ドラマ【SUITS/スーツ】5話ネタバレと感想。切ない大輔と遊星の決別。

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

2018年11月5日(月)にドラマ『SUITS/スーツ』第5話が放送されました。

ドラまる
今回は、大輔の初勝利に浮かれてばかりもいられない事態が起きるね。
ラマちゃん
悪友の遊星が問題を起こして大輔はピンチに。

甲斐先生からは一線を画すように言われてしまうし。大輔、大丈夫かしら。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第5話あらすじネタバレと感想

幸村・上杉法律事務所では上半期決算報告が行われていました。

案件数では蟹江貢(小手伸也)に負けましたが、売り上げ一位は甲斐正午(織田裕二)が勝ち取りました。

両者に贈り物を送る所長の幸村チカ(鈴木保奈美)。

蟹江に行きたがっていた南座のチケットを、そして甲斐にも同じ南座のチケットを渡します。

アメリカンを意識した流れでしたね~。

そこへ鈴木大輔/大貴(中島裕翔)の元に悪友の谷元遊星(磯村勇斗)が逮捕されたため引き取りに来てほしいと連絡が入りました。

本当のことを言えない大輔は、祖母がケガをしたと嘘をつき甲斐の契約している車で送ってもらうことになります。

運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を話す大輔。甲斐に隠れて、遊星の元に行くことにしました。

しかし、その道中でトラックと衝突事故を起こしてしまいます。

事故相手の運送会社の運転手・糸井公一(半海一晃)に名刺を渡すと、甲斐のことを知っているようでした。

赤城を残し、警察に向かった大輔に遊星はマンションも車も金もすべて借金の形に持って行かれたと話します。

さらに違法な利子まで取り立てられているようでした。

赤城の起こした事故では、問題が発生していました。事故を起こした相手・糸井が示談に応じず、訴えるといい出したのです。

糸井と甲斐は以前特許に関係した事件で争った過去があり、糸井は甲斐に恨みを抱いていました。

その時に甲斐は訴訟にならないようにと経理関係の汚点をついたことで、糸井の会社はつぶれ、今は運送会社の運転手に落ち着いていました。

後々、糸井の会社が不利にならないように計らったつもりでしたが、逆効果になってしまっていたんですね。

一方、甲斐に嘘を見抜かれてしまった大輔は、甲斐から遊星とは完全に縁を切るようにくぎを刺されてしまいます。

遊星に絶縁をつきつけにネットカフェに行きますが、景気づけにとクラブに連れ出してしまいます。

そこで大輔は遊星の借金を取りたたている男たちに目をつけられてしまいました。

大輔、失態続きですね。

示談にどうしても応じない糸井に業を煮やした甲斐は、糸井の所属する一二三物流の顧問弁護士に口利きをしてもらうように頼みます。

結構渋っていたのは、相手の弁護士が蟹江だったんですね。

こんなことでマウンティングを取られては、とプライドが許さないのはわかりますね。

蟹江が条件として出したのが、秘書の玉井伽耶子(中村アン)を借りたいということでしたが、玉井も玉井で全力で拒否していたのが面白かったです。

事務所で大輔が事故当時のドライブレコーダーの映像を確認していると、クラブですれ違った怪しい男性たちに呼び出され追いかけられます。

それを助けてくれた赤城は、甲斐に拾われてやっていけていると教えてくれました。

甲斐が検事だった頃、音楽バンドのメンバーのとある裁判で偽証を迫られた赤城はそれを断り真実を語った経緯がありました。

そしてその結果、音楽業界にはいられなくなったけれど、甲斐の信頼を得たことで運転手として雇ってもらっていたのです。

その赤城を守るために裁判で決着をつけることを決める甲斐。

ネットに捏造した音声をばら撒き、甲斐の信用を貶めた糸井でしたが、事故当日のドライブレコーダーの映像を消去していました。

しかし事故当時、糸井の後ろに走っていた掃除代行業者のトラックを割り出した大輔は、別アングルからのデータを探し出していました。

そこには糸井が事故の瞬間、速度超過と一時停止を怠っていた映像が映っていました。

糸井の件が片付き事務所に戻った大輔の元に怪しい男たちが連帯保証人の借用書を渡しに来ます。

勝手に作られた書類であると拒否する大輔ですが、殴られた遊星の写真を見て動揺してしまいます。

取引の日。現場にやってきた大輔が持ってきたのは金ではなく捜査資料。

貸金業が違法行為だと通告します。さらに拉致・監禁・暴行・恐喝とどんどん罪を上乗せして、目をつぶる代わりに遊星の開放を認めさせます。

そして、「更生する」という遊星に、「もう自分には近づくな」と告げました。

一人になった大輔、辛そうでしたね。

その頃、甲斐の元に柳慎次(國村隼)がやってきましたが、甲斐も大輔と同じように縁を切る決意をしていました。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第5話ネットの反応や感想

ラマちゃん
ずっと迷惑をかけられていても切れなかった遊星との関係を断腸の思いで断ち切った大輔。

最後の自棄になっている大輔は見ていて辛かったわ。

ドラまる
貴重なスリーショットだね。

ラマちゃん
今回は瞬間記憶能力が役に立ったわ。

前回は、せっかくカルテを覚えたのにミスを指摘されてしまったのよね。

ドラまる
甲斐と運転手・赤城との信頼関係が素敵だったよ。

ラマちゃん
放送直前まで配信されていた新木優子さん中村アンさん今田美桜さんのライブ配信が楽しかったわ。
ドラまる
途中から蟹江を演じている小手さんもコメントで参加してて面白かったね。

スポンサーリンク

2018秋・月9ドラマ『SUITS / スーツ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS / スーツ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『SUITS / スーツ』5話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ』第6話あらすじ

2018年11月12日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ』第6話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。

内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。

だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。

チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。

そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。

甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。

藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。

実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。

小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。

すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。

華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。
今回は大輔の試練の回でしたね。

長年、離れることのできなかった遊星との離別で今後の大輔がどう成長するのか見ていきたくなりました。

そして、冷徹に見える甲斐の「チャンスを与えることと甘やかすことは別だ。」という言葉は心に響きました。

堕ちそうになっていた赤城にチャンスを与えたのは、赤城のまっすぐな心を信頼するに値すると感じ取ったからでしたね。

次回は、甲斐と蟹江がタッグを組むことになりそうです。

犬猿の仲の二人がうまくかみ合うとは思えませんが、蟹江先生がたくさん登場しそうでこちらも楽しみにしてしまいます。

ドラまる
毎回ゲストに注目だよね。

今回のブラザートムさんに続き、次週はジュディオングさんや大澄賢也さんが登場だよ。

ラマちゃん
大輔と砂里ちゃんとのおうちのシーンもあったし、二人の関係に進展もあるかも?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA