ブラックペアン5話の動画見逃し無料視聴はこちら【5月20日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ブラックペアン』第5話(2018年5月20日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ブラックペアン』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ブラックペアン』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックペアン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ブラックペアン』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ブラックペアン』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月20日(日)放送終了後〜2018年5月27日(日)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ブラックペアン』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ブラックペアン』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ブラックペアン』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ブラックペアン』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。(ブラックペアンはレンタル扱いの作品のため別途課金が必要です)

2018年4月中旬現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『ブラックペアン』第5話のあらすじは?

2018年5月20日(日)放送のドラマ『ブラックペアン』第5話のあらすじを紹介します。

外科学会理事長選をにらみ、高階(小泉孝太郎)が手がけるスナイプに関する論文で駆け引きを続けていた佐伯教授(内野聖陽)と西崎教授(市川猿之助)。

最終局面を迎えたこの戦い、ついに論文の功績を手にしたのは西崎だった。

師である西崎を選んだ高階は東城大を去り、帝華大に戻る準備を始める。

その頃、渡海(二宮和也)は佐伯教授に患者・島野小春(稲垣来泉)に関する“ある懸念”を伝えていた。

スナイプ論文の撤回を視野に入れた渡海の“懸念”に、西崎と高階は慌てる。

検査の結果、小春にはスナイプ手術を行ったことによって別の問題が発生していた。

開胸手術が出来ない小春に、高階は内視鏡下手術支援ロボット・ダーウィンでの手術を提案する・・・。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『ブラックペアン』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ブラックペアン』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さゆりん
患者を殺したことのないトカイですが、今後は、トカイも失敗する手術シーンがあっても、それはそれで見応えがあるかなと思います。

どうやってリカバリーするのかどうか、見たいなと思います。

そして、回を増すごとにタカシナとの関係が変わってきて、タカシナもトカイを認めて、これからも最強コンビとしてオペして欲しいなと思いました。

論文を巡るインパクトファクターも今後、教授が上手く利用して、名前を記載しようとするのかなと思います。

今後もタカシナとトカイの戦いとそれを見つつ成長していく、研修医の姿を見ていきたいなと思います。

ペンネーム:さゆりん(30代・女性)

だっしー
少女が完璧に治るまでは、なんだかんだ研究してるものを持ち出してくる。次ぎはダーヴィンとかいう機械。

でも結局失敗して、渡海が執刀しそう。

佐伯の次は、西崎がちょっと乱れる番かな?

佐伯は渡海の父親の助手をした時に、わざとペアンを残して責任を取らせたことがわかってくるかな。

佐伯と渡海の繋がりが徐々に明らかにされてくる。

結構小出しにされてる。

もうちょっと早く知りたい。

佐伯はインパクトファクター獲得のために何か企む。

渡海も忠誠を誓ってみせてるけど、裏切るタイミングを探っている。

争いが激化してくる頃なので、どんな策を練るのか楽しみです。

ペンネーム:だっしー(30代・女性)

はっさく
今後の展開予想として、第4話までは渡海と高階、佐伯教授と西崎教授のインパクトファクター争いが主なストーリーであったが高階の言葉どおり、高階は東城大を裏切るようである。

論文の名前もどちらの教授にするか迷っていたわけではなく西崎の策略だったことも今後どこまで佐伯教授をおとしめていくのか気になるとところである。

そのため今後は東城大と帝華大と争いの規模が大きくなることが予想される。

さらに、ダーウィンという新しい機器も導入されるようなので波乱の展開になると予想出来る。

渡海もどのようにしてストーリーに関わっていくのか非常に楽しみである。

ペンネーム:はっさく(20代・女性)

シャワーズ
渡海先生がスナイプに対する理解を示すようになり、スナイプ手術に対して意見を口にし、高階先生が居なくても、東城大学ではスナイプ手術を行うというのに対し、新たな手術ロボットへの扱い方との比較を行うという展開を予想している。

花房が渡海先生の考え方について渡海本人に聞かなくとも、察することができるようになってきて、いずれ渡海先生の味方になっていくことや、渡海先生の度々の行動に理解を示せない世良先生が花房に渡海先生の愚痴を口にした結果、花房に渡海先生の行動の解説をしてもらい、世良先生も渡海先生の意図が分かる時が来るということが楽しみなポイントとして挙げられる。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

たかは
高階の書いた論文によってライバルである西崎教授のインパクトファクターが上がり焦る佐伯教授ですが、おそらくこのまま静かにしているわけはないと思うのでどのような行動に出るのか気になります。

また、4話で手術した女の子が感染症にかかってしまったみたいなので、無事に元気な姿を見ることができるのかも気になります。

そんな中、東城大では新たな患者さんの手術が行われる事になりました。その手術に新しい技術としてロボットのダーウィンを使うとのことでどのような手術になるのか楽しみです。

佐伯教授と渡海の父親との関係も早く明かして欲しいです。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

あさ
原作に無い最新医療機器のダーウィンが登場、前回手術が成功した少女の再手術をどう処置して成功させていくのか。

新しく登場するキャラクターに音尾さんの出演でキャストが下町ロケットや陸王のハイブリット化していく事と、福澤アナウンサーが次の展開に向けて出演したりと意外性のあるキャストがどんどん増えていてどう絡んでいくのか気になる。

またいつ渡海先生の隠し持つペアンの写ったレントゲン写真が今後いつ公に出て騒動を引き起こしていくのか気になる点ではある。

現在美和しかレントゲンの秘密に触れ始めただけなので、彼女がどう動き回るのかも見どころ。

ペンネーム:あさ(40代・女性)

2018年春ドラマ『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

シャワーズ

『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレ

新理事長は西崎教授と決定的になった。

渡海先生は小春の血液検査をするように佐伯教授に話した。

佐伯教授はスナイプに関する論文の撤回を池永編集長に訴えた。

血液検査の結果、高階先生は小春の身体の心臓の中隔が感染されていることに気付くが、だが西崎教授はそれに気付かず退院させるべきだと主張した。

小春の中隔感染に関する緊急カンファレンスの開催を高階先生は佐伯教授に訴えたが、佐伯教授は都合が良いと言い、なぜこうなったかと高階先生に聞き、説明してもらった。

佐伯教授はスナイプの使用を控えざるにえないと言った。

西崎教授は高階先生に赫怒した。

これでスナイプ論文は白紙となり、佐伯教授が新理事長に近づくようになった。

小春は薬物治療で様子見をすることになった。

だが、高階先生はダーウィンで救えるのだと主張した。

ダーウィンは帝華大学にある上、高階先生を主治医から外し、新しい主治医は渡海先生へとなった。

高階先生は東城大学も帝華大学も立場を失った。

高階先生は渡海先生に小春の治療に関して反論し、佐伯先生の命令だと主張したら、渡海先生はお前がやれよと言い返した。

薬物治療を繰り返すだけでは小春は死んでしまう現場だった。

その時に牧野という患者による緊急手術を渡海先生が行うことになったが、高階先生が自ら執刀を行いたいと名乗り出したのに対し、渡海先生は無言で認めた。手術は成功した。

翌日、高階先生は西崎教授にダーウィンを借りたいとお願いしに伺った。

西崎教授は認めたが、執刀医は松岡が行うことになった。

佐伯教授も認めた。

ダーウィン手術に自信を示した松岡。

手術日、西崎教授や池永編集長が東城大学にやってきて、佐伯教授らと共に手術の中継を見ることになった。

ダーウィン手術は順調かと思われたが、鉗子が動かなくなり、出血量が増え始めた。

ダーウィンのアーム同士がぶつけてしまった。

現れた渡海先生により、小春の手術を成功した。

『ブラックペアン』第5話の感想

世良先生と花房さん2人で会話する機会が激増してきて嬉しい。

池永編集長が西崎教授の味方に偏っているというのは、佐伯教授にとって痛手なのだろうなと感じた。

世良先生が緊急カンファレンスにだけメガネをかけているという姿に萌えてしまった。

世良先生と花房さんが高階先生に強く訴えるというシーンには感動した。

手術室では渡海先生は背が低い方で、高階先生らを下から顔を上げて見つめる時の迫力が物凄く伝わってきた。

初めて高階先生がスナイプを使わないで手術を行うシーンを見たのだが、手術の進行が早くて驚いた。

渡海先生の「米は食うもんだろうが」というセリフには感動した。

なぜ米にダーウィンを使って文字を書いたのだろうか理解できなかったので渡海先生のセリフに激しく同意できた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

たかは

『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレ

小春ちゃんのスナイプ手術は無事に成功したように見えましたがスナイプ手術によって別の問題が発生しました。

このままでは亡くなってしまうと思った高階は西崎教授に頼んでロボットであるダーウィンを借りて、東城大で手術をすることになります。

ただ、執刀医は帝華大の医師が執刀することになりました。

手術は順調に進んでいるように見えましたが子供の小さな体では通常のようには行きませんでした。

そこに渡海が現れて手術は無事に成功します。

そして、高階は今度は国産ダーウィンのプロジェクトを成功させるように西崎教授から言い渡されます。

『ブラックペアン』第5話の感想

小春ちゃんはもう助からないのかもしれないと思いましたが、渡海によって無事に手術が成功しました。今回も渡海が大活躍でした。

ダーウィンを見るのは初めてだったはずなのに、資料を見て全てを把握してしまう渡海はやはりすごいと思いました。

小春ちゃんは高階をとても信頼していて、高階は患者さんにとってはとても良い医者なんだと思いました。

小春ちゃんとサッカーをするために練習している姿がとても優しくていつもとは違って見えました。

権力争いなどに左右されず、もっと患者さんのことを考えてくれる医師が増えると良いと思いました。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

ハマゾウ

『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレ

高階の担当である患者、小春のスナイプ手術は成功したものの、渡海は小春の血液検査結果に疑問を持ち、佐伯教授に再検査を依頼しました。

その結果、小春の血液検査結果に異常値が見つかり、感染症を起こしていることが判明しました。

その結果を西崎教授に伝えたところ、スナイプ手術の失敗になることを恐れ、小春をとりあえず退院させる事を高階に命令しますが、小春を救いたい一心で高階はその命令を拒否します。

その結果、西崎教授から干され、帝華大のポストを失います。

しかし、小春の再手術は高度の技術を必要とするため高階は新手術ロボット、ダーウィンを帝華大から借り、再手術に望むことになります。

『ブラックペアン』第5話の感想

高階の人間臭さがとても好きになりました。

論文の責任教授を西崎教授にしたので、普通にしていれば、帝華大での出世コースが約束されることになるのに、小春の命を救いたい、という一心で西崎教授にも反旗を翻す、というのは「これぞ医者」という心意気を感じました。

結果的にはダーウィンでの手術が失敗したことにより、再び帝華大でのポストを手にすることになりますが、実力がある者には、その実力を色々と利用したがる人がまとわりつく、ということでしょう。

なお、ダーウィンを捜査する帝華大の医師・松岡に自分の実力を見せつけるシーンは格好良かったですね。

やはり機械は生身の医者には取って代われないということですね。

ペンネーム:ハマゾウ(40代・男性)

1/11 じゅういちぶんのいち

『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレ

タカシナ先生が帝都大学から連れてきて渡海先生がスナイプによる手術を行ったコハルちゃんに異常が見つかった。

また、その背後では、佐伯教授と西崎教授によるインパクトファクターをめぐる争いがある。

コハルちゃんの再手術を行わず一回退院させろという西崎教授に反してタカシナ先生はスナイプ論文を台無しにしても手術を行うことにした。

ただ、コハルちゃんの体弱っており、帝都大学のダーウィンという機械を使って東城大学で手術を行うことにした。

しかし、帝都大学からきて手術を行った先生の不注意から手術中に問題がおきる。

そこで、渡海先生は執刀を変わり、見事に成功して見せた。

結果、西崎教授の目論見は失敗に終わり、逆に追い詰められていた佐伯教授がインパクトファクターに近づく結果となった。

『ブラックペアン』第5話の感想

ブラックペアンの見どころはなんといっても、渡海先生の子供に対してもタカシナ先生は干されたんだよというような悪役ぶりのような気がします。

しかし、たまに見せる患者を救おうとする姿、圧倒的な技術力にまた引き込まれてしまいます。

今回の話では、特に帝都大学からきたダーウィン用の執刀医に対して、怒り執刀を変わりそこからコハルちゃんを助けたシーンはとても面白かったです。

また、渡海先生などが助手たちに早くしろなどと大きな声で言う姿は圧巻であり、また、カメラに邪魔といって、西崎教授が映ったシーンは爽快感がたまりませんでした。

ペンネーム:1/11 じゅういちぶんのいち(20代・男性)

会社員

『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレ

いつものようにトラブルから始まって、出来るという皆さんの考えからの、実際はやっぱり出来なくて、トラブルが発生して、しかも一番守りたいのは面子、一番大事なのは書類(インパクトファクターでしたっけ?)みたいな展開でした。

やはり予習をやっている渡海先生の出番がやってきて、しかも国内にない機械まで使いこなせるという強引な展開でした。

もちろん手伝っていた教授(小泉こうたろうさん)まで、いい人になっていく展開には、いつもの感じ感が半端無かったです。

しかも最後には元の医局の教授のヨイショする展開になっていたので、びっくりしました

『ブラックペアン』第5話の感想

最近は、ワンパターン化が多いと思ってきました。

まるで水戸黄門のようにタイムスケジュールがあり、時間通りにカツカツ進んでいる感じが半端無かったです。

最近は出てくる先生方が多すぎてよくわからないのが現状ですね。

もっと重要な人物は、少なくてもいいのではと思っています。

モラルにこだわりたいのか、手術にこだわりたいのか、正直わからないですね。

あとえらい方々に色々な人を使うのはいいけど、もっと貫禄がある方が出てくると面白くなるかと思いますがどうなんでしょうか?

教授と雑誌社の社長の歳が近いのは実際に説得力が無いと思います。

ペンネーム:会社員(40代・男性)

たーな

『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレ

スナイプ手術が成功したことにより、スナイプ論文にニシザキ教授の名前を記したことにより、東城大学の教授よりもインパクトファクターが上になりました。

事実上の理事長がニシザキとなります。

しかしながら、スナイプ手術は、成功してなくてもう一回救う必要があることが判明します。

そのことにより、どちらの大学からもタカシナは干されてしまいます。

再手術のため、新しい機械のダーウィンを使うことになります。

その執刀医がダーウィンの手術を失敗してしまい、緊急自体となります。

そのことにより、タカシナがトカイの補佐に回り、トカイが手術を交代するようになり、ダーウィンの手術を成功させます。

『ブラックペアン』第5話の感想

ダーウィンの手術でのトカイとタカシナの共同手術は、かなり新鮮でした。

命を救おうとする姿は、方向が違うだけで、タカシナもトカイも同じなのだと思いました。

しかしながら、やはり今回もトカイはお金で手術ミスをもみ消そうとする姿は、ブレてなくて気持ちがいいなと思います。

かなり緊迫していて、トカイが周りの人に叫びながら手術してるのが、かなり新鮮でした。

また、相変わらずどちらの大学も理事長の座を狙うのを諦めない姿は、リアリティがあって、なんだかがっかりとする気持ちと論文だけが求められる怖さがあるので、きちんとした技術をつける医者が必要なのだとおもいました。

ペンネーム:たーな(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『ブラックペアン』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA