SUITS / スーツ|7話の動画無料視聴はこちら【11月19日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

↓無料で『SUITS / スーツ』日本版を全話見る↓

FODプレミアム

月9ドラマ『SUITS(スーツ)』第7話(2018年11月19日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『SUITS(スーツ)』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『SUITS(スーツ)』第7話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『SUITS(スーツ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『SUITS(スーツ)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『SUITS(スーツ)』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月19日(月)放送終了〜2018年11月26日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2018秋の月9ドラマ『SUITS(スーツ)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『SUITS(スーツ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『SUITS(スーツ)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『SUITS(スーツ)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『SUITS(スーツ)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。
(初回登録日が10/9の場合、11/8まで無料期間になります)

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『SUITS(スーツ)』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『SUITS(スーツ)』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじは?

2018年11月19日(月)21時00分より放送のドラマ『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。

桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。

そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。

『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。

大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。

大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。

同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。

そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。

実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。

事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。

甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。

そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。

ドラマ公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『SUITS(スーツ)』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『SUITS(スーツ)』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

neko
砂里が現れて、大輔の家族や周辺の近況を話す事で、大輔は安心しているように見える。

砂里の前では彼も「大貴」に戻れる。

このまま周りをだましたままで居られるのか疑問だ。

甲斐と蟹江のコンビは悪くないと思うが、何とも相性の悪さが不協和音を奏でていて面白い。

2人の仕事の方法は少々違えど、そこに正義がある。

蟹江は少々詰めが甘くずるがしこいが、弁護士としての正義は持っているだろう…と思う。

今後いっそう2人が協力体制をとるところをまたみてみたいものだ笑。

大輔は華名に正体を見抜かれ、自分の件から手を引くように忠告され、それを物陰から見ていた者も…。

これはいよいよまずい展開になってきたのだろうか。

次回も難しい案件を、甲斐のスマートさで乗り越えてもらいたいと思う。

ペンネーム:neko(40代・女性)

幸村に匿名の手紙で鈴木は経歴詐称していると訴えたにも関わらず、鈴木は弁護士を続けていることに館山は衝撃を受けた。

そこで館山がボロを出してしまったため、匿名の手紙を書いたのは館山であることがバレてしまった。

甲斐は館山に憤りを感じてしまった。

その時、新たな案件が浮上したため、甲斐と鈴木はその案件を担当し、状況に応じてクライアントさんの要望に応えていくとの展開を予想する。

鈴木は最後まで自分の正体が幸村らにバレないでやり過ごすことができるのかということ、華名が再び登場してくる可能性はないかどうかが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワローズ(20代・女性)

紅葉
次回は鈴木大輔絡みの話が気になってしまいます。

司法試験の替え玉をした女性や、これから司法試験を受ける真琴との関係がきになります。

甲斐の案件としては企業の合併交渉のようです。

こちらもいろいろありそうですが、敏腕弁護士の甲斐ならば、上手くやってくれるでしょう。

甲斐と蟹江コンビも良かったので、また、この二人で仕事をしてほしいです。

また、甲斐の秘書の玉井は蟹江のことが嫌いなようですが、この二人の関係も気になります。

蟹江は性格に難がありますが、キャラクター的には面白い存在だと思います。

そのためドラマを見ていて楽しい気分にさせてくれます。

ペンネーム:紅葉(50代・女性)

たかは
事務所の新人面接に訪れたのは、大貴がむかし司法試験で替え玉受験をした女性でした。

大貴は経歴詐称がバレないか不安になります。

替え玉受験を頼んだ張本人が大貴のことをバラすとは考えにくいですが、これからも大貴は経歴詐称したことがバレないかヒヤヒヤしながら過ごしていくことになります。

そんな人生は何だかとても可哀想です。

もっと正々堂々としていたいと思いますが、アソシエイトとして働いている以上仕方がないのだと思います。

大貴の優れた才能は弁護士に向いていると思うので、早く弁護士資格を取って堂々として欲しいです。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

野球小僧
敵対的買収。

合併に見せかけた買収は乗っ取りだと、甲斐は、聖沢社長に。

でも言葉は選んでと、 食いついてくる聖沢社長だった。

相手は最強の弁護士だった。

蟹江に任せたチカだったようだか、蟹江がだめだったのか、私がバカだった。とすごく困り果ててた。

チカは聖沢社長に「上杉はげんきか?」と聞かれてなにか 困ることを知っていてわざと聞いているような感じだった。

困ったチカはなんとかできる?と甲斐に聞いたが、「やられた。」と一言、いつも以上な問題が起こるんだろうと。

余裕はない感じだったから、勝つには大変なんだろう。

でも無事に勝ち取ってくれるのではないかな?と思います。

見るのがわくわくしてしまいます。

ペンネーム:野球小僧(40代・女性)

2018年秋ドラマ『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

冬子

『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレ

甲斐は企業合併の弁護をすることになりました。

しかし、合併とは表向きだけで、実は買収をしようとしていることがわかります。

しかも、その買収しようとしている企業の弁護士は、パラリーガルの真琴の父親でした。

真琴は優秀ですが、試験の時に緊張しすぎて上手くいかなくなってしまうようです。

真琴は彼女の友人が替え玉受験で司法試験に受かったことを知り、切羽詰まった彼女は自分も同じ人に依頼したいと思いました。

ですが、その替え玉受験をやったのが鈴木大輔だということがバレてしまいます。

甲斐は結局、奇策を使い、買収できないような形にしました。

『SUITS(スーツ)』第7話の感想

替え玉受験が意外な形で表れてしまいました。

確かに同じ業界にいれば、いつかそれがバレてしまう時が来ます。

真琴の友人は替え玉受験で司法試験に合格しました。

しかし、それがバレてしまうのは時間の問題でしょう。

真琴は頭が良い女性だと思うので、このままでは行かないと思います。

鈴木大輔も経歴詐称で弁護士になれましたが、やはり心のどこかで罪悪感のようなものがあったでしょう。

どんな形でも不祥事が表沙汰になることで、それを一掃して、これからは真っ当な道に進んでほしいと思いました。

蟹江弁護士は転職を考えていたようです。

優秀な弁護士ならば独立という方法もあると思いますが、蟹江弁護士はそれを考えていないのか気になりました。

ペンネーム:冬子(50代・女性)

『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレ

桜庭リゾートホテルの社長である桜庭は、KJOグループと合併し、海外進出しようとしているのを甲斐に話した。

一方、鈴木は真琴が司法試験に合格できていないとの話を聞いた。

KJOグループ側の代理人弁護士は木次谷だった。

真琴の父親は弁護士で、アメリカの法人のトップらしい。

幸村・上杉法律事務所に面接を受けに来たのが日向子であることに鈴木は驚いた。

かつて鈴木は日向子に替え玉受験を頼まれたらしい。

日向子は真琴の親友である。

甲斐、鈴木は代表である聖澤と交渉をしたが、交渉決裂に終わった。

日向子は鈴木に電話し、真琴の替え玉受験のことでお願いしたいと話したためl、鈴木は戸惑ってしまった。

KJOグループ、タイで横領事件があったとのことが判明した。

「スキームなんて交渉で変わる」と聖澤は幸村に話した。

甲斐は全てのホテルに桜庭の名を併記し、アジア統括マネジャー横領事件の火消し役をしてくれると聖澤に知らせた。

真琴に対し、鈴木はもっと自分に自信を持って、とアドバイスをした。

KJOグループは、合併はブラフで、敵対的買収を仕掛けてきた。

そこで甲斐と鈴木らは桜庭リゾートホテル4軒を売ることにした。

それを受け、聖澤は合併を希望した。

真琴は、鈴木が日向子の替え玉受験をしたことに気づいてしまった。

『SUITS(スーツ)』第7話の感想

替え玉受験をしてあげたことがあるという日向子を目の前にした鈴木は焦りを感じてしまうのも当然なのだと思った。

真琴は今まで弁護士になりたいという気持ちを持っているにも関わらず、試験の雰囲気が苦手だということで、つい替え玉受験を頼ってしまうのは問題があると感じた。

そのことを知ったら聖澤は絶対に真琴に怒りをぶつけることにし、自分を責めてしまうことになるのだと思うと、鈴木にしか真琴を止める人はいないのだと思った。

だからこそ真琴を鈴木が止めるというのが非常に良かったにも関わらず、鈴木が替え玉受験をしたのを真琴が知って怒ってしまうのは悲しいことだと思った。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

たかは

『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレ

桜庭リゾート&ホテルは大手ホテルグループKJOから合併の提案があり、その交渉を顧問弁護士である甲斐に頼みました。

相手側の弁護士は幸村・上杉法律事務所と敵対関係にあるセイントの代表、聖澤敬一郎でした。

聖澤はパラリーガルの真琴の父親で、30代で独立して法律事務所を立ち上げていたのです。

聖澤は一方的な条件を突きつけてきたために交渉は決裂してしまいます。

タイにあるKJOグループのホテルでストライキがあったことを掴んだ大貴が詳しく調べると、マネージャーによる横領事件が発覚します。

これで交渉が優位になると甲斐は喜ぶのでした。

『SUITS(スーツ)』第7話の感想

大貴が以前に司法試験の替え玉をした女性が真琴の親友だったことから、真琴も替え玉受験に興味を持つようになります。

真琴は父親が大手事務所の代表を務めていて立派な人物のためにプレッシャーを感じているのだと思います。

しかし、いくらプレッシャーだからと言って仕事のできる真琴が替え玉を頼むなんて驚きました。

真琴はパラリーガルとして立派に仕事をこなしていて今の状況でも十分だと思いますが、やはり弁護士資格というのはそれほどまでに価値のあるものなのだと思いました。

ひょんなことから真琴は大貴が親友の替え玉をしたことに気づいてしまいます。

良い感じだった大貴との仲が悪くなってしまって、今後の関係が心配です。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

neko

『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレ

桜庭リゾートを訪れた甲斐。

4か所は5つ星の評価も得ることが決まっている桜庭リゾート。

ここに実は合併の話があるという。

一方その頃大輔は、喫茶店で憂いの表情を見せる真琴に声をかける。

彼女は司法試験を諦めていないものの、受験のプレッシャーに弱い事に悩んでいた。

大輔は力になろうとする。

店で2人で勉強がてら、大輔は真琴から父の事を話される。

近々帰国するというのだ。

ある夜、桜庭と甲斐は食事をしていた。

そこへ代理人弁護士である木次谷が現れる。

彼はセイントに移籍し、そこで弁護士をしていたのだ。

セイントがKJOグループの代理人をしている事、友好な合併をするのに相手が因縁あるファームと結ばなければならない状況に、クライアントの利益の為とはいえ、甲斐はなかなか複雑な気持ちだ。

『SUITS(スーツ)』第7話の感想

最初のうちはあまり仲の良くなかった真琴と大輔が、さまざまな案件を通して徐々に理解しあっていき、今回急接近したように思える。

大輔が勉強を見るシーンなどを見ても分かるように。

ファームで行われる面接場で、大輔はかつて自分が替え玉を行った町田に気づくのだが、焦る大輔をよそに甲斐は冷静に対処していた。

2人の関係性は時に親子のようにも見える。

しかも町田は、真琴と大親友だというのだからまた複雑である。

いよいよ合併交渉が始まり、聖澤は遅れて到着する。

緊迫した空気の中、KJOグループと桜庭リゾートの対等な合併を望む甲斐と、規模の大きさから言えばKJOグループが勝っている為、そこの取締役に加えられる部分で対等とする聖澤で、考えは割れた。

厳しさと正しさが問われる回だった。

ペンネーム:neko(40代・女性)

なるはや

『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレ

今回はパラリーガルの聖澤が司法試験を目指すところから始まる。

ところが、聖澤は試験が苦手だと言う。

そんな聖澤に任せといて!と自信顔の鈴木大貴が。

鈴木大貴は記憶するのが得意なのである。

そんな中桜庭社長との会食に参加していた甲斐は、そこで木次谷に出会う。

木次谷は以前に鈴木大貴が息子のために替え玉受験をしていた父親だった。

そして以前のファームから異動した事を伝えてきた。

ここで幸村・上杉法律事務所の名前の由来が判明する。

幸村が上杉を休職処分にして追放していたのだった。

今回も大企業との合併の話や、聖澤が優秀なのに試験が苦手なため替え玉を鈴木大貴に依頼するなど見ごたえ充分な内容です。

『SUITS(スーツ)』第7話の感想

今日の放送も大どんでん返しとハラハラ・ドキドキな展開が楽しめました。

幸村・上杉法律事務所の名前の由来だったり、上杉という名前の代表がなぜいないのかなぜ休職扱いされているのかドラマの真相に迫っていく感じが面白くとても見応えがありました。

リゾートホテルの買収では合併すると見せかけての買収だったり、思わぬ奇策に苦戦を強いられましたが甲斐先生の力によって事なきを得た場面ではスカッとして見ていて気持ち良かったです。

また、鈴木大貴が以前に替え玉をやった事で今回も替え玉を頼まれてしまいしかもその相手が聖澤という皮肉。

聖澤のために替え玉をやってしまうのか?どうするかとドキドキしながら見ていました。

でもそこは聖澤のために替え玉をしなかった決断は良かったと思いました。

あと個人的には蟹江さんの活躍は今回は見られず、空回りしていました。

ギャラが上がったとの事なので蟹江さんの1人勝ちかなという印象です。

ペンネーム:なるはや(40代・男性)

mimi

『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじネタバレ

今回の依頼は、ホテル業界国内大手の桜庭リゾートと海外大手のKJOグループとの合併のための交渉協力。

相手方となるKJOグループのジーン社長の顧問は、竹中直人演じる最強弁護士聖澤代表。

海外大手に足元をみられ、高圧的な態度で不利な合併条件を求められるが、甲斐弁護士は応じなかった。

そして、交渉に有利となるKJOグループに落ち度はないか調査を始める。

その結果、かつてタイのホテル従業員ストライキの為、一時営業停止に。理由はアジア地区を統括していた者の横領事件。

その事実を隠していたことを引き合いに、対等な合併交渉を機会を得ることになった。

交渉の為、資産状況資料を相手に開示するが、情報を利用され、桜庭リゾートの株が敵対的買収に遭う。

合併にみせかけた買収という手口。

それに対して甲斐は資産価値を下げるために、ホテルを売却する対策をとり、対等な合併交渉の機会を得ることができた。

そして恋の三角関係の行方については、今回はダイキと聖澤の恋の行方のシーンが多く展開が進む。

なんと今回の最後、聖澤に試験の替え玉がバレました。

『SUITS(スーツ)』第7話の感想

今回の大物俳優枠は竹中直人さんが出演されています。

やはり演技に迫力があり、ストーリーに重厚さが加わったように感じました。

毎回のことですが、弁護士同士の机上の交渉だけでは終わらないところが、このドラマの面白いところです。

今回も、横領事件を隠しておいたところや、桜庭リゾート株の敵対的買収など、落ち着く前にひとクセふたクセある展開に引き付けられました。

いつも気になる代表のコーディネートですが、今回も鈴木保奈美さんの着こなしも素敵です。

一つ発見がありました。

白いセットアップのワンピースに合わせた、チェーンのゴールドアクセサリーを使いまわしているのが、日常感が出て良い。

そして、こちらも気になる恋の行方ですが、三角関係が深まったようでドキドキします。

ペンネーム:mimi(30代・女性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2018年秋の月9ドラマ『SUITS(スーツ)』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『SUITS(スーツ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『SUITS(スーツ)』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA