【崖っぷちホテル】9話ネタバレと感想!宇海の夢を叶える事が出来るか?

  • この記事を書いた人:OCM
岩田剛典主演・2018年春ドラマ『崖っぷちホテル!』

ドラマ『崖っぷちホテル!』第9話(2018年6月10日放送)のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

ドラまる
数々の大逆転を起こしてきたインヴルサが、いよいよ本当に夢の様なホテルになりそうな雰囲気だよね!
ラマちゃん
そうそう、前回の王女たちの宿泊でインヴルサが話題になるみたいだけど、その事で宇海の過去が明らかになるみたい。

一体どんな過去があるんだろうね?

スポンサーリンク

ドラマ『崖っぷちホテル!』第9話のあらすじネタバレ

大逆転に暗雲が…

王女たちの滞在が話題となり、一躍時のホテルとなったグランデ・インヴルサ。

テレビの密着取材も組まれ浮かれる時貞(渡辺いっけい)だったが、やってきた番組ディレクターの藤井は宇海(岩田剛典)の姿を見かけた途端、目の色を変え「バリストンホテルを追い出された」という悪い噂について宇海から聞き出そうとする。

一方、目前に迫った創立50周年のイベントで宇海は花火大会を開催したいと佐那(戸田恵梨香)に相談を持ちかける。

天候に左右されるリスクはあるものの、佐那はホテルの危機を救ってきた宇海の夢を叶えるためにもスタッフと一丸となり準備を始める。

そんな中、テレビ取材の企画書が当初聞いていたものではなく『グランデ・インヴルサの真相』というスキャンダラスなタイトルに変わっていることに気づいた裕子(川栄李奈)は佐那に報告する。

佐那が取材を受けた時に藤井から、バリストン時代の宇海の事を色々と聞かれるが、「私はスタッフを信じていますから」と言う。

そして、厨房ではハル(浜辺美波)から「バリストンでは花火を企画しなかったのか?」と聞かれた宇海が「企画はしたんですが…」とはっきりと答えない。

宇海の噂を執拗に探る藤井に毅然とした態度で接する佐那だが、裕子に話を聞いた長吉(宮川大輔)が取材を止めた方がいいと佐那に直談判する。

しかし、その事がきっかけで藤井が宇海の悪い噂を嗅ぎ回っていることを従業員全員が知ってしまう。

佐那は放送内容を事前に確認する約束を取り付けたことを説明して皆を安心させるが、宇海は噂に惑わされずに自分を守ろうとするスタッフたちの姿を見て「バリストンホテルを追い出された」という噂の真相を皆に話すことを決意する。

宇海が打ち明ける真実とは

いよいよ、宇海が皆の前で噂について話を始める。

バリストンホテルを追い出されたのはある意味本当で、以前企画した花火大会で皆に迷惑を掛けてしまったと、そして、一部の人間から嫉妬されていて恨まれていた事が原因だったことを話す。

宇海は内輪揉めの事実を外に出さない為、ホテルを守るために黙って身を引いていたのだった。

そして、今回の企画は宇海が何としても実現させたいと言って、皆に頭を下げる。

続けて、宇海がこの話を聞いて企画に反対する様な人がいたら、中止にしたいと思いますと言うと、時貞は「バリストンが出来なかった事をインヴルサがやったらすごくないですか?」と皆を盛り上げる。

宇海が正直に話してくれたことで皆のチームワークがさらに高まって、花火大会に向けての準備が順調に進んでいく。

花火は打ちあがるのか?

創立50周年記念日当日、天候がすぐれない。

ホテルに来たお客様やスタッフも花火大会の事が心配でならない様子だが、みんなは宇海の夢を叶える為に今出来る事に全力を注ぐ。

そんな中、創立50周年イベントがスタートする。

しかし、一向に天候は回復する気配が無い。

宇海はイベントが開催されているロビーに向かうと、悪天候で花火が見られずに帰ろうとするお客を何とか引き止めようとするスタッフの姿を見てしまう。

そんな時、長吉(宮川大輔)が花火大会実現の為にある準備を進める。

大逆転はあるのか?

痺れを切らし始めたお客様に頭を下げて回る佐那と時貞。

その時、花火大会開催のアナウンスが響き渡ると同時に正装姿の宇海が現れて「花火大会の始まりです」と言って、入口のドアを開けるとそこには…。

外に飛び出した子供たちが見たものは、色とりどりの傘、耳を澄ますと雨粒の音が打ち上げた花火の音に聞こえてくる。

すると、急に雨が止み風も収まり、その瞬間、花火が打ちあがる。

次々と夜空を彩る大きな花火。

お客様の満足そうな顔を見ている佐那に宇海は「やっぱり、ここで夢を叶える事が運命だったんですね。」と言って、部屋に戻って行く。

部屋で休んでいた宇海を一人の男が尋ねてくる。

それは、宇海が以前働いていたバリストンホテルの総支配人だった。

その男は宇海に頭を下げて「バリストンホテルに戻ってきてほしい」と頭を下げる。

スポンサーリンク

ドラマ『崖っぷちホテル!』第9話の感想

出来過ぎな感じでしたが、花火も無事に打ちあがり良かったです。

宇海の過去も、いかにも宇海らしい感じで追い出されたわけでは無かったんですね。

来週はいよいよ最終回です。

宇海は以前働いていたバリストンホテルの総支配人から戻ってきてほしいと言われるし、今回のイベントを取材に来ていた藤井が帰り間際に言った言葉も気になりますね。

佐那が泣いていたシーンもありましたが、まさかの展開は無いと願いたいです。

スポンサーリンク

ドラマ『崖っぷちホテル!』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『崖っぷちホテル!』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『崖っぷちホテル!』9話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『崖っぷちホテル!』最終回(第10話)あらすじと見どころ

スタッフ一丸となり宇海(岩田剛典)の夢だった花火大会を大成功させた矢先、佐那(戸田恵梨香)はバリストンホテルの支配人から宇海を引き抜き返したいと言われる!さらに、スキャンダルを嗅ぎ回っていた密着番組の放送日が変わり、内容を事前確認できなくなったことにも不安を抱える佐那。

そんな中、連日満室のホテルには急遽川北久美(谷村美月)率いる11人の団体客がやってくる。業務見学目的で来たという団体客は忙しい厨房や清掃の様子を見て回り…。実は久美は崖っぷち経営に悩むホテル・スイーヴルの若き支配人。崖っぷちからの大逆転を遂げたインヴルサに学びたいという相談を受けていた宇海が呼び入れていたのだ。しかし、スイーヴルのスタッフは若い久美に反発する宿泊部や飲料部、強面のフロントや手癖の悪い清掃員など、曲者ぞろい!それはよく見ると3ヶ月前の自信のなかった佐那とやる気のなかったスタッフ一人一人にまるで生き写しで…!!

そのことに気づいた裕子(川栄李奈)は宇海の行動にある予感がし、時貞(渡辺いっけい)たちに相談。同じ頃、佐那も宇海の行動に胸騒ぎを感じていた。それは、インヴルサでの仕事をやりきった宇海が新たな大逆転のワクワクを求めてスイーヴルに行くつもりではないか、という予感。そして、少し話をしたいという宇海に連れられ、佐那は二人の始まりの場所であるプールへと来る。そこで明かされるのは、宇海がこのホテルに来た本当の「理由」であった…。
全ての伏線が絡み合い、物語は完結へと向かう。そこにあるのは、このドラマ史上最大の感動のクライマックスであった。崖っぷちからグランデ・インヴルサを救った宇海と、『夢の場所』を守り続けるために佐那が下した誰もが涙するその最後の決断とは!?

公式サイトより引用)

まとめ

2018年6月10日(日)放送のドラマ『崖っぷちホテル!』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
最後は宇海の長年の夢であった花火大会が上手く行って良かったね。

まさにインヴルサの集大成って感じだったね。

ラマちゃん
でもでもでも、宇海には再度引き抜きの話が出てきたり、スキャンダルを嗅ぎまわっていた藤井の言葉も気になるね。

しかも宇海にはまだ秘密があるみたいだよ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA