ブラックペアン4話の動画見逃し無料視聴はこちら【5月13日放送】

  • この記事を書いた人:マスダ

ドラマ『ブラックペアン』第4話(2018年5月13日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ブラックペアン』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ブラックペアン』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックペアン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ブラックペアン』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ブラックペアン』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年5月13日(日)放送終了後〜2018年5月20日(日)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ブラックペアン』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ブラックペアン』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ブラックペアン』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ブラックペアン』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。(ブラックペアンはレンタル扱いの作品のため別途課金が必要です)

2018年4月中旬現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のParaviへのリンクからご覧ください!

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじは?

2018年5月13日(日)放送のドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじを紹介します。

スナイプを使った手術が成功したことで、東城大ではスナイプを大量に導入する方針を固める。

高階(小泉孝太郎)はスナイプに関する論文を着実に進めていたが、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前をどうするか、悩んでいた。

この論文が外科学会理事長選の行方を左右するとあって、論文が掲載される日本外科ジャーナルとの太いパイプを持つ佐伯教授(内野聖陽)と帝華大の西崎教授(市川猿之助)による闘いは、最終局面を迎えていた。

そんな時、高階は帝華大時代に担当していた僧帽弁閉鎖不全の子供の患者を東城大に転院させる。

血液が固まりにくい症状で出血を伴う手術は不可能ということもあり、高階は佐伯教授にスナイプ手術の実施を頼み込む。

佐伯教授は渡海(二宮和也)を執刀医に指名。

ところが、あろうことか渡海は指名を断ってしまう。

それどころかスナイプ手術に舵をきった佐伯教授を厳しい言葉で攻め立て、そばにいた世良(竹内涼真)も止める術がない。

ついには、佐伯を激怒させてしまう。

渡海は今後の手術に一切関わらないよう言い渡され・・・。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年春ドラマ『ブラックペアン』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ブラックペアン』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

レオコネ
10才の少女が入院する。

佐伯教授は渡海医師にスナイプ式オペを薦めるが、渡海医師が断る。

心臓が小さいのでスナイプ式ではリスクがあると言う。

そこで高梨医師がスナイプ式に挑戦すると言う。

しかしオペ中に心筋を傷付けてしまい大量出血をおこしてしまう。

そこで渡海医師が現れ、高梨医師に「もうお前は、スナイプをやる資格がない」と引導を渡し、開胸手術により出血した血管縫合を行い、窮地を救い、併せて僧帽弁置換術を成功させる。

これによって、高梨医師は西崎教授に自分の判断が間違っていたと謝罪し辞表を出し、佐伯教授の部下となることを決意する。

ペンネーム:レオコネ(60代・男性)

ちぃこ
最後のあたりで渡海先生が、「もうすぐ」みたいなことをレントゲンを見てて言っていたので、渡海先生は何か病気で余命が短いのかなと予想しました。

その後、看護師がそのレントゲンを見てペアンが写っていたので、どういうことだろうとわからなくなってしまいました。

けれど、余命の予想は話的にはあるのかなと思っています。お金にがめついのも手術費用を貯めているのかなとも思います。

また、高科先生は論文の最後の名前を佐伯教授にするのか西崎教授にするのかがとても気になり、楽しみなポイントです。

あと、世良先生の成長も楽しみなポイントのひとつです。

ペンネーム:ちぃこ(30代・女性)

masa99999
佐伯に自分の側に来ないかと誘われた高階は今後、西崎を裏切って佐伯の側に行くのか気になります。

また、最後に移っていたレントゲン写真のペアンは何なのか?

佐伯と生前医者であった渡海の父親との関係、また、渡海と佐伯は一体どんな関係があるのか、ブラックペアンとは何なのか気になるところです。

また、指導医の渡海と研修医の世良の関係はどうなるのか。

世良はどのような医者に成長するのか気になります。

要所で出てくるコーディネーターの木下は今後どのような役割をするのかいくつも伏線が張ってあり、どのように回収されていくのかとても楽しみです。

ペンネーム:masa99999(30代・男性)

たかは
3話の最後に出てきたペアンが入ったレントゲン写真。

それが日本外科ジャーナルの前編集長かそれとも音大生のどちらのレントゲン写真なのかが気になります。

そして、スナイプ手術を成功した高階ですが、佐伯教授からは論文の最後に自分の名前を書くように言われます。

高階は西崎教授裏切って佐伯教授についてしまうのか、そちらも目が離せません。

4話の予告では佐伯教授が渡海に、もうお前は必要ないといいます。

今まで渡海は佐伯教授の指示に従っていましたがそれには何か思惑があったように思います。

佐伯教授との関係がこれからどうなるのか気になります。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

シャワーズ
高階先生と渡海先生の対決は休止または終戦となり、次回は佐伯先生と渡海先生の対決が表し、佐伯先生は渡海先生を支持していたが、渡海先生よりもスナイプ手術のことを支持するようになっていくのに対し、渡海先生もスナイプ手術を超える手術をすることで佐伯先生に見返すという展開を予想している。

世良先生が一度も涙を流さないということや、猫田先生が陰ながらに活躍することや、佐伯先生が執刀を行うというシーンがあるというのと、渡海先生がお金を要求しないで手術を行うという可能性があるかどうかというのも楽しみなポイントになります。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

かもかふぇ
次回4話の予告で高階が渡海と佐伯教授に取り合われてるように見えました。

渡海と佐伯教授との対決・反撃がはじまりそうな次回に感じました。

この対決はどの様に転がるのか?そして佐伯教授の真の狙いとは?次回も楽しみにしています。

次回も成功率5%の手術が必要な少女の執刀でどの様な展開になるのか?

あと最後渡海にご飯差し出されてたのだれなのでしょうか?

病院を出た渡海の今後の展開もまた気になるところです。

また「私を信じろ」「信じるな」というやりとり、来週の予告いい繋ぎ方している流れで予告だけでも手が込んでいる編集スキルが高いです。

ペンネーム:かもかふぇ(40代・女性)

2018年春ドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さゆりん

『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレ

スナイプの同時手術を成功したことにより、スナイプの台数を増やして、今までのスナイプへの意識が一転して、スナイプ手術への好意的な雰囲気になります。

論文論争が過熱してきます。

タカシナは、論文を書き上げつつもどちらの病院の医師の名前を記載するかにより、インパクトファクターが変わってきます。

そして、小さい女の子のスナイプ手術が決まり、トカイの執刀指示が出ますが、拒否します。

そのことにより、教授から反感を買い、病院からも出て行こうとします。

わざと教授の怒りを買って、オペが危険だから執刀したくないという意志を出します。

『ブラックペアン』第4話の感想

コハルちゃんという小さい女の子を救うために、スナイプがそもそも出来たというタカシナ医師の想いが溢れたシーンは、とても感動的でした。

スナイプの手術で30回殺したという言葉と可能性があっても、その技術が今の私には無いと言ったタカシナ医師の言葉は、命を救いたい医師の想いが出てました。

トカイは、スナイプの欠点とコハルちゃんの現状の状態を見極めて、最高難度の手術の提案した時に、トカイは最初からこうなることを見据えてたのが、流石だなと思いました。

トカイは、本当に賢いなと思いました。

やはり、面白いなと思いました。

ペンネーム:さゆりん(30代・女性)

だっしー

『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレ

スナイプの同時手術を成功させたことで、大学はスナイプを大量購入、スナイプで手術を行えるよう医師を指導する。

少女は血液が固まりにくく、スナイプを使用しても成功率は5%に満たない。

高科は少女を必ず治すと約束するが、自分の腕では無理だと渡海に話す。渡海は可能な方法を説明する。

オペの許可のかわりに、論文の末尾に自分の名前を入れろという佐伯。

渡海の担当患者の緊急手術を行うが、スナイプが使えない。

渡海は手術に関わるなと言われているため、参加しようとしない。

高科は佐伯に頭を下げ、渡海が執刀することとなる。

高科に佐伯を信じるなと忠告する渡海。

『ブラックペアン』第4話の感想

大学病院の医者のヒエラルキーめんどくさい。

実際こんななのかな?医者の世界も一般企業と変わらないってことかな。

教授もなかなか曲者だな。

いい人にみえたけど、実は結構腹黒い。

患者にとっていい医者は、腕がいいけど愛想がない、人当たりはいい人どっちなんだろうと考えさせられる。

高科はあんなに熱い医者だったのか。

あの少女を救いたくて頑張ってたんだね。

佐伯を裏切る計画してたとは気づかなかった。

でもあの論文掲載紙は何が問題なのか良くわからなかった。

師長は渡海のペアンの秘密を何か握ってそうな雰囲気。

渡海は佐伯に忠誠を誓っているようだけど、ペアンの秘密でかわれてるだけ。

ペンネーム:だっしー(30代・女性)

はっさく

『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレ

第4話では前回のスナイプ手術でオペ成功となり、東城大でもスナイプが大量導入。

スナイプ手術で徐々に使われるようになっていた。

高階(小泉孝太郎)も論文を進めており論文の最後に誰の名前を入れるか決めかねていた。

そんな時、小春という佐伯式ではオペ困難な患者が東城大に受け入れとなった。

彼女は別の病院で高階が担当しておりどうしても助けたい患者だった為だ。

スナイプでも非常に難しいオペであるため、ここでも渡海を指名した佐伯教授であったが渡海(二宮和也)は佐伯にたてつき、渡海を今後手術に関わる事を禁止した。

高階は何度もシュミレーションしたが小春を救うことができなかったため、渡海にスナイプでの執刀を依頼するが拒否され、何故無理なのか説明されカテーテルを利用すれば成功の可能性があると聞かされる。

そして佐伯に頼みこみ、渡海が執刀し小春のオペは成功。

そして、論文の名前は佐伯と西崎両方載せ佐伯を激怒させたのだった。

『ブラックペアン』第4話の感想

あれだけ反対や批判されていたスナイプ手術が1つのオペで大量導入されたりと急に渡海の立場が無くなるような展開だった。

だが、渡海は全て予測していた展開だと感じられた。

高階はもっと冷たい人間かと思っていたが、少女を救うためにどんなに酷く言われようとも頭をさげスナイプ手術ができるように頑張ってきたところをみると応援したくもなった。

また、渡海と佐伯教授は完全に師弟関係に思っていたが、佐伯教授にたてつくところをみると佐伯教授に何か弱みでも握られているようだった。

渡海の母とも電話で話した内容から父親と佐伯教授の間に何かしらの事件があったと考えられた。

ペンネーム:はっさく(20代・女性)

シャワーズ

『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレ

東城大にスナイプ20台を導入することになった。

論文に記す最高責任者の件で未だに高階先生は苦悩していた。

島野小春の手術について緊急カンファレンスを行った。

輸血困難な血液だそうで、佐伯式が不可能だという問題があった。

佐伯教授は小春を東城大に受け入れようと高階先生に言った。

これにて論文の最高責任者を約束すると高階先生は答えた。

その手術の執刀医は渡海先生が行うことになったのに対し、渡海先生は拒否した。

スナイプで行うというのは不可能だといい、やるなら佐伯式だと申し出た。

渡海先生はスナイプをオモチャだといい、佐伯式の主張をした。

佐伯教授は渡海先生に対し、必要ない、出て行きなさいと言い放った。

これにて執刀医は高階先生がやることになった。

高階先生は何度もシチュエーションを行っていた。

成功率は50%にも満たさないが、助けなきゃいけないとも言った。

渡海先生担当の患者が急変し、スナイプ手術は出来ず、佐伯式の手術をするしか方法は無いという事態になった。

花房が渡海先生を呼びに行ったが、渡海先生は教授の命令により、オペをしないと言った。

その場に佐伯教授が現れた。手術は成功した。

高階先生が渡海先生に、小春を救うことでスナイプも論文も成功したということができないと言った。

スナイプで渡海先生に助けを求めた。

渡海先生は高階先生を嘲罵した。

スナイプの設計図を見せた。

さらに小春のCT画像も見せ、カテーテルを通してスナイプを使えばいいと話した。

そのオペは渡海先生にしかできないのだ。

高階先生は佐伯教授に、渡海先生の執刀医の件で相談した。

佐伯教授の許可により、執刀医渡海先生で小春のスナイプ手術が始まった。手術は成功した。

渡海先生は、佐伯教授のことを信じるなと高階先生に伝えた。

結果、高階先生の論文に名前が載っていたのは佐伯教授と西崎教授の二人であった。

高階先生は東城大学に用はないと言った。

『ブラックペアン』第4話の感想

序盤の世良先生が眼鏡を使用していたというのが驚いた。

視力が悪いのだろうかと一瞬考えたが、それよりも世良先生に眼鏡が似合っていたというのが良かった。

佐伯式が不可能だという患者がいるというのは驚いた。

佐伯式が不可能でスナイプ手術が可能だというのは不自然だと主張する渡海先生の気持ちに理解できた。

高階先生の論文を目当てとした佐伯教授がなぜ渡海先生よりスナイプ手術を選んだか疑問に感じた。

結局、佐伯教授は良い人か悪い人か良く分からなくなってしまった。

渡海先生と花房が一緒に卵かけごはんを食べていたというのが二人とも可愛かった。

それを見て卵かけごはんを食べたくなった。

久々に佐伯教授が執刀する手術のシーンを見れて満足できた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

たかは

『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレ

東城大で同時に二つのスナイプ手術が成功し、スナイプを大量に導入することが決まりました。

そんな中、高階は難しい手術の子供の患者を帝華大から東城大に転院させます。

その子のスナイプ手術を渡海が担当する事になりました。

従来のスナイプでは不可能な手術でしたが、渡海の提案によってカテーテルと組み合わせて見事にスナイプ手術を成功させます。

そして、スナイプ手術の論文を完成させた高階ですがその論文には佐伯教授の他に西崎教授の名前も載っていました。

佐伯教授は怒り論文を投げつけますが、高階はもう東城大に用は無い言い放ちます。

『ブラックペアン』第4話の感想

はじめは難しい手術で成功しないのではないかとドキドキしましたが、渡海によって無事に手術が成功して本当に良かったです。

これで佐伯教授のインパクトファクターが上がると思いましたが、論文には佐伯教授のほかに西崎教授の名前も載っていました。

高階ははじめからそのつもりだったらしく、高階のしたたかな面が見えました。

渡海は高階に、佐伯教授の事は信頼するなと言います。

その言葉には、昔一緒に働いていた佐伯教授と渡海の父親の間に何かあったことが伺えます。

以前見たペアンが入ったままのレントゲンが関係していると思うのでその事実を早く知りたい思いました。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

あさ

『ブラックペアン』第4話のあらすじネタバレ

高階が以前より担当していた患者で、スナイプ手術での手術が困難な難病の少女にスナイプ手術をするように佐伯教授から渡海に指示が出るが、渡海はそれを断り、執刀禁止令が下ってしまう。

少女の手術を成功させるには渡海の力が必要だと判断した高階は渡海から得た新たな手術方式と渡海の執刀を佐伯教授に再度願い出て、渡海と共にスナイプでの新たなアプローチでの執刀を行う。

高階に仮を作らせ論文のインパクトファクターの点数を獲得出来る様根回しをした佐伯教授だったが、論文完成前の渡海の佐伯教授に対する見解などが加味され、結果的に佐伯教授は裏切られる形になる。

『ブラックペアン』第4話の感想

先週のコンフィデンスマンJPでブラックペアンのパロディ等を行ったので、手術台の下に山田孝之が潜んでいるような面白い錯覚が出てきてしまった。

何もわかっていない、渡海先生が報告してないゆえに佐伯教授と渡海先生との状況を全く把握していない渡海先生の母から送られてくるお米の量に驚いた。

高階先生のマニュアルばかりに頼りすぎて、想定外の事例に対処出来ない事は、勉強ばかり出来ても想定外の対処が出来ない登場人物やテレビを見ている視聴者等にも良い教訓となったのではないかと思う。

論文の最後に誰の名前を載せるかの佐伯教授と高階先生の駆け引きは演出の上で面白いと思った。

ペンネーム:あさ(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年春ドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA