コンフィデンスマンJP|視聴率一覧を速報更新中【月9ドラマ2018春】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす
長澤まさみ主演・2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』

2018年春のフジテレビ月9ドラマは長澤まさみさん主演の『コンフィデンスマンJP』!

ドラまる

11年ぶりの月9主演、長澤まさみさんが美人詐欺師を演じるね!

ラマちゃん

月9枠の視聴率はだいぶ下がっているけれど、2018年冬ドラマ『海月姫』は「おもしろい!」という声も大きかったわね!

春ドラマも気になるわね。

こちらの記事では2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』の視聴率を初回(1話)から最終回まで更新していきます!

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

2018年春の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2018年春の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』視聴率はどうなるか予想!

ここではフジテレビ月曜9時のドラマの過去作の視聴率を振り返って、2018年春の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の視聴率を予想していきたいと思います。

2017年春からのビデオリサーチ調べの視聴率を見てみましょう。

カインとアベル

初回(第1話)視聴率 8.8%
最終回(第10話)視聴率 9.1%
全話平均視聴率 8.2%

突然ですが、明日結婚します

初回(第1話)視聴率 6.5%
最終回(第9話)視聴率 6.0%
全話平均視聴率 6.7%

貴族探偵

初回(第1話)視聴率 11.8%
最終回(第11話)視聴率 9.8%
全話平均視聴率 9.8%

コード・ブルー3

初回(第1話)視聴率 16.3%
最終回(第11話)視聴率 16.4%
全話平均視聴率 14.6%

民衆の敵

初回(第1話)視聴率 9.0%
最終回(第11話)視聴率 4.6%
全話平均視聴率 6.7%

海月姫

初回(第1話)視聴率 8.6%
最終回(第11話)視聴率 
全話平均視聴率 6.1%

厳しい数字が続くフジテレビ月9枠ですが、原作ファンの多い2017年『貴族探偵』、シリーズでかなりの固定ファンのいる2017年『コード・ブルー3』は視聴率も持ち直しています。

2018年冬ドラマは人気漫画家・東村アキコさん作の『海月姫』で、すでに映画化されている話題作でしたし、安定した人気の原作や、固定ファンの多い脚本家のオリジナル作品が今後は増えていくような気がしますね。

若い年齢層もターゲットにしたドラマと思われる内容で、視聴率的には厳しい結果になってしまいましたが、ネットでは「視聴率関係なくおもしろい」という声が大きく、イケメン俳優の女装などネットニュースでも話題に。

視聴率は低いけどネットでは話題、という現象も増えている昨今、ネットでの反響を見て「ドラマ」を見てみたい!という気持ちにつながると視聴率も変わっていきそうですね!

また、今回は長澤まさみさんの11年ぶりの月9ドラマ主演ということになりますが、前回の2007年『プロポーズ大作戦』の視聴率は平均視聴率が17%、最終話が20%というヒット作で、何度も再放送されています。

ドラまる

『プロポーズ大作戦』では高校生役の長澤まさみさん、山下智久さんがとってもフレッシュなんだよね!

榮倉奈々さん、濱田岳さんがレギュラー出演していたり、一瞬だけ無名時代のみやぞんさんが映ったりして豪華だなあ。

ラマちゃん

11年経って大人の女性の魅力が増してさらにキレイになっているわねー!

人気の脚本家×長澤まさみさんが破天荒な天才詐欺師を主演ということで、華やかさでは今季トップ!

目が話せないストーリー展開になると平均視聴率は13~15%あたりになってくるのでは?と予想します。

スポンサーリンク

『コンフィデンスマンJP』制作陣から視聴率を予想!

2018春の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』で現在発表されている主要な制作スタッフの方々はこちらです。

脚本 – 古沢良太
企画 – 成河広明
プロデューサー – 草ヶ谷大輔、古郡真也
演出 – 田中亮、金井紘

ウィキペディアより引用

注目の脚本は古沢良太さん、2005年から始まった映画『ALWAYS』シリーズ、2011年からの『探偵はBARにいる』シリーズ、2005~2014年までは『相棒』を担当しどれもヒット。

そして堺雅人さん主演の2012年に始まった『リーガル・ハイ』シリーズ、杏さん主演の『デート~恋とはどんなものかしら~』では男女キャストのコミカルな台詞の掛け合いや伏線の回収がおもしろい!とファンの多い作品となっています。

ちなみに2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』では杏さんのご主人、東出昌大さんが詐欺師としてレギュラー出演されていますね!

ラマちゃん

一見変わり者の天才が主人公の作品が多いわね、今回もテンポのいいセリフが飛び交うのかも!

ドラまる

何度も見直したくなるドラマばかりだね~!

プロデューサーの草ヶ谷大輔さんは2007年人気ドラマ『ガリレオ』、2014年『極悪がんぼ』、2016年『ラブソング』、2017年『民衆の敵』など月9ドラマを多く制作されています。

演出の田中亮さんは、2010年『医龍~Team Medical Dragon~』、2017年『コード・ブルー3』など医療ドラマで活躍されていますし、金井紘さんはプロデューサーの草ヶ谷大輔さんとタッグを組みヒット作『ガリレオ』を作られています。

企画の成河広明さんは、脚本の古沢良太さんとタッグで『リーガル・ハイ』を担当し、2012年度のドラマの監督賞、脚本賞、主演俳優賞などを総舐めにした作品に。

最近の月9枠では最終話に向かうにつれて視聴率が下がってしまっているのですが、セリフ、ストーリーのおもしろさはドラマ界でもトップクラスの古沢良太さんの作品、今回も視聴者にハマると回を重ねるに連れて右肩上がりの視聴率になっていくかもしれません!

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』の視聴率を初回(1話)から最終回まで更新しています。

ドラまる

毎回登場するゲストも豪華だし、騙し騙されるハラハラなストーリーに期待!

ラマちゃん

長澤まさみさんがメイクや衣装を変えて次々に変身していくのも見どころだね~!

制作陣の意気込みも感じられるわね、『リーガル・ハイ』のようなヒット作になるかも!

放送開始後はこちらの記事で視聴率を全話更新していきますので、是非チェックをよろしくお願いします!

ドラマ『コンフィデンスマンJP』視聴率一覧

第1話(2018年4月9日放送)視聴率

9.4%

コンフィデンスマンJP1話のネタバレと感想はこちら

第2話(2018年4月16日放送)視聴率

7.7%

コンフィデンスマンJP2話のネタバレと感想はこちら

第3話(2018年4月23日放送)視聴率

9.1%

コンフィデンスマンJP3話のネタバレと感想はこちら

第4話(2018年4月30日放送)視聴率

9.2%

コンフィデンスマンJP4話のネタバレと感想はこちら

第5話(2018年5月7日放送)視聴率

9.3%

コンフィデンスマンJP5話のネタバレと感想はこちら

第6話(2018年5月14日放送)視聴率

8.2%

コンフィデンスマンJP6話のネタバレと感想はこちら

第7話(2018年5月21日放送)視聴率

8.9%

コンフィデンスマンJP7話のネタバレと感想はこちら

第8話(2018年5月28日放送)視聴率

8.3%

コンフィデンスマンJP8話のネタバレと感想はこちら

第9話(2018年6月4日放送)視聴率

9.5%

コンフィデンスマンJP9話のネタバレと感想はこちら

最終回・第10話(2018年6月11日放送)視聴率

9.2%

コンフィデンスマンJP9話のネタバレと感想はこちら

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『コンフィデンスマンJP』の視聴率は火曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA