下町ロケット2018|1話ネタバレと感想。イモトのアドリブ涙に絶賛の声!

  • この記事を書いた人:maru
2018年秋ドラマ・阿部寛主演『下町ロケット』

『下町ロケット』第1話が、2018年10月14日(日)に放送されました。

ドラまる
2015年に放送された人気ドラマの続編だけに、期待度もかなり高いみたいだね!
ラマちゃん
私、前作見てないんだけど…今からでも楽しめるかしら?

こちらの記事では、ドラマ『下町ロケット』第1話のネタバレや感想などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

2018秋ドラマ『下町ロケット』第1話・ネタバレ

前作までのカンタンなあらすじ
元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。

一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。

引用:『下町ロケット』公式サイト

ロケット撤退、危機迫る佃製作所

帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次で終わるかもしれない。

ある日、宇宙航空部部長・財前道生(吉川晃司)からそう聞かされた佃。

ロケットに関わり続けることは、佃自身の夢であり、「ロケット品質」を掲げる佃製作所の社員の夢、そして精神的支えでもあった。

そこへさらに、大口取引先の農機具メーカー「ヤマタニ製作所」から、小型エンジンの取引削減を告げられる。

性能よりもコスト重視に方針変更すると言うヤマタニに、技術力が売りの佃製作所には、なす術なし。

ロケットのバルブも、小型エンジンもなくなるかもしれない。

危機迫る佃製作所に、経理部長・殿村直弘(立川談春)の父親が倒れたという一報が入る。

トランスミッションとの出会い、新たな夢

佃と技術開発部・山崎光彦(安田顕)は、殿村の実家へ様子を見に行くことに。

殿村の実家は三百年続く農家で、トラクターに乗り畑仕事をしている殿村が2人を出迎えた。

このトラクターのエンジンは佃製作所が作ったものが使われている。

しかし、土を耕す際に作業ムラが出来てしまい、トラクターに乗ったあと、クワで人力で耕さなければならず、二度手間なのだという。

佃はトラクターを調査し、トランスミッションが原因で作業ムラが出来ていることを突き止める。

佃製作所でトランスミッションを作って、トランスミッションとエンジンの両方を生かせるメーカーになれば、新しい可能性も広がるのではないか。

作業ムラの出来ないトラクターを作れるのではないか。

新しい夢が見つかった佃は、早速工場へ戻った。

ベンチャー企業「ギアゴースト」

ヤマタニが、トランスミッションをギアゴーストに外注するらしいとの情報を得た佃は、ギアゴーストにて行われるバルブのコンペに参加する。

しかし、ギアゴーストのコンペは、厳しい品質水準や納期、コストが定められており、さらに相手は業界最大手の「大森バルブ」だという。

新しい分野に挑戦するためのこの勝負、負けるわけにはいかない。

バルブ開発チームに軽部真樹男(徳重聡)、立花洋介(竹内涼真)、加納アキ(朝倉あき)らを指名し、勝負をかける。

自分たちらしいバルブって何だろう…と悩む立花とアキは、ガウディこそ「ロケット品質」だったと感じ、ガウディを使って助かった子どもたちに会いに病院へ行く。

子どもたちの元気な姿、そして夢を聞き、自分たちらしいバルブが思いつく。

コンペ当日。

完成したバルブを持ち、ギアゴーストへ向かう佃たち。

大森バルブも同席し、お互いのバルブを、お互いの目の前で審査をすることに。

コンペの結果は…

評価結果の資料がギアゴーストの社長・伊丹大(尾上菊之助)と副社長・島津裕(イモトアヤコ)の元へ渡される。

スペックの数字を見る限り、一目瞭然、大森バルブの圧勝であった。

しかし、佃のバルブ実物を見た島津の目は、釘付けに。

佃のバルブの方が使用されているパーツの数が圧倒的に少ないのである。

パーツが少ないということは強度が強い。

実際にトラクターに乗って感じた、強度の必要さ。

高速道路を走るスポーツカーではなく、大地を走るトラクターに乗せて初めて完成するもの。

そういった思いを乗せて作ったバルブは、ギアゴーストに「最高のバルブ」と評価され、コンペに勝利した。

こうして新しい挑戦に好スタートを切った佃製作所であった。

スポンサーリンク

2018秋ドラマ『下町ロケット』第1話・ネットの反応や感想

ドラまる
イモトさん演じる島津は話題になってるね!

ラマちゃん
吉川晃司さん演じる財前部長・・・かっこいい♡

ドラまる
竹内涼真くん演じる立花くんの人間らしさが、ぼくは好きだなぁ〜
ラマちゃん
コンペのときの立花くんの熱弁と、それを聞いている島津さんのところも良いシーンだったわ。

スポンサーリンク

2018秋ドラマ『下町ロケット』第2話・予告

殿村(立川談春)の実家へ行き、『トランスミッション開発』という新たな夢を持った佃(阿部寛)。

ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利するなど順調そうな佃製作所であったが、ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペの話が白紙になろうとしていた。

特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃製作所とも因縁のある弁護士・中川京一(池畑慎之介)だった……。

そこで、佃(阿部寛)は自社の顧問弁護士である神谷修一(恵俊彰)に相談すると、予想外な答えが返ってきた。

ギアゴーストに全面協力することにした佃製作所だったが、度重なるトラブルに難航し、社内は不穏な空気に。

特許侵害訴訟からギアゴーストは逃れることができるのか?

新たな挑戦に向け、歩きだす佃たちは果たしてどうするのか!

引用:『下町ロケット』公式サイト

まとめ

ドラマ『下町ロケット』第1話のネタバレや感想などを紹介しました。

ドラまる
イモトさんの涙を流すシーンは圧巻だったなぁ。もらい泣きしそうになったよ!
ラマちゃん
前作見てない私でも楽しく見れたわ!面白かったから、前作も見たくなっちゃった!

ドラマ『下町ロケット』第2話は、2018年10月21日(日) 21時から放送です!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA