【崖っぷちホテル】4話ネタバレと感想。大逆転に加えて救世主も登場!

  • この記事を書いた人:OCM
岩田剛典主演・2018年春ドラマ『崖っぷちホテル!』

2018年5月6日(日)放送のドラマ『崖っぷちホテル!』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

ドラまる
少しずつ、前に進み始めたホテルグランデインヴルサだったんだけど、数名が一気に退職するかもしれないって!
ラマちゃん
宇海は採用面接を進めるようだけど、その中で見かけた男性に声を掛けるみたい。その男性の名前が小山内っていうらしいよ。

前回も同じ名前の人物がいたけど、関係あるのかな?

スポンサーリンク

ドラマ『崖っぷちホテル!』第4話のあらすじネタバレ

インヴルサにまたまた危機がっ!

佐那(戸田恵理香)は丹沢(鈴木浩介)から退職の申し出を受ける。

長年、グランデイヴルサの経営を支えてきた丹沢を引き留めたい佐那だが、宇海(岩田剛典)はあっさりと受け入れて、後任の採用面接を始める。

時貞(渡辺いっけい)は横領していた事を知っている丹沢が辞める事に不安を覚える。

他の従業員は丹沢の退職の申し出にショックを隠せない様子。

さらに、尚美(西尾まり)と大田原(野生爆弾 くっきー)が丹沢についていくと言い始める。

従業員3人が一斉に退職となると、ホテルのピンチであるはずだが、宇海は引き止める様子も無く、歓送パーティーをすると言い始める。

そんな中、お金があれば3人を引き止められると考えた江口(中村倫也)は庭の池で偶然見つけた『幸運の食材』にあやかろうと考える。

丹沢の退職がきっかけで、他の従業員の動きも慌ただしくなってきた。

運命の面接が始まる

そして、採用面接の日がやってきた。

しかし、面接に訪れたのはホテルマンとしては絶望的な人物ばかりだった。

そんな中、宇海が声を掛けたのは、初老の小山内(長谷川初範)がいた。

その男性を見た枝川(りょう)は、佐那の父親で先代支配人である、剛の事を思い出す。

面接をした従業員全員が同じ様に感じており、宇海からの提案で小山内は仮採用となった。

その晩、佐那はやっぱり丹沢に残って欲しいと宇海に直訴するが、「情だけでそのように考えるのなら間違っている、意思で止めるのであれば問題ありませんよ」と佐那の背中を押す。

退職を決めていた丹沢や尚美は少し複雑な様子。

翌日、小山内が仕事を始める。

今までの経験を活かして、その優秀さを発揮する。

その後、宇海は丹沢に小山内のホテル内の案内を依頼する。

小山内は丹沢に「そんなに先代のオーナーに似ていますか?」と問いかける。

続けて、「丹沢さんは本当はこのホテルに残りたいんじゃないですか?」と問いかけると、丹沢は昔の話を話し始める。

初めて、担当したスッポンの世話の話でそのスッポンがいつしかこのホテルの幸運の食材になった事を小山内に伝える。

丹沢は昔の話をしても、もう誰にも分からない、私のこのホテルでの仕事は終わったと話す。

佐那の言葉が心を動かす

その頃、佐那は宇海に「やっぱり、丹沢さんに辞めて欲しくありません、私が話をします」と伝える。

尚美と大田原の最終勤務日。

2人はようやく素直な気持ちになり、本当にどうしたいかに気付く。

それを見た丹沢は自分が裏切られた感じがして、すぐにホテルを辞めようとする。

出ていこうとする丹沢の元に佐奈が訪れる。

そして、佐那は自分の思っている事を伝え始める。

「いつも支えてくださってありがとうございます、丹沢さんが必要なんです!残って下さい」と頭を下げる。

その言葉を聞いた丹沢は「遅いですよ、支配人。どんどん話が進んでしまって、後に引けなくなったんです。僕だって寂しかったんです」と泣き崩れる。

その時、歓送パーティーの為に用意していた、くす玉が割れると中からは「おかえりなさいっ」の文字が現れる。

新たなる救世主登場!?

その文字を見た全員は戸惑いを隠せない。

そこに宇海が現れて、新しいホテル建設が中止になった事を伝え、今回の一部始終を話し始める。

今回、採用した小山内は実は新しいホテル建設の関係者で、宇海が実際にインヴルサを見てもらえれば、このホテルの良さが分かってもらえたら、気が変わると頼んでいたのだった。

小山内は「このホテルには表には表れないが、奥底に愛情を感じる、きっかけがあればこのホテルは化けますよ、私もこのホテルが大逆転する所を見てみたい」と伝える。

そして、佐那は丹沢を始め、退職を希望していた全員の復帰に対して、「お願いします」と再び、頭を下げる。

さらに宇海は小山内がこのホテルにやってきたきっかけになったある人物を紹介する。

そこに現れたのは、先日ベッドメーキング講習でこのホテルを訪れた小山内裕子(川栄李奈)だった。

インヴルサを再逆転に導く救世主がまた一人加わった。

スポンサーリンク

ドラマ『崖っぷちホテル!』4話の感想

今回は前回の話が伏線になっていました。

小山内という名前で何となくそうなのかな?思っていましたが、見事読み切れました。

全てが丸く収まって、さらに新しい救世主も加わって、いよいよという感じでしたが、最後に宇海に掛かってきた一本の電話がまた佐那を悩ませることになりそうですね。

沙奈も少しずつですが、総支配人らしくなってきました。

まだまだ、波乱はありそうですが次回が楽しみですね!

スポンサーリンク

ドラマ『崖っぷちホテル!』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『崖っぷちホテル!』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『崖っぷちホテル!』4話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『崖っぷちホテル!』5話のあらすじ

2018年5月13日(日)22時30分〜放送のドラマ『崖っぷちホテル!』第5話のあらすじをご紹介します。

身内も騙す宇海(岩田剛典)の作戦で大ピンチを乗り越えたグランデ・インヴルサ。清掃部には逆転劇に一役買った小山内裕子(川栄李奈)が加わる。そんな中、宇海が知人からホテルでの挙式を依頼されたことを機に、ブライダル事業へ参入することを発表!経営の改善に期待を寄せる佐那(戸田恵梨香)と丹沢(鈴木浩介)が賛成し、従業員たちも盛り上がる中、宇海に敵対心を持つ時貞(渡辺いっけい)は一人輪の中に入れず…。

しかし、挙式に指定されたのはなんと5日後!海外を飛び回っている依頼人とは直接打ち合わせする機会さえないという厳しい条件のもと、ウェディングプランナーをしてほしいという宇海からの無茶振りをいつもは非協力的な枝川(りょう)がなぜか引き受け…。

一方、裕子から宇海が古巣のバリストンホテルの人間と怪しい電話をしていると聞いた佐那は、インヴルサを見捨てる気かもという裕子の推測に、宇海を信じつつも不安を抱える。そんな中、寝る間を惜しんで式のプランを作った枝川に、宇海は当初はおまかせと言っていた依頼人からの後出しの無理難題発注を次々伝える。本番まで時間が無い中、担当部署から次々と断られ、全ての要望を叶えることはできないと根を上げた枝川に、宇海は「大人が夢を叶えるにはどうしたらいいか」と問いかける。プランナーを引き受けた枝川には佐那も知らない、ある思いがあるのだが…。
ホテル初のブライダルイベントに向け、大パニックのカウントダウンが始まる!注文の多い結婚式がここに開宴!そして、宇海がまたも巻き起こす衝撃の結末とは…!?

公式サイトより引用)

まとめ

2018年5月6日(日)放送のドラマ『崖っぷちホテル』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ドラまる
今回は身内も騙す宇海の仕掛けでまたまた大逆転だったね!さらに新しい救世主も加わって、インヴルサがまた一歩大逆転に近づいたね!
ラマちゃん
でもでも、まだ雲行きは怪しいよ。

これまで色々な大逆転を仕掛けてきた宇海に以前働いていたホテルから電話が掛かっていたしね。

一体どうなるんだろう???

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA