SUITS / スーツ|6話の動画無料視聴はこちら【11月12日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

↓無料で『SUITS / スーツ』日本版を全話見る↓

FODプレミアム

月9ドラマ『SUITS(スーツ)』第6話(2018年11月12日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『SUITS(スーツ)』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『SUITS(スーツ)』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『SUITS(スーツ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『SUITS(スーツ)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『SUITS(スーツ)』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月12日(月)放送終了〜2018年11月19日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2018秋の月9ドラマ『SUITS(スーツ)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『SUITS(スーツ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『SUITS(スーツ)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『SUITS(スーツ)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『SUITS(スーツ)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。
(初回登録日が10/9の場合、11/8まで無料期間になります)

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『SUITS(スーツ)』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『SUITS(スーツ)』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじは?

2018年11月12日(月)21時00分より放送のドラマ『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。

内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。

だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。

チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。

そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。

甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。

藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。

実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。

小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。

すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。

華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。

ドラマ公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『SUITS(スーツ)』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『SUITS(スーツ)』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

neko
毎回、甲斐と大輔の一見デコボコのようで完璧なバディが魅力的なドラマだと思っている。

「勝者だけが正義」という言葉がよく出てくるが、いかにも甲斐らしい言葉だ。

後半、ついに過去の上司が登場し、怪しい展開になりそうだが、甲斐はどう行動するのだろうか。

そして優星と離別した大輔は、さわやかな顔で甲斐に目くばせする。彼の不安は消えたのか。

次回は蟹江と組む、との事だが果たしてうまくいくのだろうか。毎回楽しい?やり取りを繰り広げている2人だけあって、シリアス路線はちょっと興味深いものがある。

そして大輔の経歴詐称がバレるときがくるのだろうか。全ての展開に目が離せない。

ペンネーム:neko(40代・女性)

新しい章が始まりました。

何やら事務所内も怪しい雰囲気が漂っています。

何を甲斐に頼もうとしているのかもお断りが何なのかも分かりませんが不穏な空気が感じ取れます。

甲斐は大輔に強くなって欲しいと思っているのではないでしょうか。

悪友の事もギリギリまで手を貸さないのも甲斐のやり方なのですね。

予告で幸村が大輔の事を見破ってましたね。

それでもお前が必要だ、と甲斐は言ってましたけどバレてて大丈夫なのか心配になってきました。

幸村だけだといいですけど蟹江にバレると厄介ですよね。

そして、甲斐と蟹江でコンビを組んで仕事しろって言われてましたけど絶対、喧嘩勃発ですね。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

シャワーズ
甲斐と鈴木の元に新たな案件が入ることになった。

甲斐や鈴木は最初、不利な立場にいることになってしまったが、調査が進むにつれ、甲斐なりの常套手段を用いることで、甲斐や鈴木の方が有利だという立場になったため、示談へと持ち込むことに成功したという展開を予想する。

遊星はもう鈴木に近づかないかどうかということや、甲斐は鈴木にどのようなアドバイスをかけるかどうかということ、弁護士の腕を磨いていった鈴木は抜群の記憶力を駆使し、法律の知識を活かして案件に取り組むことができるかどうか楽しみにしているポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ひろ
次回は、インドネシアの発電所建設に20億円を投資していた内海財団の会長の依頼で、資金を回収すると言うものである。

今回は、初めて、甲斐と蟹江が、一緒に手を組んで、案件に取り組むようですが、タイプが全然違って、譲らない二人が、どのようにして一緒に解決していくのかが、楽しみです。

そして、第5話で、最後に出てきた甲斐の元上司と甲斐の間には、過去に何かあったような感じがしたので、今後、問題が起こりそうな気がします。

展開が、楽しみです。

また、鈴木と聖澤が、案件を通して、信頼感が生まれ、二人が、近づいていくような展開が観たいです。

ペンネーム:ひろ(40代・女性)

maron
甲斐と蟹江の二人で組んで弁護をすることになるようだ。

タイプの違う二人がどのように弁護を進めていくのか楽しみです。

お互いの意見がなかなか揃わないような気もするが、そこは少し面白おかしく扱うのではないか。

お互いのやり方の良いところを理解し合いながら、わかり合って、最後には勝つことが出来るのだと思います。

そこに、大貴がどう関わってくるのか、ニセ弁護士だとバレることなく話が進むのか。

どんどん弁護士らしくなっていく大貴だが、遊星に騙されて大学に行けなかった過去があるだけに、ニセ弁護士だとバレてしまったら、この先の人生どうなってしまうのか心配です。

ペンネーム:maron(40代・女性)

招き猫
甲斐は幸村チカに蟹江と組んで仕事をするように命じられます。

二人は犬猿の中なので、甲斐にとっても絶対に組みたくない相手です。

しかし、チカの命令に背くわけにもいきません。

果たして甲斐と蟹江コンビは上手くやっていけるのかどうかが気になります。

次回は轟フィナンシャルとアテナリゾートの件で問題が起こりそうです。

特に轟フィナンシャルでは小堺経理部長が急死してしまうことで、詳細が分からなくなってしまいそうです。

「死人に口無し」のこの状況を蟹江たちはどのように解決していくのかが見どころになりそうです。

そして、甲斐と蟹江との関係は少しは良くなるのか、さらに悪化してしまうの蚊も気になるところです。

ペンネーム:招き猫(50代・女性)

2018年秋ドラマ『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

neko

『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじネタバレ

今回は華麗な乗馬シーンから始まる。

チカの紹介で内海財団の会長と出逢う。

頓挫した計画の資金を回収したいという内海。

難色を示す甲斐に、チカは蟹江と組む事を勧める。

チームを組んでから大輔は、蟹江にあれこれ調査依頼され困っていたのだが、甲斐に別件で動くよう言われる。

大輔と甲斐が面会したのは、アテナリゾートの藤原だった。

藤原の娘が社員証を偽造して、会社に潜り込んでいたというのだ。

一方、蟹江と対面していた轟フィナンシャルの小堺は、蟹江の厳しい問いかけの数々に、突然具合を悪くしそのまま息を引き取ってしまう。

その事で一層蟹江と甲斐はぶつかってしまうのだが、チカはこのまま組んでやるように言う。

でなければ今回の件は解決できないと踏んでいるからだ。

その頃、大輔は藤原の娘と接触する。

彼女を責める大輔だが、逆に「アイツの会社がした事を調べてみろ」と言い返される。

アテナリゾートは環境データを隠ぺいしてして小さな島にホテルを建てていたのだ。

轟フィナンシャルは亡くなった小堺に罪をなすりつけようとしていた。

立て続けに余計な事をして、証人を2度失う事となった蟹江。

しかしただでは起きぬ蟹江は、米倉に轟フィナンシャルの裏帳簿を持ってこさせたのだ。

『SUITS(スーツ)』第6話の感想

大輔が何かと蟹江に絡まれているところをみると、蟹江は割と大輔の事を気に入っていると見える。

今回は、蟹江に責め立てられた轟フィナンシャルの小堺が突如亡くなってしまうというショッキングな展開から始まった。

責任はないとはいえ、良心のかけらもない蟹江の態度に、私も少し引いてしまった。

ただ、蟹江はファーム内でも金融犯罪に詳しい人間なので、行き過ぎはあったとしてもしょうがない。

一方、アテナリゾートの藤原の娘の事を調査していた大輔は、彼女が社員証の偽造だけでなく指紋認証エリアにまで侵入していた事を調べる。

父親は金儲けの為だから、都合の悪い真実をさらしてまで自分を警察に突き出すような事はしないという。

華名は彼女なりの正義を貫いているように見えた。

ペンネーム:neko(40代・女性)

『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじネタバレ

内海財団会長は幸村の紹介により、甲斐に、轟フィナンシャルに投資した20億円をできるならば回収したいと訴えた。

その案件を甲斐と蟹江が組むことになった。

蟹江は鈴木に指示を出そうとしたが、甲斐に相談した藤原社長の件を甲斐は鈴木に回した。

藤原社長の話では、娘が社員証の偽造をして会社に侵入したとの話だった。

蟹江が轟フィナンシャルの経理部長である小堺に、内海の資金をだまし取ったのだと指摘した直後、小堺は息を引き取ってしまった。

鈴木は藤原社長の娘に会いに行くが、娘は社長の方が先に違法行為をしたのだと訴えた。

砂里によると、遊星は静岡に帰って仕事を探す予定だそうだ。

轟社長は甲斐と蟹江に対し、内部調査をした結果、小堺が横領していたと報告した上で、内海にはお金を返すと話したが、甲斐は小堺に責任を押し付けていると指摘した。

それに対し、轟らは返す言葉がなく、帰った。

藤原は娘と話し合いをした結果、お互い納得いかず、話は終わってしまった。

甲斐は小堺の妻に、小堺が轟について何か書き残していないかどうか聞いた途端、蟹江が挨拶した。

蟹江は小堺に水を渡さなかったことで、怒った妻は蟹江を平手打ちし、帰って行った。

華名は、鈴木は鈴木大輔ではなく鈴木大貴であると、鈴木の正体を見破った。

私の件は身に引くようにと話したのを側で館山は聞いた。

鈴木は甲斐に華名のことを報告するのに対し、甲斐ははったりであると指摘し、華名は藤原と争いたくないのではないかと言った。

藤原は娘を訴えると鈴木に話した。

米倉が蟹江に内部情報を売ったことを毛利は見抜いて和解を提案した。

鈴木は華名に、藤原は妻のためにリゾート計画を進んだのだと華名に知らせた。

甲斐と鈴木は、華名に轟の帳簿を調査して欲しいと頼んだ。

蟹江はシンガポールの銀行を100行から8行に絞った。

蟹江と甲斐は帳簿の件を轟と毛利に指摘し、轟は20億を返すと話した。

『SUITS(スーツ)』第6話の感想

蟹江は轟フィナンシャルの経理部長に最初子供のことを聞くのはあまりにも恐ろしいオーラが出ているのだと感じた。

小堺が倒れて、弁護士が救急車を呼んでいる間に、小堺が蟹江に罪を認めるという設定にするのは?と提案した蟹江に驚いてしまった。

それはズル賢い考え方だと思った。

小堺がまさか思わぬタイミングで死去してしまったのが物凄く衝撃であり、小堺に罪を着せようとする轟フィナンシャルのやり方にも非常に驚いてしまった。

甲斐は小堺の仕業ではないとのことをちゃんと調べ、小堺の妻の株取引で儲かったお金であるとの事実を掴み取ることができたのは良いことだと感じた。

蟹江より甲斐の方が活躍しているとの印象を受けた。

ペンネーム:シャワローズ(20代・女性)

紅葉

『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじネタバレ

日本有数の資産家が轟フィナンシャルに投資した20億円を回収するため、その弁護人を甲斐と蟹江が引き受けることになりました。

これは幸村チカの命令なので、嫌とは言えない二人です。

途中で轟フィナンシャルの小堺が亡くなってしまうなどの問題がありました。

しかし、別件で動いていたアテナリゾートの藤原の娘によるハッカーにより、轟フィナンシャルの経理情報を入手することができました。

最初は上手くいきませんでしたが、経理に強い蟹江の力が必要になり、最後には甲斐と蟹江が強力なタッグを組み、20億円を無事に回収することができました。

しかし、この件が終わると同時に、甲斐と蟹江は元の中の悪い状態に戻ってしまいました。

『SUITS(スーツ)』第6話の感想

鈴木大輔は真琴の司法試験の受験勉強の手伝いをします。

最初からこの二人は恋愛関係に進みそうな気配がありましたが、これでかなり距離が近くなるのではないかと思っています。

一方、遊星の妹の砂里も鈴木のことが好きです。

しかし、こちらは砂里が一方的に鈴木のことが好きで、おそらく鈴木の方は妹みたいに思っているだけのような気がします。

さらに以前、鈴木が司法試験の替え玉をした女性を見かけます。

こちらもどのような展開になっていくのかかなり気になってしまいます。

このドラマは二つの案件が同時に進んで行きますが、それぞれがバラバラではなく、どこかで繋がることも多く、それが面白いところだと思っています。

ペンネーム:紅葉(50代・女性)

たかは

『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじネタバレ

甲斐は蟹江とチームを組んで内海財団の会長が轟フィナンシャルに投資した20億円の回収をすることになりました。

しかし、甲斐は別件でアテナリゾートの藤原から娘の華名が社員証を偽造して会社に侵入した件について相談を受けました。

華名はアテナリゾートが環境データを隠蔽して小さな島にホテルを建てたことを許せないでいました。

しかし、ホテルを建てたいと言ったのは亡くなった母親でそのために藤原は頑張っていたのでした。

父親の思いを知った華名は涙するのでした。

華名のおかげで轟フィナンシャルの帳簿をハッキングすることに成功した甲斐らは真実を突き止め、無事に20億円を回収することが出来ました。

『SUITS(スーツ)』第6話の感想

甲斐は蟹江とチームを組むことになりましたが、相変わらず二人は反発しあっていました。

しかし、本当のところはお互いを認め合っていて似た者同士なのだと思います。

今回は二人が組んだからこそ勝利を勝ち取ることが出来たのだと思います。

大貴はハーバード大学を卒業していることや弁護士資格がないことが同僚にバレてしまいました。

同僚はチカに手紙で知らせますが何とか誤魔化すことが出来ました。

大貴は今や甲斐にとって頼りになるアソシエイトで居なくては困る存在だと思います。

弁護士資格が無いとは言え有能な大貴なのでこのまま何とかバレないで欲しいと思いました。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

野球小僧

『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじネタバレ

内海財団の20億の投資していたのを少しでも返してもらえないかと、チームでやれば大丈夫じゃないかとチカに言われた甲斐。

そのチームとは、甲斐と、蟹江で組むと。

甲斐としないといけない話を甲斐がいないのに先にすすめようとしていた蟹江だったが。

内海財団の資金をだまし取ったといい、話し合いの途中に三人のうち一人が、小堺が苦しみだした。

水がほしいと言ったが、犯罪者にあげる水はないと。

蟹江は甲斐に、軽く問い詰めただけと自信満々に仮病でしょと。

でもその小堺部長は、会社のロビーで息を引き取ったと。

甲斐から言われた。

病院によると蟹江には関係なかったと。

一方、待たせて焦らしていこうと考えていた甲斐だった。

行きすぎはあったがなんとかなるなら、チームは組ませてないと、チカに言われた。

蟹江は懲りずに甲斐に、救急車で運ばれる時の弁護士がはなれた時に小堺部長が認めたといえばいいのでは?と。言うことが凄すぎる。

あと内海財団は、問題が長期化するなら、和解でいいと、20億をすてる覚悟だったが。

甲斐は引き下がらなかった。

次に小堺の奥さんにあって、奥さんは私は何をすればいいかと。せっかく証人を見つけたのに、蟹江もお葬式に顔を出して、奥さんにあなだが蟹江さんね。

水もあげなかったと、聞いてると。

そして、ほっぺたを叩かれて、大事な承認をまた甲斐は、失った。

裏帳簿めただしかったと、蟹江に一緒にやろうと蟹江に言いに言った。

金融自分は得意じゃなく、蟹江が得意だから一緒にやってもらいたいと。

最強ペアーを、組んだ。

そして、大貴も加わった。

本物のデーターを手に入れたと。

なので、20億のまるまる返してもらうと。

そして小堺社長も罪がなかったこと。

轟社長が 罪を認めた。

二人の最強ペアーは、ほんとすごかった。

一方大貴が、契約査証の問題がまた出てきた。

ちかのところに無名で手紙が来ていたが、見てみたらなぜだか、ハーバードの写真が大貴になっていた。

『SUITS(スーツ)』第6話の感想

蟹江は少し適当なところがあるが、ちゃんと真剣に取り組めばすごい人なんだと思いましたが。

今回は何回も甲斐に迷惑をかけっぱなしだった。

でも最後に轟社長に証拠を突きつけたときの蟹江はすごくいないといけない弁護士だったなぁと。

甲斐も最初は信用がなかったが、蟹江が提出をしたファイルが証拠のひとつとなって今回の件は甲斐と、蟹江が、勝ち取った。

でもそのあとに内海財団の内海社長が来て、お礼を言っている甲斐を見て、蟹江がまた甲斐だけの手柄だと言ってきた。

そういうところはよく見ている蟹江だなぁと、大貴ももめていた件を無事おさめることができた。

ペンネーム:野球小僧(40代・女性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2018年秋の月9ドラマ『SUITS(スーツ)』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『SUITS(スーツ)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『SUITS(スーツ)』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA