プリティが多すぎる8話ネタバレと感想。南吉の悔し涙に、もらい泣き!?

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話が2018年12月6日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「プリティが多すぎる」も第8話!

先週は、利緒目線で描かれたお話がとっても面白かったね!

ラマちゃん
今週は、大きな仕事を任された南吉だけど、大事件が起こりそう!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

こちらの記事では、2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のネタバレあらすじと感想は?

第8話:南吉の大仕事、ラストは悔し涙?

南吉(千葉雄大)は、アパレルブランド「TJラッシュ」のタイアップ記事を任されました。

編集長の三田村(堀内敬子)と打ち合わせの帰り道、キヨラ(長井短)を使いたがっていたクライアントの不服そうな表情を心配する南吉でした。

もちろん、今回はクライアントの競合会社とのCM契約を結んでいるキヨラを使うことは、根本的に無理なのですが、そのことが無くても、色んな子にチャンスをあげたいと三田村は話します。

南吉も、その意見にほほえむのでした。

そこへ、電話をかけてきたのは同期の近松(中尾明慶)です。

南吉から引き継いだ巽(麿赤児)の新作が、じわじわと人気が出始め、ついに読者アンケート1位をとったというのです。

近松は、何の悪気もなく、相談に乗ってくれた南吉にお礼を言いますが、南吉は内心複雑な気持ちでいっぱいでした。

一方「ピピン」モデルとしてなかなか芽が出ない珠里(川島海荷)は、「自分には才能がない」とカメラの前で泣き出してしまいます。

翌日には、大きく、そして珠里にとっては、最後のチャンスであるオーディションが控えていました。

モデルを辞めると言い出した珠里を、懸命に励ます南吉と利緒(佐津川愛美)ですが、キヨラは、本人が辞めたいと言っているなら、辞めさせればいいとドライに言います。

そして、泣き出した珠里の腫れた目では、撮影が続けられないだろうと、帰ろうとします。

そんなキヨラに、珠里は、苛立ちをぶつけてしまいます。

キヨラは、そんなこと意に介せず、さっさと帰っていきました。

しかし、利緒は、知っていました。

かつてキヨラが『Pipin』の専属になる前の雑誌でモデルをクビになり、それから1年くらいは、全く仕事がありませんでした。

そのことを、珠里に教えた利緒は、言いました。

「才能は努力なしに花開くわけじゃないと思うな。」

そんな姿を、元『Pipin』専属モデルで夢破れ編集者になった瑠美(池端レイナ)と、同期に先を行かれた気分の南吉は、複雑な表情で見つめるのでした。

そんな中迎えた「TJラッシュ」の撮影当日、急遽来られなくなったモデルの代わりに、偶然居合わせた珠里を起用する南吉です。

南吉の提案で万事順調に進んだかと思いきや、事態は急展開を迎え、珠里がモデルをやめる危機に陥ってしまいます。

それは、撮影中に怒りました。

珠里の元に、オーディション合格の通知が届いたのです。

撮影がされた写真を、嬉しそうに見つめる南吉でしたが、そこへ血相を変えた三田村が飛び込んできます。

合格したオーディションの「リーダーモニカ」と今回の「TJラッシュ」は競合にあたります。

そのうえ、「リーダーモニカ」は、他紙で色のついたモデルは、絶対に使わないと雑誌でした。

すぐに南吉と三田村は、「TJラッシュ」に、誌面差し替えのお願いに行きますが、全く相手にされず、怒りを買ってしまいます。

状況を珠里に説明しますが、珠里は「TJラッシュ」の仕事を断って「リーダーモニカ」を受けさせてほしいと懇願します。

しかし、それが難しいと分かった珠里は、傷心のまま、事務所をあとにします。

そんな珠里を追いかけてきた元『Pipin』モデルの舞美が、自分がモデルを辞めたきっかけを話し、励まします。

三田村も、屋上で落ち込む南吉に、この仕事の重さを話し、少しの叱咤と励ましの言葉を伝えました。

珠里は、舞美の「夢をあきらめたわけではない。新しい夢を見つけた」という言葉を聞き、無理くりな笑顔を作ると「お世話になりました。」と帰っていくのでした。

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話の感想は?

黒猫葵
どうしても、南吉は報連相が足りないですね。

エミリが来られないと分かったタイミングで、すぐに三田村なり利緒なり、誰かに「珠里がいるから、代わりに」って、報告してれば、止められたかも…。

タラレバになってしまいますが。

でも、まぁ、「TJラッシュ」もあんな感じでは、先細りですね…。

卑屈すぎるし、他人任せすぎるし、動揺し過ぎです(汗)

珠里ちゃんの出演は、今回限りなんですかね?

この枠のドラマで考えると、大体10回が基本ですから、あと2回で終わりと思っていますが、何か1発逆転があるといいのですが…

そこはドラマですから、夢見たいところですね。

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
そこなんだよね。

他の雑誌で色が付くのはダメなら、「Pipin」から1人選ぶ意味がわからないんだよね。

ラマちゃん
そうね~。だいぶ「Pipin」色ついてるわよね。

ドラまる
そこだけは、直さなくっちゃいけないね!
ラマちゃん
思い込んだら暴走するからね(汗)

ドラまる
今日は、ほろ苦いお話だったね。

これで、何も回収されないまま、のどに残った魚の小骨みたいな感じになっちゃうのかなぁ。

ラマちゃん
何とも言えないけど、何かが起こるかもも期待しましょう!

スポンサーリンク

ドラマ『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『プリティが多すぎる』を見逃した際は、Huluで視聴可能です。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第9話のあらすじは?

2018年12月13日(木)25時09分〜放送のドラマ『プリティが多すぎる』第9話のあらすじをご紹介します。

自分のミスでモデルの人生を狂わせてしまったことに落ち込む南吉(千葉雄大)は、文芸に戻りたいという気持ちを断ち切って「ピピン」に集中することに。

そんな中「ピピン」の廃刊危機を知り、ウェブ版「ピピン」の立ち上げを提案する。

ウェブ版ではこれまでの「ピピン」らしからぬシンプルなコーデを中心に据え、アクセス数は伸びる一方、既存の読者の反応はイマイチ…。

果たして「ピピン」はこのまま生き残ることができるのか!?

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第8話のネタバレ有りの感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
南吉の悔し涙が、胸にくる第8話から、一転、『Pipin』廃刊の危機だね!

どうなっちゃうのかな!

ラマちゃん
次週予告では、南吉と利緒が、また急接近しそう!

何か、色々気になりすぎちゃうわ!

黒猫葵
ラストスパート目前に、どんな仕事でも、苦さがあることを思い出させてくれた第8話からの、最大のピンチの9話!

もう少しも見逃せませんね♪

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA