【SUITS/スーツ】8話ネタバレと感想。中島裕翔のキスシーンが話題!

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

2018年11月26日(月)にドラマ『SUITS/スーツ』第8話が放送されました。

ドラまる
大輔が替え玉受験をしていたことが真琴にばれてしまったよね。
ラマちゃん
今日は大輔が本当は大貴であることもばれそうな予感。

大輔、窮地に追い込まれる?!

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第8話あらすじネタバレと感想

鈴木大輔/大貴(中島裕翔)は替え玉はもうやっていないと聖澤真琴(新木優子)に弁明していました。

事務所に呼ばれた大輔と真琴は大手建設会社『烏丸建設』の有害性塗料の集団訴訟について手伝うように指示されました

一審で原告団の完全敗訴となった裁判でしたが、和解金が多額になることを見越して控訴審を受けることにした幸村チカ(鈴木保奈美)。

健康被害を訴えるのはブラックスキャンダルの巻田(片桐仁)でした~!

一審の敗訴は担当していた弁護士がスキャンダルによって廃業に追い込まれたことが原因でした。

相手がスタンリー弁護士事務所の畠中美智瑠(山本未來)だと聞いた甲斐は裏に何かあると気が付きます。

その畠中が、幸村・上杉法律事務所から社外秘の情報が洩れていることを指摘しにやってきました。

蟹江貢(小手伸也)は情報漏えい者を探しだすためにアソシエイト達を集めます。

この犯人捜しのせいで、事務所内の空気がぎすぎすしてしまいましたね。

大輔に畠中の過去の裁判例を調査させていた甲斐は、彼女が訴訟を取り下げさせる方法で数々の集団訴訟の裁判で勝利してきましたことを知ります。

あの手この手で原告の弱みを握り、裁判から降りさせていたのです。女版甲斐正午ですね。

甲斐は畠中対策として、原告側代表の中にいた「過去に悪質な訴訟を起こしていた人」や、「家族が不祥事を起こした人たち」をおろすことにします。

そして、原告代表にふさわしい人物・瀬川にも会いに行きますが畠中が一足先に手をまわしてきていました。

瀬川に脅迫のために接触してきた雑誌の記者も偽物で、そこを起点に責めることができませんでした。

そして、蟹江が探していた情報漏えいの犯人が分かりました。

問題のフォルダに当該時刻にアクセスしていたのは一人。

聖澤真琴。

無実を訴える真琴ですが、事務所を一時停職になり帰宅しようとすると、大輔から「真琴を信じる」と言われます。

カッコいいですね~鈴木先生。弱っているときにこんなに心強い味方が現れたら、寄りかかりたくなってしまいますね。

ビリヤードに興じる甲斐と畠中。

50億で手を打つという甲斐と、5億の和解金で終わりたい畠中の会話は平行線をたどります。

そこで甲斐は、蟹江を使い専務の横領情報を手に入れ、烏丸建設に乗り込みますが専務は即刻辞任させられ、裁判の材料として使えなくなってしまいました。

それと同時に畠中の手に落ちた原告たちが訴訟から次々と降りていました。

今回も弱みを握られたほとんどの原告たちが和解金100万円で手を打ち始め、焦る甲斐は原告団代表の一人・水原美咲(矢田亜希子)に話を聞きます。

彼女の家は、有害物質の入った塗料が禁止されてから建てられた家のため、本来ならば訴訟に加わることができなかったことを知ります。

数々の弱みをついてきた畠中がなぜ水原のことを真っ先に追求しなかったのか?

そのことから、烏丸建設が禁止された後もその塗料を使い続けていたことを突き止め、このことが公となり、訴訟は原告側の全面勝訴。

烏丸建設は、さらなる訴訟を起こされる窮地に立たされることとなりました。

女版甲斐がしなかったことに目を向けたことで、隠されていた真実が見えてきたんですね。

そして、情報漏えいの真犯人も見つかりました。

大輔がダイキと呼ばれていたことに気が付いていた館山健斗(岩井拳士朗)でしたね。

自分がアクセスしていたログを消し、さらにその後に真琴がアクセスしていたログを消去していました。

無実が証明された真琴は大輔とハイタッチです!

ついに二人の距離が近付いたかと思っていたら、最後の最後に砂里の手作り差し入れ&キスです。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第8話ネットの反応や感想

ドラまる
『東京ラブストーリー』に続きまして『ラストクリスマス』の再来まで!

ラマちゃん
真琴のことをただ一人信じていた大輔。

本当の気持ちはどうなんだろう~?

ドラまる
真琴が犯人じゃなくてよかった~。

大貴のことに勘付いていた館山がこれでおとなしくなるかなぁ。

ラマちゃん
先週の予告で映った問題のキスシーン、一番最後!

続きが気になる終わり方よー。

ドラまる
長年主演を張ってきた織田さんならではのキャスティング。

誰が出ても、名作のタイトルが出てくるね。

ラマちゃん
今回の蟹江VS真琴は結構ド派手だったね。

ちゃんと謝罪の言葉を言わせた真琴ちゃんの勝ち!

スポンサーリンク

2018秋・月9ドラマ『SUITS / スーツ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS / スーツ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『SUITS / スーツ』8話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ』第9話あらすじ

2018年12月3日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ』第9話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。

そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。

しかも百合は、チカの大親友なのだという。

そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。

実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。

それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。

百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。

しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。

そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。

すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。
今回の真琴は、周りに振り回されていましたね。

情報を漏えいした館山もスタンリー法律事務所の手のものがそそのかしたことだったようですし、大輔と砂里のキスも目撃してしまうし大変です。

大輔の方も、身元がばれてしまうのか?と思いましたが、館山が今回の件でおとなしくなってくれるかなと淡い期待を込めています。

個人的には矢田亜希子さんと織田裕二さんの掛け合いが少なかったのが残念ですが、山本未来さん演じる畠中と甲斐の関係を見ているのが楽しかったです。

大人な会話の中に、学生の時の甲斐先生を垣間見れたような気がしました。

ドラまる
大輔の秘密はばれなかったね。

次回は、大輔と同じ境遇のニセ会計士が登場。

ラマちゃん
次回はゲストに西村まさ彦さんよ。

15分拡大で放送されるから要チェックよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA