同期のサクラ|1話ネタバレと感想。サクラ(高畑充希)は発達障害?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2019年秋ドラマ『同期のサクラ』1話が2019年10月9日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
2017年放送の「過保護のカホコ」に続く高畑充希さん主演、遊川和彦さん脚本作品!

今回は、忖度しない役とのこと。
どんなクセのあるキャラなのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『同期のサクラ』1話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』1話のあらすじネタバレと感想

病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜(高畑充希)。

知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)でした。

4人の思いは皆一緒。

「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない・・・」

その10年前の2009年、春―。

大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいました。

通行の邪魔をする若者にも忖度しません。

「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」珍しい建物を見つけると、時間を忘れて、写真を撮ります。

ギリギリ間に合った入社式でも、社長(西岡德馬)のスピーチに「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして周囲を唖然とさせます。

人事部長・黒川(椎名桔平)のフォローで空気が和らぐものの、サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残しました。

式の後、3週間の新人研修の最終課題として配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表され、サクラは班のリーダーに選ばれます。

同じ班になったのは、クールながら場の空気を読む百合、社長を目指す野心家の葵、応援部出身でアツい菊夫、そしてネガティブ思考の蓮太郎。4人を親睦会に誘ったサクラは志望部署を尋ねられ、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わるため、どうしても“土木部”に入りたいのだと自分の夢を語ります。

「花村建設で初めて出会った仲間なので」と5人で記念写真を撮るとさっさと帰ってしまうサクラ。

表情はわかりにくいが熱いような、とらえどころのないマイペースなサクラの性格に4人は戸惑います。

その夜、サクラは故郷の美咲島に住む祖父・柊作(津嘉山正種)に宛てた手紙をFAXしていました。

その心の中は出会ったばかりの仲間とこれから始まる仕事に胸が高鳴っている様子で…。

翌日から、サクラたちは人事課の火野すみれ(相武紗季)の指導の下、ビジネスマナーや現場研修など厳しい新人研修を受けます。

皆がクタクタになる中、サクラは空気を読まず最終課題の模型作りの打ち合わせをしようと持ちかけます。

しかし、課題に向けた皆の意見はバラバラ。

サクラはあるアイデアを出しますが、夢のためには、決して自分の信念を曲げないサクラの言動は、「組織」を重んじる会社の中で、ウキまくってしまいます。

やっと模型が完成したかと思いきや、まだ不備があるというサクラ。

百合はついにサクラへ感情をぶつけてしまいます。

その日はそのまま帰宅したサクラでしたが、審査当日、サクラは不備の部分を全て1人で修正し完全版の模型を持ってきたのでした。

結局、みんなが希望の部署に配属される中、サクラだけ人事部への配属。

ここからサクラの怒涛の10年間が始まります。

以上が「同期のサクラ」1話のネタバレ。

「過保護のカホコ」テイストのある作品でしたね。

サクラのキャラは、カホコと似ていました。

空気を読めずに思ったことを口にしてしまいマイペースなサクラ。

これから、どう成長していくのか楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』1話のネットの反応や評価は?

ドラまる
サクラは発達障害かな?

ラマちゃん
純粋だけど自分の信念やこだわりを曲げられないサクラ。

これから同期達とどう関わっていくのか注目ね。

ドラまる
桜の新潟弁に違和感を感じてる人も!
ラマちゃん
確かに若い人の使う言葉ではないかも?

でも、おじいちゃんに育てられたサクラにとってはそれが普通なんじゃないかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『同期のサクラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『同期のサクラ』(第01話)の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『同期のサクラ』2話のあらすじは?

2019年10月16日(水)放送のドラマ『同期のサクラ』2話のあらすじをご紹介します。

眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。

 2010年5月―。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。その忖度できない性格は相変わらず。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。
その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)がすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラだが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

 調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男。慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たない。サクラは明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめ……。

 その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ。偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、社内でも有名な嫌な上司・桑原の下についたことに同情される。しかし、サクラだけはなぜか何も言わずにさっさと帰ってしまうのだった……。
1週間後。人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。
 心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『同期のサクラ』1話のあらすじネタバレと感想と2話のあらすじをご紹介しました。

遊川脚本らしい初回でしたね。

やはり、サクラのキャラは強烈でした。

これからサクラがどう成長していくのか?

そして、病院で意識不明になっていた理由は…?

色々気になります。

ドラまる
サクラは無事夢を実現できるのかな?
ラマちゃん
10年の記録だから波乱の展開となりそうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA