ブラックペアン5話ネタバレと感想。6話はレントゲンの謎が明らかに!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年5月20日(日)にドラマ『ブラックペアン』第5話が放送されました。

ドラまる
スナイプ手術によって助けられたはずの小春ちゃん。

今度は新たな問題が発覚するんだよね。

ラマちゃん
スナイプに続いて今度はダーウィン登場!

高階先生の戦いは終わらないわね。

こちらの記事では、ドラマ『ブラックペアン』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第5話あらすじネタバレと感想

高階権太(小泉孝太郎)が手掛けていたスナイプ手術の論文の末尾に東城医大の佐伯清剛(内野聖陽)ではなく帝華大の西崎啓介(市川猿之助)の名前が記されたことにより、日本外科学会理事長選に有利となるインパクトファクターは西崎につきました。

論文も完成し、東城医大を去る準備に入る高階。

前回手術を行った少女・島野小春(稲垣来泉)の退院を待って東城医大を去ることにしていました。

しかし、その小春の退院は簡単にはやってきませんでした。

小春は前回のスナイプ手術によってあけられた心臓の中隔の穴を塞いだ部分に炎症が起こってしまったのです。

スナイプ手術が原因で起こった症状に、高階は西崎からも引導を渡されてしまいます。

高階を見限った西崎教授は、次の論文の提出者に高階の同期の松岡仁(音尾琢真)に白羽の矢を立てました。

チーム陸王から音尾さんが参戦ですね。

西崎から一旦小春を退院させるように命じられた高階は心が揺れますが、渡海征司郎(二宮和也)の言葉がきっかけとなり自分が”医者”だったことを思い出します。

小春の退院許可証を破った高階は佐伯に小春の治療を続けられるよう直談判しに行きます。

小春のカンファレンスではやはり開胸手術は難しいと結論付けられ、手術の天才・渡海でさえも投薬で様子を見ることに賛成していました。

そんな中、高階は帝華大にあるアメリカ製の最新手術支援ロボット・ダーウィンを使うと言い出します。

ダーウィンを使えば、開胸手術も輸血もできない小春の手術が行えるというのです。

しかし、小春を帝華大に転院させるという高階に佐伯は許可を与えませんでした。

高階は二つの大学で居場所がなくなってしまいました。

新しく小春の主治医となった渡海は造血剤の投薬を始めました。

小春ちゃんにまで悪魔っぷりを発揮していて、本当に根っからの悪魔なんだなと改めて感じましたね~。

ある日、入院患者の牧野の容体が急変しました。

左右の肺動脈が血栓で塞がってオペが必要だったが、患者の過去の疾患から開胸手術は不可能だと判断する渡海達。

しかし、高階は左開胸だけで両方オペをすると宣言します。

渡海も無理だという難しいオペでしたが見事に成功させました。

ようやく高階先生の実力が見られて安心しました。

実力を認めているように見守る渡海先生の眼差しが忘れられません。

この手術で何かが吹っ切れた高階は小春に手術をすることを決意したのです。

西崎の元に向かい小春の手術のためにダーウィンを借りたいと直訴しました。

貸し出す条件として松岡に執刀を任せること。

松岡は第二の高階として、東城医大に乗り込んできました。

到着したダーウィンはスナイプとは違い、完全にロボットのようでした。

デモンストレーションとして米に漢字を書く様子を見て、渡海先生が「米は食うもんだろ」と言っていたのが印象的です。

かなりの確率で卵かけごはん食べてましたもんね。

ダーウィンでのシミュレーションを行う松岡に、慎重になってくれと頼む高階。

松岡先生、子供の症例は初めてなんですね。先行き不安です。

そのことが心配な高階は渡海にダーウィンの資料を渡しに行きました。

運命の日。

再び西崎と雑誌・外科ジャーナル編集長の池永英人(加藤浩次)が東城医大に見学に来ました。

佐伯教授と西崎教授の大人のやり取りバチバチしてましたね。

小春の中隔感染巣の除去が始まりました。

ダーウィンでの手術は外科技術とは何なのか考えさせる手術風景となりました。

最後の仕上げに取り掛かる松岡に、油断するなと声をかける高階。

その時、鉗子が動かないと焦り始める松岡。

その理由は、患者が子供だったことでした。

子供の体の大きさを考えてアームの調整をすることがなかったため、アーム同士がぶつかってしまい可動域が狭くなっていたのでした。

出血量が増え、輸血も行えない状況に高階は撤退を進言しますが、松岡はひきませんでした。

一刻を争う事態の中、モニターで看護師たちと手術を見学をしていた花房美和(葵わかな)は、渡海がダーウィンの資料を読み研究していたことを思い出します。

花房と時を同じくして渡海を探していた高階の前に渡海と猫田麻里(趣里)の姿が。

高階のことを確認すると一言「行くぞ。」と。カッコイイです!

三人の英雄が到着です。

松岡に対しても1000万で助けてやると悪魔の囁きをする渡海。

高階先生の「邪魔だ」もいただきました。渡海先生に感化され始めてますね高階先生。

そして本家の「邪魔。」も見れましたね。

再び最強のタッグ登場です。

あっという間にアームの調整を行い、ダーウィンを動かせる状態に戻した二人。

さらに手術の直前まで投薬していたおかげで集まった小春の自己血で輸血を始めました。

渡海は治験コーディネーターから流れるお金のために投薬を続けていたのではありませんでした。

ちゃんと先を見越していた渡海先生に軍配が上がりました。

自己血輸血が可能になったため、開胸手術も同時に進めていく渡海。

「このぐらい当然だ、医者だからな。」という渡海先生の言葉。今回は渡海先生・高階先生両方から「医者」というワードを聞きましたね。

手術は無事に成功。

そそくさと帰る西崎に佐伯の目は鋭かったです。

そして帰り際、高階に握手を求める西崎。

松岡は、今回の手術の失敗で西崎から切り捨てられたのでした。

音尾さんの退場、早かったですね。。。

順調に回復した小春は退院が間近となっていました。

小春との約束を果たすためサッカーの練習をする高階。

運動のできない高階先生に、母性本能をくすぐられてしまいます。

その高階は西崎から新たなミッションを与えられていました。

帝華大と厚生省が一緒に進めている国産ダーウィンでの症例を集めるために高階が東城医大に残ることになったのです。

そして、佐伯宛に荷物が届きました。

中身はデータ。あの渡海が持っていた置き忘れのペアンが写っているレントゲンでした。

次回は渡海の母渡海春江(倍賞美津子)の手術が行われます。

そして、ブラックペアンの真実が明らかに!次週が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
最高のチームが出来上がった瞬間だね。

渡海先生が高階先生をチームと認めたんだね。

ラマちゃん
今回も渡海先生のどSぶりが炸裂~!

ドラまる
ツンデレの渡海先生に惑わされてしまうね。

でも、本当に命を救いたいという思いが強いんだよね。

ラマちゃん
た、高階先生~。

可愛すぎるでしょ!

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックペアン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ブラックペアン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ブラックペアン』5話の動画を無料で見る方法はこちら

『ブラックペアン』第6話あらすじ

2018年5月27日(日) 21:00時から放送のドラマ『ブラックペアン』第6話のあらすじをご紹介します。

ある日、東城大に渡海(二宮和也)の母・春江(倍賞美津子)が搬送される。

黒崎(橋本さとし)の緊急手術で腫瘍は取り除かれ危機を脱するが、術後の検査で一部見落としがあり腫瘍がまだ残っていたことが発覚する。

渡海はそのことを医療過誤と責め立て、佐伯教授(内野聖陽)が再度執刀するという案をはねつける。

そればかりか、渡海は東城大に和解金を要求し・・・。

一方、スナイプから最先端の手術支援ロボット・ダーウィンに戦いの場を移した日本外科学会理事長選。

アメリカで開発されたダーウィンは、アームを操作することで超精密な作業が可能なうえ、小さな穴を開けるだけで手術が行えるため患者の負担も少ない。

そして、厚生労働省主導のもと日本で開発した手術支援ロボットがカエサル、“国産ダーウィン”だ。

このカエサルを治験扱いで東城大に導入することが決定、佐伯教授の命で高階(小泉孝太郎)が責任者となる。

治験第一号となる患者を探しあぐねていた高階は、春江に目を付け・・・。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ブラックペアン』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。
今回はダーウィンという、またまた新しい技術を高階先生が持ってきましたね。

松岡先生役の音尾さんが早々に登場して、ドラマ陸王チームが増えましたね。

そして、小春ちゃんにまで「干された」と言い放ってしまう渡海先生の悪魔っぷりがすごいです。

でも、命に対しての熱量は素晴らしい。

渡海先生と高階先生のタッグはやはり最強でした。

考え方は違えど、向いている方向は同じ医者。両方ともいい刺激を受けあっているように感じました。

ドラまる
来週はとうとうブラックペアンの秘密に迫りそうだね。
ラマちゃん
渡海先生の母親の手術があるんだよね。

これがきっかけで、渡海先生と佐伯教授の関係にも変化が?気になるね。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 渡海先生カッコいい!なにわともあれ命の大切さを分かっている。組織の中で孤独にも医療の本髄を貫いている!

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA