プリティが多すぎる|9話の動画見逃し無料視聴はこちら【12月13日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『プリティが多すぎる』第9話( 2018年12月13日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『プリティが多すぎる』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『プリティが多すぎる』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『プリティが多すぎる』第9話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『プリティが多すぎる』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年12月13日(木)放送終了後〜2018年12月20日(木)22時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第9話のあらすじ

2018年12月13日(木)放送のドラマ『プリティが多すぎる』第9話のあらすじを紹介します。

自分のミスでモデルの人生を狂わせてしまったことに落ち込む南吉(千葉雄大)は、文芸に戻りたいという気持ちを断ち切って「ピピン」に集中することに。

そんな中「ピピン」の廃刊危機を知り、ウェブ版「ピピン」の立ち上げを提案する。

ウェブ版ではこれまでの「ピピン」らしからぬシンプルなコーデを中心に据え、アクセス数は伸びる一方、既存の読者の反応はイマイチ…。

果たして「ピピン」はこのまま生き残ることができるのか!?

公式サイトより引用

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ラベンダー
珠里は故郷に帰りリフレッシュしてモデルを続ける気になるのか、やはりやめてしまうのかということがとても気になる。

また、「ピピン」の危機という難題をどう乗り越えウェブ版の「ピピン」でどのように工夫してやってていくのか楽しみなポイントである。

三田村編集長のアドバイスを参考にして編集部員たちが色々なアイデアを出し合っていき、シンプルなコーデでの新しいウェブ版「ピピン」を盛り上げていくことになると予想したい。

また、南吉と利緒との関係は平行線であり今の関係に変化があってほしいので、この二人の絆が深まることに期待したいと思う。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

まるちーず
アパレルブランドのモデルが凄く似合っていたので珠里の人気が出るのではないかと考えています。

雨降って地固まるではないですが、いずれ専属モデルではなくてこっちのモデルの仕事をして良かったとなると視聴者としては報われます。

また、元々業績が良くなかったのもあり廃刊の危機に見舞われてしまうようです。

廃刊を免れる為にどんな策を出して乗り越えるのかが楽しみです。

文芸に帰りたいとばかり言っていた南吉が本腰を入れて真剣にピピンと向き合った結果、ピピンで文芸にいた時に足りなかったものを学ぶことが出来たのか試されていくと思います。

ピピンが南吉の新しい居場所になることを希望しています。

ペンネーム:まるちーず(30代・女性)

はるか
展開予想としては、ウェブで「ピピン」を配信したことで雑誌で楽しんでいた読者が、購読をやめてしまうと思います。

「ピピン」の根っからの読者は、カワイイをテーマにしているからファンだったのにウェブ版では、シンプルをコンセプトにしているので「ピピン」のイメージが、カワイイで固定されない事を嫌がっていると思います。

編集長の娘からなぜ「ピピン」読者にウェブ版が、不評なのかを聞き出した南吉は、カワイイをコンセプトにしたウェブ版に切り替えると思います。

楽しみな所は、南吉が、「ピピン」だけに熱中して仕事をするようになる所です。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ミミ
大きなミスをしてしまって落ち込む南吉がちゃんと立ち直って前向きに仕事ができるようになるのか気になります。

これをきっかけに文芸に戻りたい気持ちが強くなったりはしないか心配ですが、南吉のことなのでこのことをバネにピピンで頑張ってくれそうな気がします。

ピピンが廃刊の危機になるみたいですが、ウェブ版を作るという南吉のアイディアで廃刊は免れるのかなとは思いますが簡単にはいかない気がするので展開が楽しみです。

南吉と利緒がキスするような予告があったので2人の関係がついに同僚から発展していくのかもとても楽しみです。

ペンネーム:ミミ(30代・女性)

のんころ
やはり来ました廃刊の危機。

リアルでも青文字系ファッション誌は絶滅状態なので当然の展開ですかね。

朱里は本当に田舎に帰ってしまうのでしょうか?

実はワンチャンスある事を期待してしまいます。

南吉がファッション誌に本当に向き合えるのか。

いい編集者とは何か。仕事とは何か。

意外と熱いテーマを扱っていてそのギャップがいいです。

やたら自慢して神経を逆なでしてくる近松はこのまま順調に行ってしまうのか?

南吉まさかの文芸誌復帰もありえるかもしれません。

利緒とはこのままくっついてしまうのか。

私としてはキヨラとくっつく以外展開を期待したりもします。

ペンネーム:のんころ(30代・女性)

takeyan12
次回は南吉のPipin愛が具体的にでてくような内容になってくると思います。

予告でもありましたがPipin存続の危機に南吉がハードに対応していくと予想されます。

8話の内容の中には一瞬だけですが近松吾郎(文芸編集部)がでてくるシーンがありました。

彼は若手のエースとして読者アンケート1位に輝いていましたが南吉がそれを悔しがっていました。

ですが、次回からはそういった悔しい感情もPipin愛が消し去ってくれるんではないかと期待しています。

そして何より恋愛の模様です。

予告最後のシーンに佐藤利緒とのキスシーンがありましたので南吉はよりPipinに染まっていくのではないかと思います。

ペンネーム:takeyan12(30代・男性)

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ラベンダー

『プリティが多すぎる』第9話のあらすじネタバレ

会社が「ピピン」を廃刊にしたがっていることを三田村編集長が編集部員たちに伝える。

編集部員たちは動揺を隠せないていた。

「ピピン」の売り上げを伸ばすためにウェブ版の「ピピン」を始めること等を南吉が編集部員たちに伝えた。

また、南吉が「ピピン」を守りたいと言ったことがきっかけで、皆が一致団結する。

南吉は女性の編集部員と二人で、「ピピン」の次号のポスターを張ってもらえるように出店回りをする。

また、柏崎編集長から近松は作家の水科木乃と交渉し、次回作は文芸社から出版させるよう説得するように話をするように伝えた。

一方、南吉は「ピピン」のアンケート依頼を読者に頼んだ。

また、作家の水科さんが書いた本の中に登場するキャラクターの十条コーデを雑誌にのせるため、柏崎編集長の許可を取りに行く。

南吉の企画は巻頭企画に採用された。

また、意外にも柏崎編集長に南吉が文芸に戻れるようにすると電話で伝えられた。

『プリティが多すぎる』第9話の感想

「ピピン」の売り上げを伸ばすために、編集部員たちが一致団結して仕事をやる姿はとても素晴らしいと思った。

南吉が「ピピン」を守りたいと編集部員たちに必死になって訴えかける姿はすごいと思った。

「ピピン」に対する熱い思いが伝わってきてとても感動したと同時に、女性ばかりの職場で男性一人で頑張っている姿にある意味、男らしさを感じた。

また、三田村編集長の「過去を捨てなくてもいい。過去も積み重なって今に至っている。」という言葉がとても印象的だった。

一番びっくりしたことが柏崎編集長が南吉を文芸に戻すことを考えていることだった。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

はるか

『プリティが多すぎる』第9話のあらすじネタバレ

南吉は、「ピピン」が、廃刊されないようにウエブ版の「ピピン」を創立しておおくの読者に「ピピン」を認知してもらおうとする。

「ピピン」編集室のメンバーも廃刊されないために南吉に協力する。

南吉は、「ピピン」のウエブ版のアンケートをとってみると雑誌の読者からは、不評であることが、分かる。

しかし、ウエブ版の評判は、良くなるほどに従来の「ピピン」ファンが、離れてしまうジレンマに襲われる。

編集長からは、南吉の思う通りに仕事をしてと諭される。

南吉は、他社の文学の登場人物にカワイイをなぞらえてく。

この南吉のカワイイの表現は、好評を得る。

『プリティが多すぎる』第9話の感想

雑誌の読者アンケートを真剣に読んでいる南吉をみて雑誌を読んでアンケートに答える立場としては、嬉しくなりました。

「ピピン」の編集長は、優しくて部下をきちんとみてくれる理想の上司だと思います。

メンバーのそれぞれが、楽しくカワイイを追い求めるのは、やりがいのある仕事だと思います。

南吉の文学の登場人物のファッションに注目した所は、面白いアイデアだと思いました。

本を読んでいて想像した洋服が、紙面で紹介されていたら興味深いです。

実際にこんな企画の雑誌が、あったら売れると思いました。

南吉は、仕事の優秀な社員だなと改めて思いました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

みさこ

『プリティが多すぎる』第9話のあらすじネタバレ

ピピン廃刊の危機に、南吉はウェブ版ピピンの開設を提案します。

ウェブ版は無難なコーディネートでアクセス数を伸ばしていましたがピピン読者からは何か違うと声が上がります。

南吉は自分がピピンのためだと頑張っていることは意味がないことかもしれないと詩織に相談します。

詩織は過去を捨てずに南吉らしくやりたいようにしてみたらいいとアドバイスを送ります。

その結果、南吉は本とファッションの融合をテーマに企画を考え、巻頭を飾って雑誌の売り上げ1.5倍を記録します。

その夜、南吉に柏崎から文芸に戻してやると連絡が入りました。

『プリティが多すぎる』第9話の感想

前回大きなミスを犯して落ち込んでいた南吉ですが、ピピンを廃刊から救うために奮闘する姿がかっこよく思えました。

過去を捨てて今を生きようと決めた南吉に対して、過去は捨てなくて自分らしく生きればいいという詩織の言葉は南吉の心にグサっと刺さったんじゃないかなと思います。

南吉がつまずいた時に詩織はいつも手助けになる言葉をかけてくれるんですよね。

最後に柏崎からの電話には驚きました。

南吉と利緒がもう少しでキスするところでタイミング悪すぎます。

ピピンで頑張ると決めた南吉ですが、文芸に戻ってしまうのか南吉がどんな道を選ぶのか展開が楽しみです。

ペンネーム:みさこ(30代・女性)

ゆめ

『プリティが多すぎる』第9話のあらすじネタバレ

前回に続けて、主人公は決定が間違えて、「pipin」のモデルのチャンスがなくなった。

それについて、主人公は自分のことを責めて、「pipin」のことに、全力するつもりです。

しかし、その時に、「pipin」の売り上げが上がらないと、この雑誌は続けないことになりました。

主人公は考えた末、「pipin」のことを変えようと思います。

他社のことを参考して、新しい「pipin」をつくるつもりです。

ウェブサイトも作って、読者層を広くつもりです。

だが、そういうことをして、今まで「pipin」のことを支えた読者たちはどんどん離れている。

主人公が迷った時、本を見て、ヒントがもらいました。

やっと、「pipin」のことをうまく守れました。

『プリティが多すぎる』第9話の感想

本当にちょっとだけで、決定が間違えたら、大きなことになるよね。

人の人生も変わるかもしれません。

人々はね、半端な態度で仕事をする人、まだあると思います。

そして、間違えたら、その過失から勉強になりました。

人生で結構苦労したいと思います。

妥協しなければならない場合もありました。

第9話にあったことのように、売り上げのために、一度、妥協をしました。

売り上げが上がらないと、「pipin」ことを続けるのも難しくなる。

だから「pipin」の皆さんは売り上げのために、「pipin」のありままのことを捨てるつもりですが、最後は無事に終わりましたは良かったです。

でも、人生はそんなにうまくいくことはないと思います。

頑張っても、いろいろ考えても、最後には妥協に以外出来ないです。

ペンネーム:ゆめ(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA