ドラマ【黄昏流星群】2話ネタバレと感想。春輝に惹かれ始める真璃子!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第2話が2018年10月18日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
日本で運命的な再会を果たした完治と栞。

2話ではどこまで距離が縮まるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『黄昏流星群』第2話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第2話のあらすじネタバレと感想

瀧沢完治(佐々木蔵之介)はスイスで出会った目黒 栞(黒木 瞳)と偶然再会を果たします。

栞は出向先の荻野倉庫の食堂で働いていたのです。

完治を見つけた栞は思わずその場から逃げようとしますが、それをなんとか引き止めた完治は、スイスで飛ばされた傘の代わりを購入したから傘だけでも渡したいと伝えます。

そう言われた栞は、母が入居している施設の住所を書いたメモを渡すことに。

一方、真璃子(中山美穂)は、娘の恋人、日野春輝(藤井流星)と鮮烈な出会いを果たしました。

庭の手入れ中に怪我をした指の手当をしてもらったのです。

冷静で心優しい春輝に、真璃子は思わず春輝を男性として意識しかけてしまいます。

しかし、春輝から「母親」という言葉を聴いた真璃子は我に返り、自分に呆れます。

そのころ、約束通り栞の母の入居している施設に完治から送られてきた傘が届きます。

久しぶりの男性からのプレゼントに予想以上に舞い上がる栞。

一方、正式に荻野倉庫への出向の話を受けることにした完治は、真璃子に出向のことは伝えられずにいました。

そんな中、栞から連絡が。傘が無事に届いたことのお礼でした。

しかも、傘のお礼を直接会ってしたいと言われた完治は、喜んで栞と再び会うことに。

そこで出向の話を正式に受けたことを栞に話します。すると、栞は実は自分が独身だったことを打ち明けます。

ひとり身の寂しさや母を施設に預けたことで1人の時間を持て余していることも話す栞に、これからもまた会いたいと伝えた完治。

こうして2人は少しずつ距離を近づけていました。

そのころ、真璃子は若葉銀行から届いた完治の荷物を受けとります。

その中に「篠田薫」(本仮屋ユイカ)と書かれたメッセージカードが入っていたことに気づいた真璃子は完治に対する浮気の疑惑をますます感じていました。

そんな中、完治と真璃子の共通の友人が新たに店を開いたことで、そのパーティに2人は参加をします。

そこで出向のことを伝えようと考えた完治は真璃子を人の少ないところへ連れ出します。

「話がある」と切り出す完治でしたが、完治に対する浮気の疑惑を完治にぶつける真璃子。

結局、完治は出向のことを言えないままとなってしまいました。

後日、荻野倉庫への初勤務を迎えた完治は、携帯を家に忘れたことに気づきます。

真璃子もまた、家に完治の携帯があることに気づきます。浮気の疑惑から思わず完治の携帯を見ようとする真璃子でしたが、その気持ちを抑え若葉銀行まで届けに行くことに。

そこで、完治がもう若葉銀行の支店長ではないことを聞かされます。

そして、その時対応したのが篠田薫でした…。

…以上がドラマ『黄昏流星群』2話のあらすじ。

完治と栞が一気に近付きましたねー。まさか、栞は独身だったとは。

完治と栞のラブストーリーとだけ考えれば結構純愛なんですが、一方真璃子の春輝に対する気持ちは…。

何といっても娘の婚約者ですからね。

ですが、完治への不満から春輝への気持ちを抑えきれなくなる可能性も?

3話以降も目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』第2話のネットの反応や評価は?

https://twitter.com/calcal_Z/status/1052911478515195904

ドラまる
主要登場人物全員がまさかの「キモい」!?
ラマちゃん
特に篠田の猛烈アタックは凄まじいわね。。

でも、このキモさがどこまで発揮されていくのかは見どころね!

ドラまる
娘の婚約者に惹かれてしまった真璃子が痛いという意見も。
ラマちゃん
真璃子と春輝はほんとに恋仲に?

もしそうなったら完全に家族崩壊だけど…、お互いに惹かれ合うなんてことがあるのかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『黄昏流星群』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『黄昏流星群』2話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『黄昏流星群』3話のあらすじは?

2018年10月25日(木)放送のドラマ『黄昏流星群』3話のあらすじをご紹介します。

出向先の荻野倉庫に初出社をした瀧沢完治(佐々木蔵之介)だったが、周りの視線は冷たい。銀行からの出向者は、荻野倉庫の社員たちにとって煙たい存在でしかなかったのだ。職場になじもうとする完治の努力も虚しく、川本保(礼二)ら社員たちとの距離は一向に縮まりそうにない。

一方、銀行に完治の忘れ物を届けに行った真璃子(中山美穂)は、夫が出向したことを秘書の篠田薫(本仮屋ユイカ)から知らされる。大きなショックを受けた真璃子は、今までの不満を完治にぶつけてしまう。

そこへ帰宅した美咲(石川 恋)からも、自分の結婚までは出向を先延ばしにしてほしかったと責められる。婚約者である日野春輝(藤井流星)の母が家柄を気にするから、と。さらには先日春輝と会う約束をすっぽかした話も持ち出され、完治は謝るほかなかった。

家庭でも気が休まらない完治は、昼休みの社員食堂で目黒 栞(黒木 瞳)に会えることが楽しみだった。しかし、その日栞は目も合わせてもくれなかった。落ち込む完治に、先程の態度を謝罪するメールが届く。社外では会えると言う栞を、完治は近いうちに山へ行こうと誘う。栞と約束した日を楽しみにする完治だったが、突然の連絡が若葉銀行のかつての同期から入ってしまう。

その頃、真瑠子は友人の水原聡美(八木亜希子)に離婚という選択肢を提案され、その時は否定したもののやはり気になり自宅のパソコンで、離婚について調べていた。その様子を、美咲を迎えに来た春輝に見られてしまい…。
公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『黄昏流星群』第2話のあらすじネタバレと感想と3話のあらすじをご紹介しました。

着実に近づいている完治と栞。

真璃子も春輝が気になっている要素。

このままだとw不倫となりますが、果たしてどうなってしまうのでしょうか?

そこへ篠田の存在も。どんどんドロドロになってきましたね。

ドラまる
3話では出向の事実を知った真璃子は完治に不満を爆発!
ラマちゃん
はやくも瀧沢家ピンチ!

続きが気になるわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA