ドラマ【黄昏流星群】5話ネタバレと感想。春輝と真璃子のキスシーンがやばい!

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』
ドラまる
2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第5話が2018年11月8日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
栞と一緒にいるときに美咲の浮気現場を目撃してしまった完治。

4話でまさかの展開となったわけだけど、5話ではさらに大波乱…!?

こちらの記事では、ドラマ『黄昏流星群』第5話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第5話のあらすじネタバレと感想

2人でホテルへと向かった完治(佐々木蔵之介)と目黒 栞(黒木 瞳)。

そこで完治は、美咲が春輝(藤井流星)ではなく年配の男性とキスをしているところを目撃してしまいます。

美咲と話すことなくそのまま栞とともにホテルの部屋へ入るも、美咲のことが気になって仕方ない完治。

美咲のことで頭がいっぱいな完治は、結局栞とその先へ進むことはできませんでした。

その後、エレベーターでキスをしていた男のことを聞き出そうとする完治でしたが、「私もお母さんに言わないから、お父さんもこれ以上詮索しないで」と言われてしまいます。

そんな中、春輝は母親・冴と毎年行っている旅行について話をしていました。

体調が優れない自分の代わりに、美咲と2人で行ってくればいいという冴。

一方、完治は栞と会い、昨晩の事を詫びます。

完治と一緒にいるだけで楽しいと答えた栞は週末に山に連れて行って欲しいと頼み、完治は喜んで約束。

しかし、完治が帰宅をすると瀧沢家と春輝の4人で家族旅行に行こうという話になっていました。

断れる状況でない完治は仕方なく4人での良港を了承。

こうして、4人で旅行へ行くことに。

旅行先に到着した4人は、旅館で夕食を取ります。

食事中に電話がかかってきた美咲は、一旦部屋から退出。

美咲の後を完治がつけると、エレベーターでキスをしていた男と同一人物と思われる男と話していました。

そこで美咲が「先生」と言ってるのを聞きます。

一方、栞はいつも通り母親・悦子のいる施設にいました。

ところが栞と一緒にいる時に突然意識を失ってしまった悦子。

そのまま亡くなってしまいます。

そのころ、真璃子(中山美穂)から美咲の恩師が戸浪恭介(高田純次)だと聞いた完治は、旅館のPCルームで「戸浪恭介」を検索。

その結果、戸浪が自分より16も上の66歳だと知ります。

それを知った完治は旅館の廊下で、美咲に戸浪と別れるよう諭します。

しかし、戸浪が好きだとはっきり告げる美咲。

さらに、自分は栞とすぐに別れられるのかと言われた完治は何も言い出せなくなります。

2人の会話を春輝は聞いていて…。

完治が部屋を不在にしている中、部屋にある完治の携帯が鳴ります。

栞からでした。

部屋にいた真璃子は躊躇しつつもついにその電話に出ることに。

浮気がバレたと察した栞は思わず間違い電話のふりをして電話を切りました。

夫の浮気が確定した真璃子は1人で旅館の外に。

そこで、美咲の浮気を知ってしまった春輝が現れ、2人はキスを…!

旅行から帰ったあと、栞の母親が亡くなったと知った完治は栞にラインをしますが「もう私とは関わらないでください」との返信が。

何もしてあげられなかった悩む完治でしたが、居酒屋の店主・徳田(小野武彦)から「大事なのは自分がどうしたいか」と言われた完治は、栞の自宅へ。

そこで、浮気がバレたことを完治に打ち明けた栞は「私たち、まだ引返せる」と言い完治を追い返そうとします。

しかし、そんな栞を振り切って完治は栞を抱きしめキスを…。

…以上が「黄昏流星群」5話の大まかなあらすじ。

ついに完治と栞が完全に引返せない状況になってしまいましたね。

ラストの2人のキスシーンはなかなか印象的でした。

が、今回さらに印象的だったのが春輝と真璃子のキスシーン。

こちらも、春輝が強引にいきましたねー。

でも、そんな春輝のキスシーンにドキっとした自分がいます。

ますます関係がドロドロとなってきた「黄昏流星群」

今後も目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第5話のネットの反応や評価は?

https://twitter.com/m805h2KQ6sJ4eRp/status/1060541290486452225

ドラまる
春輝(藤井流星)のキスシーンにキュンとされてる方続出!
ラマちゃん
強引なキスがかっこよかったわね!

流星君がいつも以上に男らしく感じたわ!

ドラまる
完全に栞と一線を越えてしまった完治。
ラマちゃん
でもそれが本当の愛ではないという可能性もあるかもしないわね!

瀧沢家が元に戻る日は来るのかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『黄昏流星群』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『黄昏流星群』5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『黄昏流星群』6話のあらすじは?

2018年11月15日(木)放送のドラマ『黄昏流星群』5話のあらすじをご紹介します。

目黒 栞(黒木 瞳)とついに一晩過ごした瀧沢完治(佐々木蔵之介)。真璃子(中山美穂)には、銀行の同期と飲んでいたらタイミングを逃したので、井上英樹(平山祐介)の家に泊まると電話した。そんな完治を栞は心配そうに見ていた。

翌朝、栞と朝食を共にし、清々しい朝を迎えた完治。しかし、帰宅する完治を送り出し、洗濯物を干し始めた栞は体に異変を感じる。一方、家に帰ったもののすぐに出社する完治の姿に途方に暮れる真璃子は、水原聡美(八木亜希子)に夫の浮気は確定的だと打ち明ける。思わず出てしまった完治の携帯電話から聞こえてきた知らない女性の声、表示された目黒栞という名前、そして明らかにおかしい昨晩の外泊…。ここまでハッキリ浮気と分かってしまうと逆に問いただす気にもなれないと真璃子は嘆く。

美咲(石川 恋)と日野春輝(藤井流星)の結婚を進めるため両家で顔合わせをすることになり、日野家に出向いた完治たちは、豪華な邸宅や春輝の母・冴(麻生祐未)の厳しい目、凜とした物言いに気圧される。特に、早く孫をと望む冴のプレッシャーに窮屈そうな美咲。帰り道、完治は美咲に戸浪恭介(高田純次)とは別れるのか問い質す。きちんと別れるから心配しないでと答える美咲。

完治が荻野倉庫に出社すると、川本 保(礼二)が荒れていた。メインの取引先から契約を打ち切られた、という。完治は融資を頼みにかつての勤め先、若葉銀行へと赴くが…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『黄昏流星群』第5話のあらすじネタバレと感想と6話のあらすじをご紹介しました。

4話の美咲と高田純次さんのキスシーンが衝撃的でしたが、5話では春輝のキスシーンが印象的でしたね。

普通に考えたら彼女の母親にキスとかあり得ないのですが、むしろきゅんときてしまいました。

美咲の浮気を知ってしまった後だったから、なんとなく春輝に感情移入できたのかもしれません。

ドラまる
6話では春輝と真璃子はさらに進展?
ラマちゃん
美咲との結婚は着実に進んでいくようだけど…

その中での進展なら更にスリル満載よね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA