黄昏流星群|1話見逃し動画無料配信はこちら【10月11日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓無料で『黄昏流星群』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『黄昏流星群』第1話(2018年10月11日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『黄昏流星群』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『黄昏流星群』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『黄昏流星群』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『黄昏流星群』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『黄昏流星群』第1話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『黄昏流星群』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年10月11日(木)放送終了後〜2018年10月18日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送開始前ですが、最もお得に『黄昏流星群』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムになると思われます!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『黄昏流星群』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『黄昏流星群』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『黄昏流星群』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されるでしょう。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『黄昏流星群』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『黄昏流星群』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『黄昏流星群』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のFODプレミアムへのリンクからご覧ください!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第1話のあらすじは?

2018年10月11日(木)22時00分より放送のドラマ『黄昏流星群』第1話のあらすじをご紹介します。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は勤続28年の銀行マン。

懸命に勤めた甲斐あり、若葉銀行新宿支店長にまで上り詰め、自他共に認める出世頭だった。

優秀ゆえ、部下の女性から熱い視線を送られることもあるが、完治は応えない。

不倫は出世の致命傷になるし、興味がなかった。

妻の真璃子(中山美穂)もその点は完治を信用し、ずっと支え続けている。

働き詰めの完治と時間をあまり共有出来ない真璃子の生きがいは娘、美咲(石川 恋)。

その状態がもう20年以上続き、夫婦にはそれが日常になっていた。 

そんな中、真璃子は美咲から、近々恋人の日野春輝(藤井流星)を紹介したいと言われ、ショックを受ける。

自分から娘を取ったら何が残るのか、そしてこれから先どうすればいいのか…。

一方、最優秀店舗賞まで獲り、すぐにでも本店への昇進かという完治にも思わぬ出来事が起こる。

出向を言い渡されてしまったのだ。

派閥長の不祥事の巻き添えで自分は切られた、と知った完治は、街を彷徨い場末の居酒屋でボロボロに飲み潰れる。

そんな完治は目の前のグラスの氷を見て、ふとあることを思いつき…。

数日後、完治の姿はスイスにあった。

真璃子には出張だと嘘をつき、一人で来てしまった。

しかし、生憎の悪天候でマッターホルンには登頂はもちろん見ることも出来ない。

それでも完治はマッターホルンへのロープウェイに乗る。

吹雪の中、自分一人だと思っていたゴンドラに日本人女性、目黒 栞(黒木 瞳)が乗り込んできて…。

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『黄昏流星群』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ぴよちゃん
エリート銀行員と献身的な妻、主人公が恋に落ちる運命の女性というラブストーリーで楽しみにしています。

出演者さんも豪華で佐々木蔵之介さん、中山美穂さん、黒木瞳さんで演技も素晴らしい方ばかりで期待しています。

また大人の方だけではなく、若い人に人気のジャニーズWESTの藤井流星さんも出演するということで、どちらかというとそちらの年代に近い自分は楽しみにしています。

大人のラブストーリーということで、刺激も強そうでハラハラしそうですがまずは1話見てみようと思います。

できればこのまま夫婦が一緒になってほしいと個人的には思いますが、展開が気になります。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

ぽむぽむ
原作は2000年にに文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したということで、とても期待をしています。

最近のラブストーリードラマは若い男女を描くことが多いけど、人生の折り返し地点を通り過ぎた男女のラブストーリーもとても魅力的だと思いました。

また、キャストも佐々木蔵之介さん、黒木瞳さん、中山美穂さんなどととても豪華なため、大人な恋愛ストーリーを見れると思うととても楽しみです。

それぞれに事情を抱えつつ、人生や恋に葛藤し交錯する男女三人それぞれの生き方の絡みがどう言う展開を生んでいくのか、予想もつかず、とてもわくわくします。

ペンネーム:ぽむぽむ(20代・女性)

shu-mama
短い予告だけではなんとも言えませんが、テーマとしてはあまり興味ないかな、、という感じでした。

40代になりいろいろな出来事が重なったとは言え不倫するのかな?っという男の話はありがちだし私世代ではとても共感はできないし、嫌悪感のほうが大きいです。

でもって、若くてイケメンな大幅な年下から行為を持たれるアラフォーというのも、ないわーという感じ。

ただ、全体のトーンが大人っぽくて詩的な感じもしたので、この感情をうまいこと逆転させてくれるような説得力ある話だといいなーとは思いました。

アラフォー女性の話の方にも、ないわーではなくあったらいいな~と、思わせるほど説得力あるか、もしくはすてきな話ならずっぽりはまっちゃうかも。

ペンネーム:shu-mama(40代・女性)

さきママ
正直、大まかな内容を読んで、「また不倫ものか…」と感じてしまいました。

最近、奪い奪われな不倫ものが多くなり、私自身が、そのようなドロドロが苦手なのもあって、少し引き気味に感じました。

しかし、唯一気になった設定が、妻である真璃子が恋に落ちる相手が、娘の婚約者だというところでした。

そもそも娘の婚約者に惹かれるというところが問題だし、婚約者も、彼女の母親に惹かれるのも問題だし、年の差だってあるだろうし、一体どういうことになるのだろうと興味は持ちました。

許されなさすぎる設定に、ドロドロ感の凄さを感じています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

むー
今回のグッドドクターとは全く違う、大人の恋愛を題材にした話であるように予告を拝見し感じました。

出演される俳優さんも、ベテランの方ばかりで、大人の恋愛を題材にしていると思われる内容には非常に興味があります。

佐々木蔵之介さん、中山美穂さんともにとても演技がお上手であると感じていますので、10月からのこの時間帯にも大いに期待しております。

今回のグッドドクターが、毎回涙なしでは観られないドラマでしたので、黄昏流星群は、毎週ドキドキ、ワクワクするような、時には切なくなるような、そんなドラマであるといいなと思います。

ペンネーム:むー(30代・女性)

りぃさん
人生を考え始めた大人たちが黄昏の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する物語と聞いたところですごくドキドキするんだろうなぁ、ワクワクもするんだろうなぁって思いました。

どん底に突き落とされて時分の人生を見失いかけたからこその恋ってどんなものなんだろうと思いました。

禁断の恋、許されない恋だからこそのドキドキを味わうことができるのが楽しみです。

ダメだと思っていてもいつどのようなタイミングで恋に落ちてしまうかは分からない、ダメだけど好きになってしまうこともある、バレてしまったら終わり、バレないように恋をするなら難しさ、はらはらドキドキをはやく味わいたいです。

ペンネーム:りぃさん(20代・女性)

2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『黄昏流星群』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ぴよちゃん

『黄昏流星群』第1話のあらすじとネタバレ

銀行の支店長の瀧沢完治は不倫なんて出来ないですし妻の真璃子は娘の美咲が恋人のようでした。

真璃子は仕事中毒だった完治への寂しさを美咲で埋めていたことに気がつきました。

完治は栄転を期待していましたが荻野倉庫に出向を言い渡されました。

完治は翌日スイスに行きました。

大雪のロープウェイで目黒栞に出会いました。

今まで家族に言えなかったことが栞には話せました。

完治はお酒の続きで自分の部屋に誘いました。

そして完治は栞にキスをしました。

栞はその場から立ち去りました。

真璃子は完治が出張でスイスに行くと聞いていたのに銀行の人からは1週間休みを取っていると聞かされました。

『黄昏流星群』第1話の感想

栄転を期待されていた有能な支店長が守口専務のパワハラという他人のミスで悪い方向に人生が変わるという事に怖さを感じました。

長年頑張ってきた完治が可哀想でした。

居酒屋の店主は察して甘酒をくれたのが優しいと思いました。

栞はドイツ語が上手くてすごいです。

スイスで完治と栞が2人で話しているときすごく楽しそうで相性が良いなと思いました。

楽しいのは分かりますが完治が栞にキスをしたのには家にいる真璃子が可哀想です。

完治から1人で行ったと聞いて不安なはずなのに我慢して信じようとして偉いと思いました。

美咲が怒るのも当然です。

面白くて考えさせられるドラマでした。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

みほ

『黄昏流星群』第1話のあらすじとネタバレ

真面目一筋の銀行員、そろそろ出世するのかと思ったら、人の罪をかぶせられて左遷で飛ばされる。

仕事も出来てカッコいい、同じ職場の若い女性からも人気者。

ただ一緒に飲むだけでもまわりの人、同僚にみられたら出世に響くとかたくなに断ってたのに…

出世の夢をあきらめたからか、左遷されたショックか、スイスという異国の国だからなのか、やっぱり黒木瞳さんの美しさに魅了されたのか恋に落ちていく。

銀行の部下からの電話で休暇をとってスイスに行ったことを知り、浮気を疑う中山みほさん。

夫の一人になりたかったという言い訳を信じたのか…

出向を受け入れるか悩み出向先の食堂でまた黒木瞳さんと出会う。

『黄昏流星群』第1話の感想

久しぶりに中山みほがドラマに出るとの宣伝を見てとても楽しみにしていました。

相手役が佐々木蔵之助さんというのは?でしたが、なかなか面白い組合せでした。

でもドラマを見たら黒木瞳さんとの方がもっと意外でした。

妖艶な雰囲気、女の色気、男の人を目線だけで虜にする感じがとても素晴らしく感じました。

世の中の男の人はテレビの画面を見てるだけでもそんな気持ちになったのではないかと思います。

スイスだからって異国で出会い、その日に食事をして、部屋までついて行ってしまった黒木瞳さんのスイスにきた理由、謎めいた言葉がとても気になりました。

こんな偶然の出会いありえない。

ペンネーム:みほ(40代・女性)

mirokichi3

『黄昏流星群』第1話のあらすじとネタバレ

瀧沢完治はエリート銀行員として、28年間仕事一筋の人生を送ってきました。

出世のために身を削りながら、新宿支店の支店長にまで昇進しました。

ある日、本店から呼び出しがあり、更なる出世の道を確信して本店に向かいました。

しかし、頭取から告げられたのは関連会社への左遷の出向でした。

状況を理解出来ない状況で支店に戻った瀧沢は部下から衝撃な事を聞かされました。

それは瀧沢の親しくしている上司がパワハラを起こしたのが原因だったのです。

上司が原因で出世を断たれた瀧沢は自暴自棄になりました。

そして、彼はスイスに行くと妻に突如告げました。

スイスのアルプスを訪れた瀧沢はある女性と出会いました。

その人物は目黒栞という日本人で彼女も悩みを抱えて、単身訪れていました。

すると2人は自然と話が進み、違和感がまったくなく意気投合しました。

しかし、瀧沢は目黒に怒らしてしまい、彼女は姿を消しました。

必死で彼女を探しましたが見当たらず、日本に帰国しました。 

家族には本当の事を言わずに隠したまま日常の生活に戻りました。

目黒の事が忘れれずにずっと気になっていました。

出向先を訪れた瀧沢は食堂で偶然彼女に再会しました。

まさかの出来事に動揺した2人でしたが、瀧沢は懸命に彼女を探します。

そして、ついに再会する事が出来た2人は改めて、挨拶を交わしました。

『黄昏流星群』第1話の感想

数十年も銀行員として働き続けた瀧沢は出世の道を走り続けていました。

ある日、その努力が崩れ去るように関連会社に出向を命じられました。

上司の原因で出世が断たれてしまったのは心が痛いです。

仕事一筋の人生を送ってきて、突如闇の中に入ったようで気持ちの整理がつかないはずです。

落胆した姿はとても辛く感じ、会社組織の闇の部分を見てしまったようです。

スイスに行った瀧沢は目黒という女性に会いましたが、2人は自然と気が合いました。

彼女は姿を消しましたが、瀧沢にとっては何か縁を感じたのではないかと思います。

出向先を訪れた瀧沢は偶然、目黒と再会しました。

その場を去ってしまった彼女を追い、ようやく会う事が出来ました。

この出会いは神様のいたずらではないかと思いました。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

あんころもちこ

『黄昏流星群』第1話のあらすじとネタバレ

佐々木蔵之介さん演じる主人公は銀行の支店長を務めていたが出世街道から外れて子会社に左遷されてしまいます。

まさか自分が、現実を受け止めきれずに酒に溺れて、家族には言えず出張だと嘘をついてスイスに山を見に行くことにしました。

そこで黒木瞳さん演じる女性と出会い、意気投合し唐突にキスしてしまいます。

この女性とは日本に戻ったあと左遷先となる子会社で再会します。

一方で中山美穂さん演じる妻は子供だけが生きがいな主婦です。

その娘が婚約者を連れてくるとの話から、自分のこれからの人生が不安になります。

夫の浮気も疑いますが、本音で話せず悶々とする日々を送ります。

庭先で怪我したところを娘の婚約者が偶然助けてくれます。

『黄昏流星群』第1話の感想

出世街道真っしぐらだと思っていた主人公が突然の左遷にどん底まで落ち込んでしまう気持ちは男の人だからこそ余計に辛いものなんだろなあと思いました。

スイスで黒木瞳さんと出会うなんて運命的な感じで恋に落ちるのも早いんだろなあと思いましたが、キスするタイミング早すぎてびっくりしました。

夫の浮気を疑いながら何も言えずにモヤモヤする妻の気持ちもよくわかります。

娘だけが理解者になってるからこそ夫との関係を良好に無難に保ててるってことなんだろなと思いました。

黒木瞳さんと運命的な出会いの次には運命的な再会まで果たしたので、これからの展開がドキドキです。

ペンネーム:あんころもちこ(30代・女性)

やよい

『黄昏流星群』第1話のあらすじとネタバレ

エリートサラリーマンで銀行勤の瀧澤完治(佐々木蔵之介)は、ある日頭取に呼ばれれます。

栄転の話だと喜んでいくと、倉庫に出向の話だったため、自分のミスではなく上司のパワハラのせいで出向させられることに絶望さえも感じていました。

なにもかも忘れて一人になりたい完治は、スイスに一人で行きます。

出張だと家族には話していた為、出張ではなく一人でスイスに行ったことにに不安を覚える完治の妻真璃子(中山美穂)は、娘(石川恋)にも浮気なのではないのかと、問い詰めたほうがいいと言われるが問い詰めずに信じてその場は終わります。

スイスでは、偶然同じホテルで同じリフトに乗った目黒栞(黒木瞳)に好意をもち夜ご飯を食べたあと、完治は自分の部屋に誘い栞に突然キスをします。

その時のことを謝ろうとしましたが、次の日栞は早くに日本に帰ってしまっていた。

そして出向先の食堂で栞と運命的な再会を完治はします。

一方、妻の真璃子は玄関のバラを手入れしていた時考え事をしているうちに手を切ってしまいます。

そんな時ある若者が真璃子の手をつかみ傷の手当をします。

娘の婚約者なのかどうかが気になるところで終わります。

『黄昏流星群』第1話の感想

ずっとエリートだった完治は、自分はずっとこのまま順調に出世していくのだと信じていたと思います。

それが上司のミスひとつで自分までもが出向をさせられる絶望感を佐々木蔵之介さんはとても上手に演じていて心が痛かったです。

そんな絶望から一人でスイスに行くと決め、家族に本当のことも言わずに、そしてそのスイスで運命的出会いをしてしまうのは現実では考えられませんが、そんな出会いもあるのかもしれないと夢をみさせてくれます。

絶望しているのに家族ではなくひとりの時間を大事にしてしまう完治だからこそ、妻の真璃子は自分の思っていることも言えず問い詰めることもできないのかなと思います。

最後10分の平井堅さんの曲が流れながらの二人がきちんと再会して話せるのだろうかという場面はとてもよく印象に残りました。

ペンネーム:やよい(30代・女性)

ネイル大好き

『黄昏流星群』第1話のあらすじとネタバレ

40代、今までがんばってきた真面目な銀行マンの話です。

家族構成は奥さんが中山美穂、娘が一人、その娘ととても仲良く、それも旦那さんが銀行マンで忙しいから、いつもいるのは娘。

その大事な娘がある日、お母さん、会って欲しい人がいると。

ほんとは喜ぶべきことなのに喜べない母親。

寂しい気持ちでいっぱいだった。

その寂しさにおいうちをかける事件が。

今まで仕事一筋にがんばってきた夫が銀行の上役になるどころか、出向に。

そんななか真面目できた夫の弱い心の隙に、昔よく山が好きで登っていたことを思いだし、ふらっとスイスに出張とウソをついていく。

そこで一人の女性に会う。

その女性は、夫と来るはずだったが都合で一人できたと。

それが黒木瞳。思わず部屋で飲みませんかと、誘う。

そして思わずキスをしてしまう。

その間に、会社から用事で中山美穂に、電話がかかってきて、スイスは出張じゃなかったことがばれてしまう。

娘からも浮気じゃないかと言われて、気にはなっていたけど、余計に色々不安になっていた中山美穂は、夫に不信感を抱くようになる。

そんなことも知らずにいる夫は、キスをしてしまって、部屋を出ていってしまった一人できていた女性が気になってしかたがない。

そのまま会えずに日本に帰国。

帰国して、娘と嫁に問い詰められる。

亀裂が入ってしまった家族、そしてまた、銀行へ。

でもまだ心のなかに、スイスで出会った女性のことが、忘れられない、出向のことも家族に言えないまま時が過ぎていく。

しぶしぶと出向先に行ってみた。

昼を食べようと、そこで、あのスイスであった女性が。

食道で働いていたのだった。

ちらっと聞いたこと、一人で認知症の母をみていると。

その時中山美穂は、一人の男性に出会っていた。

その男性はもしかすると娘の紹介したいという相手なのかそんなところで一話が終わった。

『黄昏流星群』第1話の感想

平凡な家庭で起こる、40代~50代におこる出向、不倫など。身近でありえそうなドラマで見るのが楽しみになるような内容です。

夫だけの出向問題と、不倫問題の話かと思ったら、ちらっと奥さんの方も、久々にドキドキをあじわってしまって始まる恋模様もあるようで、次回も楽しめそうです。

一話では、スイスであった女性が気になって、部屋で飲みませんかと誘われて、部屋で飲んでいるときに、急にキスをされて、でもそこで逃げ出す女性の感じもドキドキさせられました。

その女性にあやまりたかったが、そのまま会えずに日本に帰って来て、偶然会ってしまった。

夫の恋模様と、妻の恋模様、同じ年くらいの設定だから、楽しみです。

ペンネーム:ネイル大好き(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『黄昏流星群』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA