月9ドラマ【SUITS/スーツ】3話ネタバレと感想。4話あらすじも

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

2018年10月22日(月)にドラマ『SUITS/スーツ』第3話が放送されました。

ドラまる
波乱の初仕事をやり遂げた大輔。

甲斐とのバディ感が出てきたね。

ラマちゃん
大輔くんもちゃんとオーダーメイドのスーツを購入して、パリッとしてきたわ。

今回は老舗時計メーカーの案件よ。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第3話あらすじネタバレと感想

甲斐正午(織田裕二)の元で働き始めた鈴木大輔(中島裕翔)は早く仕事を覚えたいと、甲斐の仕事に同行しようとしますが断られてしまいます。

弁護士は個人事業主。そういえばそうですね。

自分で仕事を探すように言われてしまいます。

さらに大輔の身だしなみについてもスーツは及第点だが、時計がダメだと教えてくれます。

そんな甲斐は老舗時計メーカー『KAMIYA』の時計をしていました。

その『KAMIYA』では、社長の加宮忠が亡くなり、葬儀をめぐって娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が対立していました。

東風万智子さんお久しぶりに見ました。

そこにいた古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不満げにその様子を見ていました。

その頃大輔は、蟹江貢(小手伸也)に声をかけられ総合格闘技の道場でスパーリングの相手をさせられていました。

そこには世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)が通っており、蟹江は藤ヶ谷の顧問弁護士になるため、ハーバード大で同期だった大輔を連れてきたのです。

大輔の格闘シーンというよりも蟹江の格闘シーンでしたね。

その後も、大輔は防戦一方でしたが、皆さんお上手で驚きました。

藤ヶ谷の作ったゲームで世界ランクに入っている大輔は藤ヶ谷と意気投合します。

昼間から呼び出されてお酒を飲まされたり、違う世界の人たちのように見えました。

一方『KAMIYA』では安樂による工場の海外移転の話が進められていました。

甲斐は前社長のメイドインジャパンの魂を引き継ぐための案を練ることになります。

安樂は正式に社長に就任する前から、新聞に自身が新社長であるかのような記事を載せ世間にアピールしていました。

この安樂を追い落とすために甲斐は新社長を立てることを考えました。

安樂に会いに行くと、料亭ではインドネシアでの土地交渉を任されている蟹江と会食をしていました。

自分を出し抜いて蟹江がいることに不満の表情を隠さない甲斐。

そんな甲斐の行動を事務所所長の幸村チカ(鈴木保奈美)はクーデターだとくぎを刺します。

しかし、あくまでも先代社長の意向を優先させたい甲斐は、取締役を二人増やし社長の意志を守りたいと考えました。

そこで白羽の矢を立てたのが工場長の岡林でした。

最初は断っていた岡林でしたが、甲斐の見事な揺さぶりによって新社長になるためのスピーチを考え始めました。

このスピーチの件のところで、大輔はパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)と一緒に共同作業することになりましたね。

株主総会では岡林と営業部長が新たな取り締まりとして承認され、後日取締役会議が開かれることになります。
そこで岡林は新社長に立候補する手はずになっていました。

しかし、会議の日。

10時からの開始のはずの会議が臨時として9時から行われ、甲斐のいない間に安樂が新社長に就任してしまっていました。
そこには蟹江の姿も。

完全敗北をした甲斐と大輔。

もう打つ手はないとあきらめていたところに、幸村が大輔を呼び出し、部屋に行くとそこには藤ヶ谷の姿がありました。

蟹江に顧問契約を依頼しに来たというのです。

ここでも蟹江の思うようにことが進んでいて、正直イライラしてしまいました。

大輔が藤ヶ谷と信頼関係を結んでいることを知った甲斐は、再び動き出しました。

『KAMIYA』で行われている会議に乗り込んでくる甲斐と工場長。

就業規則により古株の岡林は決定に異議申し立てする権利があるというのです。

さらに筆頭株主である娘の代理人としてきたと告げます。

この会社に買収のオファーがあり、筆頭株主は応じるつもりであるということも。

買収を仕掛けてきたBPMの藤ヶ谷も『KAMIYA』の時計を愛用していましたね。

藤ヶ谷の依頼はマニュファクチュールを継続できる人材を次期社長にしてほしいとというものでした。

そして工場長の決意表明の演説が始まります。

一生懸命覚えたスピーチが無駄にならなくてよかったです。

そして、BPMの藤ヶ谷は改めて事務所にやってきて甲斐を顧問弁護士として担当してもらうように幸村に働きかけていたのでした。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第3話ネットの反応や感想

ラマちゃん
織田さんはやっぱりかっこいいわよ。

ドラまる
真琴ちゃんがときめいてた~!

三角関係になっちゃうの?

ラマちゃん
シュッシュッてしてほしくなっちゃたわ。

ドラまる
蟹江の悪だくみ以上に運動神経に驚いちゃったよ。

ラマちゃん
次週は法廷が舞台になるのね。

次週登場の小市慢太郎さんは怪しいおじさんかと思ったら、幸村の元夫だったわね。

スポンサーリンク

2018秋・月9ドラマ『SUITS / スーツ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS / スーツ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『SUITS / スーツ』3話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ』第4話あらすじ

2018年10月29日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ』第4話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。

甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を得ることだった。

何故なら甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

同じころ、大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいた。

しかし大輔は、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。

あくる日、甲斐は、チカから『ナノファーマ』を助けるよう命じられる。

実は辛島は、チカの元夫だった。

大輔は、2位の賞品として蟹江からボランティア案件を任せられる。

それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護だ。

友加里は、マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うという。

辛島は、立花理乃(中原果南)と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発した。

だが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていた。

甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案するが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。
蟹江~!ちょっと面白いだけのキャラかと思っていましたが、とんでもない人物でしたね。

しかし、それにも負けず甲斐の勝ちっぷりが見事だったのですっきりしました。

蟹はカニ食ってろ。はよかったですね。

そして、今週はお掃除大輔くんに、総合格闘技大輔、ゲーマー大輔、酔っ払い大輔といろんな顔が見れましたね。

パラリーガルの聖澤と、幼馴染の砂里とが出会ってしまい来週は三人が一堂に会するようで。

こちらも事件の予感です。

ドラまる
来週は小市慢太郎さんがキーパーソンで出るんだね。

幸村所長の元夫と聞いて、何となく落ち着かなくなっちゃった。

ラマちゃん
ドラまる、カンチとリカじゃないから安心してね。

大輔をめぐる三角関係も動き出しそうね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA