黄昏流星群|8話の動画見逃し無料配信はこちら【11月29日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』

↓無料で『黄昏流星群』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『黄昏流星群』第8話(2018年11月29日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『黄昏流星群』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『黄昏流星群』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『黄昏流星群』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『黄昏流星群』第8話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『黄昏流星群』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月29日(木)放送終了後〜2018年12月6日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『黄昏流星群』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『黄昏流星群』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『黄昏流星群』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『黄昏流星群』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『黄昏流星群』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『黄昏流星群』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『黄昏流星群』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のFODプレミアムへのリンクからご覧ください!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第8話のあらすじは?

2018年11月29日(木)22時00分より放送のドラマ『黄昏流星群』第8話のあらすじをご紹介します。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と 真璃子(中山美穂)の娘、 美咲(石川 恋)が姿を消した。

美咲は日野春輝(藤井流星)との結納をすませたばかりだ。

テーブルには「先生とロンドンに行く」という美咲のメモ。

美咲の相手が、40歳近く離れた戸浪恭介(高田純次)だと完治に聞かされ真璃子は驚愕する。

しかしそれ以上に、完治だけが二人の関係を知らされていたことに大きなショックを受ける。

目黒 栞(黒木 瞳)とホテルにいた時に鉢合わせしたと言えない完治は、偶然二人が一緒にいるところを見たからだと話す。

だが、その曖昧な説明に真璃子はさらに動揺する。

完治と真璃子は日野家に経緯を詫びに行く。

謝るしかない完治たちは、帰りに激昂する 冴(麻生祐未)に塩を撒かれる。

昏倒しそうな冴を支え、「僕も悪いんだ」と言う春輝の言葉に冴は疑問を抱く。

荻野倉庫に出社した完治が食堂を覗くが栞の姿はない。

そんな完治は朝礼で社長に想い出ボックスが評判になっていると称えられた。

自分の手柄ではなく、 川本 保(礼二)たちが支えてくれたからだと応える完治。

完治は銀行の融資を確約し、川本との距離も縮まりつつあった。

食堂で小俣房江(山口美也子)から栞が体調不良で休んでいると聞いた完治は家を訪ねる。

すると栞は頑として会おうとせず、完治は追い返されてしまった。

家に帰った完治は真璃子と二人きりの夕食。

美咲を心配する真璃子を完治がなだめているとドアチャイムが鳴る。

やって来たのは戸浪の妻、和代(松本留美)で…。

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『黄昏流星群』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

たかは
先生と別れると言っていた美咲ですが、先生を追いかけてロンドンに行ってしまいます。

美咲は結婚を前に自分の気持ちに嘘がつけなくなってしまったのだと思います。

このまま春輝と結婚しても幸せにはなれないと思うのでこれで良かったのだと思います。

春輝も心の中ではホッとしたかもしれません。

一方、完治は仕事が順調で課長との仲もよくなっていました。

やはり完治は根っからの仕事人間だと思いました。

栞が居なくなったことはショックだと思いますが、これで良かったのだと思います。

完治には家族を捨てて栞を選ぶことはできなかったと思うので、栞のことは忘れて元の生活に戻って欲しいです。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

シャワーズ
美咲が家を出てしまったのを受け、完治と真璃子はそのことを日野家に話した。

冴は自分の命があるうちに春輝の晴れ姿を見たかったにも関わらず、美咲が結婚できないと言い出したことに怒ってしまった。

春輝は必死に冴を慰めるが、それでも冴の怒りは収まらなかった。

思い出ボックスというサービスは未だに順調だという様子だった。

美咲が家を出て行ったことでどれくらいに重大な事態になっているかを知った完治は栞とちゃんと別れ、栞との関係について真璃子に説明するという展開を予想する。

美咲は本当にロンドンに行ってしまうかどうかが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ぴよちゃん
第8話では美咲が先生とロンドンに行って消えたことにより結婚は白紙になると思います。

そして冴は激怒すると思います。

春輝が真璃子の手を握っているところを冴は見てしまうみたいなので、その後の冴の行動が気になります。

おそらく春輝の家の庭だと思うので、激怒された後どういった経緯で春輝の家の庭で2人っきりになったのかが気になります。

また完治は栞のことを諦めたくないとは思いますが、美咲が居なくなったことで真璃子を1人にさせてしまうと思って迷うと思います。

私は真璃子に寄り添ってほしいと思っていますが、完治は結局どちらを優先するのか注目しています。

第8話も楽しみです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

mananam
美咲は本当にロンドンに行ってしまい戻って来なくて婚約破棄になります。

完治と真璃子が美咲のために頭を下げ春輝は分かっていたことなので落ち着いていそうですが春輝の母親が怖いです。

すんなり納得せずに怒りをぶつけてくる気がします。

娘の婚約者じゃなくなった事で春輝の真璃子への気持ちやアプローチが加速することを期待しています。

今までセーブしていた気持ちをどんどんぶつけて完治から奪ってほしいです。

関係性が変わったことで真璃子の気持ちにも変化が出そうなのでどうなるのか楽しみです。

栞の体調不良は妊娠ではないかと予想しますが年齢的に重い病気ですかね。

それによって完治も支えたくなりそうで別れられないと思います。

二組の恋の行方に注目したいです。

ペンネーム:mananam(30代・女性)

まめこ
第8話は、美咲の駆け落ちの尻拭いで、完治と真璃子は土下座で謝ります。

それでも春輝の母は怒りがおさまらない様子でした。

そんな中で、運悪く真璃子の手を握る春輝の姿を見てしまうのです。

このおさまらない怒りの矛先は真璃子に向かうことは間違いなさそうです。

前回体に異変を感じて栞は病院に行きますが、病院から出てきた栞はふらついており、良くない病気だと告げられたのだと分かりました。

栞の一方的な別れに納得いかない完治は、栞の家に押し掛けますが、栞は断固として受け入れないと決めているようでした。

おそらく病気のことも完治には知られたくないはずですが、完治が知るのも時間の問題でしょう。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

あんこ
このまま美咲は、春輝との結婚はせずに先生を選ぶのでしょうか。

婚約破棄だなんて春輝の母親の反応が怖いし、春輝はどう思うんだろうなと思います。

本命は真璃子だからこれを機に真璃子に猛アタックしたりしますかね。

真璃子と付き合いたくても春輝の母親が許さないでしょうし、さすがに真璃子が断ってしまうような気がしますが、完治の不倫のこともあるし魔が差してしまいそうです。

栞がなぜ別れを告げたのか理由が明かされるのかなと期待しています。

完治のことだから栞からちゃんと話を聞くまでは納得しないと思うので栞の居場所をどうにかして突き止めそうです。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『黄昏流星群』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

はしか

『黄昏流星群』第8話のあらすじとネタバレ

美咲が教授と逃避行したと聞かされた真璃子は動揺します。

しかも、完治が今まで黙っていたことに怒ります。

完治と真璃子は日野の母親に謝罪に行きます。

冴は塩をまいて怒りますが春輝は自分も悪いと言います。

後日、完治が出社すると想い出ボックスが好評になっていると誉められました。

川本課長は当初は複雑な表情でしたが。完治を見直します。

一方、栞は食堂を休んでいました。

完治は栞の家に行きますが職場で変な噂が立つと困ると栞が言い、ドア越しにしか会えませんでした。

完治は栞と居酒屋でばったり会いますが、完治は美咲が結納後に駆け落ちしたと言います。

好きになってはいけない人の気持ちが自分にもわかり引き留められなかったと言います。

完治と栞はお互いが好きだと本心を打ち明けます。

しかし栞は目がかすみ手がしびれると言い、病院に行きます。

医者は糖尿病だと言います。

そして、突然、完治との山登りの約束を反故にします。

他方、教授の妻が完治の家に来て主人の行方を捜していると言います。

和代は、自分は離婚しないと美咲に伝えるように言われます。

やがて、美咲から連絡が入り完治は空港に行き、美咲は結婚したいのではなく、教授と一緒に居たいと言います。

他方、真璃子は借りていたハンカチを春輝に返すと春輝は真璃子と交際したいといいますが断ると、真璃子は日野家に行きますが冴は輝と真璃子が庭のテーブルに座り手を握る姿を見て倒れて入院します。

病院に行くと春輝は冴が癌だと真璃子に伝え真璃子を車で家に送り車中でキスをしてしまいます。

一方、完治の上司が専務に復帰したと言い、完治に銀行へ戻るように言います。

『黄昏流星群』第8話の感想

完治が頑張って開発した想い出ボックスが成功し川本は複雑な表情をします。

しかし、川本は完治を呑みに誘い、自分が亀課長と言われているのが、万年課長だからと言います。

川本はコンプレックスから完治を虐めていたのだと判りました。

川本は完治が諦めない人間だと感心したと言います。

完治にとっても川本にとっても関係修復は良かったです。

一方、完治と栞は居酒屋で会い、完治は美咲の好きになってはいけない人の気持ちが、わかり、自分に妻も娘もいて家族を裏切りたくないと思いながら、一方、好きで気持ちが押さえられないと言い、どうしたらいいのかと言います。

栞も1日1度、完治に会えるのが生きる力になり、完治が好きだと言います。

漸く、2人の距離が短くなったのは確かですが、完治の気持ちは中年男の狂い咲に聞こえます。

真璃子だけが、取り残されたままで気の毒です。

他方、戸波教授の妻の和代が完治の家に来て主人の行方を捜していると言います。

和代は、悪いのはお互い様で、年取ってから掛かる、はしかは重いと言い心配します。

しかし教授は家では酷いと言い、美咲に捨てられると言い、自分は離婚しないと美咲に伝えるように言われます。

和代は、夫の性癖も判った上で、美咲に本性を見破られて捨てられるのを見越している気がして滑稽に思えました。

老獪な妻の戦略の方が美咲より上だと思います。

それでも真璃子に電話しロンドンに教授と行くと言い、親に喜んでもらえる子供になれなくてと謝ります。

真璃子は元気でいてくれたらいいと言います。

物分かりが良い親で驚きでした。

完治はいろんな人を裏切っていくのだから幸せになれと言いましたが、春輝や冴の気持ちが置いてきぼりにされています。

ペンネーム:はしか(60代・男性)

まめこ

『黄昏流星群』第8話のあらすじとネタバレ

真璃子が美咲の書き置きに、戸浪では歳上過ぎると激怒する。

完治は知っていたことを真璃子にな話すが、真璃子は自分だけ知らなかったことにショックを受ける。

完治と真璃子は春輝の家に謝りに行くが、冴は激怒し、塩をまく。

完治は食堂で小俣に栞のことを聞くと、具合が悪くて休みだと言われる。

完治は栞に会いに行くが、栞は頑なに会おうとせず、完治は帰るのだった。

完治は帰宅すると、戸浪の妻和代が訪ねて来る。

和代は、戸浪には変な癖があると言い、若いお嬢さんには耐えられないから捨てられるだろうと話す。

連絡があったら私は別れる気はないと伝えるよう言って帰った。

美咲から電話で、完治は空港に駆け付け美咲と会う。

戸浪の妻が離婚する気はないと言いにきたと言うが、少しでも長く戸浪といたいだけだと美咲は言う。

完治に言われて真璃子に電話した美咲は、これからロンドンに行くことを告げて謝るが、美咲が元気ならいいと真璃子は言う。

栞は久しぶりに居酒屋に来ていた。

帰ろうとすると完治が来て、座っていてほしいと頼まれる。

完治は娘が結納直後に駆け落ちしたことを話し始めた。

1分1秒でも一緒にいたいと言う娘と、自分は同じ気持ちだと訴える。

すると栞も完治に対する想いを話し、別れたくないと言うのだった。

その頃栞は体に異変を感じていた。

次の日眼科を受診すると、母と同じ糖尿病だと言われる。栞は愕然とする。

栞は山登りの当日、完治に行けなくなったと一言だけ告げていなくなる。

一方で真璃子は、春輝にハンカチを返すために会うが、最後のお願いを聞いてほしいと頼まれる。

春輝の母冴が眠っている間に、春輝と真璃子は庭のテラスでお茶をする。

春輝が真璃子の手を握るところを冴が見て倒れてしまう。

完治には守口専務から呼び出しがあり、完治に銀行に戻る話があると聞く。

真璃子を送って行った春輝は、行かないでと言って真璃子にキスする。

今の真璃子には、もう春輝を拒否出来なかった。

『黄昏流星群』第8話の感想

第8話は、美咲が戸浪とロンドンに渡り、完治と真璃子は夫婦だけの生活になりました。

この二人を見て、子供が家を出た後の夫婦の関係は、夫が浮気していたら即終わりなのだと教わりました。

真璃子は明らかに不安定になっていましたし、今まで頼みの綱だった美咲がいなくなったことで、もう家庭を守る必要性も感じなくなったのでしょう。

前回の予告から心配していた栞の病気は、母と同じ糖尿病でした。

治療をしていれぱ大事には至らないと思いますが、母を失ったばかりの栞には、治療だけで人生が終わってしまうのは辛すぎると考えたのかもしれません。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぴよちゃん

『黄昏流星群』第8話のあらすじとネタバレ

瀧沢美咲はロンドンへ行く戸浪恭介に付いていくというメモを残して消えました。

結婚が白紙になって瀧沢完治と瀧沢真璃子は日野春輝と日野冴に謝罪しに行きました。

怒った冴は2人に塩を撒きました。

完治のスマホに美咲から電話がありました。

今まで日本を回って、これからロンドンに旅立つのでした。

完治は美咲のいる空港に行きました。

美咲は目黒栞に別れてと言ったことや、家族より栞が1番になるのが嫌で嫉妬したことを話しました。

完治は真璃子に電話するように、美咲に言った。

電話で真璃子は美咲が元気でいてくれれば良いと言って、美咲はその後ロンドンへ行きました。

『黄昏流星群』第8話の感想

美咲が恭介に付いて行くのは勇気がいったことだと思います。

美咲の結婚したい訳ではなく、1分1秒でも好きな人と一緒にいたいという気持ちが分かります。

恭介と奥さんは離婚しませんが、美咲が恭介に付いていって良かったと思えるような人生を送ってほしいです。

春輝は真璃子への気持ちが真っ直ぐで真璃子に対する行動や発言に度々キュンとしました。

他にも真璃子を自分に置き換えてキュンとしている人はたくさんいると思います。

冴が2人が手を重ねているところを見て倒れたシーンには驚きました。

確かに親としてはショックだと思います。

早く続きが見たくなるような第8話でした。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

みさき

『黄昏流星群』第8話のあらすじとネタバレ

美咲は大学の教授である高田純次とロンドンに行ってしまった。

佐々木蔵之介演じる完治は娘の美咲と高田純次が不倫関係にある事を知っていた事を妻に知られ、妻である中山美穂演じる真璃子はなぜ教えてくれなかったのかと思いをぶつけて美咲の部屋に行き涙した。

完治と真璃子は美咲の婚約者のはるきの家に謝罪しに行った。

はるきの母に帰れと塩を投げつけられて家を後にした。

黒木瞳演じる栞から別れたいと告げられてから完治は、会社の食堂でも会えず家に行っても姿を見せてもらえず常にぼーっとしている様だった。

完治と真璃子が少し言い合いになっていると、家にピンポンが鳴った。

となみさんという美咲といなくなった高田純次の奥さんだったのだ。

奥さんは旦那の事を悪く言う様だったが、絶対に離婚はしませんと言って帰って行った。

中川家の礼二は完治が仕事を成功させた事で心を許してくれた様で、サシで飲みに行き仲良くなったかと思うとそこで美咲から電話がかかってきた。

空港に向かうと美咲はそこにいた。

父親の完治は昔から仕事一筋で家族には見向きもしなかったのに不倫相手の栞には振り向いたのでヤキモチ焼いてしまったのだと告白した。

美咲が幸せならそれで良いと2人で送り出したが、やはり夫婦関係には溝ができていた様だった。

いつもの飲み屋に栞は飲みに来ていた。

そこに完治も現れて、大将に話すと言いながらも栞に向けて話し始めた。

栞は不調が続いた為病院で診てもらうと母と同じ糖尿病だと診断され、完治との約束を果たせずに、そして別れを決意したかの様な文面を送った。

『黄昏流星群』第8話の感想

完治は栞と不倫関係にあって今はお別れしたいと言われている最中だが、美咲が大学の教授と2人で姿を消したものだから自分達夫婦の事が後回しになりつつあるけど、妻の真璃子の想いはいつになったら届くのかなと思いました。

娘の美咲は先生と結婚したい訳じゃないのになぜ周りのいろんな人を裏切ってロンドンに行ってまで一緒にいたいのかなと見てる側としては思ってしまいました。

完治は美咲の気持ちがよく分かってしまうからこそ止められなかった、そして完治はもう栞への気持ちを抑えられない様子だったので見てる側としては家族は崩壊して欲しくないなと思いました。

ペンネーム:みさき(20代・女性)

ちょろ

『黄昏流星群』第8話のあらすじとネタバレ

美咲は日野と結納を済ませたばかりなのに、先生とロンドンに行くと姿を消す。

真璃子は完治に美咲の相手をきかされ驚くが、なにより、完治だけがその事を知っていたことにショックを受ける。

会社では完治が称えられ川本との仲も良くなってきた。

そんな中、栞が体調不良で仕事を休んでいるのを聞き家に行くが追い返されてしまう。

家に帰り真璃子と食事をしていると、先生の奥さんが訪ねてきた。

すべてを知った上で離婚しないといいそれを娘に伝えるようにと言われた。

しかし、完治のところに美咲から電話があり、空港で会うが1分1秒でもいいから一緒に居たいから行くといい、完治もその気持ちがよく分かり止めることが出来なかった。

真璃子も、認め美咲は先生と幸せになることを完治と約束し旅立った。

完治の行く居酒屋でたまたま栞と会い、自分の抑えられない気持ちをまっすぐに伝え、栞もそれを受け入れ一緒に居ることになったが、栞に病気が発覚し姿をくらましてしまう。

また真璃子も日野とのことを日野の母に見られてしまい、真璃子もまた気持ちを抑えられなくなっていて…次回へ。

『黄昏流星群』第8話の感想

今回も色々ドロドロしていたなと思いました。

先生の奥さんが家にまできてあんな事を言ったのに、そんなにあっさり美咲を行かせていいのかと少し思った。

ただ、愛の形は複雑だけど、好きという気持ちはみんなとてもストレートで好きだから1分1秒でも長く一緒に居たいという気持ちはなんだか共感できる部分もあった。

だが、みんないけない関係なのには変わりないから、ドロドロだなと思いながら見ていた。

完治が栞に気持ちを伝えるシーンはとてもストレートで、家族がいるけど抑えられない気持ちとの葛藤が伝わってきた。

今回もなかなかおもしろかった。

ペンネーム:ちょろ(30代・男性)

ミキティ

『黄昏流星群』第8話のあらすじとネタバレ

娘は結婚できないと手紙を書いて出て行ってしまいました。

連絡もつかなかったけど、海外に行く前に父親に連絡が来て、行くならママと話しなさいって。

ママは、反対する事はなく、元気ならいいって。

父親は、別れると言われてしまったけど、やはり忘れられなくて…いつもの居酒屋で偶然会って話して、お互いが好きだって結論に至りました。

そんな時に糖尿病だと言われ、また居なくなってしまった。

母親は、娘の彼氏にハンカチを返し、彼の要望で最後に一緒にお茶していたところを彼の母親に見られてしまい、母が倒れた。

2人は、もう会わないつもりがキスを受け入れてしまいました。

『黄昏流星群』第8話の感想

娘の彼氏だから、もう会わないつもりが、最後にキスを受け入れてしまいました。

これから始まってしまいますね。

母親も、少なからず気にはなってたかもしれないけど、自分の気持ちを押さえてただけだったのかも。

娘が先生と一緒に海外に行く前に、ママに連絡した時、元気ならそれでいいって…ウルッときました。

反対されて行くより、両親に応援されて、好きな人と一緒にいれるのは幸せかも。

父親も、彼女に別れると言われたけど、やっぱり忘れられなくて、また始まると思ってたけど、糖尿病が見つかり いなくなってしまいビックリしました。まさか病気になるとは。

ペンネーム:ミキティ(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA