ドラマ【黄昏流星群】6話ネタバレと感想。7話あらすじも

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』
ドラまる
2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第6話が2018年11月15日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
ついに一線を越えてしまった完治と栞。

また、真璃子と春輝もキスを…!

大波乱の5話だったけど、6話ではどうなってしまうのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『黄昏流星群』第6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第6話のあらすじネタバレと感想

栞(黒木 瞳)とついに一夜を過ごした完治(佐々木蔵之介)。

ついに2人は一線を越えてしまいました。

栞と一緒に朝食を食べた完治は最近感じたこと無い幸せを感じていました。

職場へ行く前に1度帰宅をした完治は久々に会った銀行の同期と朝まで飲んでいたと話しますが、栞からの電話を受けてしまった真璃子(中山美穂)は、それが嘘だと確信していました。

そんな中、美咲(石川 恋)と日野春輝(藤井流星)の結婚を進めるため両家で顔合わせをすることになりました。

日野家に出向いた完治たちは、豪華な邸宅や春輝の母・冴(麻生祐未)の厳しい目、凜とした物言いに気圧されます。

冴は、一刻でも早く孫の顔が見たいと半ば無理やりに美咲と春輝の結婚の準備を早急に進めるよう求めてきました。

予想以上に春輝との結婚が進んでいくことに気が乗らない美咲。

一方、春輝は病院へ。

冴の癌が再発している可能性が高いことを医者から聞かされます。

その後、荻野倉庫に出社した完治は、会社のヒリヒリとした空気を感じます。

メインの取引先から契約を打ち切られたことで、川本 保(礼二)が荒れていたのです。

倉庫を一新するため若葉銀行に融資の追加をお願いしたいという川本からの頼みを受け、完治は若葉銀行へ。

そこで、かつての戦友・井上英樹(平山祐介)が本店に栄転したことを知ります。

井上にも融資の話を相談しますが、断られた完治。

結局、結果を出せずに荻野倉庫に戻ってきた完治は当然川本らから冷たい視線を受けました。

そんな中、美咲が急遽金沢へ出張することに。

その日は春輝と結婚式の式場を見に行く予定でしたが、どうしても自分が行かないわけにはいかないと美咲は真璃子に話します。

2人の会話を聴いていた完治は、美咲が戸浪恭介(高田純次)と旅行へ行くのではないかと疑います。

そこで完治は美咲に内緒で戸浪に会いに行きます。

完治が美咲の父親だと名乗ると、戸浪は完治を自宅へ招きました。

そこで完治は、「これ以上、娘を弄ばないで欲しい」と言います。

すると、「弄んでるつもりはない」と返す戸浪。

戸浪は美咲への想いを話し始めます。

戸浪の話を栞と重ね合わせる完治。

その後、井上から3000万なら融資可能という電話を受けた完治は川本にそれを話しますが、川本はその額では全然満足していない様子。

3000万の融資を生かせる新たな提案をする完治でしたが、川本はまともに聞こうとしません。

川本ともみ合う完治の上にはかご台車が…!

一方、美咲の代わりに結婚式場を春輝とともに見に来た真璃子。

春輝とのキスが忘れられない真璃子は、春輝に自分のことを名前で呼ぶのはやめてほしと告げます。

そんな真璃子に納得がいかない様子の春輝。

すると春輝は美咲から他に好きな人がいると直接告げられたことを打ち明けます。

それでいいのかと問う真璃子に、自分も似たようなものだからと言います。

癌が発覚した冴を安心させるために美咲との結婚を選んだのだというのです。

さらに春輝は、自分も他に好きな人がいるといいます。

それが真璃子だという春輝。

その時、真璃子の携帯へ完治が病院に運ばれたと連絡が入ります。

美咲も金沢から完治のいる病院へ。

そこで栞と遭遇した美咲。

病室へ入った美咲に、完治は改めて戸浪と別れるよう言います。

すると美咲は、自分が戸浪と別れる代わりにお父さんもあの人と別れて、と言い出し…。

…というのが「黄昏流星群」6話の大まかなあらすじ。

5話でキスをした春輝と真璃子でしたが、6話ではまさかの愛の告白!

他にも好きな人がいますと言った時点でそれが誰かは分かっていましたが、ここまでストレートに告白をするとは…!

また、川本ともみ合って怪我をしてしまった完治。

これまでまったく荻野倉庫の面々と馴染めなかった完治でしたが、ここから荻野倉庫との関係がよくなっていくのでしょうか?

「黄昏流星群」7話以降も見逃せません!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第6話のネットの反応や評価は?

https://twitter.com/dCYY6yEq8Y8ogxX/status/1063069597438361600

ドラまる
「中学聖日記」が気持ち悪いと話題となってるけど、「黄昏流星群」も気持ち悪いと話題になってるね。

https://twitter.com/gutibakaridayo0/status/1063065471879065601

ラマちゃん
6話では真璃子に告白をした春輝。

婚約者の母親に告白する春輝も問題だけど、そんな春輝に内心ときめいてる真璃子が6話での「気持ち悪い」ポイントだったようね。

https://twitter.com/s3vxRhMG91z6AHB/status/1063068537080623109

ドラまる
確かに、春輝はいつ真璃子に惹かれたんだろう?
ラマちゃん
言われてみればちゃんと描かれてなかったわね!

でもそこをもっと描かれてたらさらに生々しくなってたかも?

https://twitter.com/miiiidooooooori/status/1063064405204553729

ドラまる
川本は傷害罪成立するね!
ラマちゃん
これを機に川本も改心してほしいわ。

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『黄昏流星群』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『黄昏流星群』6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『黄昏流星群』7話のあらすじは?

2018年11月22日(木)放送のドラマ『黄昏流星群』6話のあらすじをご紹介します。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲の話題になると気まずい空気になる。また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社。大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度。気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り残業をこなす毎日…。その理由を尋ねることもできないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた…。
そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになり…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『黄昏流星群』第6話のあらすじネタバレと感想と7話のあらすじをご紹介しました。

今回の見どころは、春輝の告白と川本ですね。

とうとう真璃子に告白をしてしまった春輝。

あまりにストレートすぎる告白に思わず吹いてしまいました。

さらに、その春輝からの告白を内心嬉しそうに受け止める真璃子の表情がまた何ともいえないです。

また、完治に怪我を負わせてしまった川本。

これから川本が改心し「荻野倉庫」が1つにまとまっていくかにも注目ですね。

ドラまる
美咲から栞と別れるよう言われた完治は栞と別れられる?
ラマちゃん
美咲から思わぬしっぺ返しをされた完治。

2人の恋の行方も気になるわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA