ドラマ【ブラックペアン】1話ネタバレと感想。ニノの演技に絶賛の嵐!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年4月22日(日)にドラマ『ブラックペアン』第1話が放送されました。

ドラまる
演技派の嵐の二宮くんが主演なんだよね!

手術室の悪魔って、なんだか怖いね。

ラマちゃん
原作ではわき役だった渡海征司郎が主役になったのよね。

こちらの記事では、ドラマ『ブラックペアン』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第1話あらすじネタバレと感想

『命を救う神の手か、全てを奪う悪魔の手か』

一台の車が東城医大に入っていきました。

中には帝華大の西崎啓介教授(市川猿之助)と高梨権太(小泉孝太郎)が乗っていました。

東城大学付属病院で行われる佐伯清剛(内野聖陽)教授の手術を視察しにやってきたのです

西崎と佐伯は次期日本総合外科学会の理事長の椅子を争っていました。

手術は世界で佐伯しかできないと言う、人工心肺を使わない心臓手術=佐伯式を行うオペでした。

人工心肺を行わないため患者の負担は軽減されるが、普通の手術よりも100倍難しいのです。

大会議室で大モニターに映し出される手術室。

佐伯のプラックペアンが映しだされる。

プラックペアンは佐伯教授だけが使うものでした。

そこへ一斉に手術を見学していた医師たちのバイブレーターが鳴りだしました。

明日佐伯が手術を行う予定になっていた患者・皆川妙子(山村紅葉)の容体が急変したのです。

佐伯は大動脈解離を起こした皆川の手術を一番弟子の横山正(岡田浩暉)に託しました。

研修医の世良雅志(竹内涼真)も助手に着くことになりました。

佐伯は自身のオペをしながら、モニター越しに横山に指示を出します。

高階は手術室の様子を探りに席を外しすべてのモニターが見える部屋に移動しました。

横山の行った手術は成功したように見えましたが、心臓から大量出血。

慌てる横山の元に、手術着を着た渡海征司郎(二宮和也)がやってきました。

看護師の猫田麻里(趣里)が渡海を呼び出していました。

助けは必要ないと言う横山に、渡海は佐伯教授の指示の間違いを指摘します。

この間違いを「1000万でもみ消してやるよ」と悪魔のささやき。

渡海は淡々と手術を進め、あっという間に心臓の出血を止めて見せてしまいます。

さらにそのまま佐伯式を行うと宣言。

佐伯式は、教授本人しかできないって言っていたのに、いきなり二人目登場ですね。

佐伯教授の方もブラックペアンを取り手術の仕上げに使いました。

それは手術の成功したという証でした。

後日荷物をまとめる横山の元に1000万を受け取りに来る渡海。

本当に受け取るんですね。

横山が市民病院に異動になったことで世良の上に渡海が付くことになりました。

渡海は仮眠室に住んでいる「手術室の悪魔」と呼ばれる人物でした。

世良は先日の皆川の手術の報告書をまとめましたが、渡海が佐伯式を行ったのに、それを佐伯が行ったという書類に改ざんしろと命じられてしまいます。

他の医師も書類上では違う人が執刀医になっているが実質は渡海が仕切っていることがよくあったと言うのです。

医療社会の裏側を見たという感じですね。

一方、渡海は論文を提出しないため万年ヒラ医局員ですが、院内一の腕を持っているのでした。

佐伯も渡海の事を認めていて行動を放任していると。

『患者を生かすが医者を殺す腕』

横山が抜けたことのより人員不足の心臓外科に高階がやってくることになりました。

高階はスナイプという新しい医療器具を持ち込みました。

これは佐伯式を簡単にスイッチ一つで行える夢の器具だと説明します。

そして、もう佐伯式の必要はないと言いきりました。

一方、先日渡海に手術をしてもらい一命をとりとめた皆川はどうせ長生きしても独りぼっちなのだから手術を受けないと言いだしました。

説得をする世良でしたが、途中で皆川の容態が急変しました。

オロオロする世良を横目に渡海がやってきて見事にその場で処置を施しました。

仮眠室で母・渡海春江(倍賞美津子)から電話を受ける渡海。

同じく医師だった渡海の父・渡海一郎(辻萬長)は亡くなっていて、さらに佐伯の知り合いのようでした。

渡海が佐伯に服従しているように見えるのは、父との関係からなのでしょうか。

それにしても、お母さんのキャラ面白かったですね。

そして、皆川のCTを見て何か気づく渡海。

その頃、佐伯は皆川の手術をするかどうか迷っていました。

容体が急変した直後の手術は危険ですが、その手術の時に日本外科ジャーナル・編集長池永(加藤浩次)が来る事になっていました。

そこへ高階がやってきて、患者に負担の少ないスナイプをしようと進言します。

執刀は高階、助手は佐伯渡海が入ることになりました。

皆川に手術の説明をすると、皆川は世良にどう思うか訊ねます。

意見を求められた世良は戸惑いながらも手術を勧めました。

手術当日、池永の他に西崎も手術の見学にやってきました。

そして手術室には渡海の姿はなく手術は始まってしまいます。

仮眠室で寝ていた渡海は、届いたメールに目を通すとそれをプリントアウトしてオペを見守る黒崎教授(橋本さとし)に渡すように指示しました。

それは治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)を使って探ったスナイプの事故例でした。

事故例を意図的に隠していた高階でしたが、佐伯の指示で手術を行い一応の成功を収めましたが目を覚ました皆川が苦しみ始めました。

最新の弁を入れたため、高階が見過ごしていた大動脈瘤が破裂してしまったのです。

そのことに気が付いていた渡海は、高階が準備を怠ったことを責めます。

そして再手術。

想像以上の取出血に震える高階。

なすすべのない高階に代わり、世良は渡海に手術をしてほしいと頭を下げました。

その値段1億!それがこの手術の代償でした。

一生渡海の下で働け。まるで悪魔の契約のようでした。

手術が終わり仮眠室では渡海が一枚のレントゲンを手にしていました。

そこには身体に取り残された一つのペアンが写っていました。

スポンサーリンク

『ブラックペアン』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
主演のニノの演技力を絶賛する声が多かったよ!

ラマちゃん
原作ファンも、満足の改編だったわね!

ドラまる
べったりとついた手形が悪魔の契約を象徴しているみたいでインパクト大だったよ。

アドリブだったんだね。

ラマちゃん
最後のレントゲン写真は、このあと重要になってくるよね。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックペアン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ブラックペアン』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ブラックペアン』1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『ブラックペアン』第2話あらすじ

2018年4月29日(日) 21:00〜放送のドラマ『ブラックペアン』第2話のあらすじをご紹介します。

最新医療機器・スナイプを持って東城大に乗り込んできた高階(小泉孝太郎)だったが、術後のトラブルによって2例目の手術を行えずにいた。

そして研修医である世良(竹内涼真)も、医師として思い描いていた姿と現在のふがいない自分の姿のギャップに落ち込んでいた。

ある日、小山(島田洋七)という急患が運ばれてくる。

渡海(二宮和也)の手術で一命は取り留めたが、僧帽弁置換手術を行う必要があった。

手術に難色を示す夫妻に、渡海は痛烈な一言を投げかける。

結局、小山と妻・好恵(沢松奈生子)は佐伯教授(内野聖陽)の手術を希望することになるが、長い順番待ちリストに名を連ねることに。

そんなとき、高階が小山のスナイプ手術を提案する。佐伯は了承するが、驚くべき条件を出す・・・。
公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ブラックペアン』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。
拡大版の初回でしたが、あっという間に見終わってしまいました。

手術室の悪魔・渡海の存在感。研修医・世良の頼りない感。天才外科医・佐伯のボス感。高階のスパイ感。どれも欠かせないキャラクターですべてがぴったりとはまっていたと思いました。

個人的にはスナイプを引っ提げて敵地に乗り込んできた孝太郎さん演じる高階の無能ぶりに驚いてしまいました。

そして、最後に出てきたレントゲン。

渡海の父と佐伯の関係も気になるところです。

ドラまる
本当に面白かったね!

渡海の悪魔っぷりがすごかったー。

ラマちゃん
渡海と猫ちゃんの掛け合いが最高で、猫ちゃんになりたいと思っちゃったわ!

早く来週が来ないかなぁ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA