【SUITS/スーツ】9話ネタバレと感想。真琴とのキスも吹き飛ぶ遊星の暴挙!

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

2018年12月3日(月)にドラマ『SUITS/スーツ』第9話が放送されました。

ドラまる
大輔と砂里のキスで終わった波乱の前回。
ラマちゃん
真琴ちゃんが、二人のキスを見ちゃったのよね。

そして、今日はニセ会計士の不当解雇をめぐって大輔の心に火が付いちゃうのよ。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第9話あらすじネタバレと感想

甲斐正午(織田裕二)がシニア弁護士に昇格することになりパーティが開かれていました。

そこで幸村チカ(鈴木保奈美)から華村百合(石田ひかり)を紹介されます。幸村・上杉法律事務所のクライアントであり法律事務所の会計も取り仕切っている『YURI綜合会計事務所』の所長でした。

さらに25年勤続の同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)について相談を持ち掛けられました。

パーティで鈴木大輔(中島裕翔)は聖澤真琴(新木優子)を食事に招待しようとしますが、谷元砂里(今田美桜)のことを彼女だと誤解していました。

それもそうですよね、あの衝撃のキスを目撃してしまったのですから。

大河原が経歴詐称をしていたため解雇するという甲斐に、大輔は自分のことを守ってくれるのかと問いかけます。

甲斐の返答は「堂々としてろ」でした。

大河原が甲斐の元にやってきて大輔も顔負けの記憶術を披露します。そんな姿に大輔は自分と重ねてしまいます。

甲斐は大河原に解雇通告をしました。無資格であったことがばれたことを告げ、それでも訴えることはせず退職金も支払うという百合の思いを伝えます。

しかし大輔が大河原に助け船を出したことで、逆に百合を不当解雇で訴えると席を立ってしまいます。

百合は経歴詐称を10年も前に知っていたのに、なぜ今解雇に踏み切ったのか?大輔は疑問を抱きました。

3年前も会計士が不当に解雇されたことを思い出す大河原。

納得のいかない大輔は百合に、3年前も不当解雇で訴訟を起こされていたことを問いただします。

甲斐の説得に応じ大河原は解雇に同意する書面に署名をしていたため、逆に大河原に10年前に経歴詐称がばれていた件を話してしまったことを百合から攻められてしまいます。
確かにクライアントの情報を勝手に流してしまったのですから仕方がないですよね。

めげずに解雇理由を調べに行く大輔は、3年前に不当解雇された香西さなえの元に赴きます。

「彼も気づいてしまったんですね。」大きな一言が発せられました。

大河原にももう一度話を聞きに行きますが、「(百合)所長は初めから無資格だと気付いていたのかもしれない。所詮偽物は偽物なんだよ。」と言われてしまいました。

大河原と同じ様にニセの立場を守り戦っている大輔には辛い一言を言われてしまいました。

『YRコンサルティング』百合のもう一つの会社について調べた甲斐。ファームと先方の財務状況について調査していました。

隠された関係があることに気が付いた甲斐は調べを続けることにします。

3年前の訴訟を担当していたのが、蟹江とデートをしていた袴田美波(樋井明日香)の所属するリゲル弁護士事務所でした。

情報を得るために大輔はダブルデートを持ち掛けます。

相手に砂里を選んだのは正解でしたね。鋭い観察力で意気投合の二人。砂里は隙を見て袴田の事務所に潜り込むためのパスカードを盗んでいました。

一方その頃の真琴と玉井伽耶子(中村アン)の美女二人の居酒屋よかったですね。

袴田の事務所に忍び込んだ大輔は警備員に見つかってしまいますが、なぜか甲斐はその警備員の情報を事細かに知っておりことを丸く収めます。

ペーパーカンパニーの存在を調べていたのは甲斐も同じでした。大輔に事実情報証拠だけを追え。と言ったのは甲斐からのアドバイスだったのですね。

百合の違法行為を暴いたことを幸村に報告すると、自分たちの事務所も被害に遭っていたとわかり幸村も百合と闘うことを決めました。

そのためには確たる証拠が必要でした。

大輔が忍び込んだ際に見た裁判の資料を思い出し、一緒に資料を作ってあげる真琴。超人的な大輔の記憶力が発揮されます。

そして二人はとうとうキスを。やっぱり大輔のことが好きなんですね~。

百合を呼び出し、大輔が作り上げた資料を見せるとそれを本物だと思った彼女は動揺を隠せません。

その資料が本物であることを証言したのは大河原でした。彼はこのペーパーカンパニーの資料を見てしまったことから、突然不当に解雇されていたのです。

幸村「戦友だからこそ裏切りは許さない」

百合の悪事は暴かれましたが、それでも大河原の復職は実らないという甲斐。しかし、大河原はすっきりとした表情で帰っていきました。

「君の事情は知らないが、君は本物の弁護士だ」そう言われた大輔の表情も晴れやかでした。

そして、大輔は砂里との関係もはっきりと答えを出しました。

砂里からそのことを聞いた谷元遊星(磯村勇斗)は、幸村に大輔/大貴の真実を伝えに行くのでした。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第9話ネットの反応や感想

ドラまる
ついに真琴ちゃんが自分の気持ちに素直になったよ~!

ラマちゃん
暴走してしまった大輔のことを守ってくれる甲斐先生が男前なの。

ドラまる
『振り返ればやつがいる』また観たくなっちゃった。

大輔と大河原のやり取りもジーンとしたね。

ラマちゃん
この二人が並んで居酒屋にいたら驚くわね~。

ドラまる
遊星が!遊星が!

妹が大切なのはわかるけど、ばらしちゃうんだー。

ラマちゃん
『めざましテレビ』の紙兎ロペとコラボしてるのね。

スポンサーリンク

2018秋・月9ドラマ『SUITS / スーツ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS / スーツ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『SUITS / スーツ』9話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ』第10話あらすじ

2018年12月10日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ』第10話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。

柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。

柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。

甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。

しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。

その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。

柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。

甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。

チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。

病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。

だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。

チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

そんな折、甲斐のもとに、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってくる。

澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と返すが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。

今回、大河原と自分を重ねてしまった大輔の暴走を、甲斐がどのように止めるのかが醍醐味なのかとみていましたが、まさかの遊星再登場で大波乱が起きました。

確かに甲斐はとてもスマートに大輔のことも守ってくれて本当にカッコよかったし、大河原さんが少年野球のスコアラーができることになってホッとしたりうまくまとまったなぁと思っていたところだったので、途中の真琴と大輔の美しいキスも吹き飛んでしまいました。

次週は、大輔の経歴がばれてしまったことに加え、甲斐自身も大きな渦へと飲み込まれていきます。

いよいよ敏腕弁護士と天才フリーターのバディが見られるのも残りわずかです。

ドラまる
大輔が暴走したと思ったら、今度は遊星が暴走!
ラマちゃん
事実を知った幸村はどんな決断を下すのかしら?

そして13年前の殺人事件の冤罪疑惑も持ち上がるのよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA