ドラマ【黄昏流星群】9話ネタバレと感想。井上の自殺にショック!

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』
ドラまる
2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第9話が2018年12月6日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
完治の前から再び姿を消した栞。

他にも問題山積みだけどどうなっていくのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『黄昏流星群』第9話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第9話のあらすじネタバレと感想

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の前から姿を消した目黒 栞(黒木 瞳)。

家を引き払い食堂の仕事も辞め行方が分かりません。

完治が帰宅すると、まだ真璃子(中山美穂)が帰宅していませんでした。

完治より少し遅れて帰ってきた真璃子。

完治は真璃子に若葉銀行から復職を打診されたことを打ち明けます。

すると真璃子は「これで思い切って家を出られる」と言いました。

当然のことに驚愕する完治。

理由を聞こうとしますが、その理由は言うまでもなく完治と栞の浮気が原因でした。

完治の浮気に目をつむろうと思えば出来るけどそれじゃつまらない、別の生き方をもう1度考え直してみたくなったという真璃子に完治は何も言い出せずにいました。

真璃子は 水原聡美(八木亜希子)のマンションへ。

そこで、聡美から須藤武史(岡田浩暉)と結婚すると聞かされます。

真璃子は自分の存在が聡美の邪魔になると気を遣い家を出ることに。

しかし、他に行く当てもなかった真璃子はあてもなく街を彷徨っていました。

そこで偶然、 日野春輝(藤井流星)を見かけます。

春輝はベンチに座って思い詰めている様子。

春輝に声をかけた真璃子。

春輝は冴(麻生祐未)の介護で疲れ果てていたのです。

春輝は仕事も休んでいる状態で、仕事を辞めることを考えているとのこと。

そんな春輝に介護のために仕事を辞めるのはお母さんも望んでいないと反対する真璃子。

そして、真璃子は自分に介護の手伝いをさせて欲しいと伝えます。

こうして真璃子は春輝の家に行き冴の介護の手伝いをすることに。

一方、完治は経営企画室長のポストを用意したと改めて銀行に戻ってくるよう打診されましたが、荻野倉庫での仕事にやりがいを感じていた完治は返答を少し待っていて欲しいと伝えました。

完治が電話で銀行とやり取りしている様子を見ていた川本 保(礼二)は、何かを察している様子。

その後、完治は井上英樹(平山祐介)を「一番星」に誘い飲みました。

若葉銀行が不正融資をしていると思われるような守口専務の口ぶりが気になった完治は、井上なら何か知っているのではないかと思ったのです。

何も知らないと答える井上。

ところが、その後井上が不正融資に関与しているという疑惑がニュースで報道され若葉銀行の不正疑惑が世間に明るみとなってしまいました。

ニュースでは井上の本名は伏せられ顔にはモザイクがかかっていたものの、井上は銀行から全責任を押し付けられてしまう形に。

一方、糖尿病と糖尿病網膜症の併発を診断された栞は東京を離れ再就職を。

慣れない仕事をしながら新たな性格を始めた栞でしたが、栞の病気は着実に進行していました。

一方、日野家の手伝いをしている真璃子を見つけた冴は、真璃子を自分の部屋に呼びつけます。

しかし、そこで冴が真璃子に言った言葉は意外なものでした。

自分にもしもの時が来るまで、家のことを手伝って欲しいというもの。

こうして日野家の手伝いをすることになった真璃子。

春輝が帰宅すると、真璃子と冴が楽しく食事をしていました。

また、完治が本店への復職を打診されていることを察した川本は、完治と2人きりで話をすることに。

荻野倉庫での仕事にやりがいを感じている故、銀行に戻ることを迷っているという完治に対し、「こんな小さな会社で留まるような男ではない」と完治の復職の後押しをします。

川本に背中を押された完治は、正式に若葉銀行への復職が決定。

完治は不正融資の内部調査委員会委員長を任されます。

しかしその直後、井上英樹(平山祐介)が自殺を図ってしまいました。

そのころ、日野家でキスをした春輝と真璃子。

その様子を冴が見てしまい…。

以上が「黄昏流星群」9話の大まかなあらすじ。

9話は春輝と真璃子の話が中心でしたね。

8話で2人が親しげに話をしていたところを冴が目撃していたわけですが、冴は2人が恋仲であることまでは考えていなかったんですね。

言われてみれば、そこでキスをしたりしたわけではありませんものね。

しかし、9話では冴が2人がキスをしているところを見てしまいました。

これで完全に冴にも2人の関係がバレてしまいました。

これはさすがに真璃子さんピンチです。

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第9話のネットの反応や評価は?

ドラまる
栞さん、治療すれば進行を食い止められるみたいに言われてたし、なぜ治療をしないんだろう。
ラマちゃん
治療すれば失明も免れそうだし完治にも迷惑かけずに済むのではないかしら?

ドラまる
井上さん。。。
ラマちゃん
完治のよき友人でいてくれた井上が!

これは完治にとって大ダメージよね。。

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『黄昏流星群』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『黄昏流星群』9話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『黄昏流星群』最終回のあらすじは?

2018年12月13日(木)放送のドラマ『黄昏流星群』最終回のあらすじをご紹介します。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は異例の人事で若葉銀行に戻ることになった。しかし、妻の真璃子(中山美穂)は家を出て行き、日野 冴(麻生祐未)の世話をする形で春輝(藤井流星)を支えている。完治が想いを寄せる目黒 栞(黒木 瞳)も姿を消し、音沙汰がない。

完治は銀行復帰後、不正融資の内部調査委員会委員長を任される。その矢先、同期で融資部長の井上英樹(平山祐介)が自殺を図ってしまう

一方、真璃子は春輝と冴をホスピスへと送る。真璃子のこれまでの献身的な世話に感謝する冴。だが冴は、春輝との関係は今日で終わりにしてほしいと冴は真璃子に釘を刺した。真璃子は他へ行くところもなく、瀧沢家へ戻ることに…。

一度は壊れかけた、完治と真璃子の夫婦仲は修復されるのか?一方で栞の病は日々進行していく。完治と栞は果たして再会することができるのか?運命の恋の行方はいかに…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『黄昏流星群』第9話のあらすじネタバレと感想と最終回のあらすじをご紹介しました。

9話では完治と栞の再会はありませんでしたね。

最終回で再会すると思いますが、2人はこのまま結ばれるのでしょうか?

しかし、完治にとって真璃子との関係をどうするかも大きな課題です。

完治はどのような決断をするのでしょうか?

どう向き合うのでしょうか?

真璃子と栞、恐らくどちらかを選ばなければならないかと思われますが、どちらを選択するにせよ、両社と向き合わなくてはならないはず。

ドラまる
完治や真璃子、栞、それぞれの選択が気になるね、
ラマちゃん
その答えが人生のリスタートへとつながっていくのね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA