下町ロケット2018|8話の動画無料視聴はこちら【12月2日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・阿部寛主演『下町ロケット』

ドラマ『下町ロケット』第8話(2018年12月2日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『下町ロケット』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『下町ロケット』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『下町ロケット』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『下町ロケット』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『下町ロケット』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年12月2日(日)放送終了後〜2018年12月9日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、、最もお得に『下町ロケット』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『下町ロケット』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『下町ロケット』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『下町ロケット』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。(この世界の片隅にはレンタル扱いの作品のため別途課金が必要です)

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のParaviへのリンクからご覧ください!

2018年秋ドラマ『下町ロケット』第8話のあらすじは?

2018年12月2日(日)放送のドラマ『下町ロケット』第8話のあらすじを紹介します。

満を持して、記者会見の場で無人農業ロボットの開発を発表した帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)。

しかし翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田(古舘伊知郎)や伊丹(尾上菊之助)らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」だった。

さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場に関連する記事が。

それは、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという、的場の暴露記事だった。

怒りに震え、後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせる。

一方、佃(阿部寛)ら佃製作所のメンバーも、敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せなかった。

そんな時、野木(森崎博之)から大規模な農業イベントである「アグリジャパン」の開催を聞いた佃は、殿村(立川談春)を誘い会場へ足を運ぶ。

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『下町ロケット』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『下町ロケット』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ちょっきゅー
下町ロケットは基本的にスカッとしたストーリーなので、今後帝国重工の的場取締役が社長争いから失脚していくのが楽しみ。

まだたいして出演していない、的場を買っているという会長から見捨てられてトウマ社長が続投し、財前部長が復活して佃製作所のトランスミッションが野田教授とともに日の目を見る流れだと思っている。

ダイダロスのフルダチ社長とギアゴーストの伊丹社長もどうやってどのタイミングで負け組になっていくのか、早く悔しがる顔を見たい。

宇宙開発事業もこのまま終わるわけがなく、全て佃製作所の完全勝利で終わることを期待している。

ペンネーム:ちょっきゅー(50代・男性)

JuJu_meme
帝国重工の無人トラクターvs中小企業連合の無人トラクターの形相をていしているような展開なのでそこが一番の楽しみです。

佃製作所がどのように勝ち上がっていくのか全く予想できませんが。

元ギアゴースト社員の島津(イモト)が8話ではキーマンになりそうです。

トランスミッションの第一人者で佃製作所のウィークポイントなので関わっていくだろうなと予想はつきますが。

ダイタロス中心の中小企業連合の復讐劇の展開が明らかになると思いますが的場の悪行を暴くようになりいい方向になるのかなと期待しています。

財前部長が毎回出演しうれしいです。

ペンネーム:JuJu_meme(40代・男性)

たかは
帝国重工が無人農業ロボットの開発を発表しましたが、マスコミに取りあげられたのは重田や伊丹が協力して開発した無人トラクターでした。

それをテレビで知った佃らは驚きを隠せないでいました。

重田もなかなかの策略家であり、無人農業ロボットの開発に参入を決めた佃製作所もこれからライバルが増えて大変だと思います。

しかし、佃製作所には佃を慕う優秀な従業員達がいます。

みんなで協力すればきっと素晴らしいものができると思います。

佃製作所は今まで沢山のピンチを迎えてきましたが、その度に力を合わせて乗り越えてきました。

きっとこれからもピンチをチャンスに変えてくれると思います。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

ダーウィン
ついに動きだしたギアゴーストの復讐。

これまで帝国重工は下請けを見下しながらも自分たちが良ければそれでいい。という悪徳な考えにとても苛立ちを覚えていたので、これから始まる復讐劇が楽しみです。

ですがギアゴーストが復讐ばかりに目が眩んでいきそうで、佃製作所のような「誰のために作るのか」という大切な部分を見失っていき会社としての経営は最終的に上手くいかなくなると思います。

一方、佃製作所は他の会社からの遅れはとるものの、地道にコツコツと仕事をしていく上で何か「大きなプロジェクト」にである予感がします。

ギアゴーストも帝国重工もきっとギャフン!と言わせるような展開を楽しみにしています!

ペンネーム:ダーウィン(20代・女性)

のんのん
ダイダロス重田、ギアゴースト伊丹に、してやられた帝国重工的場。

そもそも、財前部長が企画してたものなのに、自分で考えたかのように記者会見したあとだけに、その悔しさといったらないだろう。

けれど、これは財前や藤間社長にとっては、的場を外す絶好のチャンスとなるだろう。

ただ、佃の娘が帝国重工の重要なチームリーダーで、秘密保持契約を結んでいることが、少し気になる。

それでも、財前と佃、野木が手を組んで、重田、伊丹らにたちうちすることだろう。

発表会があるようだが、きっと佃たちの無人農業ロボットが勝つことと思う。

最後まで諦めない佃製作所の面々なら、きっとギアゴーストを超えるスペックを出せると期待している。

ペンネーム:のんのん(50代・女性)

ロケット、
中小企業の連合として、ダイダロスの重田、ギアゴーストの伊丹、キーシンね戸川、北堀企画の北堀にヤマタニ製作所までが帝国重工に牙を剥く中、航平達佃製作所も独自で無人農業ロボットの開発を急ぐのだった。

出鼻をくじかれた的場は総力を上げて巻き返しの為の策を練っていた。

しかし、重田達は用意周到に更に帝国重工を追い込むべく、ダーウィンプロジェクトの真の姿を的場達に見せ付けるのだった…。という展開が期待されますが、想像以上に重田達の技術力の高さに驚きましたが、的場が黙っている訳もなく次々と重田達の中小企業の連合が崩されていき、やはり重田達はまた的場にひれ伏す事になるのではと推察され、今後の予想外の展開に大いに期待が膨らんでいて楽しみにしています。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

2018年秋ドラマ『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

湊海

『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレ

ダーウィンに先を越された上、過去にいくつも企業を潰してきたという黒い噂を週刊誌に暴露されてしまった的場は焦りと怒りを露わにします。

そして、水原本部長から正式に内製化を伝えられた佃は、それでも自分が帝国重工を超える品質のものを作ってみせると食い下がり、逆に意欲を見せました。

野木からアグリジャパンという大規模な展示会があると聞いた佃達は、殿村も誘って見学に行きます。

そこでは、ダーウィンと帝国重工のアルファ1の走行デモ対決が行われました。

スピードも正確さも完璧なダーウィンに対し、アルファ1は大型のため、小回りが利かず、センサーが働かずにかかしを轢いてしまうという大失態を犯してしまいました。

完全な差を見せつけたと、伊丹と重田はほくそ笑むのでした。

『下町ロケット』第8話の感想

伊丹と重田の言動はかなりいけすかないですが、やはり技術的には相当な実力を持っていると改めて感じました。

的場は重田達に踊らされて、突然アルファ1を大型化してしまったり、走行デモ対決という挑発に乗ってしまったりと、相当追い詰められている感じがしました。

この場に藤間社長が現れたのは、財前の策略だとは思いますが、その情報を事前に伝えていた水原は、やはり的場を快く思っていないんじゃないかと思います。

立場上、的場の言いなりにはなってるけど、心の中では財前と佃が一発逆転してくれることを期待しているのかもしれないと思いました。

ペンネーム:湊海(40代・女性)

ぴかぴかテレビっ子

『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレ

帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」が世の中に大々的に打ち出された翌日、テレビも新聞も取り上げたのは下町トラクターの「ダーウィン」でした。

予想だにしない展開に誰もが驚きますが、これこそ伊丹や重田らの帝国重工への復讐のはじまりだったのです。

さらに、週刊誌に帝国重工の次期社長候補である的場はこれまでにいくつもの下請け会社を潰してきた卑劣な人物であるという暴露記事が載ります。

これによって、帝国重工の次期社長は引き続き藤間社長が務めることになり、伊丹や重田が企む通りに物事が進んでいくのです。

そんな中、岡山にて「アグリジャパン」という農業用機械の展示会が行われます。

なんとその展示会の目玉として「アルファ1」vs「ダーウィン」とう企画が催されることになっているではありませんか。

佃製作所のみなもそれを見学に行きます。

大勢の見物人の前で、「ダーウィン」は見事な実演をなし喝采を浴びます。

一方、「アルファ1」は大型車だけに馬力はあるのですが、作業ムラが激しく、ついには一番大切な安全面に関しても、センサーが反応せず目の前のカカシに体当たりし、それでも止まらず大転倒するという失態を晒してしまうのでした。

『下町ロケット』第8話の感想

伊丹や重田の思う通りに事が進んでいく中、「アルファ1」vs「ダーウィン」の実演では、機械としての技術の差も歴然としていて、それだけでも十分「ダーウィン」の方が魅力的な商品であると見せつける事ができていましたが、最後の最後に誰もが予想しなかったまさかの展開になっていて、正直、ここまで帝国重工を追い詰めていくのか、、、とこれからどうなるのかがかなり気になる展開に持ち越されました。

財前さんが提案したように小型・中型のトラクターにしていればこんなひどいことにはならなかったかもとも思ってしまいます。

伊丹や重田は相当ニンマリだと思います。

帝国重工が自ら危機を招いてくれたのですから。

それにしても下町トラクターがうまくいきすぎていて、少しイラッとします。

特に野木先生から盗んだ技術をいかにも自分たちのものとしているところが。

また、的場が恥を晒すのは構わないですが、財前さんや藤間社長には頑張ってほしいと思います。

ペンネーム:ぴかぴかテレビっ子(20代・女性)

ちょっきゅー

『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレ

帝国重工の無人トラクター発表に先駆け、テレビでギアゴーストとダイダロスによる小型無人トラクターが発表されてしまった。

怒りに震える的場は帝国重工内で支援者だった会長からも叱責され、次期社長の目がなくなってしまった。

そんな矢先、岡山県で開催される農業イベントから参加依頼を受けた的場はトラクター市場で逆転劇を見せようと画策する。

しかしそのイベントにはダイダロスとギアゴーストも参画しており、両社の大型小型のトラクターの性能を競うアトラクションが設定された。

アメリカ出張をして不在のはずだった帝国重工のトウマ社長が電撃的に帰国、このイベントを見守ることとなった。

そのトウマ社長の目の前で帝国重工の大型無人トラクターは大失態を犯す。

人間に見立てた案山子にセンサーが反応せず、無残にも案山子はボロボロに砕けてしまう。

佃製作所や元ギアゴーストの島津もそれを目の当たりにし、ダイダロスとギアゴーストの技術力に感心させられてしまう。

ギアゴースト内でも次第にほころびが出始める。

もともと島津のポジションだった開発主任の男性の働き方に疑問を感じ始めた伊丹社長。

島津に手紙を出してコンタクトを取ろうとしはじめた。

再就職がなかなか決まらない島津も伊丹に近づくような空気が出始めた。

佃製作所の危険分子となっていた開発部の軽部も相変わらずではあるものの次第にいい人に変わることを暗示するような表情を見せ始める。

今回もアキちゃんが殿村家の米で作ったおにぎりに手を伸ばすシーンが農業への愛着を暗示させた。

ロケット開発を積極的に再開することを決めた帝国重工は、佃を呼び出してエンジンバルブの供給を依頼。

ただし帝国重工内でもエンジンバルブの開発を内省化する動きを正直に佃に伝え、そのうえで性能の良いバルブを採用するというフェアな対応を水原本部長が提案。

佃は開発に力を入れることを宣言する。

『下町ロケット』第8話の感想

今回の放送は前回ほど複雑ではなかったので、見ていて理解ができた。

岡山のアトラクションで帝国重工の無人トラクターが案山子を引いてしまうシーンでは、予想できたとは言えかなり悲惨な空気になってしまった。

最後はトラクターが田んぼの中でひっくり返ることとなり、帝国重工の無人トラクター開発は地に落ちた演出だった。

それにかかわった北海道の野田教授が気の毒だった。

そのライバル側であるダイダロスチームは、キーシンと北堀企画の社長それぞれの人相がとても悪人で、はやくこの二人が大慌てをするシーンになってくれないかと期待している。

ペンネーム:ちょっきゅー(50代・男性)

ぴよちゃん

『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレ

ダイダロスの重田登志行やギアゴーストの伊丹大らが中心となってできた下町トラクター「ダーウィン」がニュースで取り上げられました。

更に帝国重工の暴露記事として的場俊一のことが記載された週刊誌が出ました。

佃航平は佃製作所の仲間と一緒に岡山のイベント「アグリジャパン」を見に行きました。

最初に披露したのはダーウィンでした。

ポイントごとにクリアして成功し、完成度は高かったのでした。

次に帝国重工の「アルファ1」が披露しました。

大型トラクターで効率は良いものの作業ムラも目立ち、最後にはセンサーが反応せずにかかしを引いてしまいアルファ1自体も倒れて失敗で終わったのでした。

『下町ロケット』第8話の感想

シーキンが野木さんの技術を盗んだのですが、ダーウィンの完成度に驚きました。

アルファ1との作業ムラを比べるととても綺麗でした。

しかし島津さんがダーウィンの走行を見ているときに何かタイヤあたりを気にしている感じだったのが気になります。

島津さんがあのとき何を思っていたのか早く知りたいです。

アルファ1は大きくて迫力がありました。

最後倒れてたときは驚きました。

私がもし農家の人なら現時点ではダーウィンを選ぶと思います。

帝国重工がロケットの打ち上げを再開することが嬉しいです。

内製化するかもしれませんが、佃製作所は帝国重工より良いバルブを開発すると信じています。

第8話も面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

まりん

『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレ

帝国重工的場は、無人農業ロボットアルファワンの発表をするも、翌日の新聞には小さくしか取り上げられていない。

それどころか、ダイダロスが同じく無人農業ロボット、ダーウィンをテレビで放映される。

佃製作所の面々もこれには驚く。

しかも、ダーウィンは、ダイダロス、ギアゴースト、キーシン三社による共同開発で、中小企業による下町トラクターとして人気を博す。

そんなおり、岡山県知事から、アグリジャパンというイベントへ、アルファワンの出展依頼が帝国重工的場のもとにくる。

しかし、ダーウィンにも同じ依頼があり、両者の直接対決となる。

多くの観客のなかで、まずはダーウィンの模擬運転。

小回り、安全性ともに完璧で、拍手を浴びる。

一方、アルファワンは的場の命により、大型農業ロボットを披露。

小回りや仕事の丁寧さにも多少問題はあったが、決定的な失敗は安全性で、かかしを察知できず倒してしまい、更に坂道を登り横倒しになってしまう。

藤間社長の前での大失態。

共通の敵、的場に勝ったと喜ぶギアゴースト伊丹、ダイダロス重田らがそこにいた。

『下町ロケット』第8話の感想

帝国重工という大きな会社に、ダイダロスやギアゴーストら中小企業が喧嘩をうるという今回のストーリーには、励まされる企業が多いことだろう。

しかも、佃製作所を切って、自社製品だけで作った無人農業ロボットが負けたのだから、帝国重工の完全なる敗北だ。

佃製作所を切らざるを得なかった財前部長の心中はいかばかりかを考えると気の毒ではあるけれど。

結局、「もの作り」に対する情熱が、どれだけ利益追求に上回っているかにかかっているような気がする。

地に落ちた帝国重工のプライドは、ロケット打ち上げ事業で佃たちが取り戻せるのだろうか。

ペンネーム:まりん(50代・女性)

ロケット、

『下町ロケット』第8話のあらすじネタバレ

重田がダーウィンを発表し、慌てる的場達や航平達。

更に重田は週刊誌に帝国重工が悪者の様な記事を載せて追い込む。

SNSでも重田は世論の支持を得ていた。

その頃航平も娘の利菜とバルブシステムの受注で争う事になり大変だった。

的場はアグリジャパンという農業イベントにアルファ1を出し、世間の批判をかわそうとする。

それを知ってか重田達もアグリジャパンにダーウィンを持ち出し、岡山で行われる農業イベントに挑むのだった。

こうして話を野木から聞いて駆けつけた航平達や帝国重工の藤間社長までが現れ、アルファ1VSダーウィンのデモンストレーションが始まる。

走行、作業、安全の三つの性能を競うのだが、先にダーウィンが完璧にクリアしてみせ的場達にプレッシャーをかける。

一方アルファ1は、開発を急ぎ過ぎたのかダーウィンには遠く及ばない性能で、人に見立てた案山子をなぎ倒し、バランスを崩して倒れてしまい大失態をさらしてしまう。

それを見た伊丹達は帝国重工は地に落ちたと笑うのだった。

的場達は何も言えず項垂れるのだった…。

続く。

『下町ロケット』第8話の感想

ダイダロスの重田やギアゴーストの伊丹に出し抜かれ、煮え湯を飲まされた的場は、怒りのあまり重田達中小企業を叩き潰せと奥沢達に命じていましたが、結果アルファ1はアグリジャパンの農業機械の展示会にて下町トラクターダーウィンに完全に敗北した場面を見て、正直スカッとしました。

沢山の観衆の前での惨敗は凄いダメージになるなと感じましたし、重田や伊丹達の絶対的なダーウィンへの自信は本物だったと今回は証明されて、的場よりも財前に何かしらのしわ寄せが来るのではないかと心配になりました。

それから航平達はこの二つの勢力に遅れているのも気になり、ダーウィンを凌駕する無人トラクターを早く見たいとも思いました。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『下町ロケット』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA