ドラマ【黄昏流星群】7話ネタバレと感想。栞(黒木瞳)の病状は?

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』
ドラまる
2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第7話が2018年11月22日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
7話では真璃子に告白をした春輝。

8話でも2人の進展があるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『黄昏流星群』第7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第7話のあらすじネタバレと感想

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来ました。

須藤と聡美は交際を始めたとのこと。

ほんとは2人で映画を観る予定だったところを、完治の入院の連絡を受けて急遽病院へ来たと言うのです。

そこで完治は、須藤から別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれました。

須藤からの頼みを受けた完治は、荻野倉庫での新事業を川本 保(礼二)に提案。

その資料を川本に差し出します。

その新事業の内容とは、捨てられない品を個別で預かるサービス「思い出ボックス」。

「経費削減」をうったえる川本は反対しますが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承を。

その昼、完治は食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度でした。

実は病室で美咲(石川恋)から「父と別れてください。」と言われていたのでした。

栞の態度が気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り毎日残業をこなしていました。

こうして会えない日々が続く完治と栞でしたが、ある日、完治が残業をしていると栞が現れます。

仕事に没頭する完治の姿を影から見ていた栞は、完治の役に立てないかと差し入れとともに仕事の手伝いをしに来たのです。

2人で仕事をする完治と栞。

ふと外へ出た栞が月を見つけ、完治と栞は月を見ながら栞の差し入れを食べ始めました。

仕事に打ち込んでいた完治にとって、久々の栞との至福の時間。

ところがその2人の姿を真璃子(中山美穂)が見ていたのです。

「美咲がいない時には電話してこないで」と日野春輝(藤井流星)に告げた真璃子でしたが、春輝からの誘いに思わず乗ってしまい2人で遊園地へ。

そんな中、美咲と春輝の結納が行われました。

戸浪恭介(高田純次)との関係を気にする完治でしたが、戸浪がロンドンの大学へ行くことになりもう会えないからと美咲。

ところが、結納をすませた直後、「先生とロンドンに行く」というメモとともに美咲は戸浪とロンドンへ。

一方、栞のふとした言葉から「思い出ボックス」をアプリにすることを思いついた完治はそれが見事に成功し1日の注文数が100件を超えるという反響。

ニュースにもなり、荻野倉庫の職員にも協力してもらいます。

ヒントをくれた栞にお礼を言いに栞の家まで向かう完治でしたが、そこには栞の姿はなく…。

…というのが「黄昏流星群」7話の大まかなあらすじ。

これまたベタな展開でしたね。

美咲がロンドンへ行くのも予想つきましたし。

そして、栞が完治の仕事を手伝ってる時に一瞬よろめいたのは病気の前兆かと思いましたが、こちらもやはりその予想は当たっているっぽいですね。

栞は亡くなってしまうのでしょうか。。

8話以降も気になります!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
7話も流星くんファンにはたまらないシーンが!
ラマちゃん
切ない表情、確かによかったわね!

ドラまる
結納をすませた直後に浮気相手と姿を消すとか普通ならあり得ないけど。。
ラマちゃん
でも、完治も栞と別れてないんだから、娘を叱れる資格はないわね。

ドラまる
栞はやはり…。
ラマちゃん
8話予告やあらすじをチェックしても、やはり栞が亡くなる説は高いんじゃないかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『黄昏流星群』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『黄昏流星群』7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『黄昏流星群』8話のあらすじは?

2018年11月29日(木)放送のドラマ『黄昏流星群』8話のあらすじをご紹介します。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と 真璃子(中山美穂)の娘、 美咲(石川 恋)が姿を消した。美咲は 日野春輝(藤井流星)との結納をすませたばかりだ。テーブルには「先生とロンドンに行く」という美咲のメモ。美咲の相手が、40歳近く離れた戸浪恭介(高田純次)だと完治に聞かされ真璃子は驚愕する。しかしそれ以上に、完治だけが二人の関係を知らされていたことに大きなショックを受ける。目黒 栞(黒木 瞳)とホテルにいた時に鉢合わせしたと言えない完治は、偶然二人が一緒にいるところを見たからだと話す。だが、その曖昧な説明に真璃子はさらに動揺する。

完治と真璃子は日野家に経緯を詫びに行く。謝るしかない完治たちは、帰りに激昂する 冴(麻生祐未)に塩を撒かれる。昏倒しそうな冴を支え、「僕も悪いんだ」と言う春輝の言葉に冴は疑問を抱く。

荻野倉庫に出社した完治が食堂を覗くが栞の姿はない。そんな完治は朝礼で社長に想い出ボックスが評判になっていると称えられた。自分の手柄ではなく、 川本 保(礼二)たちが支えてくれたからだと応える完治。完治は銀行の融資を確約し、川本との距離も縮まりつつあった。

食堂で小俣房江(山口美也子)から栞が体調不良で休んでいると聞いた完治は家を訪ねる。すると栞は頑として会おうとせず、完治は追い返されてしまった。家に帰った完治は真璃子と二人きりの夕食。美咲を心配する真璃子を完治がなだめているとドアチャイムが鳴る。やって来たのは戸浪の妻、和代(松本留美)で…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『黄昏流星群』第7話のあらすじネタバレと感想と8話のあらすじをご紹介しました。

8話も大波乱でしたね。

戸浪と一緒にロンドンへ行った美咲は?

栞の病状は?

気になる問題だらけです!

ドラまる
8話では戸浪の奥さんも登場!
ラマちゃん
戸浪妻の存在は物語のカギとなる可能性も?

楽しみだわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA