ブラックペアン9話最後に渡海が口パクで言ったセリフは?ネタバレと感想!

  • この記事を書いた人:tomopon

ドラマ『ブラックペアン』第9話が2018年6月17日(日)に放送されました。

ドラまる
佐伯教授の心臓に疾患が見つかったんだよね。

渡海先生はこれをどう利用するのかな。

ラマちゃん
佐伯教授に反旗を翻した渡海先生の本当の狙いが何なのか気になるわね。

SNSで話題になっている、9話ラストシーンでの渡海先生の口パクについてもご紹介!

こちらの記事では、ドラマ『ブラックペアン』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第9話あらすじネタバレと感想

佐伯教授(内野聖陽)が通っていたさくら病院の院長に詰め寄り、佐伯がかくまっている患者が「飯沼達次」であることを突き止めた渡海征司郎(二宮和也)。

その頃、心臓に疾患を抱えた佐伯教授は倒れ、緊急の手術が行われました。

応急処置を施したものの、佐伯の心臓はバイパス手術をした後に僧房弁の手術を行わなければいけないという極めてまれな症例でした。

その手術を行えるのは渡海しかいない。

誰もがそう考えていましたが、佐伯教授は渡海の手術を拒みカエサルで手術をしてほしいと頼みました。

これは佐伯外科の敗北宣言と同等の発言でした。

そうまでして、渡海先生の手術を受けたくない佐伯は、それなりの恨みを買っていることを十分に自覚していましたね。

その頃、渡海は「飯沼達次」と会うためにさくら病院に乗り込んでいましたが、佐伯が倒れた時に婦長の藤原真琴(神野三鈴)に飯沼を退院させるように指示していたため会うことはできませんでした。

カエサルでの手術が決定し、執刀は黒崎誠一郎(橋本さとし)、助手には垣谷雄次(内村遥)と関川文則(今野浩喜)が入ることになりました。

佐伯に拒否された渡海はもちろん、帝華大のスパイと思われている高階権太(小泉孝太郎)もチームから外されてしまいました。

しかし、この手術のために何かできないかと帝華大の西崎教授(市川猿之助)が東城大から勝手に持ち帰ってしまっていたシミュレーターのデーターを返してほしいと頼みに行く高階。

その高階に向かって、西崎教授はカエサルの論文は坂口に書き上げさせたと言い放ちました。

今まで研究データを集め、論文のほとんどを書いてきた高階は呆然とします。

「研究とは何なのか?命を救うためのものではないのか?」

今回の重要なテーマはこの部分だったと思います。

そのやり取りを見ていた外科ジャーナルの編集長・池永英人(加藤浩次)は何か思うところがあるようでした。

本当に西崎教授は、悪人中の悪ですね。わかりやすすぎて笑えてしまいました。

行き詰っていた黒崎は高階に執刀を頼むことにしました。

西崎教授とは違い、なんと清々しい。

このことから命を大事にしているのは東城大だと感じる高階。

高階は黒崎に西崎教授には見捨てられたと伝え、執刀をうけます。

それを聞いた佐伯教授は医局員たちの様子を撮影してほしいと藤原に頼みました。

黒崎たちが一丸となって尽力するが佐伯の症状と同じような症例が見つけられずにいました。

現状打破のために、渡海と佐伯の溝の原因を見つけ埋めようとする世良雅志(竹内涼真)と花房美和(葵わかな)。

溝の原因になったであろう、置き忘れのペアンが写るレントゲンを探しに渡海の寝床に潜入します。

まさか、いつものおコメ袋の中に入れてたなんて。世良先生よく気が付きましたね。

そのレントゲンの患者名が「飯沼達次」で担当医師の名前が渡海の父「渡海一郎(辻萬長)」でした。

そこへ現れた黒崎は、世良達に過去の話をしました。

話せないと言いながら、ついつい話してしまう黒崎先生は絶対いい人だと思いました。

渡海一郎は黒崎や佐伯の指導医でした。

優秀だが野心家だった渡海一郎は、当時の教授たちとも渡り合うほどの人物でした。

しかし飯沼達次の手術の時にペアンの置き忘れという重大なミスを犯しました。

それを、佐伯が取り除き事なきを得たということでした。

その事件をきっかけに渡海一郎は東城大を去り、不憫に思った佐伯が息子を招き入れ面倒を見ていたのだと言いました。

おそらく、情報操作があったのでしょうね。

渡海先生が最初から隠された事実を知っていて、佐伯教授の元にやってきたのか、途中で気が付いたのか。そこが重要な気がしてきました。

世良が寮に戻ろうとすると渡海が待ち構えていました。

カエサルチームに入ることになった世良は、渡海に助言を求めます。

そして向かった先は池永のところでした。

てっきり帝華大に行くのかと思っていましたが、こっち側から攻めることを選択したんですね。

渡海の助言通り、池永に自分の本心をぶつける世良。

研究とは何なのか?論文とは何のためにあるのか?命を救うために行うべきことをしたい。

世良の情熱に押された池永は、過去にダーウィンで佐伯教授と似た症例を載せた論文があったことを教えてくれました。

過去の論文ならば、活用しても問題はありませんね。それが論文本来の役割だから。

池永が探し出してくれた一つの穴から次々に手術を進める方法で、佐伯教授の手術は行われることになりました。

しかし、その説明をしている最中に佐伯教授が心筋梗塞を起こしてしまいました。

緊急にオペが開始され、準備もできないまま新提案された方法で手術に挑むことになりました。

さらにタイムリミットも2時間の予定が、1時間に短縮されてしまいました。

高階がカエサルで手術を始めるも、肝心の冠動脈がどうしても探せません。

佐伯教授の緊急オペが始まったことを聞いた渡海は、オペ室ではないところに向かいました。

そこはシミュレーターのあるところでした。

もうなす術がないとあきらめてカエサルを置いてしまう高階。

黒崎の悲痛な叫びが手術室内に響き渡りました。

佐伯教授を失うことの大きさが伝わってきましたね。

その時、突然動くカエサル。

世良から高階に渡されたイヤホンを耳につけると、そこからは渡海の声が聞こえてきました。

渡海は外のシミュレーターを動かして遠隔手術を行っていました。

世良を使ってカエサルのアクセス許可を得ていたのです。

手術室に世良先生が入ってきたときに何かしてたのはこれだったんですね。

片手で縫っていくという離れ業とか、気が付かないのかなみんなと不思議に思っていましたが、途中で黒崎先生気が付いていたのかな?

しかも口調まで高階先生うつってましたね。

無事にバイパス手術を終わらせ、次に渡海はカエサルで佐伯式手術を行うと宣言しました。

戸惑う高階を奮い立たせる渡海。

渡海と高階のリンクがかっこよかったけれど、よく考えたら高階先生指示だしてるだけですよね(笑)

手術は完了。

「手の方が100倍楽だわ。」って渡海先生かっこよすぎです。

後日、発行された外科ジャーナルには坂口が書き終えたカエサルの論文が掲載されていました。

にやつく西崎教授がさらにページをめくると、高階による、先日の佐伯教授の手術の論文が掲載されていました。

そして、論文の末尾には佐伯教授の名前が。

その論文には渡海の遠隔操作による手術の様子が録画され添付されていました。

掲載は論文として、東城大の論文の方が医療価値が高いと判断した池永によるものでした。

目を覚ました佐伯教授と渡海の直接対決。

飯沼達次の所在を問いますが、佐伯は教えませんでした。

しかし、灯台下暗し。

なんと佐伯は秘密裏に飯沼を東城大に転院させていました。

すぐそばに、探している飯沼がいることを渡海はどうやって気が付くのでしょうか。

そして、最後に口パクになった部分が気になって眠れません!!

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第9話ネットの反応や感想

ラマちゃん
遠隔操作の思いつきもすごいなと思ってたのに、高階先生に渡海先生の口調がうつってて驚いちゃった。

ドラまる
もう、最後の最後に無音!!!

テレビが壊れちゃったのかと思ったよ。

ラマちゃん
原作小説の展開から考えると、「飯沼達次を今から手術する」的なことを言ったというのが私の予想!

ラマちゃん
池永編集長も世良先生の涙を見て本当の自分を取り戻したのね。

ドラまる
同じように教授のために尽くしてきた二人だから分かり合えるんだよね。

一部で黒崎先生ファンも確認できたよ。

ラマちゃん
今日(放送日)は、ニノのお誕生日だったのね!

おめでとう!

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックペアン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ブラックペアン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ブラックペアン』9話の動画を無料で見る方法はこちら

『ブラックペアン』最終回(第10話)あらすじ

2018年6月24日(日) 21:00時から放送のドラマ『ブラックペアン』最終回(第10話)のあらすじをご紹介します。

倒れた佐伯教授(内野聖陽)の緊急手術を行った渡海(二宮和也)。

しかしこれはあくまでも応急処置。

渡海は、完治させるための再手術を行う条件として、自分が探している“飯沼達次”の居場所を明らかにすることを佐伯に求める。

しかし佐伯は「命よりも大事なものがある」とそれを拒み、外科学会に出席するために無理を押して東京に向かう。

一方東城大では、美和(葵わかな)が藤原師長(神野美鈴)の命で秘密裏に担当していたある患者の容体が急変する。

それは高階(小泉孝太郎)や香織(加藤綾子)の知るところとなり・・・。

そして、ブラックペアンの真実は渡海の手で白日の下にさらされる・・・。
公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ブラックペアン』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。
今回は、池永編集長がナイスアシストでしたね。

それを引き出した世良先生の涙に感動してしまいました。

ここにきて、黒崎ファンの存在が増えつつあることにも妙に納得。

高階先生も、黒崎先生の人柄に影響されて後に東城医大の院長にまで上り詰めることになったのではと思ってしまうほどです。

それにしても、渡海先生が最終回まで父の無念が晴らせなかったのは長かったですね~。

佐伯教授のかたくなに守ってきた飯沼達次も登場して、いやがうえにもクライマックスに期待してしまいます。

渡海先生の復讐の結末をお見逃しなく!

ドラまる
次週、最終回!

本当にようやくブラックペアンの正体が明らかになるね。

ラマちゃん
渡海先生のお父さんの汚名を晴らせるのかしら?

見逃せないわ!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA