コンフィデンスマンJP|7話の動画見逃し視聴はこちら【5月21日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou
長澤まさみ主演・2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』

↓今すぐ『コンフィデンスマンJP』を全話見る↓

FODプレミアム

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話(2018年5月21日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『コンフィデンスマンJP』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『コンフィデンスマンJP』第7話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『コンフィデンスマンJP』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『コンフィデンスマンJP』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月21日(月)放送終了〜2018年5月28日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『コンフィデンスマンJP』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『コンフィデンスマンJP』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『コンフィデンスマンJP』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『コンフィデンスマンJP』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『コンフィデンスマンJP』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のFODプレミアムへのリンクからご覧ください!

※31日間の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじは?

2018年5月21日(月)21時00分より放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじをご紹介します。

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)という女性の話を聞く。

1年前、バーでリチャードの財布をすろうとして失敗した理花は、天涯孤独の身で、夜の仕事を転々としているうちにスリまでするようになったらしい。

時々理花と会うようになったリチャードはまともな生き方をするよう何度も説得していた。

だが、彼女は耳を貸さず、結局しくじって刑務所に服役することになったという。

出所するまで理花の家財道具を預かることにしたリチャードは、それをダー子の部屋へと運んだ。

そこでダー子が見つけたのは、理花の母親の遺品から出てきた手紙だった。

送り主の与論要造(竜雷太)は、10億円の資産を子どもの誰かに譲ると手紙に記していた。

五十嵐(小手伸也)の調査によれば、要造は鎌倉に住む資産家で現在闘病中。

だがその正体は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだった。

理花は、要造が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしい。

そんな生活に耐えられなくなった理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、愛人稼業の母親とも折り合いが悪くなり17歳で家を飛び出してしまっていた。

刑務所を訪れて理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡も取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。

理花の兄姉――祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。

そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。

公式サイトより引用)

2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はっしゃく
次回のコンフィデンスマンJP第7話は、資産家の相続についてだ。

コンフィデンスマンJPの出る幕と言えるストーリーとも言えるだろう。

また、次回は豪華ゲストが数人出る予定である。

竜雷太、中尾明慶、前田敦子など今までは1話につき1人ずつのゲストであったが今回は多いようだ。

内容としては、若い頃は違法なことをたくさん行なっていた与論(竜雷太)が病に伏し現在は闘病中。

遺産相続のはなしになり、ダー子はなりすましによって10億円を騙しとろうと計画する。

是非、豪華ゲストを存分に使って大ドンデン返しのあるストーリーとなっていてほしい。

ペンネーム:はっしゃく(20代・女性)

ワイン色
だんだん見続けていると、意外にいいお話が増えていて、次回もなんだかいい話かも?って思わせてくれるような展開になることを期待しています。

コメディかつ幸せな気分にさせてくれるドラマなんて、久しく見ていなかったので、第6話をみてかなり次回に期待しています。

ダー子ちゃんの扮装も毎回楽しみですし、どんな風に詐欺をしていくのかが面白くってたまりません。

次回は大富豪の騙し合い!騙し合いって、すでに生き様としているダー子ちゃんにとって楽勝なゲームではないかしら?でも騙されたことあるのかな?一体どういう展開になっていくのか楽しみです!

ペンネーム:ワイン色(40代・女性)

んぬ
次回のゲストがとても豪華で、驚きました。

竜雷太さんに前田敦子さん、中尾明慶さんと、幅広い世代の豪華な俳優陣が揃っており、非常に楽しみです。

お年を召した竜雷太さんがダーゲットがダー子たちのダーゲットということで、ヤクザなどの組織のトップである可能性があります。

ガラの悪い組織が絡むとなると、いつにも増して命の危険に晒されたり、面の怖い男性に囲まれたりするなど、スリリングな内容になるのではないかと思うと、とても楽しみです。

個人的には、最近テレビではあまり見なくなった前田敦子さんの演技がテレビで見られるのがとても楽しみです。

ペンネーム:んぬ(20代・女性)

湊海
次回はリチャードの知り合いが出てくるようなので、今までずっと謎だった彼の過去に少し触れられるんじゃないかと期待しています。

ストーリー的にはドロドロの遺産相続争いが展開されそうなので、生き別れの娘を演じるというダー子の無謀な計画には波乱の予感しかありません。

ダー子の無茶振りで、またボクちゃんが苦労することになりそうですが、経済ヤクザの要造が実は子煩悩だったとか、意外などんでん返しになるような気もします。

子供の頃の顔を知っている兄姉をどのように騙すのか、次回もダー子の奇想天外な計画に期待しています。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

けんけん
7話は遺産の相続、詐欺師の真骨頂発揮。

「お魚」はさしあたって竜雷太さん演じる要造?

しかし今までのパターンからもそう単純ではないか。

理花が、スリだが実は不幸な生い立ちで、と、普通のドラマであれば、実は理花の心は純粋で不遇故にひねくれてしまってと続くんだろうが・・・しかしそこはコンフィデンスマンJP。

だまされないように目いっぱい深読みしてかからないと。

やっぱり理花は性悪で、要造はだまされていて、ダー子が彼をだまそうとしているように見える事が実は視聴者に対するだましで、最後は要造を理花の企みから救う。

金はまんまと頂く。

そんな展開になるのではないか?このドラマ、何も信じられなくなってる・・・

ペンネーム:けんけん(50代・男性)

nautilus1
「家族」をテーマにしたエピソードになるようですが、泣ける展開になるのか楽しみです。

いかにも資産家の家庭という雰囲気がするので、何かドロドロした展開になるかもと気になっています。

やはり照明などもそれっぽい演出になるのでしょうか。

次回も他の映画やドラマなどを思い起こさせるシーンも登場すると思うので、それも楽しみにしています。

佐津川愛美さんがゲストで出演されるようですが、現在放送中の他のドラマにも出演されていて、そちらとは違うタイプの役どころのようなので、どんなキャラクターを見せてくれるか気になっています。

ペンネーム:nautilus1(40代・男性)

2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ビール大好き

『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレ

資産家のおじいさんの遺産を狙うダー子達。

偽物の家族の真似事をしながら、その詐欺を遂行していきます。

大きな邸宅の中で、繰り広げられる遺産相続の争い。

弱ったおじいさんの周りには、遺産狙いの偽物の家族。その偽物の家族に囲まれて、最後の時間を過ごす・・。

なんだかとても寂しい話です。

本物の子供達は来てくれない。

息を引き取った時も、結局は偽物のボクチャンだけ。

でも、そんな寂しい最後になった老人も、本当はその偽物に気がついていたのではないかしら?という最後でした。

本当の家族って、こういうことをいうのかなって考えてしまうお話でした。

『コンフィデンスマンJP』第7話の感想

なんだかとてもいいお話だったなあって感想です。

家族で遺産蔵族の争いなんて、よくある話だけど、本物の家族ではなく偽物の家族の方が居心地がいいのかなって感じでした。

ダー子の令嬢姿もかわいかったし、なんだかとても好きな回でした。

でも、他人でも、こうやって一つ屋根の下で何ヶ月も過ごしていると、本当の家族みたいになっていくのかなっていうことも思ってしまいます。

家族を持ったことがないダー子達。

この偽物の家族ごっこは、それなりに心が温まるようなものだったのではないかなって思います。

いい話。

とても楽しめました。

ペンネーム:ビール大好き(40代・女性)

レオコネ

『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレ

リチャードの知り合いでスリの罪で服役中の理花が資産家の末娘であることをボクちゃんとダー子が知る。

理花の母がなくなり金庫に遺産が残っていた。

理花の父が与論という経済ヤクザで、理花は与論が愛人に産ませた女児で小さい頃から虐められて10才で与論の元を離れて実母の愛人の家にいたが、17才で、そこも飛び出していた。

理花は与論の元を去ってから18年も連絡を取っていなかったのを知り、理花になりすまして与論の元を訪ねる。

矢島の兄と姉はダー子に怪訝な目を向ける。

そこでダー子は与論に、理花と破談になった作り酒屋の息子がいるという作り話を吹き込み、その息子という設定でボクちゃんが、与論に呼ばれる。

そして家を飛び出して理花と結婚したいと言う。

ボクちゃんは与論と親子の盃を交わす。

ところがリチャードの情報で兄と姉が詐欺師だと知り、結婚式で彼らを逆に偽物だと与論の前で言うが与論は倒れてしまう。

結局、兄と姉とダー子、ボクちゃん同士が偽物だと気づく。

やがてダー子が仕組んだ本物だという子供から遺産があるのは嘘だと言われ偽の兄と姉は与論の家から去っていく。

しかしボクちゃんが与論の最後を看取った。

そして与論が金庫の番号をボクちゃんに伝えて亡くなり金庫を開けると大量の金をせしめる事が出来た。

『コンフィデンスマンJP』第7話の感想

理花になりすまして与論の家に行き、本当に理花なのか疑いを持った理花の兄と姉だが、理花が自分の部屋を案内されそうになるとき、姉から自分の部屋なら覚えているわよねと言われ、廊下を先頭で歩き、自分の部屋に入る場面は息を飲んだ。

しかもDNA鑑定で99.9%親子と判定を上手くすり抜けたのも見事だった。

ところが、理花にリチャードが兄と姉の動画を見せると二人は左利きの筈で、おかしいと指摘され、理花の兄と姉が詐欺師だと見破り騙し合いが始まるのは面白かった。

しかし兄と姉が理花の結婚式で理花が木から落ちて骨折したのを覚えていないことを、おかしいと非難され、窮地に立つが泣きながら兄と姉が偽物だと言い出し窮地を乗り切ろうとしたダー子の演技は上手かった。

やがてダー子が仕組んだ本物だという子供から遺産があるのは嘘だと言われ偽の兄と姉が与論の家から去っていき結果的に大金を手に入れる仕掛けは一発逆転のどんでん返しで面白かった。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

さきママ

『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレ

リチャードは、スリの理花という女性と出会う。

実はその理花は、経済ヤクザと呼ばれ悪どく稼いでいた与論要造の娘であった。

要造は、理花に多額の遺産を残していると手紙を出していた。

しかし、理花は愛人の子で、18年前に家を出てから一度も要造には会っていないという。

それを良いことに、ダー子は理花に成り済まして、要造宅へ入り込む。

幸い理花は、スリの現行犯で逮捕されて獄中であり、遺産もいらないということであった。

要造宅には、理花の兄である祐弥と姉の弥栄がおり、ダー子が偽物ではないかと疑い始める。

そんな祐弥と弥栄も、実は遺産目当ての詐欺師であった。

遺産を手に入れるため、皆は偽物の家族を演じ始めるのだった。

『コンフィデンスマンJP』第7話の感想

今回は、珍しくダー子がボクちゃんの気持ちに、押し負けた回だったと思います。

お金にしか興味のないダー子が、ほんの一瞬でも家族を感じていた様子が伺えて、ダー子にも、少なからず人の気持ちが残っていたのだと何となくホッとしたところがありました。

分け前を振り分けるところでもそうでした。

普段はボクちゃんをバカにして、お金もダー子が管理しているところを、今回は珍しく強気に出たボクちゃんの分配で、文句を言いながらも納得していて、ダー子の心の奥の優しさが感じられたような気がしました。

最後に要造の幻影を見たところからしても、今までとは違った形のダー子が見られた気がして嬉しかったです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

マリア

『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレ

10億円の資産を狙ってダー子がようぞうの娘になりすまして遺産を狙ってようぞうの家に乗り込んで、ぼくちゃんを結婚相手に仕立てて遺産をもらおうとして、いろいろ手を打つダー子が、ライバルの詐欺師相手にドンデン返しを仕掛ける。

10億円の資産がニセモノで本当は、資産なんて無いと本当の子供から聞かされて、みんな去っていったがボクちゃんは、一人残ってようぞうのお世話をして最後をみとってあげた。

そして金庫の番号を教えてもらうと、ダー子が大喜びで、ボクちゃんやみんなを資産がないとだましていたことを打ち明けて、金庫の中には、本当に10億円がありダー子に騙されたボクちゃんは、びっくりでした。

『コンフィデンスマンJP』第7話の感想

家族がいなくて寂しいようぞうに遺産目当てで近づくうその家族だったけど、ようぞうさんは、嬉しそうだったから、よかったのかなーと思いました。

ダー子とボクちゃんのキスシーンが面白かったです。

ダー子がウエディングドレスを着たり、リカという女性に変装したりして、楽しかったです。

ボクちゃんは、優しい人で素敵だなーと思いました。

他人なのにようぞうに情をもって、看取ってあげて一番偉いなーと思いました。

10億も手に入れてダー子とボクちゃんは、何に使うのかなーと考えてしまいます。

10億手にして嬉しそうなダー子がまるで子供のように見えました。

ペンネーム:マリア(40代・女性)

ガッキーも長澤まさみも良いです

『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレ

リチャードが酒場で理花に財布をスられそうになった事で知り合い、理花が捕まり出所するまで家財一式をリチャードが預かる事になり、ダー子の部屋へ運び入れ、強欲のダー子は金目の物を探し、理花の亡き母への手紙を見つけ、送り主は経済ヤクザの与論要造で子供の誰かに10億円を与えると書かれていて、金と女しか興味がなく、理花は愛人の子で、要造と本妻と子供達と暮らしていたが酷い扱いに家出、それ以来会っておらず、汚い金はいらないと話し、ダー子は同情しながら要造達と過ごした環境を聞き出し、ダー子は理花に扮した要造宅へ潜入、怪しむ祐弥と弥栄はダー子の毛髪をDNA鑑定するが、五十嵐のフォローで切り抜ける。

要造はダー子が話した嘘の結婚破談の相手を呼び出すように指示、ボクちゃんが結婚相手となり要造の元へ、結婚の許しを願うとボクちゃんブタれ、盃を交わし認められる。

朝食の時に要造が今年のアレと話し、ダー子達に準備を命じ、食卓を隠し撮りした動画を理花見せると、祐弥と弥栄が偽者で、ぺてん師のキンタとギンコと判明。

キンタ達は偽孫を使い要造の気を引き、ダー子は要造の娘の花嫁姿を実現させるが、キンタ達とダー子達の小競り合いに、要造が家族らしくと怒鳴り倒れる。

ダー子は偽の祐弥達を使い、キンタ達を追い払い、婚約者で赤の他人のお人好しのボクちゃんだけを残し、要造の心をひく作戦をして、まんまと全ての資産を手に入れるが、そんなダー子にボクちゃんが切れて取り分の割り当ては自分がすると言い放ち、ダー子達は要造が望んだアレの花火を資産を分けたキンタ達と家政婦ではなく最後の愛人と要造席を用意して楽しみ、ダー子には楽しそうに花火を見る要造の姿が見えた。

要造の棺桶に入れる家族写真とは、ダー子達と写った偽家族写真だった。

『コンフィデンスマンJP』第7話の感想

大富豪だったからか雰囲気が昭和的で、要造の娘の理花に扮した時の、ダー子の髪型がおかっぱなのが可愛く感じました。

ダー子の嘘から結婚相手に扮したボクちゃんの髪型がピッチリ横分けで、結婚式をした後のボクちゃんの「ガッキーが良かった」のセリフには大爆笑で、ボクちゃんのスタイルは、リーガルハイの堺雅人さんをモチーフにしていると感じました。

今回一番の悪はリチャードのように感じて、理花の荷物を全てダー子の部屋へ持っていったのは、強欲のダー子が資産に眩む事を予想していて、経済ヤクザという厄介な事に手をつけず、利益だけをもらおうと考えていたように感じて、リチャードは優しい言葉でダー子とボクちゃんを利用していると見えました。

ペンネーム:ガッキーも長澤まさみも良いです(30代・男性)

たかは

『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじネタバレ

リチャードが飲み屋であった理花は、父親が莫大な資産を持っているが愛人の子供のためイジメられて10歳で家を出たまま父親とは連絡を取っていませんでした。

それを知ったダー子は理花に扮して資産を手に入れようとします。

ボクちゃんもダー子に巻き込まれて理花の彼氏を演じることになります。

理花に資産を渡したくない兄姉たちは理花を追い出そうとしますが彼らもまた偽物でした。

どちらが要造に気に入られるかお互いに対抗意識を燃やします。

しかし、本当の兄姉が現れて資産は全くないことがわかります。

ダー子は撤収しますがボクちゃんは最期まで要造を看取ります。

要造の資産が全くないというのはダー子のついた嘘で実際は本当に10億円の遺産がありました。

それを最後まで看取ったボクちゃんに相続させるという遺言を残しました。

『コンフィデンスマンJP』第7話の感想

今回は家族編ということでダー子とボクちゃんは資産家の家庭に入り込んで10億円の資産を狙います。

兄姉も資産を狙ってやって来た偽物だったことがわかり互い言い合いになります。

要造は今まで家庭を顧みないで良い父親ではなかったと思いますが、死を意識した時に子供達が側にいてくれて嬉しかったと思います。

一緒に暮らすうちに段々と本当の家族みたいな関係になっていて、要造も嬉しそうで幸せそうでした。

ダー子とボクちゃんは本当の家族を知らないみたいなので少しでも家族の幸せを感じることができて良かったのではないかと思います。

その後、要造に資産が全くないことがわかり撤収しますがボクちゃんだけが最期を看取ります。

ボクちゃんの優しさがとても現れている回だったと思います。

血の繋がりのない人を最後まで看取るボクちゃんを尊敬しました。

そしてやはり今回もダー子にハメられました。

遺産が全くないというのもダー子の嘘で結局ボクちゃんが相続することになりました。

毎回裏の裏を行くダー子には驚かされます。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2018年春の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『コンフィデンスマンJP』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA