ドラマ【ヘッドハンター】7話あらすじネタバレと感想!

  • この記事を書いた人:Kawai

2018年5月28日(月)「ヘッドハンター」7話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
ゴッドハンドの腕を持つが、パワハラをしたとのうわさのある医師のヘッドハンティングになぜか黒澤はこだわるよ。
ラマちゃん
灰谷と黒澤、そして、洋食屋の店員・百合に何があったのだろう。今回はそれが明らかになるみたい。

ゴットハンドの医師、その医師に、パワハラされ病院を異動させられた医師、何があったか二人ともはっきり言わない。その裏には、優しい子弟関係があることを、黒澤は見出し、、。

スポンサーリンク

ドラマ『ヘッドハンター』7話あらすじネタバレと感想

大洋病院に勤めるゴッドハンドの腕を持つ外科医・磯田に接触する黒澤。地方再生の起爆剤に中央病院を建て、都心に出て行った人を戻すことを国も推進しており、磯田先生の力を貸してもらえないかと口説く。

灰谷は、今回の案件には、地元選出の藤堂誠一議員が絡んでおり、黒澤がこだわる理由が分かると。舘林は、藤堂は、政界の若様と人気の議員だと言う。

灰谷や館林も、重要な案件であることは分かるが、磯田先生は、優秀な外科だが、パワハラをしているという黒い噂もあり、注意すべきと。

赤城は、灰谷から、黒澤は、お世話になった社長を自殺に追いやったと聞いて、何があったと問いただすが、灰谷は、許せないことが一つあり約束を破ったんだと。

灰谷は、舘林にしばらく会社を休みますとメールを打ちいなくなる。

黒澤は、磯田から噂話ご存じでしょう、移籍の話はお断りしますと、この病院で勤め上げるつもりでいると。

20年近く磯田についていた高坂は、パワハラで磯田を訴え、関連の病院に異動させられた。その異動には、慰謝料も払われ、末期がんの患者も高坂に優先的に流しているとの情報を得る。

ブリッジの赤城も、高坂を対抗馬として狙っていることが分かり、黒澤がなぜ、磯田にこだわるのか、フリー記者の眞城も疑問である。

黒澤は高坂に会い、磯田からのパワハラについて聞く。高坂は、しゃべらないと約束したので詳しいことは言えないとお茶を濁す。おれの腕にしっとしたということだ。

そのころ灰谷は、俺が黒澤を殺す、及川さんの好きだったハヤシライスか、洋食屋の店員・百合に会っているのは贖罪のつもりかと独り言を言いながら調査する。

灰谷は、及川家の墓で、百合に会い、お久しぶりですと言う。よくお店にくるのが、お父さんを自殺に追いやった黒澤だと暴露してしまう。

大洋病院で、磯田の噂を聞くが、パワハラについて聞かないで欲しいと答える医師。看護師からは、磯田を悪く言う声が聞こえない。

赤城は、高坂を自信持って紹介するためにも、磯田と何があったのか知りたいと高坂に問う。パワハラではなく、皆の前で殴られたと語る。

灰谷は赤城に、黒澤とのことを語り始める。灰谷は、黒澤と300名足らずの及川工業に就職し、及川社長には二人ともこのバーにつれてきてもらいお世話になった。

黒澤は、猛勉強してアメリカに渡り、大きなファンド会社の社員として戻ってきた。従業員は解雇しない約束をしていたのに、それを破り、及川社長は自殺してしまった。

4年前、派遣会社を転々としていた灰谷に、黒澤が会社を作るから手伝って欲しいと。殺したいほど憎んでいたが、黒澤が道を誤ったら殺してくれと言うので、及川家の身内とは会わないことを約束に引き受けた。

灰谷は、ヘッドハントで、自分の犯した罪を償おうとしているのでは、なので、パワハラした磯田にこだわっていると予想。

そのころ、磯田の元には、進行性末期がんの患者のオペ依頼があった。患者がゴットハンドの磯田を求めてやってきたのであった。高坂はその話を聞くとなぜかため息をつく。

オペが始まる、磯田は、メスを握ると額に汗をかき倒れてしまう。

黒田は、磯田に本当のことを言うべきであると諭す。磯田は、頸椎ヘルニアで左手に力が入らなくなっており、高坂は、その補助をオペ中にしていたのです。

あるオペ中に、高坂は、「磯田先生、手をおいていいです。あとは私がやりますから」と言ってしまったと後悔する。

医師が、手をおくとは、オペ中にもういらないと言われたようなもので、先生のプライドを傷つけてしまった。言うべきではなかったと。そのオペの後、先生に殴られてしまった。悪かったと思っている。その後、理事長とも話し合い、磯田先生の名誉を守るために、進行性がんの患者は、高坂の病院に回してもらうようにしたと語る。

磯田は、移籍の話はお断りする。ミスをしては、取り返しがつかない。館林は、さすがの黒澤でも今回は失敗したかとつぶやく。

黒澤に会ったフリー記者の眞城は、藤堂誠一議員の本を渡しながら、「ヘッドハンドの世界で満足しているあなたではないはず。見せてくれ、あんたの本当の顔を」黒澤は表情を変えない。

黒澤は、磯田の病室を訪ね、オペはしないという磯田に、末期がんの病棟のケアと後進の医師の指導に力を貸してほしいと提案。

磯田先生の名声が欲しかったのは事実。それよりも、指導力や人柄がすばらしい。

磯田が、後進の医師のオペを見守る中、高坂が手術室に入ってきて、「先生手を洗って下さい。最後の授業です。優秀な外科医を作って下さい」とにこやかに言う。

赤城は、磯田が大洋病院をぬける後釜に高坂の移籍を成功させた。灰谷は、赤城の仕事のやり方が黒澤に似てきたと分析。

そして、灰谷は、藤堂誠一を知っている。その男の仲間だよ黒澤はと意味深なことも言う。

ここまでが『ヘッドハンター』7話のあらすじネタバレです。メスが握れなくなった磯田先生の名誉を傷つけないために、高坂は口を閉ざしていたことが分かり、すばらしい子弟関係でした。

さすがの黒澤も今回のヘッドハンティングは失敗と思われたのですが、磯田先生の能力は、メスの技だけでなく、指導力と人望にあることを見抜き、適切な移籍を成立させたのは、すごいと思いました。

赤城は、最初、黒澤のやり方が嫌いだったのですが、人を良くみてヘッドハンティングする黒澤の見事な仕事ぶりに近づいてきましたね。

灰谷は、黒澤がファンド時代に買収した工場の同期だったんですね。それで恨みを持っていた。社長の関係者に近づかないと約束していたのに、娘に近づいた黒澤が許せなかったということですね。

スポンサーリンク

ドラマ『ヘッドハンター』7話ネット上の反応

ドラまる
最後の授業という言葉がよかった。ストーリー展開が良いと今回も満足する声が寄せられています。

ラマちゃん
終わるのを惜しむ声、最終回早すぎるとの声、毎週欠かさず見ていたというファンの方もいて、名残惜しそうですね。

スポンサーリンク

ドラマ『ヘッドハンター』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ヘッドハンター』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、テレビ東京とTBSが中心になって作ったサービスなので、テレビ東京とTBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ヘッドハンター』7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『ヘッドハンター』8話(最終話)のあらすじ

2018年6月4日(月)放送のドラマ『ヘッドハンター』第8話(最終話)のあらすじをご紹介します。

財務省の国有地払下げ問題が発覚。なぜか関連文書は破棄され、払下げを認可した議員・藤堂誠一(堀部圭亮)に不正献金の疑いが。

藤堂は黒澤和樹(江口洋介)が心酔していた元上司だった。

藤堂の依頼で黒澤は、記録の改ざんを命ぜられ、悩む財務省の職員・川瀬次雄(山本耕史)を好条件で転職させ、口封じの手助けをすることに。

黒澤の裏切り行為に灰谷哲也(杉本哲太)も赤城響子(小池栄子)も激高。

サガスが解散する事態に発展し…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ヘッドハンター』7話のあらすじネタバレ、感想、8話(最終話)のあらすじを紹介しました。

医師の素晴らしい子弟関係、それを見抜き、メスが握れなくたった医師を第二の活躍の場に押し上げた移籍を演出した黒澤の手腕はすごかったです。

ドラまる
次回、灰谷が黒澤の仲間と言う、藤堂誠一議員とからんだ話が展開するようですね。昔潰してしまった工場との関係はどういうことだろうかと興味がつきません。
ラマちゃん
黒澤のやり方に、灰谷と赤城も激怒するみたい。SAGASUは解散してしまうのでしょうか。どうなるかな最終回。

次回は最終回、黒澤が、恩師の社長を自殺に追いやったという犯した過ちに贖罪するために、動くのではないかと予想します。その原因をつくった藤堂誠一と最後は対峙するのでは。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA