【僕とシッポと神楽坂】6話ネタバレと感想。緑のお守りが結ぶ異母姉との絆!

  • この記事を書いた人:Kawai

2018年11月16日(金)「僕とシッポと神楽坂」6話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
香子が連れてきたチワワを達也がみることになり、大地と香子が仲良くなる。そんな二人を見て、香子の母・頼子は達也との思い出が。幼いころの達也どんな子だったのだろうね。
ラマちゃん
トキワと達也がキス?が噂に。どうなってゆくのでしょうか神楽坂が騒がしくなってくるのかな。

悪質ブーリーダーにより弱ったチワワを香子が連れてきて、達也により元気になる。母・頼子は、家族でないから飼ってはいけないと。香子は、達也の家に逃げ、頼子が迎えに行くが......。

スポンサーリンク

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』6話あらすじネタバレと感想

達也の家に、広樹がお酒を飲み過ぎて泊まる。まめ福は、歳の離れた弟がいてかわいいといい、広樹を可愛がる。

その様子を見て、達也は、昔、父の運転手の本田さんが、友達になって欲しい子がいると、姉の頼子を紹介したことを思い出す。

自分の部屋で、昔の思い出がつまった箱を探し、中から緑のお守り袋を取り出し懐かしがる達也。

坂の上動物病院では、広樹が、達也の家は居心地がよく、朝ご飯も美味しいから、大地くんもいっしょに泊まろうとトキワを誘う。トキワは恥ずかしそうである。

ボランティアに参加していた香子が、悪質なブリーダーに育てられた状態の悪いチワワをつれてくる。

大地やトキワと広樹は、チワワの汚れを落としてやる。

達也は、愛犬のジュリが亡くなった香子に、その後元気にやっていたかと優しく聞く。香子は、ボランティアに参加して、ペットとの関わりを持つようになり元気がでてきたと。

見違えるように綺麗になるチワワ。達也が診ると、ストレスで物を噛んで飲み込む癖があり、下手をすると腸閉塞になるかもしれない。優しく飼ってあげることが必要と診断。

香子は、次の飼い主が見つかるまで、自宅で預かると。大地もついて行きたいと言いついて行く。

香子はチワワをロミと名付け、大地といっしょに自宅で遊ぶ。

その様子を見ながら、頼子は、香子がまだ坂の上動物病院に行っているのかと。神楽坂の再開発はどうなっていると本田に問う。

本田は、来月住民説明会を開く、道路の拡張工事は順調に進んでいると報告。坂の上動物病院が無くなるが本当に良いかと聞く。頼子は答えない。

香子と大地は、ロミの飼い主募集のポスターを作り、街に張って飼い主を探す。

香子と大地が、坂の上動物病院に戻る。香子は、偶然、窓越しに、達也とトキワが顔を重ねキスをしている場面を見つける。

慌てた香子は、神社に、大地をつれて行き、広樹にキスをしていたとしゃべってしまう。

実は、達也の目にゴミが入り、顔を近づけトキワがゴミをとってやっているのを、後ろから見た香子がキスをしていると勘違いしたのであった。

真相を聞きに行くという広樹に、香子はそっとしておいてあげようと。このことはここだけの話にしようと言う。その様子を、神主が見ていた。

達也とトキワがキスをしていたという噂が広まる。達也はまんざらでもない様子で、トキワは、恥ずかしさに自分の気持ちに嘘を言う。

香子が自宅でロミの世話をしていると、母・頼子は、坂の上動物病院には近づくなと忠告し、ジュリが亡くなって間もないので、ロミも飼うことをできないと。

達也から、香子に、ロミの飼い主を広樹が見つけてくれたと連絡が入る。その家を訪ね、ロミが引き取られることに。

香子は、ロミと暮らしたいと泣きだす。達也はうなずき、ロミを返してもらうことに。

頼子は、ジュリのことを忘れてしまうからと反対する。香子は、悩みをきいてもらうために、達也の家に逃げる。賑やかな家に、香子は元気を取り戻す。

すず芽が、達也とトキワがキスをしていたと思いだし、達也は誤解だと。香子も応援すると言い、話しがややこしくなる。

達也は、頼子に、香子が泊まると連絡する。香子は、達也の家は賑やかで良いと言い、ジュリが死んでから、頼子と二人だけと寂しがる。

達也は、明日は帰ろうと香子を宥める。

翌日、本田を伴い頼子は、達也の家を訪ねる。達也の母・貴子は、香子が頼子の子供だと初めて知ったと驚き、明るくて面白い御嬢さんですね、もうしばらくいても大丈夫と。

頼子は怒り出し、娘も取るのですか。母が亡くなってすぐに、貴子の元に父が行き、ずっと寂しかったと。

貴子は、お母さんがなくなって寂しかっただけだと、確かに、私や達也に愛情を注いでくれたと言うと。

頼子は涙を浮かべ、達也の家を出て行く、ちょうど、玄関で香子に会い驚く。

香子は、家に帰り、頼子に、ロミはもう家族だから飼いたいと訴える。頼子は、家族とは何と考える。

その夜、一人さびしくワインを飲む頼子に、心配そうにロミが近づく。頼子は、ロミを抱きしめ頭を撫でる。

翌日、達也は、トキワと往診に行く途中で、昔、ここで姉と遊んでいて、緑のお守りをもらったと懐かしく語る。

香子がボランティアに行ったあと、ロミがぐったりしているのを見つける頼子。本田を呼び、すぐに達也の元に。

達也は、腸閉塞を起こしていると、難しいオペと言うと。ロミを心配する頼子は、倒れてしまう。

目を覚ました頼子に達也は、昔もらった緑のお守りを見せて、覚えてますかと言い、手を握りながら「姉さんの気持ちは受け取りました」とロミの手術に始める。

広樹も手伝いロミの手術が始まる。丁寧に異物を取り出す達也。

無事手術が終わったと告げる達也に、頼子は安堵する。

達也は、今日はそのお守りが守ってくれたと、小さいころ、遊んでくれてありがとうと頼子に言い、昔の事を思い出したと語り始める。

母・貴子が忙しくて、寂しかったが、本田さんに、頼子がお姉さんだと聞いて本当に嬉しかったと。

頼子は今まで避けてきてごめんさない。本当は弟ができて嬉しかったと。もっと話をしたかったと。お守りの中にいれた四葉のクローバーのしおりを見ながら言う。

達也は、「いつでも来てください。香子ちゃんも、ロミちゃんも、姉さんも、僕はいつでもここにいます」と

傍で聞いていた本田も涙ぐむ。

広樹は、達也の家に今度の日曜日行くことが決まったので、トキワも大地に言っておいて欲しいと仕切る。

トキワは、広樹がなぜ仕切るのかと、本当にご迷惑でないですかと達也に聞く。達也はただ、にこやかにほほ笑む。

頼子は、達也から、ロミの調子が良くなったから連れに来てほしいと言われたと香子に伝える。

香子は、本当に飼っていいのと言いすぐに飛び出して行く。

日曜日、坂の上動物病院では、大地が早く達也の家に行こうとソワソワする。

達也は、広樹に、トキワと話があるので、大地と先に行っていて欲しいと。

二人が出て行ったあと、達也は、トキワの頭に手を当てて、熱があるのはいつからですかと聞く。無理しなくていいのにというと。

トキワは、大地が楽しみにしていたからと言い訳を言うと。

達也は、頑張らないでください。僕たちを頼って下さいと。その時、トキワが倒れ、達也が思わず抱きかかえる。

ここまでがネタバレですが、第6話は、香子が連れてきたチワワが急病に、頼子の頼みで達也により助かる。お互いに兄弟ができて嬉しかったと素直になる。

今話は、達也と頼子の異母兄弟が、素直になって親密になりました。それを結んだのが、昔、頼子が達也に渡した緑のお守り。中には、幸運を呼ぶ四葉のクローバーが入ってました。

頼子の父は、奥さんがなくなり寂しさで、達也の母・貴子と結ばれ、達也が生まれました。ということは後妻さんなのか、なぜ、家に入らなかったのだろうか。貴子が断ったのかな。

ドラまる
頼子が、達也の元に娘が行くことを嫌ったのは、父親をとられたという寂しかったという思いがあったのですね。だから、安易にロミを受け入れることができなかった。
ラマちゃん
達也が、ロミを心配する姉の手を握って気持ち受け取りましたというシーンが良かったね。そして、お互いに兄弟ができて嬉しかったという気持ちが素直にでてきました。

トキワと達也がキスをしたと噂になりました。実は、香子の勘違いでしたが。お互いに、その噂に、まんざらでもないところが二人の相手を思う気持ちが表れてました。

達也が、トキワが熱を出したことに気づき、無理をしないで頼って下さいと語る場面は、二人が急接近してしまう予告ですね。

ドラまる
すず芽は、達也のことが好きなんだろうけど、トキワのことも認めてきたという感じで、二人を応援するのかな。

でも、達也の部屋に忍び込もうとして、達也を覗こうとして、障子に穴をあけたら、ダイキチがいた場面は笑えました。

ラマちゃん
大地は、トキワと達也が近づいてどう思うのかな、トキワは自分の実の母親ではないので素直に受け入れるのか。展開が楽しみです。

スポンサーリンク

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』6話ネット上の反応

ドラまる
異母兄弟同士さびしかったんだ。兄弟が理解しあって涙腺崩壊とのネットで噂になってます。皆さんみて泣けるとの声が多いですよ。

ラマちゃん
トキワと達也急接近、最後のお姫様だっこが話題です。次回この二人はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』7話のあらすじ

2018年11月23日(金)放送のドラマ『僕とシッポと神楽坂』第7話のあらすじをご紹介します。

ある日、トキワ(広末涼子)が熱を出し、仕事を休む。『坂の上動物病院』は達也(相葉雅紀)と広樹(小瀧望)だけで診療を行わなければならず、てんてこ舞いに!

達也はあらためてトキワの存在の大きさを感じるのだった。

そんな中、いつもと違って様子がおかしいまめ福(渚)。

実はまめ福は、お座敷にやってくる老舗ホテルの社長からプロポーズされ、芸者という仕事と女性としての幸せの間で悩んでいた。

奇しくも、親友の名倉(大倉孝二)とも“結婚”について会話をしたばかりだった達也。

大地(矢村央希)に頼まれ、寝込んでいるトキワのためにご飯を作りに行った達也は、妙にトキワのことを意識してしまい…?

その矢先、名倉の飼い犬が急患として『坂の上動物病院』にやってくる。

確実な診断を出すため、『ナルタウン動物病院』で詳しく検査をした結果、脳腫瘍を患っていることがわかり、手術をしないと命に関わる状態だった!

『ナルタウン動物病院』の田代(村上淳)は名倉に、手術の費用には100万円ほどかかること、そして手術の成功率は50%であることを告げる。

自分ひとりでは手術の決断を下せないという名倉に、達也は「誰か相談できる人はいないの?」と尋ねる。

名倉の連絡を受け、ふたりのもとにやってきたのは…!?

それでも、飼い犬の手術について必死に考え始める名倉。

そして達也も、トキワを見舞ううち、気持ちに変化が起こり始め…?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

香子のチワワがきっかけとなり、達也と異母姉の頼子が、昔、頼子が渡した緑のお守りを通じ、お互いに、兄弟ができて嬉しかったことを思い出し素直になる。達也とトキワが急接近。

ドラまる
次話はまめ福が結婚して欲しいと言われ、思い悩むようです。芸をとるのか、結婚を選ぶのか注目して見て行きたいです。
ラマちゃん
名倉の犬が重病にかかるみたい。悩む名倉の元に、だれかが相談相手になるみたいです。それは誰なのか。

トキワが病気になり、見舞ううちに達也との距離が縮まるようです。二人の行く末はどうなるのか。その時大地はどう思うのだろうか。次話も目が離せません。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA