コンフィデンスマンJP|4話の動画見逃し視聴はこちら【4月30日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou
長澤まさみ主演・2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』

↓今すぐ『コンフィデンスマンJP』を全話見る↓

FODプレミアム

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話(2018年4月30日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『コンフィデンスマンJP』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『コンフィデンスマンJP』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『コンフィデンスマンJP』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『コンフィデンスマンJP』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年4月30日(月)放送終了〜2018年5月7日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『コンフィデンスマンJP』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『コンフィデンスマンJP』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『コンフィデンスマンJP』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『コンフィデンスマンJP』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『コンフィデンスマンJP』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のFODプレミアムへのリンクからご覧ください!

※31日間の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじは?

2018年4月30日(月)21時00分より放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじをご紹介します。

ダー子(長澤まさみ)は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。

看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。

しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。

俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。

そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。

ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)と、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)が巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。

ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には興味を示さず……。

公式サイトより引用)

2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

クッキー
来週の第4回も楽しみです。

史上最強の計画を繰り出すということだし、いったいどういう手口で大物を騙すのかしらと興味が湧きます!

毎回お金持ち相手だから、次回の大物も気になるところ。

それにまたダー子の紛争も楽しみです。

コメディだけに様々なコスプレ的な扮装をしてくれる長澤まさみさんの姿が楽しみすぎる!

どんなかわいい姿が見られるのか、何よりもそれが楽しみです。

もちろん爽快な騙しの展開も楽しみにしていますし、感動強くないけど、悪い人がお金を騙し取られて悔しい思いをするっていう姿、もっと見たいと思っています。

ペンネーム:クッキー(40代・女性)

くらげ
次回は佐野史郎さんがゲストということだけでも楽しみなのですが、食品メーカーの社長さんで工場長に食品偽装を告発されそうになるのを脅してもみ消させて・・・という役どころのようですが、タイトルにある「映画マニアの男」がどういう風に結びつくのかが想像できないので楽しみです。

また、次回のあらすじを読んだところ「看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」」なるものも出てきて、これもまたフジテレビで放送されていた「コーチ」というドラマを彷彿とさせるような設定の小ネタが仕込まれているのかな?とそういうところも注目して見たいなと思っています。

ペンネーム:くらげ(30代・女性)

さきママ
次回は、何やら映画撮影等という大掛かりなことに手を出すようなので、見応えがありそうでワクワクしています。

ですが、規模が大きい分、どのようにして見破られることなく相手に入り込んでいくのかが疑問です。

もはや、規模が大きすぎて逆に疑う余地を与えない等ということなのか、いずれにしても、展開がとても楽しみです。

また、ダー子のコスプレも楽しみの1つです。

どんなコスプレでも似合ってしまうダー子が、同じ女性として羨ましく毎回見ています。

予告にチラッと映ったくノ一姿がとても可愛く見えたので、次回もその着こなし具合に期待します。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

KI
ゲストの佐野史郎の演技が楽しみです。

セクハラ・パワハラを日常的にする社長という、今の社会で問題になっているような人物を彼がどう演じるのか楽しみです。

西郷どんで演じている井伊直弼が、嫌味な役ではまっているので、非常に期待できます。

毎回、悪役がはまっているので、次回も楽しみです。

そして、ぼっちゃんは、誰に同情し、だーこに依頼をするのか、だーこはどうやって騙すのかが楽しみです。

だーこが何に変装するのかも楽しみです。

今回は、ぼっちゃんがミスをしなかったので、次回は、なにかやらかすんじゃないかと期待しています。

ペンネーム:KI(30代・男性)

もも07
次回は産地偽装をしている食品メーカーのジュニア社長(佐野史郎)がターゲットです。

そのジュニア社長は映画好きで、時代劇映画への出資という名目で金を出させようとします。

3人が映画監督とプロヂューサーと女優として映画好きのジュニア社長に接近します。

しかし、相手があの佐野史郎ですからね。

どんな攻防が繰り広げられるのか楽しみです。

とてつもなく「濃い時間」が流れるはずです。

相手が相手だけに今回はまさかの失敗で痛い目を見るなんてこともあってもおかしくないです。

とはいうもののそんなはずはないのですが、佐野史郎さんの「怪演」を思う存分楽しみます。

ペンネーム:もも07(40代・男性)

くらっちゃん
次回、第4話は副題が「映画マニア編」ということで、ダー子のコスプレがいつも以上に色々と楽しめそうです。

既にコンフィデンスマンJPの公式サイトや予告動画では、女忍者になっていたり、女優風のいでたちでレッドカーペットを歩む姿が見られます。

あと、地味なところでは、小日向文世さんも色々な服装にチェンジしていますので、映画関係者に成りすます様子も見所だと思います。

また次のゲストは、食品メーカー社長に扮する佐野史郎さんで、彼がターゲットということなるそうです。

セクハラや恫喝等、公私ともにやりたい放題に二代目社長という役柄で、ヒールなキャラクターを得意とする佐野さんがどのように演じるのかが楽しみです。

ペンネーム:くらっちゃん(50代・女性)

2018年春ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

けぶたん

『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレ

うなぎ加工会社の社長は大の映画好きですが、食品偽装をしたり社員に平気でパワハラやセクハラをしており、左遷された男性社員の一人が役所に内部告発をしようとまでしていました。

その社長が今回のターゲットで、映画制作に3億円を出資させだまし取ろうとします。

最初は簡単に釣れるかと思っていましたが、なかなか首を縦に振りません。

ダー子一味は色仕掛けをしたり、本当の映画村に行って撮影しているフリをしたりします。

それでも信用せず、結局最後は社長の望みをすべて聞いて実際に映画を撮影するフリまでしてようやく3億円を出してもらいます。

『コンフィデンスマンJP』第4話の感想

映画村で本当は完全な部外者なのにリチャードが時代劇の本物の売れっ子役者に親しげに話しかけたり、映画村の食堂で社長を囲んで大声で出資の話でモメて本物の役者から「台本もらえますか?」と言われて手渡したりと嘘ついてるのがバレないのかな?と心配しながら見てました。

大勢のエキストラを集めての撮影では社長とぼくちゃんが喧嘩している最中にリチャードの帽子が飛んで大笑いしました。

あれはいよいよバレるんではないかと思いましたがセーフでした。

ダー子扮する中国人女優の写真撮影の時の衣装が中国の某有名女優に似ているのも面白かったです。

あと最後に社長が「二人きりになりたい」と言いにきた相手がダー子じゃなかったのも面白かったです。

ペンネーム:けぶたん(40代・女性)

湊海

『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレ

俵屋フーズの社長・俵屋勤は、食品偽装に手を染めながら、社員を脅したり、セクハラも日常茶飯事のクズ男でした。

告発を握り潰された宮下のために、ダー子達は俵屋の好きな映画を使って陥れようと画策します。

偽映画制作をでっち上げ、3億を出資させようとしましたが、なかなか首を縦に振らず、ダー子達は苦戦を強いられます。

ダー子が中国人の人気女優に扮し、俵屋にハニートラップを仕掛けてようやくお金を振り込ませます。

脚本にケチをつけ、映画にも出演したいと出しゃばり出した俵屋に手を焼くダー子達でしたが、何とか最後まで撮り終え、完成披露試写会を迎えます。

上映された作品は俵屋フーズの食品偽装告発にすり替えられ、俵屋のシーンはその一部に使われていました。

見事に騙された俵屋は3億と社長の座を失いました。

『コンフィデンスマンJP』第4話の感想

食品偽装疑惑を映画というすごい角度から斬り込んで、どう解決するのか楽しみにしていましたが、まさか映画作品として偽装を告発するとは思いませんでした。

毎度の事ながら、ダー子の計画は予想の斜め上を行くので、こちらまで騙された気になってしまいます。

今回は、ダー子とボクちゃんの微妙なラブロマンスの要素も少しあったので、ボクちゃんの新たな一面を垣間見たような気がします。

今後ふたりが恋人に発展するのかはわかりませんが、腹を立てつつも、ちゃんとダー子のところに戻ってくるボクちゃんは、少しは好意を抱いているのかもしれないと思いました。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

シャローズ

『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレ

俵屋の圧力に負け、俵屋の会社の製品の産地偽装を告発できずにいる宮下。

ダー子とボクちゃん、リチャードの3人は、産地偽装の事実を掴んだ。

数日後、リチャード扮する郵便局員がポストにキマネ新報を入れていた。

ダー子とボクちゃんは映画の展開について会議というよりも議論していた。

一方、俵屋はキマネ新報を読むと、とある記事に目を付けた。その場所は見つかった。

そこにボクちゃんとリチャードが登場した。2人は俵屋に関係者になっていただけないかという誘いをした。

読み終えた俵屋に、10億の費用が必要であと3億の出資があれば完成するのだという話を持ちかけるが、俵屋は出資しないと言い出した。

その後、ダー子、ボクちゃん、リチャード、俵屋の4人で映画の話をし、遠回しな説得を繰り返したものの、俵屋は謙遜しつつ出資しないと何度も言い繰り返していた。

リチャードが主演女優が降板したことでの悩みを話していた。

代役が見つからなく、出資の一部が引き下がってしまい、出資の問題で揉め出してしまった。

3億円が足りないと聞き、俵屋が出資できるかどうか問い詰めるが、俵屋は「出せません」と言った。

マギーを代役にするとリチャードとボクちゃんが俵屋に話した。

マギーはプロデューサーよりも出資者とデキてしまうという話を俵屋に聞かせた。

翌日、マギーが俵屋にウインクした。

漸く俵屋からリチャードに3億出資するという電話がかかってきた。

出資する以上俵屋自身が納得いける作品にしたいのだと言い出した。

俵屋が3億を振り込んだとリチャードに伝えるのを側で聞く宮下。

宮下にセリフのある役をしないかと誘い、何かと紙を渡したダー子。

俵屋はボクちゃんの映画に全部出資すると言った。

2ヶ月後に、完成披露会を行うことになった。

披露された映画の内容とは、俵屋フーズの真実という内容だった。

宮下がダー子たちにお礼を告げた。今回は赤字が出てしまったというラストで終わった。

『コンフィデンスマンJP』第4話の感想

最初はダー子らの作戦通りに乗っかっている俵屋のシーンが続いていたので、今回は最初だけ引っかかってくれるが、中盤以降は苦戦するのかと序盤の時点で感じた。

しかし、見ていくうちに俵屋は計算の上での行動ではなく、あまりにも映画が好きすぎるだけのキャラだと分かった時が面白く感じた。

今回も私の予想より上回ったラストで面白かった。

ラストが完成された映画ではなく、俵屋フーズの告発の映画になっているとは誰もかも予想できなかったのだと思う。

その意味としてストーリー性は完璧だった。

衝撃を受ける俵屋が見物とされていたという、スッキリできる展開になっていた。

ペンネーム:シャローズ(20代・女性)

とべないアヒル

『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレ

うなぎの産地偽装に悩む工場長と映画帰りのダー子さんが出会ったことで、俵屋の社長が第4話のカモに決定します。

映画マニアの社長に3億円の出資をさせるために、映画関係者行きつけの店を作ってみたり、海外女優を設定してハニートラップを仕掛けたりと相当な労力をかけ、出資までこぎつけます。

そこから、出資した社長が調子に乗ってきます。

映画の制作に出資する立場になった社長が映画出演にまで要求をエスカレートさせます。

それに女優に色目を使ってくるかと思いきや、最終段階では男色だったことが判明します。

何かにつけ、オチのある展開です。

『コンフィデンスマンJP』第4話の感想

コンフィデンスマンJPは、毎回何らかの理由があって、高額な金額を所有した金持ちを騙す詐欺師ですが、最後には必ず人間性を感じるオチがつくため、何ともすっきりした気分になります。

今回の第4話でも、食品偽装の告発で社長から理不尽な待遇を受けることに対して、報復するかのように社長を騙します。

やっていることが犯罪なのですが、最終的な精算をすると毎回数百円の利益、今回は赤字というオチがついていました。

このオチで、コメディーの要素を感じることができ、何とも痛快な気分を味わえるドラマです。

最近にはないバカバカしさを感じるものの、一本筋のある印象を感じます。

ペンネーム:とべないアヒル(50代・男性)

berry8

『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレ

自社の人気商品「うなぎのカレー煮」で使用している鰻の偽装をしている会社を告発しようとする工場長。

そんな工場長に対し、脅す社長。

この社長は日頃からパワハラもひどく、工場長も屈してしまう。

工場長が書いた告発文を拾ったダー子。

そして、社長が大の映画好きと知ったダー子達は出資話を持ちかけ大金を出資させようとする。

社長をつれ、映画の撮影現場へ入り込み撮影をしているかのように見せ、社長の要望も聞かなくてはいかず入り込んだ撮影現場でドタバタしたり、ダー子は海外の新人女優に扮したりしがながら、出資をさせ騙しとることに成功する。

工場長による告発もされ、社長は捕まることになる。

『コンフィデンスマンJP』第4話の感想

パワハラ社長が相手というありがちな話。

出資させるために、撮影現場に入り込み騙す。

明らかに本当の撮影現場に入り込み、いつものようにお構いなしになりきり、好き放題に演じている。

ダー子も海外女優のふりをし空港で到着ロビーをキャーキャー言われながら登場したりと色々とやってます。

大勢のエキストラも導入し今回は大がかりに騙しています。

社長(佐野史郎)がダー子に惚れたかと思ったら実はぼくちゃんにだったりと面白要素もあり。

ありがちなのに、出資させるために大がかりすぎる演出をするのがこのドラマの楽しいところだなぁと今回も楽しんでみてしまう内容でした。

ペンネーム:berry8(40代・女性)

けんち

『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじネタバレ

加工食品メーカーの工場長宮下は自社の食品偽装を試みるが社長の俵屋の恫喝、報復人事により断念する。

その経緯を知ったダー子たちは次のお魚を俵屋に定める。

俵屋が映画マニアなことを知り、架空の映画の新作への出資をもちかけるダー子たち。

はじめは尻ごんでいた俵屋も、出資を決意した途端、今度は脚本、撮影、監督の領域にまで口を出し始める。

そして、最後は自社の社員の大量エクストラとともに自身の出演シーンもねじ込んでしまう。

やりたい放題でついに出資金を振り込んでしまう俵屋。

試写会に招待され上映を心待にしている。試写が始まると、それは宮下による食品偽装の告発だった。

自身の出演した台詞に被せ、食品偽装が白日のもとにさらされた俵屋には操作のメスが入ることになる。

『コンフィデンスマンJP』第4話の感想

ダー子さんの七変化という点では今までで最も秀逸だった。

中国人女優は文句なくキュートだし、カフェの女主人は、気持ち早口の台詞回しが往年の映画女優さながらだった。

勝手な想像だか、黒柳徹子さんを彷彿とさせる。

マリリンも、さすが!

騙しの手口に慣れてきたせいか、空港や試写会のシーンはエキストラによるものなのにはあまり驚きはなかった。

むしろ、撮影所がまるごとフェイクで、伊吹吾郎もやとったのでは?と、勘繰って見てしまった。

今回はチョビ髭が出ていなかった?

徐々に五十嵐が目立ち始めているが、脇の彼らの存在感もこのドラマではきになところ。

次回以降も活躍を期待したい。

ペンネーム:けんち(50代・男性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2018年春の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『コンフィデンスマンJP』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA