ブラックペアン2話ネタバレと感想。世良(竹内涼真)の涙が美しかった!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年4月29日(日)にドラマ『ブラックペアン』第2話が放送されました。

ドラまる
”最先端医療器具のスナイプ”対”神の手”

一回戦は神の手に軍配が上がったね。

ラマちゃん
今回、再びスナイプ手術が行われることになって高階先生は挽回できるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『ブラックペアン』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第2話あらすじネタバレと感想

帝華大の西崎教授(市川猿之助)が送り込んできた刺客・高階権太(小泉孝太郎)はスナイプでの手術を行いましたが、術後に問題が生じ、結果として手術室の悪魔・渡海征司郎(二宮和也)に患者を助けてもらうことになりました。

このことにより高階の東城医大での立場は急激に悪化していました。

同僚の医局員に「スナイプの斡旋業者」とまで言われてしまいます。

そんな高階に「一応手術は成功させた」と賛辞を送ったのは意外にも渡海でした。

相容れない二人ですが、腕もないのに口ばかりの医者よりは高階の方が実績を上げているのだと考えている風でしたね。

そして自分のふがいなさに落ち込んでいたのは研修医の世良雅志(竹内涼真)でした。

渡海に負けないよう手術の練習をする世良の元に、同じく新人看護師の花房美和(葵わかな)がやってきました。

一人前になるために頑張ろうと励ましあう二人。

のちに花房さんは救急救命センターの看護師長になるんですから、本当に成長したんですね。

そこへ電話のベルがなり、腹部大動脈瘤破裂の患者が救急搬送されてきました。

世良は急いで渡海に伝えにいつもの仮眠室に向かいますが、渡海はいませんでした。

院内を探し回っても渡海の姿は見つからず世良がやるしかない状況に。

処置の順番をそらで考えだしますが自分には無理だと落胆したまま手術室のドアが開きました。

するとすでに渡海が手術を始めていました。

手術のほとんどを終わらせていた渡海は人工血管左の縫合を世良にやってみるように促しました。

試しているのか成長を促したいのか。つかめない渡海ですね。

汗だくになりながら縫合を終わらせた世良でしたが、ペアンを外すと血管から大量の出血が起きてしまいました。

呆然とする世良をどけて渡海が仕上げを行います。

「人一人殺したな、いや、(皆川に続き)二人目か」

痛烈な言葉ですね。

この一言で、世良は研修先変更希望届に手を伸ばすことになりました。

渡海がオペをしたことで一命をとりとめた患者・小山兼人(島田洋七)は、もう元気になったから退院すると言い出しました。

もう一度心臓に対する手術が必要だと説得するものの仕事のために待てないと言い張ります。

そこへ渡海は手術しなくては死ぬことになると告げつつ、「手術はバクチ。生きるか死ぬかやってみなくちゃわからない」と言います。

結果、小山は佐伯清剛(内野聖陽)に手術をしてほしいと申し込みます。

渡海の作戦勝ちというところでしょうか。

しかし、他の患者もいるためすぐにはできないため、高階がスナイプで手術をしたいと申し出ます。

佐伯はスナイプでの手術を承諾するが条件を出しました。

それは高階以外の医師が執刀すること。

そして高階に立ち合いも許さないということでした。

誰でもスナイプを使えると言った高梨に対する挑戦状のようでしたね。

今回はそれを証明する手術になると。

高梨や世良、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)に説得されスナイプでの手術に踏み切った小山。

奥さん・好恵役のテニスプレーヤーの沢松奈生子さんの演技がお上手で驚きました。

小山の執刀は関川文則(今野浩喜)、助手に垣谷雄次(内村遥)、第二助手に世良が選ばれました。

どよめく面々。

自信のないままスナイプチームの練習に参加する世良。

そんな彼の様子が気になり、一杯持ってきてくれる高階は、のちに院長になる器の人間だと確信しました。

手術チームから降ろしてほしいと訴える世良に、高階は外科医まで辞めるのか?と問いかけます。

高階は今まで5人の人の命を救えなかったと言います。

まだ一人も殺していない君が辞めるのは無責任だと。

自分たちには100倍1000倍の命を救う未来がある。

やめてしまえばその人たちを見捨てることになると告げました。

高階vs渡海。

医者を辞めさせることは未来に助かるはずだった患者を見捨てることだと言う高階に、渡海はその医者が未来で殺すはずだった患者を助けたんだ言います。

極論ですが、そういう考え方もありますね。

「腕の無い医者は死んだらいい。」

世良が辞めるかどうか退職と1000万をかけて賭けをする二人。

いよいよ手術の前日。

渡海に書類を届けるよう頼まれた世良は書きかけの研修先変更届が渡海の手にあることを知りました。

承諾の印を押してやるから今理由を書けという渡海。

震えながら理由を書こうとする世良は渡海に今まで何人殺してきたのかと聞きますが、渡海が殺した数は0。

「泣くぐらい怖いなら辞めちまえ」と世良は引導を渡されてしまいます。

それでも手術のために練習する世良に猫田麻里(趣里)も辞めればいいのにと言います。

「自分が一番怖いとでも思ってるの?」

さすが女版渡海。言うことが渡海と同じですね。

運命の日。小山の手の震えを見て、怖いのは自分だけじゃないと気づく世良。

強く小山の手を握りました。

スナイプが成功すれば、自分たちもできるようになるのかと、簡単に話し合う医局員に渡海は「腕の無い医者が手術をするようになる。」と危惧していました。

スナイプの手術は順調に進んでいるように見えました。

いよいよ人工弁の留置を行う関川でしたが、トリガーをひいたときに何かが引っかかった感触がありました。

心室内に人工弁が脱落してしまったのです。

左利きの関川が利き手に持ち替えた際、リリースの角度を誤ったことで起きたミスでした。

モニターを通して会議室で見ている高階に助けを求めますが「今起きていることは高階の描く未来のどこかで起こる現実だ。」と佐伯が行くことを認めませんでした。

たまらず手術室を出る世良。

「患者は逃げずに戦っている。」という世良の言葉に、患者とスナイプの間で揺れる高階。

葛藤の末やってきた高階は回収デバイスで人工弁を回収しようとします。

しかし人工弁が心筋内を傷つけており回収も行えない。

そこへ渡海がやってきました。

お約束の「1000万円でもみ消してやる。」で、あっという間の完了。

人工弁も摘出し、さらに僧房弁の手術もそのまま行うと言いました。しかも佐伯式で。

患者の体力から残り時間はあと10分。

刻々とカウントダウンの迫る中、すべての手術を完了させてしまう渡海。

そして、再び世良に縫合を任せると言い、世良も自分を信じてくれた小山のために縫合を行いました。

今回はペアンを外しても出血は起こりませんでした。

見届けて一足先にオペ室を出る渡海。カッコイイですね。

術後、勝手な行動をしたと佐伯に詫びに行く高階。

「医療が発展しても、人が関わる以上ミスが起きるもの。この世に完璧なものはない。」

ブラックペアンの意味するところはこれなんでしょう。

約束通り出ていく準備をする高階。

そこへ世良がやってきて書きかけの異動願を破り捨てました。

その行動に対し礼を言う高階に不思議そうな顔をする世良。

世良が退職しなかったことで退職金の賭けと、手術の報酬で1000万円がチャラになったのでした。

渡海と高階とは真逆の存在。

高階が退職しなくてよくなったので、これからも二人の対決は続いていきますね。楽しみです。

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
静かなのに迫力のあるシーンだったわね。

まさかのアドリブが生んだ名シーンだったとは。

ドラまる
手術シーンは緊張感がすごい。

今か今かと渡海先生の姿を探してしまうね。

ラマちゃん
卵かけごはんがおいしそうで、思わず用意しかけちゃったわ。


ドラまる
1000万の賭けってすごいなと思ったけど、チャラになったね。


ラマちゃん
そんなこともあるのね!

楽しそうだわー。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックペアン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ブラックペアン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ブラックペアン』2話の動画を無料で見る方法はこちら

『ブラックペアン』第3話あらすじ

2018年5月6日(日) 21:00から放送のドラマ『ブラックペアン』第3話のあらすじをご紹介します。

外科学会理事選を控え“インパクトファクター”が欲しい西崎教授(市川猿之助)に迫られ、スナイプ手術の結果が出せない高階(小泉孝太郎)は後がなくなっていた。

そんなとき、東城大に心臓を患った二人の患者が入院してくる。

一人は楠木秀雄(田崎真也)で、渡海(二宮和也)と世良(竹内涼真)が担当になり、佐伯教授(内野聖陽)による佐伯式手術を受けることが決まっていた。

もう一人は治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)の紹介による患者で、厚生労働省の次期事務次官候補である田村浩司(依田司)の息子・田村隼人(髙地優吾)。

音大生の隼人はピアノコンクールを間近に控えており、短期間での回復が見込めるスナイプ手術を希望していた。

VIP患者のスナイプ手術とあって、高階は並々ならぬ意気込みだ。

しかし、術前検査で隼人の心臓の構造に問題があることが発覚。

高階は断腸の思いでスナイプ手術をあきらめる、と佐伯教授に告げる。

ところが、佐伯は渡海に隼人のスナイプ手術を行うよう命令し・・・。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ブラックペアン』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。
今回は世良先生の葛藤と成長がみんなの心に迫るものがありましたね。

渡海と高階、二人の間でもてあそばれているようですが、方法や言動は違えど二人とも世良の成長を願っているように見えました。

そして、高階と渡海の対決も今回は決着がつかなかったので勝敗は今後に持ち越しですね。

渡海vs高階はそのまま佐伯vs西崎になっているように見えますが、高階はそんな次元で動いているようには思えず、佐伯の発言も真摯に受け止めていてとても信頼のおける人物だと感じました。

今後、渡海との共存の道も出てきてほしいとさえ思います。

次回の手術も二人の患者を同時に行うことになるそうで、どうなるのか気になります!

ドラまる
竹内涼真さんの演技に見入ってしまったよ。

今回はたくさん泣いていたね。

ラマちゃん
竹内さんとニノのアドリブが、鬼気迫るシーンを生み出したのよね。

次回もどこかでアドリブが入れられているのか、探すのも楽しみだわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA