プリティが多すぎる|6話の動画見逃し無料視聴はこちら【11月22日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『プリティが多すぎる』第6話( 2018年11月22日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『プリティが多すぎる』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『プリティが多すぎる』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『プリティが多すぎる』第6話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『プリティが多すぎる』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月22日(木)放送終了後〜2018年11月29日(木)22時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第6話のあらすじ

2018年11月22日(木)放送のドラマ『プリティが多すぎる』第6話のあらすじを紹介します。

南吉(千葉雄大)がやっとの思いでまとめた初企画は巻頭企画と被っていたことが判明し、編集長(堀内敬子)からコンセプトの変更を命じられる。

茫然とする南吉だが、カメラマンの戸馬(池田鉄洋)は「適当にやるから大丈夫」と気にも留めない様子。

そんな戸馬も、他の仕事では一切妥協を許さないと耳にした南吉は、本意ではない「ピピン」の仕事を“適当に”やり過ごそうとする。

そんな時かつての担当作家(麿赤兒)と再会し…。

公式サイトより引用

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ラベンダー
南吉はコンセプトを変更するので、色々と大変な道のりが待っているが、この企画をより良い企画に練り直すことが出来るかどうかが楽しみなポイントである。

カメラマンの戸馬さんにもアドバイスをもらいながら、南吉は試行錯誤しながら仕事を頑張ることが予想される。

利緒も先輩として南吉にアドバイスをしてヒントをくれると思う。

「プリンセスコーデ」でのキヨラと心寧の変身に大いに期待できると思う。

最終的にピピンのファッション誌がどのような雑誌に仕上がるのか、また、編集長が編集部員の皆にいいアドバイスをしていく姿も楽しみである。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

はるか
展開予想としては、企画の練り直しを不服と感じた南吉は、「ピピン」の仕事への情熱もなくダラダラと仕事をすると思います。

カメラマンの戸馬のように適当にすればいいやと仕事する南吉を利緒は、怒ると思います。

南吉は、編集部で孤立し利緒は、何とか仲良くさせようとすると思います。

楽しみな所は、南吉の企画が、どうなるのかです。

和を使えなくなってしまい次のアイデアを考えなくてはいけないけれどキヨラと心寧が、納得する企画になるのかなど興味深いです。

編集長は、今回の指示で怒っている南吉にどう対応するのかも見どころだと思います。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

5話の最後で企画は違うもののコーデが丸かぶりという憂き目にあった南吉。

巻頭特集ではないため南吉の方を1から考えなければいけないという事態に反発したところで終わったが、次回で持ち直すときに例の文芸にいた頃の担当作家が出てくる気がする。

もはやルーティンワークとなっていそうな書店通いで会いそうな担当作家にあい、どう立ち直りかたが楽しみである。

また、その気持ちの切CMセキュリティは、あなたのプライバシーを保護しますり替えを終えた南吉が自分のコンセプトを活かしながらどう企画を化けさせるのかは全く予想がつかないので最終的にどんな企画になるのか、また初担当紙面がどうなるのかが楽しみである。

ペンネーム:梓(30代・女性)

あんこ
やり直しを命じられた南吉が、ちゃんと企画を練り直す事ができるのか気になります。

あれだけ自信のあった企画だったからこそ新しいものを考える気力が湧いてこないかもしれないなと思うし、せっかくモデルやスタイリスト、カメラマンにも話をしていたのにまた一からとなるとこのまま企画は流れてしまう可能性もあるなかなと思います。

せっかくpipinの編集者として前向きになってきたところなので、南吉が仕事へのモチベーションが下がるのは嫌だなと思います。

久しぶりに巽先生も出てきて南吉と会うシーンがあるみたいなのでどんな会話になるのか楽しみです。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

milkmama
企画やり直しになったことで南吉がどんなぐれ方をするのか、何をきっかけに割り切ってまた前に進むのか。

周りのサポートにどのような反応をして自分なりの答えを出すのかが今から楽しみにしてます。

また練り直しになってしまった企画はどんな形のものに変わり、どのような紙面が完成するのかが全く想像できなくてとても楽しみです。

また第五話ではあまり進展のなかった南吉の恋模様の行方も楽しみです。

三角関係に発展するのかしないのか南吉だけが意識しているようにも見える二人の関係性ですが、今後進展があるのかないのかも気になるところです。

ペンネーム:milkmama(20代・女性)

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

はるか

『プリティが多すぎる』第6話のあらすじネタバレ

南吉は、企画を譲る事に怒りを露わにしてしまうが、編集室のスタッフやモデルのキヨラから妥協しこだわりを捨てる事も必要と諭される。

南吉は、カメラマンの戸馬が、「ピピン」の仕事は、適当にやると言っておきながら自分の写真集には、妥協しないという話を聞いて腑に落ちない。

友達の近松からは、適当にやればと言われて適当に仕事をこなす南吉。

利緒たちからは、南吉のような経験は、みんなしていると励まされる。

そして、南吉は、文芸で担当していた作家から自分の意見しか認めない所を指摘される。

南吉は、いろんな人達の意見を聞きコンセプトを練り直す。

そして、妥協ではなくベストプランを考え出す。

『プリティが多すぎる』第6話の感想

仕事を適当にするという事について考えさせられる回でした。

適当に流して仕事すればもめ事もないけれどやりがいもなさそうだなと感じました。

南吉も適当に仕事をしている時より熱心に取り組んでいる時の方が、イキイキしていると思いました。

南吉は、「ピピン」の仲間から認められてはいるけれど南吉が、心を閉ざしているような感じもしました。

本屋さんで自分の本をきれいに整理する作家の姿が、切なかったです。

本を作る側の気持ちが、このドラマで分かり丁寧に本を読もうと思いました。

和のプリンセスも良いけれど白いブラウスのプリンセス衣装もかわいらしくて良いと思いました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ラベンダー

『プリティが多すぎる』第6話のあらすじネタバレ

南吉は企画が被った為、コンセプトを変更するように言われたが、納得がいかなかった。

モデルのキヨラが利緒にアドバイスを受けた時に自分のこだわりを捨てることも必要だと感じたと南吉に話した。

会社で朝、三田村編集長が南吉の元編集長の柏崎にばったり会い、南吉のことをお互い心配しているようだった。

編集部の皆も南吉が淡々と仕事をしていることにとまどっていた。

また、近松に会いベストセラー作家のサイン会のチラシをもらった。

南吉は、その作家やカメラマンの戸馬さんからアドバイスをもらい、だんだんと立ち直っていく。

誰もが持っている白いシャツ一枚でプリンセス像を作っていくことに方向性を決めた南吉は、戸馬さん達等の協力のおかげで、仕事が無事に終わった。

仕事が終わり、南吉はキヨラから告白を受け、とまどいを感じていた。

『プリティが多すぎる』第6話の感想

南吉の企画が被り最初から企画を考えなければならないことは、とても残念だっただろうと思った。

仕事の上での妥協はどの世界でもあることだが、妥協を受け入れるまでは南吉も大変だと感じた。

三田村編集長が南吉が企画を変えることを乗り越えてくれることを願って、利緒に南吉を見守るように言ったことは流石だと思った。

また、カメラマンの戸馬さんが適当という言葉の意味を南吉に教えている場面がとても印象的だった。

仕事での適当は、その場にふさわしい仕事をすることだという言葉が素晴らしかった。

最後に南吉がキヨラから告白を受けた出来事は少しびっくりした。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

あんこ

『プリティが多すぎる』第6話のあらすじネタバレ

企画の変更を命じられた南吉は納得できずイライラしていましたが、モデルのキヨラから自分のこだわりを捨てなければいけない時があると言われて変更に従うことにします。

新しい企画案を戸馬に提案するも前の方が面白かったと言われてしまいます。

巽先生から自分意見だけが正しいと思っていてまだ見えていないことがあると言われたことを思い出した南吉は、自分の企画がダメになっても自分らしさは曲げてはいけないことに気がつきます。

新しく企画を練り直し撮影は無事に成功します。

撮影が終わってキヨラがみんなの前で南吉くんが好き、付き合ってと突然告白して南吉はびっくりしてしまうのでした。

『プリティが多すぎる』第6話の感想

南吉が企画の変更を提案されてブチギレてしまったその後がどうなってしまうのか気になっていました。

最後まで投げ出さずに新しい企画を提案して撮影できたことで南吉の成長を感じられましたし嬉しくもなりました。

カメラマンの戸馬さんの適当という言葉に隠された意味は意外なものでしたが、どんな仕事にしてもプロ意識を持つことは大切だなって改めて思いました。

キヨラからみんなの前であんな正々堂々と告白されるなんて予想外で、南吉の反応もですが利緒がどう思うのかも気になってしまいます。

さすがに付き合うことはないとは思いますが続きが楽しみです。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA