【SUITS/スーツ】2話ネタバレと感想。蟹江(小手伸也)のキャラの濃さが話題!

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋月9ドラマ・織田裕二&中島裕翔出演『SUITS(スーツ)』

2018年秋の月9ドラマ『SUITS/スーツ』第2話が2018年10月15日(月)に放送されました。

ドラまる
好発進した初回は、大貴が大輔に華麗に変身したんだよね。
ラマちゃん
無事にアソシエイト弁護士として働き始めた大輔。

甲斐とのタッグで勝利街道まっしぐらといくかしら?

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第2話あらすじネタバレと感想


甲斐正午(織田裕二)に、アソシエイト弁護士として雇われた鈴木大貴(中島裕翔)。

甲斐のやりたがらないプロボノ=無料法律相談会をさせられていました。

訪れるのは嫁への不満や、仕事を辞めたい人など様々でした。

その中で、大輔が気になったのは、相談に来た元看護師の河瀬今日子(関めぐみ)でした。

勤めていた東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)から愛人になるように言われ、断ると解雇通知が送られてきたというのです。

さらに再就職の妨害まで。

不当解雇で法廷で戦うべきだという大輔ですが、甲斐は物証がないのならやめておけと言いました。

勝てる裁判のみを選べと言っていた甲斐ですが、相手が海部だと聞くと前言を撤回しました。

海部は日本医師協会の次期会長候補でスキャンダルを嫌うだろうと言うのです。

大輔の初めてのお使いは、示談交渉となりました。

海部の代理人弁護士・館林憲次(小須田康人)はすんなりと示談交渉を受け入れ、大輔は足取りも軽く事務所に帰ってきました。

事務所に着くと、蟹江貢(小手伸也)に呼び止められる大輔。

ハーバード大で大輔と同期だった甥に、大輔の写真を見せたところ知らないと言う返答を受けたというのです。

大輔の天才的な記憶から、甥の名前は思い出せましたが、さすがに自分の顔を相手に刷り込めるわけないですよね。

飄々としていて、蟹江はやることが鋭くて怖いです。

そして若手の教育係である自分に報告書を持ってくるように命じました。

そしてその時、大輔は海部のセクハラ疑惑がSNSで拡散していることを聞きつけます。

被害者側からのリークだろうと、今日子の元に出向くと、彼女の弟が我慢できずに記事にしてしまったというのです。

記事が出てしまった以上、示談には応じられないと言う病院側。

今日子には名誉棄損で訴状が届くことになるだろうと告げられてしまいました。

その頃、甲斐の姿はジムにありました。

クライアントの『いろは銀行』の佐橋哲平(米村亮太朗)からの内部告発の件を確認するためでした。

部長の谷川好昭(長谷川公彦)が、女性に貢ぐために横領を行っていると、甲斐に助けを求めます。

あちらでもこちらでも女性問題ですね。

示談交渉が決裂し、蟹江に提出する報告書をかけずにいた大輔は窮地に立たされていました。

そんな時、パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)との話から、他の被害者に接触することを思いつき、現在は工場を切り盛りしている宝田夫妻と出会います。

以前、東都医大に勤めていた妻は、今日子と同じようにセクハラに会い不当解雇されていました。

さらに海部の子供を中絶までしていたのです。

そのことを盾に、再び示談交渉の席に着きます。

そこで甲斐は、以前拡散した記事の訂正をすると言いますが、これに納得のできない大輔。

訂正をするということは、セクハラ自体が嘘になってしまうということですよね。

問題を抱えながらも、祖母の施設の入所を迎えられた大輔は、施設へと向かいました。

そこで、祖母と入所の手伝いをしてくれた谷元砂里(今田美桜)に初めてきちんとしたスーツ姿を披露します。

おばあちゃんの「もったいない」の言葉は、愛情があふれていましたね。

大輔が家に帰ると、家が荒らされていました。

悪友の谷元遊星(磯村勇斗)が以前大輔に渡した大金を探していたのです。

隠していた大金は無事でしたが、引越しをすることになった大輔。

忙しさから、甲斐に命じられていた宝田夫妻の監視ができていませんでした。

その頃、今日子の家に裁判所から訴状が届いていました。

宝田が病院に買収され唯一の証人が、証言をしてくれなくなってしまい自信を失う大輔は弁護士バッジを外してしまいます。

その後ろ姿に甲斐は、「まだ負けが決まったわけではない」と告げました。

「そもそも無茶だったのだ」とあきらめる大輔に、「それはお前が本気じゃないからだ。あの看護師の弁護だけは最後までやれ。逃げ出すのはそれからでもできる」と伝えました。

その言葉を聞き、大輔は遊星にあのお金を返しに行くことを決めます。

退路を断った大輔。ここから本気モードですね。

後日、東都医大に大輔と甲斐の姿がありました。

再度示談の交渉をする二人。

最初は話も聞こうとしない病院側ですが、大輔が持ってきたボイスレコーダーを聞き、表情を変えたのは舘林弁護士でした。

大輔は病院側から接触があったら録音するように宝田に言っていたのです。

裁判での証言をしないことを条件に病院から援助を行うと言う内容でした。

そして、夫婦は良心の呵責から、再び証言をしてくれることになったと聞き、裁判になったら勝ち目のない海部は示談に応じたのでした。

なぜ宝田は心変わりしたのかと海部に聞かれ、甲斐は「あの夫婦はまともに生きたいと思っていたようですよ。」と答えました。

宝田夫妻には、いろは銀行からの融資が受けられるよう甲斐が働きかけていました。

横領していた部長を追い出してくれたお礼として、融資の話を通してもらっていたのです。

無事に示談が成立し、今日子は看護師として再び働くことができるようになりました。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
ようやくオーダーメイドスーツを作ったんだね。

それにしても股下102cm!?驚きだよ。

ラマちゃん
勝利に執着する甲斐だけれど大輔のことを買っているのが伝わってきたわ。

ドラまる
誰にでも親身になって聞いてしまう大輔。

今回は成功してよかったね。

ラマちゃん
玉井ちゃんファン出現中。

本当に中村アンさんはキレイだわ。

ドラまる
蟹江がいいポジションだよね~。

一話の中で突っ込みどころが何回出てきたことか。

ラマちゃん
もう~、一緒にデートしてあげて!

今田美桜ちゃんが可愛すぎるわ!

スポンサーリンク

2018秋・月9ドラマ『SUITS / スーツ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS / スーツ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『SUITS / スーツ』2話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ』第3話あらすじ

2018年10月22日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ』第3話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、必要ないと言い放つ。

甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼす。

それを聞きつけた 蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れていた。

KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていた。

臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌で……。

同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリング相手を務めていた。

そこに、世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。

蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだった。

困惑する大輔。

しかし、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷が授業どころではなかったことを知った大輔は、ほっと胸をなでおろす。

BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合する。

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知る。

甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

大輔が初めての大仕事を任されましたね。

セクハラの裁判は、女性が泣き寝入りをすることが多いのだということを知りました。

今回は示談が成立して、被害女性がきちんと元の生活ができるようになったのでほっと胸をなでおろしました。

冷静な甲斐と、正義感の強い熱い大輔のダッグは、なかなかいいコンビになってきましたね。

法律事務所でのバランスも見えてきて、ますます面白くなってきました。

特に蟹江はやっぱり話題沸騰。

大輔に対して、なんであの近さで話をするのでしょう。楽しすぎます。

甲斐にもお仕置きされていましたし。

来週はもっと大輔に絡んでくるようで、どうなりますやら。

ドラまる
幸村、蟹江、甲斐の三人のやりとりが結構好きなんだ~。

三人とも基本的にお茶目なんだよね。

ラマちゃん
大輔と甲斐の関係もいい感じになってきたわね。

次週は大輔君とハイタッチしてくれるかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA