月9ドラマ【SUITS/スーツ】10話ネタバレと感想。11話のあらすじも

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

2018年12月10日(月)にドラマ『SUITS/スーツ』第10話が放送されました。

ドラまる
今日は甲斐の検事時代の後輩や恩師が関わってくるんだね。

恩師の柳とは、前に協力はしないってはっきり言っていたよね。

ラマちゃん
そして、大輔の素性が幸村に知れてしまったことも忘れちゃいけないわ。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』第10話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第10話あらすじネタバレと感想

谷元遊星(磯村勇斗)によって暴かれてしまった鈴木大輔/大貴(中島裕翔)の正体。

そんなことを知らない甲斐正午(織田裕二)と大輔はバディとして着々と仕事をこなしていました。

甲斐に元上司の最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が声をかけます。

ファームの聖澤真琴(新木優子)も甲斐が元検事だったことを知らなかったようです。

幸村チカ(鈴木保奈美)はニセ弁護士だと知った大輔を警察に突き出そうと言いますが、すでに実務を行っているためファームに不利になると甲斐は止めます。

さらに、柳が訪ねてきたことを伝え、過去に柳が行っていた証拠隠しについて明らかにしました。

その話を聞いた幸村は自分で処理をするように命じると同時に大輔の今後を自分に任せるように甲斐に伝えます。

幸村が蟹江貢(小手伸也)と大輔を呼び出し、寝たきりになった与謝野ホールディングの会長の遺言書の作成をまとめるように指示しました。

会長には娘が二人いましたが仲が悪く、両方の意見をまとめるのは困難が予想されました。

姉の藤代(町田マリー)には蟹江が、妹の雛子(本仮屋ユイカ)には大輔が付くことになりました。

この案件で蟹江に勝利しないと大輔はクビになってしまいます。そのため、甲斐先生は絶対勝つように指示しましたね。

一方、甲斐の元に検事時代の後輩で最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)が、柳の件について情報を得ようと接触を図りにやってきました。

しかし、甲斐はのらりくらりと話をはぐらかします。

敵にも味方にもならない。それが柳の元を去った時の甲斐の信念でした。

一方大輔の方は、財産分与について交渉が決裂していました。

異母姉妹だった二人は、お互いに雛子の母が作ったアパレル部門について執着がありました。

アパレル部門を売却したい姉と、相続したい妹。

この点が解決しない限り、遺言書の作成は進みません。

その頃、甲斐に話を聞くためにファームに乗り込んできた澤田は、証言をしなければ弁護士資格を剥奪することもあると脅してきます。

しかし検察は柳が過去に証拠隠しをしていたという確証をつかんではいませんでした。

勝つために手段を選ばないと言う甲斐のやり方は、柳譲りのものだったんですね。

検察内の内部抗争だとにらむ甲斐。

ファームに戻った甲斐は妹の雛子がアパレル部門を手放すことにしたと聞きます。

大輔は姉が和解条件に合意した瞬間に新会社を立ち上げ社員を引き抜くつもりでいました。

しかし、その企みは蟹江にばれ先手を打たれてしまいます。先を越されてしまった大輔は、さらに罠を仕掛けます。

姉妹がそろっての条件のすり合わせの際、U&Tからアパレル部門を買収したいと言う話が来ていると藤代側から伝えられましたが、これは大輔が流した情報でした。

蟹江先生!お互いの情報は盗み見ないと言っていたのに大輔のメールを盗み見ていましたね。

大輔は売却した先の社長に雛子を就任させ、アパレル部門を彼女の元に残せるように企んでいました。

そしてそれを知った蟹江が怒鳴り込んできますが、柳の件があった甲斐は蟹江に対し「不正を働いた人間が偉そうに」と声を荒げます。

玉井だけでなく、その場にいたすべての人が驚いたことだろうと思います。蟹江もいつもの口調と全く違っていました。

勝利を確信した甲斐と大輔でしたが、さすがファーム一の勝利数実績のある蟹江。

アパレル部門をU&Tに法外な額で売却していたのです。

妹は借金まみれの会社を手に入れたことになり姉の復讐は成功した形になりました。大輔は勝負に負けてしまいます。

そして、甲斐は証拠隠しの証言をすることを条件に澤田から資料を受け取っていました。

その中にあった世田谷区女子高生殺人事件。甲斐が検事として関わった事件でした。

13年前、甲斐が担当したその事件の被告は20歳の青年。被害者の無念に寄り添った柳の証拠隠しにより冤罪を生んでいたのです。

そのことを知った甲斐は柳に引導を渡しに行きますが、柳は聞き入れませんでした。

しかし、柳にとどめを刺すデータを持っていたのは甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)でした。

その録音データを渡された幸村は柳に会いに行きました。

幸村は柳の捜査が終了したと甲斐に伝え、さらに大輔をクビにするつもりでしたが、甲斐は冤罪事件の弁護を大輔に手伝ってほしいと考えていました。

13年も無実の罪で刑務所に収監されていた男を助けるために二人が動き出すのです。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第10話ネットの反応や感想

ドラまる
甲斐先生が大輔のことをいつの間にかすごく信頼していたんだよね。

一生懸命ファームに残れるよう助言してくれたり、自分のことを助けてもらいたいと願うほどの存在になっていたんだ。

ラマちゃん
今日も素敵な大輔を見れたのに、まだまだクビの危機が去っていないのよ~(泣)

ドラまる
海老さま、やっぱりかっこいいね!

ラマちゃん
磯村さんは本当に引っ張りだこね。

ドラまる
谷元兄妹プラスカニ!しかも自前!

楽しそうだね~。

ラマちゃん
最終話に向けて、本編はシリアスだけど現場は楽しそうね!

スポンサーリンク

2018秋・月9ドラマ『SUITS / スーツ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS / スーツ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『SUITS / スーツ』10話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ』第11話あらすじ

2018年12月17日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ』第11話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、澤田和志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。

上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。

強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。

甲斐は栗林の再審請求することを決意する。

自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。

再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。

柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。

甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。

果たして2人の結末は……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ』第10話のネタバレ感想と第11話のあらすじをご紹介いたしました。
今までのスタイリッシュなアメリカンテイストから一変。

柳の証拠隠しを証言するべきか苦悩する珍しい甲斐が見れました。

そして、そんな甲斐を救ってくれたのは秘書の玉井でした。

甲斐&大輔もいいコンビですが、甲斐&玉井のコンビも最初から最後まで最高のパートナーでしたね。

自身の進退を賭けた蟹江との勝負に負けてしまった大輔と、自身が冤罪を生んでしまった甲斐。

二人の強い決意の元最後の裁判が始まります。

ドラまる
元恩師に対する恩義や、自分の正義感と闘う甲斐先生はかっこよかったと思うよ。
ラマちゃん
自分が起訴した事件を、再び弁護側から再審請求するなんて。

甲斐先生の決意が伝わってきたわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA