下町ロケット2018|3話の動画無料視聴はこちら【10月28日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・阿部寛主演『下町ロケット』

ドラマ『下町ロケット』第3話(2018年10月28日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『下町ロケット』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『下町ロケット』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『下町ロケット』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『下町ロケット』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『下町ロケット』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年10月28日(日)放送終了後〜2018年11月4日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、、最もお得に『下町ロケット』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『下町ロケット』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『下町ロケット』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『下町ロケット』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。(この世界の片隅にはレンタル扱いの作品のため別途課金が必要です)

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2018年秋ドラマ『下町ロケット』第3話のあらすじは?

2018年10月28日(日)放送のドラマ『下町ロケット』第3話のあらすじを紹介します。

ギアゴーストの協力のもと、新作バルブシステムの開発も順調に進み、最後の難関である燃焼実験のみとなっていた。

そんなある日、帝国重工の水原(木下ほうか)に呼ばれた佃(阿部寛)は、信用調査を受け入れなければならないと告げられる……。

その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっているという。

信用調査の当日、殿村(立川談春)が自宅を出ようとすると、父・正弘(山本學)が倒れてしまい、緊急手術に。

殿村不在のなか、帝国重工の審査部信用管理室の安本(古坂大魔王)に詰められる佃製作所メンバーは、指示された覚えのない書類の不備で窮地にたたされる―。

果たして佃製作所はこのピンチをどう乗り切るのか!

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『下町ロケット』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『下町ロケット』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

しーちゃん母さん
ロケットの方も頑張って欲しいと思ってたらやりましたね。

トランスミッションも難題だらけです。

軽部は本当に腹が立ちますがやる時はやるので何か新しい事してくれそうですね。

トランスミッションの事も余り前向きではなかったですけど技術力で勝負というポリシーだけは有りそうです。

新しい事を開発しようとするにはお金はもちろん必要ですが技術力と作りたいという気持ちも大きく影響します。

特許侵害を訴えてばかりで会社を大きくしてる会社や弁護士には負けてられないですよ。

軽部も立花も作りたい気持ちは一緒なんでぶつかってしまうんですよね。

プロの仕事が大成して欲しいです。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

mirokichi3
ギア・ゴーストは大手企業の損害賠償を佃製作所の支援により、乗り越える事が出来る状況になりました。

佃の熱い思いが形となりましたが、再び難問が出てきそうです。

果たして、今度はどうやってこの壁を乗り越えていくのか気になります。

また、佃は新たにどんな奇策を考えるのか楽しみです。

新たなロケット用のバルブ開発に成功しましたが、このまま上手くいくのでしょうか。

新たなバルブが帝国重工に受け入れられるのか心配です。

また、予期せぬ展開になるのではないかと考えています。

佃の思いに社員達はどのように応えてくれうのか楽しみにしています。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

まりりん
予告編をみると、なぜかギアゴーストの特許侵害の件を帝国重工が知っているとのことでしたが、きっと大森バルブと、帝国重工の的場俊一がつながっているのでしょう。

だからこそ、今回、あの「蛇やろう」な弁護士が、再び絡んできたのだと思います。

でも佃社長の15億の投資によって、ギアゴーストは事業が続けられ、新しいトランスミッションを使ったトラクターができ、きっと建て直しができることでしょう。

また、ロケット開発の方も、新しいエンジンを使い成功することを期待しています。

ただ、的場俊一とダイダロスの重田も、裏で手を組んでいるようなので、また邪魔をされるのではないかと思います。

それに対し、佃社長が、どのように周りを巻き込んで立ち向かっていくかが、とても楽しみです。”

ペンネーム:まりりん(50代・女性)

mika
二話でケーマシナリーの顧問弁護士・中川京一と密談している怪しい人物が登場しました。

佃製作所にまた危機がせまりそうです。

新作バルブシステムの開発も順調に進む中、佃社長は帝国重工の水原に呼ばれて、信用調査を受け入れなければならない事態が発生します。

その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっているようです。

内密にしているギはずのアゴースト買収計画の情報が外部に流出し、またもトランスミッション計画が危うくなります。

どうやら内通者がいるようです。

中川京一と密会していた人物でしょうか。

だとしたら、内通者は誰なのでしょうか。

ペンネーム:mika(20代・女性)

キャロン
今後の期待や展開は、やっぱりケーマ社との正面衝突の大ゲンカ!。

池井戸作品は、善は根っからの善、悪は根っからの悪なので分かりやすい対立構図で、見ている者を難しい迷路に迷わせることなく、シンプルに勝負に熱中させる効果を持っている。

悪人がどうして悪人になったか、という過去や根拠や背景は一切語られることはなく、悪人は徹底的に悪人なので、主人公と観ている視聴者も叩き甲斐があるというもの。

日曜9時ゴールデンタイムという燦然たる土俵で思いっきりケンカしてほしい。

そして、最後には美しい美酒を味あわせてほしい。

でも、そこまで行くには『半沢直樹』どうように、かなりの山あり谷ありの逆転に次ぐ逆転が予想されて、観ていて一喜一憂して疲れるのは必至で、こっちも覚悟を決めてこれからに期待したいと思う。

個人的には、すれっからしの皮肉屋の天邪鬼のひねくれ者のエンジニア・軽部(徳重聡)がどう改心して浄化されていくのかに期待したい。第2話では、イモト扮する島津の純粋さに胸を突かれ、改心するその片鱗が見えたことがよかった。

社長もちゃんと軽部の実力を把握しているところが嬉しい。

名人、名人を知るということか。今後に期待したい。

ペンネーム:キャロン(40代・男性)

連合艦隊司令長官
なんといってもポイントは、特許訴訟に持ち込むかどうかだと思います。

最後の方に出てきた人物があやしいのではないかと思います。

一方で、15億円の支払いについて、双方に思惑があるのではないかと思います。

調べてみたら、実は15億円以下なのかもしれませんし、それ以上かもしれません。相手側は何か特別なペナルティを考えついて、付加をかけてくるのではないかと思います。

これは、現在が概算見積りであるわけで、実際のもっと儲かると積算したら、おそらく要求金額を上乗せしてくるのではないかと思いますが、その手法はいろいろあり楽しみではあります。

とくにあの稲作のトラクターの所が気になります。

ペンネーム:連合艦隊司令長官(50代・男性)

2018年秋ドラマ『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

みせのりひこ

『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレ

ロケットの存続の望みをかけギアゴーストの島津の力を借りて新型バルブシステムの開発に成功し、燃焼試験を見事成功させた。

その現場に娘の莉菜もいて先輩から「りなもいろいろ言われて苦労していたんですよ」と言われ今の娘の立場をそこで初めて知ることに。

また、ギアゴーストの坂本が佃に買収されることを知りそれを柏田に伝えると冗談じゃないとやる気をなくしてしまう。

一方帝国が買収の件を何らかの形で知ってしまい信用調査を受けることに。

調査に来た安本は、かつて島津を追いやった奥沢の刺客。

莉菜にも宣戦布告していた。

調査当日。

殿村が資料を準備していたにもかかわらず父が救急搬送されてしまいなかなか佃にいけなかったもののギリギリ間に合い、見事信用調査を乗り切った。

『下町ロケット』第3話の感想

まずバルブシステムの燃焼試験を成功を誰よりも喜んでいたのが帝国重工の水原さん。

先週佃からの連絡が入った後これまでのシリーズで見せたことないガッツポーズをしていて面白かった。

そして、遂に神谷と末長が初対面を果たし共同で裁判に挑むために握手を交わしていたがこれが吉と出るか凶と出るか。

番組中盤では佃の社員とギアゴーストの伊丹島津コンビが田植えをするシーンも描かれた。

慣れない作業に奮闘しこれを機に両会社の絆も深くなっていったように思う。

そして、帝国重工は的場と奥沢が繋がっていたことが判明。

奥沢の刺客が今後も現れて来そうな予感を漂わせた。

ペンネーム:みせのりひこ(20代・男性)

mirokichi3

『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレ

佃製作所はギアゴーストと買収する事になりました。

航平の熱い思いが伝わり、ギアゴーストと共に「トランスミッション」の事業に本腰を入れるようになりました。

しかし、ロケット用のバルブの取引先である帝国重工の水原から連絡を受けて、信用調査を受ける事になります。

その裏には内密に話を進めていた買収話が外部に漏れてしまったようです。

航平達は経理部の部長の殿村達とともに急いで資料を集めることになります。

会社内は慌ただしくなりましたが、資料をまとめる事が出来ました。

そして、殿村は実家の田植えのために帰省しましたが、航平達も行く事になりました。

当日、航平達とギアゴーストの伊丹と島津も参加することになります。

そこで改めて、航平と伊丹の気持ちを確かめる事が出来ました。

信用調査の日を迎えましたが、殿村は父親が倒れてしまい欠席する事になりました。

帝国重工の安本から厳しい指摘を受けて、ピンチに陥ります。

しかし、殿村がギリギリ間に合い、信用調査を乗り切る事が出来ました。

航平達は問題を解決して、本格的に買収の話を進める事ができるようになりました。

『下町ロケット』第3話の感想

佃製作所はギアゴーストを買収する事になりましたが、まさかの帝国重工から信用調査を受ける事になりました。

どこから話が漏れてしまい、帝国重工に伝わったのか気になりました。

この展開に経理部の殿村の協力もあり、信用調査当日に向けて準備が整いました。

ピンチの状況で落ち着いて仕事を進めて信用できる社員がいる事は素晴らしいと思います。

信用調査当日に殿村は参加できる事が出来なくなり、状況は険しくなります。

代理の社員が対応する事になりましたが、心配でしかたなかったです。

殿村がなんとか間に合い、信用調査を乗り切れて、ホッとしました。

航平は頼もしい社員を持って、幸せだと感じました。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

パン屋さん

『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレ

ギアゴーストを佃製作所が買収する形となったが、ギアゴーストの社員は不信感を持ち出したり、帝国重工から信用調査をされることになったりと、また再び佃製作所のピンチが訪れます。

それでも佃社長は信用できるギアゴーストと一緒に頑張りたいと思っているが、ギアゴーストの社長の伊丹さんは自分達のせいで佃製作所が危機に陥っていくと思い、買収の件を踏み止まっています。

信用調査では経理部長不在のまま始まり、ギアゴーストの買収のことを叩かれます。

しかし、経理部長が到着し、佃社長と社員が帝国重工に信用してもらえるようお願いします。

そして信用調査を無事クリアします。

『下町ロケット』第3話の感想

佃社長と伊丹さんが田植えの手伝いをするところがほっこりしていて良かったです。

伊丹さんは自分達のせいで、佃製作所が帝国重工から信用調査をされると知って、罪悪感に陥り、買収の件のことを渋っていましたが、お互い協力しあっていくことを約束するところがかっこよかったです。

帝国重工との信用調査の時、ギアゴーストの買収を叩かれてしまいピンチに陥ってしまったが、殿村さんが到着して、佃社長と社員が信用してもらえるようお願いして帝国重工に再び信用され一発逆転したところが感動しました。

毎回毎回ピンチになっても負けないところがすごいと思います。

ペンネーム:パン屋さん(30代・女性)

湊海

『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレ

ギアゴーストとの買収話がまとまりかけた矢先、何故かこの話が帝国重工に伝わっていて、佃は信用調査を受けることになってしまいます。

この調査員になったのが、ベテランの安本という男で、調査が一筋縄ではいかないかもしれないと伊丹は危惧します。

調査の前日、佃達は殿村の実家の田植えを手伝いますが、途中でトラクターが動かなくなり、手植えをする羽目になってしまいます。

そこで伊丹や島津は、改めてトランスミッションの重要性を再認識するのでした。

翌朝、殿村が調査に向かおうとすると、父親が倒れ、緊急手術をすることになります。

調査は係長の迫田が代理を務めることになりますが、その対応に安本は激怒します。

そして、事前に伝えなかった資料を出せと難癖をつけ、帝国重工との取引中止を宣告します。

ギリギリのところで殿村が到着し、用意していた資料を手渡します。

安心した佃は、帝国重工が作れなかったバルブを、自分とギアゴーストが作り上げたと核心を突き、安本は調査を合格させました。

『下町ロケット』第3話の感想

佃にこれでもかというくらい、試練が訪れるところにハラハラさせられました。

殿村が念のために資料を作っていたという件は、恐らく何かの伏線かなと思っていましたが、それがギリギリのところで役に立ってホッとしました。

裏切り者の正体が明かされなかったのは、ちょっとモヤモヤしましたが、ちらっと映ったギアゴーストの社員がかなり怪しく見えました。

でも、そのレベルの人物が中川達と会合できるとは思えないので、彼らはミスリードを誘うトラップで、黒幕はきっと他にいるんじゃないかと思いました。

佃は相変わらず博打打ちだと思いますが、心から伊丹と島津を信頼しているところはとても男らしいと思いました。

ペンネーム:湊海(40代・女性)

ぴよちゃん

『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレ

佃製作所は最後のバルブシステム燃焼試験をして無事に成功して、帝国重工のロケットに使用できると喜んでいました。

しかし帝国重工は佃製作所がギアゴーストを買収すること知り、問題企業を買収した企業として、佃製作所に信用調査が入ることになりました。

佃航平は殿村直弘の田植えを伊丹大や島津裕も誘いました。

途中で農機具が壊れましたが、島津のお陰で直りました。

信用調査当日殿村の父親が倒れて遅れました。

代わりに迫田滋がヒアリングして、調査をする安本年男は事前に渡した資料請求のリストに後で付け加えて佃製作所が用意していないかのように仕向けました。

これからもギアゴーストとやっていくと佃は言うと、悪い結果にすると言って安本は帰ろうとしました。

すると殿村が来て追加で付け加えられた資料やその他リストに載っていない資料も出しました。

佃は安本に一流の目をもっているから、正当な判断をしてほしいと頼みました。

佃製作所は無事信用調査をクリアしました。

『下町ロケット』第3話の感想

伊丹と島津は優秀な人なのに帝国重工からも扱いが悪くて可哀想だと思いました。

佃が田植えに2人を誘ったのは正解だと思いました。

楽しそうでしたし、トランスミッションが原因で起こる問題も分かって今後の改善にも役立ちます。

島津は壊れた農機具を素早く直していてすごかったです。

佃製作所とギアゴーストは会社同士の結婚でその言葉も素敵だと思いました。

是非その言葉に合うような関係を築いてほしいですら。

今回1番すごいのは殿村です。

予めリストに記載されていた資料だけを用意するのではなく、どれを要求できても対応できるように全て用意していたのには流石だと思いました。

第3話も面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

水のちから

『下町ロケット』第3話のあらすじネタバレ

ギアゴースト社内で買収の話に気が付いてしまった社員が情報を漏らします。

佃製作所とギアゴーストが買収を進めている事を知った帝国重工は、佃製作所に信用調査をうけるように告げます。

帝国重工出身の自分達のせいで佃製作所に迷惑をかけてしまっていると伊丹(尾上菊之助さん)は思いつめます。

そんな伊丹を殿村(立川談春さん)の田んぼに呼び出し、いっしょに田植えをすることで絆をさらに深めていきます。

信用調査の当日、殿村の父が倒れ緊急手術になり、殿村不在で調査をうけることになります。

審査部信用管理室の安本(古坂大魔さん)が嘘の書類不備を指摘し、窮地に追い込まれたところへ殿村が駆けつけ会社を救います。

『下町ロケット』第3話の感想

相変わらず帝国重工は卑怯な手口で挑んできましたね。

前回の信用調査をうけたときも似たようなことを仕掛けてきたので、その事をおぼえていたのですね。

さすが殿村さんだと感心しました。

佃が落ち込んでいる伊丹を田んぼに呼んであげて、田植えをしようと誘います。

殿村の田植えの機械が壊れてみんなで機械を見るために田んぼに中にはいっていきますが、伊丹さんだけ田んぼに入るのを躊躇しているのがかわいかったです。

真面目で誠実すぎる伊丹さんの真っ白な制服が、泥まみれになっていき、それでも田植えに熱中してる姿は何ともいえず感慨深いものがありました。

ペンネーム:水のちから(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『下町ロケット』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA