下町ロケット2|視聴率一覧を最終回まで速報更新中【2018秋ドラマ】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

2018年秋のTBS夜9時からの日曜劇場は2015年に高視聴率だった『下町ロケット』の続編!

ドラまる

日曜劇場×池井戸潤さんの黄金タッグがまたやってきたぞ!

ラマちゃん

池井戸潤さんの作品は、失敗にもピンチにもめげず乗り越える主人公を思わず応援したくなるからファンが多いわね!

間違いなくこの秋も視聴率はトップレベルになりそう。

こちらの記事では2018年秋ドラマ『下町ロケット2』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

『下町ロケット2』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ『下町ロケット2』視聴率はどうなる?

まずはTBSテレビの“日曜劇場”で2017年秋から放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

陸王

  • 初回(第1話)視聴率 14.7%
  • 最終回(第10話)視聴率 20.5%
  • 全話平均視聴率 16.0%

99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II

  • 初回(第1話)視聴率 15.1%
  • 最終回(第10話)視聴率 21.0%
  • 全話平均視聴率 17.6%

ブラックペアン

  • 初回(第1話)視聴率 13.7%
  • 最終回(第10話)視聴率 18.6%
  • 全話平均視聴率 14.3%

この世界の片隅に

  • 初回(第1話)視聴率 10.9%
  • 最終回(第10話)視聴率 10.6%
  • 全話平均視聴率 9.7%

民放連続ドラマ枠ではトップクラスに人気のTBS日曜劇場枠、平均視聴率が15%前後が続いていましたが、2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』では平均視聴率がもう一歩で2ケタ台というところでした。

感動したという声も多く、視聴率が途中でガクッと下がったりせずに最後まで見る人が多かったようですが、女性目線の繊細なヒューマンドラマだったので男性視聴者がやや離れたのかもしれません。

そして2018年秋ドラマは『下町ロケット』の続編が放送されるということで、池井戸潤さんの作品を待ち望んでいた方にはうれしいニュースだったのではないでしょうか。

2015年の『下町ロケット』では阿部寛さん演じる主人公が小さな工場・佃製作所を舞台にロケットの部品を完成し宇宙へ飛ばすことに成功、そして心臓の人工弁の完成とさまざまな困難を乗り越えて夢をかなえてきました。

今回は第1話からさまざまな壁にぶち当たるも、農業用トラクターの部品製作に情熱をかけていくというストーリーのよう。

人手不足といわれている製造業、農業の方々にも勇気をくれるドラマになりそうですね!

また、物語を彩るのが敵対するキャラクターの俳優陣なのですが、古舘伊知郎さんや神田正輝さんが憎たらしい演技で盛り上げてくれる予感!

そして2015年『下町ロケット』、2017年『陸王』、2018年『ブラックペアン』と今や日曜劇場ヒット作には必ず出演されているのが竹内涼真さん

今回もさわやかな笑顔で女性視聴者を癒してくれるのではないでしょうか!

2015年の『下町ロケット』は最高視聴率22.3%、平均視聴率は18.5%(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)なので、そちらに並ぶかそれ以上の数字も期待できますね。

こうしたことも踏まえて、初回視聴率は15%と予想いたします。

スポンサーリンク

『下町ロケット2』制作陣から視聴率を予想!

2018年秋ドラマ『下町ロケット2』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々です。

原作 – 池井戸潤『下町ロケット ゴースト』(小学館刊)
脚本 – 丑尾健太郎
ナレーション – 松平定知
メインテーマ – 服部隆之
プロデューサー – 伊與田英徳、峠田浩
演出 – 福澤克雄、田中健太
製作著作 – TBS

Wikipediaより引用

原作は人気作家・池井戸潤さんの作品で2018年7月に発売された小説『下町ロケット ゴースト』。(2018年9月には『下町ロケット ヤタガラス』も発売されています。)

元銀行員の池井戸潤さんは1998年に江戸川乱歩賞を受賞しデビュー、2011年には『下町ロケット』で直木賞を受賞、今や多くの作品がドラマ化、映画化されています。

ゴーストの意味が気になるところですね!

脚本は丑尾健太郎さん、2017年日曜劇場の『小さな巨人』のオリジナル脚本が高評価を得て、2018年『ブラックペアン』も担当しておりこちらも話題作となりました。

2015年『下町ロケット』とは違う脚本家の方なのですが、また違った面白さを引き立ててくれそうな予感ですね。

演出の福澤克雄さんは、2013年『半沢直樹』で驚異の視聴率30%超えをたたき出した立役者の方で、数多くのドラマ関連の賞を受賞。

その後も、2015年『下町ロケット』、2017年『小さな巨人』『陸王』、2018年『ブラックペアン』をヒットさせており、今回も大きな期待がかかります!

また2019年2月には福澤克雄さんが監督の池井戸潤さん原作の映画『七つの会議』が野村萬斎さん主演で公開予定となっています。

ドラまる

これはもうヒット確実の布陣だね。

ラマちゃん

閉塞感のある時代だけど、大きな壁もめげずに乗り越えようとする主人公に胸を打たれる人が多いのかもね。

スポンサーリンク

まとめ

2018年秋ドラマ『下町ロケット2』の視聴率を予想いたしました。

ドラまる

うーん、今回もおもしろくなりそうだな。

第1話でしっかり心を持っていかれて目が離せなくなっちゃうんだよね。

ラマちゃん

さすが日曜劇場だわ~!

『半沢直樹』の続編もやってほしいね。

放送開始後はこちらの記事で視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『下町ロケット2』視聴率一覧

第1話(2018年10月14日放送)視聴率

13.9%

第2話(2018年10月21日放送)視聴率

-%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『下町ロケット2』の視聴率は放送翌日の月曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA