未解決の女|1話の動画無料視聴はこちら【4月19日放送ドラマ見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou
波瑠主演・2018年春ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話(2018年4月19日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年4月19日(木)放送終了後〜2018年4月26日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『未解決の女-警視庁文書捜査官-』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『未解決の女-警視庁文書捜査官-』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじ

2018年4月19日(木)放送のドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじを紹介します。

無鉄砲な熱血捜査で負傷した警視庁捜査一課強行犯係の刑事・矢代朋(波瑠)は復帰早々、異動を命じられる。

異動先は薄暗い地下にある窓際部署――「特命捜査対策室」第6係。

未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった! 

朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らとともに、新部署で働き始めることに。

だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎず…。

そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。

その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的…。

その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。

先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のサイン入り自著があったというのだ。

実は、泉水は10年前に密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡! 

密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた――。

事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。

朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだし…!?

番組公式サイトより引用

2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

DSI

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじネタバレ

ミステリー作家島野泉が殺され、部屋は密室状態で未解決のまま10年の時が過ぎる。

矢代が特別捜査対策室6係に配属される。

強行犯に資料を届けると、ミステリー作家の本も一緒に入っている。

矢代は捜査資料を確認し、再捜査をしようと呼びかける。

魔女は乗らず、矢代と草加2人で捜査に向かう。

夫は今更なんだと追い返す。

矢代は直感であやしいとわかると力説するが、魔女にへし折られる。

ここで信用していいのはと、捜査資料に目を落とす。

矢代が突っ走り、矢代泉の魔女は並んでいる本の順番を聞き出す。

電話越しに指示し、ゴーストライターがいたのではないかと語りかける。

現在の事件と過去がつながる。

魔女の力を借りて解決する。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話の感想

捜査1課長から矢代がこの怪我の経緯はこの後9時にってつながっていた。

一課長が最後に登場!!腕のけがは、なんの怪我だったの。

矢代が特別捜査対策室6係に行くときの階段がやたら長い。

実際こんなところあるの?倉庫番の魔女の分析力がすごい。

資料だけでそんなにわかるなら、最初から捜査に参加したらすごいんじゃないの?文字の神様、私にも降りてきてほしい。

あの分析の解説が面白かったです。

妻の名誉を守るためにゴーストライターを隠したいって思う夫の愛、すごいですね。

矢代のパワーがすごい。むしゃらに何かできるっていいな。

ペンネーム:DSI(30代・女性)

garlic

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじネタバレ

警視庁捜査一課の強行犯係から特命捜査対策室第6係へ異動した矢代朋は、「倉庫番」と揶揄混じりに表現される新しい部署が変わり者ばかりの集団で捜査をしないことに戸惑いつつも10年前に発生したミステリー作家死亡案件を追う。

死亡した女性は完全なる密室で息絶えておりこれがネックで他殺と断定しきれず未解決のままだった。

正義感溢れる朋に呆れながらも6係所属で一部の者から「魔女」と呼ばれている鳴海理沙は遠巻きに朋に助け舟を出す。

その結果、女性作家は複数のゴーストライターを起用しており、その中に女性作家が縁を切ってしまった息子がいることがわかる。

突っ走りまくる朋と、残された文字から謎を解き明かす理沙の二人が息子を取調室で追い詰める。

やがて、彼は実母であり自分を棄てたと思う女性作家にナイフを突き刺したことを自供する。

その現場が完全密室だったのは彼が母にそうするよう唆していたのだ。

一つの未解決事件は真相が明るみになり終結するが、事実上捜査活動を行わないはずの倉庫番こと6係が成果を上げたことを不快に感じる者は少なくない。

そして、定時出勤・定時退勤が常だったはずの当の6係は朋が加わったことで変わりつつあるようだ。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話の感想

小ネタ満載のドラマというのが第一印象です。

主演の一人が波瑠さんで、脚本が大森美香さんという「あさが来た」コンビは放映前から話題となっていましたが、その同じ朝ドラで共演した役者が複数、それもおそらくレギュラー扱いと思われる形で登場しています。

また、頭脳明晰な理沙は他人が苦手ということで事情聴取を直接対面で行えない為に、朋がワイヤレスイヤホンを通じて理沙の代わりに理沙の口上を再現するシーンが2度ありました。

これは「体は子供 頭脳は大人」でお馴染みの某人気アニメと同じ描写です。

知能派と肉体派のバディもの、閑職扱いの部署といった点は「相棒」を感じさせるなど、他作品で好評を得ている要素を取り入れています。

これらはただの焼き直しとも言われそうですが、これはこれで面白く拝見することができました。

焼き直しと言ってもまったくそのままコピーではなくこのドラマなりの味付けを感じられたからです。

今回のラストには木曜20時の男・内藤剛志さんが、ある意味では「モノホンの捜査一課長」として客演した点も小ネタ満載の第1話の〆にふさわしかったように思います。

ただ物足りない点としては朋が肉体派という謳い文句のわりにそれが明確に思えなかった点と、理沙が朋を遠隔操作しながら部屋から一歩も出ないままで押し通すかと思っていたのに終盤で室外に出たことです。

このあたりを徹底できた方が個人的にはもっと魅力的になったのではと考えます。

ペンネーム:garlic(40代・男性)

そら

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじネタバレ

怪我をして復帰した矢代が強行係から突然特命捜査対策室6係に異動になることからはじまる。

特命捜査対策室には倉庫番の魔女と呼ばれる鳴海と口数の少ない草加、それを束ねる恐妻家持ちの財津係長がいた。

6係は捜査はせず倉庫の番人をしている、と言われ矢代は意気消沈する。

そんな中、連続変死事件が起きる。

殺害された女性2人の部屋に10年前のミステリー作家殺害事件で殺された作家の本があるという共通点を鳴海が発見する。

そこから矢代は暴走して捜査をはじめるがちんぷんかんぷんな捜査をし、ピンチになる。

そういったピンチな時に鳴海が現れ、矢代の間違った推理を正しい方へ導いていく。

人が苦手な鳴海は矢代を使い犯人と対話するが、矢代は鳴海の言葉と自分の言葉とごちゃ混ぜにするため鳴海が犯人と対峙する。

自身の推理を犯人に伝えるが犯人はまだ納得しない。

そこへ矢代が自分で調べたことを犯人に伝え、犯人の勘違いを正し事件を解決させる。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話の感想

波瑠さんのあんなに元気な役をあまり見ないので新鮮でした。

鈴木京香さんもすごくかっこよく素敵な女性でした。

ワキをかためる遠藤さんや高田純次さんがいい味を出していてとても面白かったです。

というか、ワキをかためる役者さんが豪華過ぎです。

個人的に工藤阿須加さんが好きなので今回も楽しみにしてましたがまたまた素敵な役柄で今後の彼の役がどうなっていくのか楽しみです。

1話は拡大スペシャルだったのでゲストも豪華で中山美穂さんが出演されたのにビックリしていました。

しかも中山美穂さんが被害者。

殺されてしまうシーンはなんというかキレイで。

死んでいきながら捨てた息子への愛を感じました。

殺人の動機は行き違いてましたが、とてもいいドラマでした。

最後にちゃんと一課長の内藤さんが出てきたのはさすがテレビ朝日です。

ペンネーム:そら(30代・女性)

ふないちろう

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじネタバレ

捜査で負傷した矢代朋は、「特命捜査対策室第6係」に配属された。

そこは、倉庫番 と呼ばれ、未解決事件の文書捜査を解読する場所だった。

そこには、魔女と呼ばれる鳴海理沙、無口な草加慎司、恐妻家の係長財津喜延がいた。

強行犯から持ち込まれた二人の女性の殺人事件。

10年前の作家嶋村泉水の密室殺人事件に繋がっているように思われた。

泉水の夫から、聞き出したのは、ゴーストライターの存在だった。

その後、二人の女性が、フェイクニュースを書いていて、それによって、レストランの経営者が自殺しているのが判明する。

そして、その恋人である看護師が、犯人であることがわかった。

そして、看護師が、二人の女性の仲間・MIZUKIという男を狙っていることがわかった。

間一髪、殺人を防いだ矢代達。

MIZUKIを取調べた矢代と、鳴海は、MIZUKIが、泉水の子供であり、泉水を殺した犯人であると。

MIZUKIは、泉水に対して、憎しみを訴える。

そこで、矢代と、鳴海は、密室になった理由を解き明かした。

それは、息子を守るために、泉水がドアにチェーンをかけ、鍵をかけていたのだと。

泉水の息子に対する愛情を、明かした。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話の感想

未解決事件の文書捜査を解読するという地味な部署。

そこに配属された矢代朋。

とても元気で、突っ走っていく体力を使って調べる矢代と、頭脳を使って調べる鳴海。

二人が、うまく合わさっていくのかと、心配でしたが、それぞれの長所を生かし、未解決の作家嶋村泉水殺人事件を解決。

しかし、犯人は、泉水の息子であるという悲しい真実でした。

ただ、その作家の別れて住んでいた息子への愛情を解き明かしました。

それが、息子に、伝わったことが救いでしたね。

鳴海は、なかなか手強そうでありながら、ちょっと可愛い印象を受けました。

そして温厚そうな財津係長、無口でありながら、捜査に意欲がありそうな草加刑事。

この中に、矢代が入ることによって、どう第6係が動いていくのか、楽しみです。

ペンネーム:ふないちろう(50代・女性)

kazu464

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじネタバレ

矢代朋は怪我をしてたが復帰して早々警視庁捜査1課から「特命捜査対策室」第6係に異動する。

「特命捜査対策室」第6係とは未解決事件の文書捜査担当する「文書解読係」であった。

強行犯係の刑事が先輩刑事・理沙の所に連続女性変死事件の被害者2人の遺書を持ち込む。

朋は「特命捜査対策室」第6係では遣ってはいけない捜査を始める。

連続変死事件の犠牲者の一人の恋人・MIZUKIの家へ行く。

MIZUKIは1日も早く犯人逮捕を望んでいた。

朋は10年前の密室殺人事件の犠牲者の作家の嶋野泉水の家へ行く。

泉水の夫・山本則夫は捜査には協力的ではなかった。

泉水は当時仕事が上手く行かずゴーストライターを使って作品を出していた。

今回の連続女性変死事件の被害者は泉水のゴーストライターのメンバーであった。

その中にMIZUKIも居たが途中で泉水に切られていた。

MIZUKIは泉水の息子であった。

MIZUKIは10年前の事件の時、泉水の家に訪問し泉水と言い争いになる。

そして持っていたナイフで泉水の背中を刺したのであった。

泉水は息子をかばう為、部屋のロックチェーンと錠を室内からかけて倒れたのであった。

10年前の密室殺人事件は解決される。

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話の感想

10年前の密室殺人事件の犠牲者の作家の嶋野泉水はMIZUKIが自分の息子であることを知っていた。

息子が自立する為には突き放すしか方法がないと思っていた。

そのため息子に刺されても犯人が誰であるかを隠すためナイフの指紋を消し部屋のロックチェーンと錠を室内からかけて証拠を残らないようにしたのであった。

親として息子を思う心は皆同じと言う事であろう。

理沙は朋とは正反対の性格で室内にこもって「文書解読係」を全うしている。

文字の書き方から性格から人間の関係まで推理する。

泉水の文字とMIZUKIの書いた文字から親子であると推理する。

文字一つで性格を知る事は出来るとは思っていたが、人間関係までは知ることが出来ないと思っていた。

専門用語を使っていたが現代の科学の進歩のすごさを知った。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『未解決の女-警視庁文書捜査官-』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『未解決の女-警視庁文書捜査官-』見逃し動画をお得に見る方法3

コメントお待ちしています!

CAPTCHA