで続いてほしい、と強く願っています!!

ペンネーム:そら(30代・女性)

ふないちろう
大手企業の社長の娘が誘拐され、身代金を要求される事件が起きます。

矢代が捜査に関わるようですが、突っ走りぎみな矢代は、ちゃんと捜査でき、解決に導くことができるのでしょうか、また、今回の誘拐事件とよく似た誘拐事件が起きていて、未解決になっていることがわかります。

そして、そこには、共通した言葉が。

それは、同じ犯人なのでしょうか。

それとも、過去の誘拐事件を知っている人物の、模倣した事件なのでしょうか。

有害は、恨みなのか、それとも、金銭目的なのか。鳴海の解読と、矢代の行動力で、どのような真実が浮かび上がってくるのでしょうか。

ペンネーム:ふないちろう(50代・女性)

kazu464
大手IT会社令状が連れ去られ1億円の身代金を要求される。

「特命捜査対策室」第6係から朋が召集される。

誘拐された遥花は電話で父親に「かもめ」とだけ口にしたと言う。

理沙は12年前の未解決事件を思い出す。

当時、芽衣と言う子供の誘拐事件で有る。

芽衣も「かもめ」と言う言葉を言っていたのである。

身代金を受け渡しの役に命じられた朋はヘマをし身代金は誘拐犯に渡ってしまう。

理沙は父親と遥花の電話の内容の解析を命じられる。

朋は12年前の未解決事件の詳細を先輩刑事から聞く。

理沙は12年前にも「かもめ」と言う言葉の解析をしていたのであった。

以前、理沙は「かもめ」と言う言葉から海を連想していたのであるが違うような気持ちもしていた。

今回は「かもめ」という文字を海と切り離して考える事にすると・・・・意外なものが見えてきた。

「かもめ」と言う暗号を知ると一気に12年前の事件も解決される。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

garlic

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレ

15歳の少女が誘拐される。少女は父親宛の電話で「かもめ」という言葉を残す。

その「かもめ」に理沙は心当たりがあった。

12年前に起きた3歳の女児誘拐事件で、女児も「かもめ」と言い残していた。

そちらは現在も未解決のままであり、理沙はその捜査メンバーの一員だった。

朋に強引に連れ出されて15歳少女の自宅を訪れた理沙は、窓の外に「かもめ」を見つける。

それは遠くにある看板で、そこに掲示される文字列に「かもめ」が含まれていたのだ。

女児と少女には同じ場所に同じハート形の痣があった為に、両者は同一人物との仮説を父親にぶつけると、その父親は15年前の誘拐事件を自供した。

そして、本当の母親がたまたま少女の痣を見てそれが娘だと判断し、今度は自分が誘拐犯となったのだ。

監禁場所を突き止めた朋と理沙たちは今回の誘拐犯である実の母親に迫るが、少女を水槽に留めてそこに水がどんどん堪っていく途中だった。

少女との心中を企てる実母に朋がどうして3歳の女の子が「かもめ」と言い残したのかを説明する。

それは、字が読めるようになったのをお母さんに褒めて欲しかったからだと。

実母は我にかえり、溺れそうになっている娘を助け上げた。

その後彼女は逮捕される。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の感想

単純に昔々の事件に新たな糸口が見えたのでその昔々の事件だけを解決するスタイルではなく、現在進行中の事件と昔々の事件とを一挙に解決してしまうのが肝になっていて、よくもまあそんなストーリーを考えたなと感心することしきりです。

事件はシリアスであり、親の子に対する愛情の描写もある本格派なところを見せますが、ばかばかしさもありました。

身代金の運搬役は秘書が担当することになり、じゃあ女性警官にやらせようと。

当たり前な流れでしょうが、それは朋になります。

なんで朋に重要な役が回ってきたのかは、秘書というものは細身だから、その場にいた細身の女性は朋しかいないから、朋だと。

今流行のセクハラですね、これも。なかなかタイムリーです。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

kazu464

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレ

大手企業の社長令嬢・幸田遥花が誘拐される。

捜査本部は早期解決を図る為各部署から人員をかき集め特命捜査対策室から朋が加わる事に成る。

犯人は父・雅也に1回だけ電話をさせていた。

遥花は「カモメ」とだけ言ったら電話は切られる。

12年前に同じような未解決事件があった。

坂下菜々美と言う人の娘・芽以が誘拐された事件で有った。

芽以は今回の事件と同じく、電話で「カモメ」と言っていたのである。

朋は1億円の身代金の受け渡しを担当することに成る。

朋は犯人に行動を読まれていた、指示通りしないと遥花を殺すという脅しに、ある橋から川へ1億円の入ったカバンを落とす。

菜々美は清掃作業の会社で働いていた。

ある学校で遥花と会う。

遥花の腕には芽以と同じようなハートのアザがあった。

12年前、芽以を誘拐したのは雅也の妻であった。

それから、12年間遥花を自分の娘として育てて来たのであった。

遥花を誘拐したのは菜々美であった。

菜々美は遥花を自分の娘・芽以であることを知っていたのである。

菜々美は遥花(娘・芽以)と一緒に心中をしようとしていた。

菜々美は駆け付けた警察の中の一人・朋の芽以を育てていた頃の芽以への愛情はどんなだったかを言われ説得に応じる。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の感想

雅也夫婦には子供が有ったが亡くなってしまっていた。

たぶん、奥さんはノイローゼに掛かっていたのであろう、雅也の前に芽以を抱いて帰ってくる。

奥さんは雅也に芽以を絶対手放さないと言う。

雅也は医者に子供が有ったが亡くなった事を伏せるように頼み込み、芽以を遥花として育てる事にする。

芽以は片言の字を読めるようになっていた。

12年前に言った「カモメ」とは誘拐された部屋から読める大きな看板にある読める文字を言っていたのであった。

菜々美は雅也に1回だけ電話させ、遥花に「カモメ」と言わせる。

警察は12年前に言った「カモメ」と言う言葉を発表しておらず、12年前と同じ犯人と判断する。

雅也が「カモメ」と言う言葉を聞いてどう思っただろうか?

「カモメ」と聞いただけで12年前、妻が誘拐してきた事件が明らかに成る事を覚悟していたと思う。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

とり

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレ

誘拐事件が起こったその少女はかもめと一言残した。 

それは12年前に起こった女児誘拐事件で女の子が口にした言葉と一緒だった。

かもめという言葉をヒントに鳴海(鈴木京香)はその言葉をヒントに12年前に誘拐された女の子と今回誘拐された少女は同一人物だということがわかった。

12年前に誘拐された女の子は娘が亡くなったショックに耐えらない幸田雅也(戸次重幸)の妻だった。

それを知っていた雅也も妻の精神状態を心配して警察には届けられなかったという。 

今回、15歳になった娘を誘拐したのは本当の母親の坂下菜々美(高岡早紀)だった。

娘を失い、夫に裏切られずっと一人で暮らしてきた母親の決断とは。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の感想

今回は誘拐事件の犯人の声明をもとに推理が始まる。 

今回はなんだか随分簡単な話に思えました。

そして過剰な音響は少し耳障りでした。 

1話目はおもしろく先を期待していたばかりに少し残念です。

娘を奪われて12年間探し続けていた母親菜々美役の高岡早紀さんはとてもよかったです。

ただ3歳の娘を一人にして30秒だとしても席を立つでしょうか? 

なんだか腑に落ちないところが諸所目立ちました。

鳴海が中心のように思えるドラマ。 

どちらが主演なのかわからない感じです。

個人的には鈴木京香さんは大好きなので彼女が主演なのは嬉しいのですが。

ペンネーム:とり(30代・女性)

ゆう

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレ

12年前、東京のショッピングモールで女の子が誘拐された。

それは母、坂下菜々美(高岡早紀)が30秒間目を話したすきに行われた。

熱心な捜査の甲斐なく12年の時間がたった。

そして今回は幸田雅也(戸次重幸)の愛娘の幸田遥花(畑芽育)が誘拐される事件が発生する。

朋(波瑠)の検討むなしく犯人に身代金は奪われ、人質を救うことができなかったが、この事件は12年前の事件と関連しているのではないかと鳴海(鈴木京香)は推理する。

そして朋は芽衣と遥花の身体的特徴が一致することを発見し彼女たちは同一人物だと知る。

幸田からすべての真相を聞いた朋は今回の事件の犯人は坂下ではないかと推理し、人質が拘束されているのではないかと思われる廃工場へと向かう。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の感想

12年前の事件と今回の事件にどのような接点があるのかとてもわくわくしてストーリーが面白かったです。

ゲスト俳優さんも戸次重幸さんに高岡早紀さんなどとても豪華でした。

幸田の妻が起こした誘拐は許されることではないけれどとても共感できることもあるし、坂下が娘と12年も引き裂かれどう接していいか分からないという感情も伝わってきてすごく感動しました。

私はまだ学生ですが、女性や母親だったら共感できるところがたくさんあって感動するストーリーだったと思います。

一話に続き二話もとても面白かったのでぜひ三話も視聴したいです。

ペンネーム:ゆう(20代・女性)

shiba165

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレ

「未解決の女 警視庁文書捜査官」第2話では、八代は倉庫番でありながら幸田遥花誘拐事件の捜査に加わることになり、身代金の引き渡し役に抜擢されるも、まんまと犯人に振り回されてお金も犯人も逃してしまいます。

一日で解任となりますが、犯人との電話のやりとりを文書化したものから、犯人像を導き出す文書捜査の依頼がきます。

今回、遥花を誘拐した犯人は、彼女が幸田夫妻の本当の娘ではないことを知っていた人物、それも電話のやりとりから犯人は男女2人組ということが分かりました。

この事件は12年前の誘拐事件と酷似しており、同じ「かもめ」という言葉がキーワードになっています。

当時、捜査には鳴海も関わっていましたが結局事件は解決せずに現在を迎えています。

これら2つの事件は繋がっていました。

12年前に娘を突然死でなくした幸田夫妻。

現実を受け止められない妻は坂下芽依ちゃんを誘拐し、いけないことと分かっていながら夫婦で育てることになりました。

幸田遥花の母親は偶然、派遣先の学校で自分の娘を見つけます。

幸田遥花が坂下芽依娘だということが分かり、元気でいることに安堵しながらも、自分から幸せを奪った幸田夫妻に復讐し、同じ気持ちを味合わせようと、職場の男性に手伝わせて犯行に及んだのでした。

娘と心中を図る中、八代は12年前に芽依が電話で「かもめ」と言った理由を憶測で話し始めます。

自分の名前に入っている平仮名を読むことでお母さんに褒めてもらおうとしたのではないかと。

犯人である母親は離れ離れに暮らしていても自分の娘であることに変わりないと愛情を取り戻すことができ、12年前の誘拐事件と一緒に解決されました。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の感想

色んな角度から言葉を読み取り、解決していく展開が今回も面白かったです。

犯人との電話のやり取りから、誘拐された女の子のことを「子ども」と言ったり「娘」と言ったりすることで犯人が2人いることを割り出しました。

まさか被害者の夫婦が12年前に誘拐事件を起こした犯人だったとは想像しませんでした。

鳴海は魔女と呼ばれ人を寄せ付けない感じがありますが、人間嫌いの理由は過去の未解決事件に心を痛めていたからなのかも知れません。

今回は八代にも文字の声が聞こえましたね。

12年前の電話の中で、誘拐された芽依が「かもめ」と言ったのはお母さんに読めたことを褒めてもらいたかったからではないかと、文字から気持ちを汲み取り、事件を読み取っていく姿にさっそく成長を感じました。

犯人はきっと他人の子として育てられた自分の娘を、どこか受け入れることができていなかったのだと思います。

八代のおかげで親子の愛情を取り戻せて本当に良かったです。

八代は無鉄砲に見えて、繊細さもちゃんとあるんですね!

なんだかんだ鳴海先輩も熱い刑事で、八代に似ているのかもしれません。

ペンネーム:shiba165(20代・女性)

焼き肉食べたい

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじネタバレ

今度は誘拐事件が発生。

大手IT企業の社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される。

早期解決を目指す捜査本部は、矢代朋(波瑠さん)が身代金渡す役に抜擢されるが失敗してしまう。

犯人がが子供の声を聞かせた時に、一言「かもめ」とだけ言った事から12年前の未解決事件と同じ「かもめ」と言った事件があり、何らかの関係があると睨んで鳴海理沙(鈴木京香さん)と一緒に事件を解決するが、実は12年前に連れ去られた子供が、今連れ去られた社長令嬢と同一人物だと分かり、12年前の事件の犯人はこの社長夫婦だと見破る。

今回の犯人はそれを知った12年前の連れ去られた子供の母親だった。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話の感想

今回は魔女、鳴海理沙が12年前担当した事件であまり外に出たがらない鳴海もやっぱり気になるのかちょっと事件に参加していて、この人もやっぱり警察なんだなと思った。

ちょっとした言葉の違いからどんどん犯人に近づいて行く所とかもすごい。

でも12年前に連れ去られた子供が生きていて、今回の子供と同一人物だとは思わなくてこの展開にびっくり。

12年前の母親の執念にも同感してしまう所とかもあり、かなり感情が入ってしまい。

朋の思い立ったらすぐ行動してしまう体育会系の人柄とクールな鳴海のバランスが今回もバッチリでよかった。

ペンネーム:焼き肉食べたい(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

コメントお待ちしています!

CAPTCHA