コンフィデンスマンJP最終回ネタバレと感想。予想を裏切る大どんでん返し!

  • この記事を書いた人:tomopon
長澤まさみ主演・2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』

ドラマ『コンフィデンスマンJP』最終回(第10話)が2018年6月11日(月)に放送されました。

ドラまる
とうとう『コンフィデンスマンJP』も最終回だねぇ。

破天荒なダー子ちゃんともしばらくお別れだ…

ラマちゃん
映画化も決まって楽しみはまだ残ってるけど、その前に最終回を楽しんじゃいましょう!

予告で三人が倒れてたけど、どうなっちゃったのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『コンフィデンスマンJP』最終話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『コンフィデンスマンJP』最終回(第10話)あらすじネタバレと感想

いつものホテルのダー子の部屋で子猫ちゃん達に支払うギャラを数えるダー子(長澤まさみ)たち。

詐欺で儲けた額はすでに10億を優に超えていました。

この時の話から、ダー子は小さいころから詐欺を働いていたことがわかりましたね。

十分に稼いだことから、ボクちゃん(東出昌大)は詐欺の世界から足を洗うと宣言します。

ダー子の身も心配だというボクちゃんですが、何度も聞いているセリフのためダー子には響きません。

そして一年後。

詐欺業から足を洗い引っ越し業の主任になったボクちゃん。

その同僚に鉢巻秀男(佐藤隆太)という男性がいました。

彼の身の上話を聞くと、身体が弱く働くのは初めてだと言います。

親の遺産で食いつないでいたが、結婚詐欺に引っかかり全財産を失ってしまっというのです。

鉢巻の書いた似顔絵は、ダー子とリチャード(小日向文世)そっくりでした。

詐欺を行ったのが二人だと勘付いたボクちゃんは、鉢巻を連れてダー子の部屋に現れました。

女性の遺体が突然現れたかと思ったら、劇中劇でしたね。

袴田吉彦さん、無駄遣いされる予感です。

ドラマを観ていた二人は、突然の部外者の登場に慌てます。

そして、それまで気弱なふりをしていた鉢巻は突然部屋の中ではしゃぎ始めました。

実は鉢巻は、ダー子たちを見つけるために、芝居をしてダー子の部屋に乗り込んできたのでした。

鉢巻の合図で黒服の男たちが部屋に押し入ってきました。

鉢巻は本名・孫秀男というマフィアの男で、”子犬”と呼ばれるある人物を探していると言いました。

ダー子、ボクちゃん、リチャードの中に子犬がいるというのです。

中国系マフィアのボスであった父がその子犬に騙され、15億を失いさらにマフィアも解体に追い込まれたことに対する復讐を企てていました。

子犬はただの詐欺師ではなく、父親の心にまで入り込んで信頼を勝ち取った最高のコンフィデンスマンだと。

ダー子の合図で、一斉に子犬の特徴を思い出す三人ですが、秀男には見破られてしまいました。

ここで登場の野間口徹さん、本当に一瞬の出演でしたね。

秀男がダー子たちの情報をどこから仕入れたのか、不思議に思うダー子。

まさかの五十嵐(小手伸也)が裏切り者になってしまうなんてショックでしたね。

でも、この辺からどこまでが嘘でどこからが本当なのかちょっと怪しくなってきましたよね。

本当に子犬を知らないとしらを切り通すダー子に、秀男は突然三人の本名を口にしました。

藤沢日奈子。西崎直人。鎌田潔。

それぞれの素性を調べ上げた秀男は、順番に子犬の正体を吐かせるため、別室に連れて行きました。

最初に選ばれたのはリチャード。

リチャードは、もともとセールスマンだったが、会社勤めに嫌気がさし詐欺の世界に入っていました。

そして、子犬の正体を教えなければ別れた妻と娘に危害を加えると脅します。

次に呼ばれたのはボクちゃん。

ボクちゃんには、情で訴えかけます。

家族はいないと言っていたボクちゃんですが、実は母親は生きていて今はスナックを経営しているというのです。

その母親が、根っからの詐欺師で幼いころからボクちゃんもその片棒を担がされていました。

そのことに気が付いたボクちゃんは母親と絶縁しますが、母の仕事仲間であったダー子とリチャードに引きずられて詐欺の世界に浸っていたのでした。

最後にダー子。

ダー子は両親に捨てられ施設で育っていました。

その頃のダー子は「ハイ」しか言わないおとなしい子供でした。

「もっと駄々っ子になっていいよ」と言われたことから、ダー子という呼び名が付いたのです。

前の二人が、子犬はダー子だと白状したという秀男に対し、子犬を探す本当の理由は何なのか問いただすダー子。

父の愛に飢えていた秀男は、どうやって子犬が父に取り入ったのか知りたいのでは?と聞きます。

畳みかけるようなダー子の説得が鬼気迫っていました。

ダー子たちの有り金をすべて自分の個人口座に振り込めば、引き揚げてやるという秀男。

言われるがままに携帯から口座に現金を振り込む三人。

その様子を見て高笑いする秀男。

もともと三人を許す気持ちはありませんでした。

そして、もう一つの嘘。

ボクちゃんとリチャードは子犬は自分だとそれぞれ告白していたのでした。

本当の仲間を手にしたダー子は、満足げに笑います。

そこへパトカーのサイレンの音が鳴り響きました。

リチャードが携帯に細工をして、秀男に気づかれないうちに警察を呼んだのです。

しかし慌てない秀男を前に最後を覚悟した三人。

銃声が三発鳴り響きました。

ホテルから立ち去る秀男達。

大金をせしめて再び高笑いの秀男は、逃げる車の中でダー子の心残りだったというビデオの続きを観ていました。

まさかビデオでネタ晴らしされるとは!袴田吉彦さん、無駄遣いじゃなかったですね。

三人の本名だと思っていた藤沢日奈子、西崎直人、鎌田潔まで!全員ドラマの登場人物の名前でした!

しかも拳銃もすり替えられていました。

してやられました~。でもみんな無事でよかった。

まんまと騙されたことに気が付いた秀男の元に、銀行から電話が入りました。

振り込まれた15億が不明の人物から引き出されているとの事。

携帯で確認すると残高は見る見るうちに0円に。

ホテルの部屋に慌てて戻る秀男でしたが、部屋に捜査に来ていた本物の警察官にあっけなく逮捕されてしまいました。

5年前、秀男の父の15億をもらい受けていたのは、やはりダー子でした。

やっぱりかい!と突っ込みたくなってしまいましたが。

そして1年前、ボクちゃんが足を洗うと言って出て行った後、リチャードから秀男が復讐に来るという情報を得たダー子は先手を打ってニセの情報を秀男につかませていたのでした。

五十嵐が裏切っていなくて、ホッとしました。

今回はボクちゃんもグルでした~。よかったよかった。

事件を知り駆けつけた警察の目はホテルマンの扮装でかわし無事に脱出したダー子たちは、今までいた29階の部屋から30階に上がり000の部屋に入ります。

ここがダー子の本当の部屋でした。

そして、秀男との会話から得た情報で秀男の口座にアクセスしたのです。

最後まで一瞬も見逃せないほど面白かったです。

しかもこの詐欺の後、第一話の最初の詐欺に戻るとは!!!

また1話から見なくっちゃです。

スポンサーリンク

ドラマ『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

しかもFODは全話見放題で配信されているので、1話から最終回までをおさらいできちゃいます!(無料期間もありますよ!)

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

『コンフィデンスマンJP』10話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『コンフィデンスマンJP』最終回(第10話)ネットの反応や感想

ドラまる
唐突に三人の本名が明かされてびっくりしちゃったよ。

三人の過去も興味深かったね!本当が少しでもあったのかな?

ラマちゃん
最終回だからって、豪華すぎる!

というか、山田孝之さんと言い、無駄遣いがすごい。

ドラまる
ダー子ちゃんたちの迫真のお芝居の応酬。

緊張感がすごかったね。

ラマちゃん
やっぱり古沢さん!さすがの一言ね。

本当に楽しかった!

まとめ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』最終話のネタバレ感想をご紹介いたしました。

もう、何回騙されてきたのかわからないのに、また騙されてしまった自分に腹が立ちながらも、最後まで楽しかったです!

観終わった後、ダー子ちゃんの高笑いに影響されてか顔がにやけてました。

終盤まで息もつかせぬ心理戦で、ほかのドラマを見ているのかと思うほどでした。

最後の最後で、全部嘘だったとわかって三人の過去を知れた~!なんて思っていた自分が浅はかだったと痛感しました。

ドラまる
これでドラマは終わりだけど、最終回が実質の0話で、もう一周ドラマを観たくなっちゃった。
ラマちゃん
映画化も決定で、大画面ではじけるダー子ちゃんが待ち遠しいわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA