プリティが多すぎる|8話の動画見逃し無料視聴はこちら【12月6日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『プリティが多すぎる』第8話( 2018年12月6日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『プリティが多すぎる』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『プリティが多すぎる』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『プリティが多すぎる』第8話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『プリティが多すぎる』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年12月6日(木)放送終了後〜2018年12月13日(木)22時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のあらすじ

2018年12月6日(木)放送のドラマ『プリティが多すぎる』第8話のあらすじを紹介します。

南吉(千葉雄大)は、アパレルブランド「TJラッシュ」のタイアップ記事を任される。

一方「ピピン」モデルとしてなかなか芽が出ない珠里(川島海荷)は、「自分には才能がない」とカメラの前で泣き出してしまう。

そんな中迎えた「TJラッシュ」の撮影当日、急遽来られなくなったモデルの代わりに、偶然居合わせた珠里を起用する南吉。

南吉の提案で万事順調に進んだかと思いきや、事態は急展開。

珠里がモデルをやめる危機に…!?

公式サイトより引用

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

nanasha
次回予告を見ているとまた仕事で何かありそうです。

ですが、仕事のトラブルが起こるたびに南吉と佐藤利緒の距離が縮まり編集メンバーとも仲良くなるので楽しみです!

次回は川島海荷ちゃんがフリフリの服を着て登場してくれるので目の保養になりそうです。

ピピンのモデルとして芽が出ないと悩んでいる役だそうですが可愛さでは誰にも負けない位なのに不思議です。

カワイイの理解までは遠くても自分と違う世界を受け入れて自分自身の成長に活かしている南吉がどうやって問題を解決していくのか気になります。

キヨラの南吉へのアタックもストレートでそれに対する南吉の表情もとても面白いので注目して見てみたいと思います。

ペンネーム:nanasha(30代・女性)

はるか
展開予想として、モデルとして自信のない珠里をキヨラが、南吉に頼まれて相談に乗り自信を持たせると思います。

楽しみな所は、南吉と利緒は、両想いだと思うので二人のラブラブな様子が、楽しみです。

予想としては、南吉が、利緒にカワイイを連呼して利緒が、喜ぶようなカップルになると思います。

珠里役の川島海荷さんは、ロリータファッションもかわいらしくて似合っていますね。

演技派の女優さんですが、かわいらしい容姿が、衣装とピッタリ合っていて素敵です。

そして、南吉は、担当編集者として珠里の信頼を得られるかも注目ポイントです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

りんご
次回はPipinモデルとして川島海荷さんが登場するのが楽しみです。

予告では、自分に自信がないとなんだか問題を抱えていそうな雰囲気でした。

どのように勇気づけ、モデルとして輝いていくのか期待しています。

そして、新見と利緒の関係はまた動くのでしょうか。

キヲラが新見に好意を寄せているので、そこが気掛かりですが、新見と利緒にくっついてほしいと一視聴者として感じています。

キヲラからの新見へのアプローチはとても強く、利緒がそれに触発されて、自分の気持ちに素直になって新見を意識し始めていることも認めてくれれば、なんて思っています。

ペンネーム:りんご(20代・女性)

あんこ
新しいモデルとして川島海荷さん演じる珠里が初登場するみたいですね。

キヨラや心寧とは違ったタイプのモデルさんみたいなのでどんなコーディネートをみせてくれるのかとても楽しみです。

予告ではロリータファッション姿もあったので気になります。

モデルとしての自信をなくしていた珠里を企画のモデルとして南吉が抜擢するみたいですが、何かをきっかけに珠里がモデルをやっぱり辞めたいと言い始める展開は面白くなりそうです。

南吉は女心をわかっていないところがあるので余計なことを言ってしまうんじゃないかと思います。

南吉担当のタイアップ記事の行方も気になります。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

ちひろ
なんといっても、一番気になるのはやっぱり、利緒と南吉の恋!バーでのキス事件以来、少しずつだけど着実に距離が縮まっているし、7話の最後でまた急接近していてドキドキです。

利緒って何歳の設定?かわかりませんが南吉より年上ぽくて、とてもお似合いだなあと思います。

そうなると、7話でも「告白する!」と意気込んでいた近松との友情がどうなるのか…南吉大好きなキヨラや美麗もショックでモデル辞めるなんて言い出さないかと心配です。

編集長はいつも温かい目で見守っていますが、何か企んでいるような…考えすぎでしょうか。(笑)

ペンネーム:ちひろ(20代・女性)

あずさ
来月は南吉がまた新しい企画で手腕を奮うことになり、その判断が編集部にピンチをもたらしそうなのでその展開が楽しみである。

僕のミスですという予告にあった南吉のセリフと思い詰めたような表情から今までで最大のミスであり、もしかしたら2話またいでの展開になるのではないかと予測している。

せっかく7話で利緒といい感じになったので、今回のピンチも何らかの形で利緒が助けて二人の仲が進んでいったらさらに面白そうだと思った。

また、そろそろ南吉がピピンを去る話が出てきてもおかしくないと思っている。

結局今のところは文芸よりピピンを選びそうである。

ペンネーム:あずさ(30代・女性)

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ラベンダー

『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレ

「ピピン」のモデルたちは撮影の仕事をしていた。

南吉は差し入れにカップケーキを持ってきた。

体型を気にしているモデルには喜ばれなかったが、キヨラは別だった。

そんな中、珠里は「Leile Monica」の専属モデルオーディションに応募しており、このオーディションに受からなければ故郷に帰る予定でいた。

南吉はアパレルブランドの「TJラッシュ」の記事の仕事をまかされ、キヨラと珠里の撮影をしていた。

だが、珠里が途中で泣いてしまい、仕事は中止になった。

また、天候不良で新幹線がとまり、「TJラッシュ」の撮影の現場にえみりが来ることが出来ず珠里が代役を務めた。

珠里は「Leile Monica」のオーディションに受かったが、他の仕事を掛け持ちしたことがあだとなり、「Leile Monica」の専属モデルの話は白紙に戻った。

珠里は故郷に帰ることになった。

『プリティが多すぎる』第8話の感想

南吉がモデルの仕事の休憩時間に持ってきたカップケーキがとてもおいしそうで食べたくなった。

カップケーキの色合い等可愛らしいので、自分のご褒美のスイーツとして買うことまで想像してしまった。

また、クライアントとの打ち合わせで人気のモデルばかりを広告用として雑誌に掲載しないこと等は少し意外だった。

三田村編集長がモデルをスターにするのも編集部の仕事だと思っていることから、「ピピン」のモデルが生き生きと仕事をしていることが分かるような気がした。

特に印象に残った場面が珠里が故郷に帰るといって、夜空を歩く場面だ。珠里の背中を見ていると、何とも切なくてさみしい気持ちになった。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

まるちーず

『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレ

ピピンモデルの珠里が主役の回でした。

珠里はあまり売れていない自分の最後のチャンスとして専属モデルオーディションへ向けてダイエットを頑張っていました。

珠里の目標はキヨラのような売れっ子モデルになることです。

しかし、街角の撮影ではモデルとして気づいてさえも貰えなかったりキヨラと自分を比べすぎて撮影中に泣き出してしまいます。

そんな中で天候不順の為にモデルが撮影場所に来られないアクシデントが発生します。

アパレルブランドの撮影にピピンモデルを起用することになっていましたが急遽来られなくなったモデルの代わりに珠里を使ってくれるように南吉が進めてしまいます。

アパレルブランドの担当者は珠里の事をとても気に入り、珠里も良い仕事をくれた南吉に感謝しますがそれが大問題でした。

珠里の受けた雑誌は他で使用したモデルを起用しない決まりがあったのです。

たった一人しか受からない専属モデルオーディションに珠里は折角受かったのに白紙に戻されてしまいます。

南吉と編集長はアパレルブランドの担当者に別のモデルに代えて欲しいと土下座までしてお願いしましたが希望は叶えられませんでした。

珠里はモデルをやめて田舎に帰ると言い残してピピンを去ってしまいます。

『プリティが多すぎる』第8話の感想

アクシデントが起きてもいつも協力し合って乗り越えてきましたが今回はそうはいかずとても後味の悪い終わり方で見ていて悲しかったです。

南吉が知らなかったとは言え珠里の為を思ってモデルとして推薦したのが裏目に出てしまい、アパレルブランドのモデルなんかより専属モデルになりたい、そうすればキヨラのようなトップモデルになれるかもしれないのに、と泣きながら南吉に訴えているのが辛かったです。

また、編集部員の中に元ピピンモデルがいたのには驚きました。

人生なんて一瞬の出来事で変わってしまうと言う彼女の言葉に今回の話のテーマが詰まっていました。

辛いシーンが多かったですが屋上で南吉と利緒が一緒にお昼を食べるシーンが面白かったです。

もう文芸で居場所がないかもしれないと言う愚痴に付き合わなかった利緒に南吉がやり返していて仲の良さが和みました。

ペンネーム:まるちーず(30代・女性)

はるか

『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレ

TIラッシュの記事を任された南吉は、担当者からキヨラをモデルに使いたいと言われるが、キヨラは、他の雑誌にも掲載されているので他のモデルで納得してもらう。

しかし、そのモデルもカメラ撮影の時にアクシデントで現場に間に合わなくなる。

そこで南吉は、モデルとしての自信もなく田舎に帰ろうとしているモデルの珠里をモデルとして起用する。

珠里もTJラッシュも担当者も満足する仕事になったが、その後に珠里が、目指していた雑誌のオーデイションに受かった事が、分かる。

しかし、TJラッシュの撮影をしてしまった事でこの話は、流れてします。

南吉は、責任を感じていた。

『プリティが多すぎる』第8話の感想

モデル業界のルールにもいろいろあるんだなと思いました。

珠里が、キヨラと一緒に撮影していてファンから写真撮影を頼まれるシーンは、かわいそうでした。

モデルの世界も実力世界なので人気モデルでも努力をしている事も分かり現在、人気のモデル達もいろんな思いを経験しているんだなと感慨深いです。

珠里役の川島海荷さんは、演技が、上手くて南吉に詰め寄るシーンなど迫力が、ありました。

南吉は、珠里のためにと仕事をさせたのに苦い経験になってしまいました。

編集長と一緒に土下座までした南吉ですが、TJラッシュの言い分もごもっともで譲れない所だと思いました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ミミ

『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレ

ピピンモデルの珠里はオーディションを控えていました。

トップモデルのキヨラとの撮影の時には自信をなくして泣いてしまいます。

ファッションブランドの撮影に間に合わなくなったモデルの代わりに南吉は珠里をモデルに抜擢します。

オーディションにも合格し朱里と南吉は喜びあいますが、南吉のミスで珠里の合格は白紙に戻されてしまいます。

南吉は謝りに行きますが取り扱ってもらえませんでした。

朱里はモデルを辞めて田舎に帰ると言い残して去ってしまいました。

屋上で涙する南吉に栞は、私達の仕事はその人の人生をも左右する重い仕事だということを忘れないでと声をかけるのです。

『プリティが多すぎる』第8話の感想

新しいピピンモデルの朱里役として川島海荷さんが初登場されましたね。

ロリータっぽい衣装がとっても似合っていていつもの海荷ちゃんとまた違う雰囲気が良かったです。

南吉は珠里にモデルとして自信を持って欲しい気持ちもあったと思うんですよね。

だからこそ悪気があったわけではなかったので、残念な結果になってしまって南吉が可哀想になりました。

編集者として足りない部分もあるとは思うんですが、南吉も涙を流すくらい自分のしたことの重大さもわかっていると思うし後悔もしていると思います。

南吉には立ち直ってほしいなと思います。

ペンネーム:ミミ(30代・女性)

のんころ

『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレ

Pipinのあまり人気がないモデル布川朱里はティーン向け人気ブランドのオーディションを受けるべくダイエットに励んでいました。

オーディションに落ちたら田舎に帰らなければならない現状と人気モデルのキヨラの才能に嫉妬するあまり撮影で泣きだしてしまいます。

さっさと帰ろうとするキヨラに朱里は「何の努力もしないで才能だけで売れていてうらやましい」と言ってしまいます。

しかし元モデルの編集者から実はキヨラは前にモデルをしていた雑誌をクビになり1年間は仕事がなくその間も努力をしていたことを知らされます。

後日朱里は猛反省しPipinの編集部に謝罪に訪れました。

その頃キヨラの起用を希望していたファッションブランドに代用として採用されていたエミリが仕事先の大阪から帰ってこれないというトラブルが起こります。

機転をきかせて朱里をキャスティングする南吉。

撮影は大成功のうちに終わり朱里は自信を取り戻します。

その時以前から受けていた人気ファッションブランドの専属モデルも決まり大喜びの朱里と南吉。

しかし代用でモデルをしたブランドと購買層が被っていたので人専属モデルの話はなくなってしまいます。

南吉と編集長は代役をしたブランドに何とかモデルを代えて撮り直させてくれないかと懇願します。

しかしそんな勝手な要望が通るはずもなく断れてしまいます。

絶望し号泣する朱里に南吉はかける言葉がありません。

朱里は別の編集者に「田舎に帰ります」と去っていきます。

屋上にいた南吉は編集長から「人生が変わるのは一瞬、少しのミスで人の人生が変わってしまう仕事だから心して挑むように」と優しく言われ涙を流しながら返事をするのが精一杯でした。

『プリティが多すぎる』第8話の感想

川島海荷のロリータ姿がとにかく可愛かった。

今まで自由奔放で何も考えていないように見えたキヨラが実は苦労人&努力の人だったと知って驚きました。

撮影場所も相変わらず可愛い所ばかりで原宿に行ってみたくなりました。

客層が被るブランドはモデルも被っちゃいけないんですね。

2つくらい被っても問題ないような気がしますが。

専属モデルだと厳しいのだなと思いました。

しかし毎回南吉が迂闊すぎる。

まだまだファッション誌を軽く見ている感じが伝わりました。

朱里をはじめ色々な人に迷惑かけまくりなこの状況で最後の涙が改心のきっかけになってくれればいいなと思います。

ペンネーム:のんころ(30代・女性)

takeyan12

『プリティが多すぎる』第8話のあらすじネタバレ

今回は布川珠理(モデル)と南吉の物語です。

じゅりがモデル業を悩んでいる中で南吉がそれをサポートすると言う内容になっています。

じゅりはキヨラのようになりたく憧れを持っていて二人で仕事をする中でどうしてキヨラのようにうまくいかない事に涙をします。

そんな時、じゅりはキヨラが単に才能だけでやってきたのではなく努力してやってきた事を佐藤利緒に聞かされます。

じゅりは考えを改めて新しく来た仕事をします。

仕事中に先日受けたLeile Monicaのオーディションに受かった報告がありとても喜びます。

が、新しく来た仕事の会社TJラッシュとLeile Monicaは同じ方向性の仕事でありLeile Monicaは他で仕事を受けたモデルを使用しないとの事。

この事が影響してじゅりはLeile Monicaの契約が白紙になります。

Pipin編集長と南吉がTJラッシュへ行き内容を説明してモデルを変更してもう一度撮影をしてほしいと頼みますがそんな事は無理であると担当者に激怒されます。

Leile Monica契約が白紙になったじゅりは瑠璃に田舎に帰ると告げる。

瑠璃は元Pipinモデルから編集者になったが自分は夢をあきらめたわけではないと新しい夢を見つけた言う。

じゅりはその言葉を胸に「お世話になりました」と言い立ち去る。

場面が交差し三田村詩織(Pipin編集長)は南吉を諭す。

モデルの運命を変えることになる大変責任のある仕事であると伝える。

南吉は涙しながら「はい」と答える。

立ち去るじゅりの後ろ姿から号泣する南吉のアップで終了となる。

『プリティが多すぎる』第8話の感想

Pipinの編集者としてまだまだ足りていない南吉がPipinの編集者としての責任がついていく。

いわゆるPipin愛に目覚める瞬間であったように思います。

じゅりはモデル業ではTJラッシュの担当者に高評価でしたし例え田舎に帰ったとしてもこの出来事を踏まえて成長していくでしょう。

現代の人は挫折に弱いと感じる方が多いと思われます。

そういった挫折をどう乗り越えていくか、同じように苦しんでいる人をみてどう感じるか、この8話は現実的に悩んでいる方やそういった方から相談を受ける方などにはかなり印象に残る作品であったように思います。

ペンネーム:takeyan12(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA