プリティが多すぎる|5話の動画見逃し無料視聴はこちら【11月15日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『プリティが多すぎる』第5話( 2018年11月15日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『プリティが多すぎる』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『プリティが多すぎる』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『プリティが多すぎる』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『プリティが多すぎる』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月15日(木)放送終了後〜2018年11月22日(木)22時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第5話のあらすじ

2018年11月15日(木)放送のドラマ『プリティが多すぎる』第5話のあらすじを紹介します。

南吉(千葉雄大)は、「ピピン」に来て初めて自分の企画を通し、「プリンセスコーデ」の誌面作りを任される。

張り切る南吉だったが、こだわりの強いキヨラ(長井短)と心寧(武田玲奈)との間で板挟みとなり、スタイリスト(宍戸美和公)にも呆れられる始末。

さらにカメラマン(池田鉄洋)は「適当にやるよ」とどこか軽い雰囲気で、もはや八方塞がりに…。

果たして南吉は曲者揃いのチームを引っ張っていけるのか!?

公式サイトより引用

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ラベンダー
南吉が自分の企画「プリンセスコーデ」を任され、雑誌の紙面をどのように作り上げていくのかとても楽しみなポイントである。

利緒と気があってきたので、利緒に相談しながら作り上げていくだろうと予想する。

カメラマンがやる気がないようで、更にキヨラと心寧がこだわりが強く最初はまとまりがない状態だが、最終的にはこの企画がうまく進んでいくような気がする。

編集長が毎回、編集部員に適切なアドバイスをするので、南吉に対する編集長のアドバイスにも注目して見てみたい。

プリンセスコーデの洋服がどのようなコーデになるのかも楽しみだ。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

はるか
南吉の初めての企画であるプリンセスコーデが、どんな紙面になるのか楽しみですね。

しかも人気のキヨラと心寧をモデルにして紙面にするのでカワイイ紙面になりそうです。

展開予想としては、キヨラと心寧の間で衣装の事でケンカになり南吉は、どちらの意見を聞くのか問い詰められて困ったしまうと予想します。

そんな時に適当だと思われていたカメラマンが、ビシッと二人を叱り南吉は、モデル達の意見を聞くけれどいいなりには、ならないように指導してくと思います。

楽しみな所は、プリンセスコーデの衣装です。

プリンセスというだけあり王女様のようなかわいらしい衣装を楽しみにしています。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

あんこ
南吉がついに初めて自分の企画を任されるみたいですね。

企画書を出しても通さない日々が続いていたので、嬉しいことだなと思います。

南吉の企画したプリンセスコーデは果たして上手くいくのか気になりますね。

モデルはキヨラに心寧ちゃんとまとめていくのが大変そうで、一筋縄にはいかない展開が待っているような感じもするのでとても楽しみです。

南吉の成長する姿を見ることができるんじゃないかと期待しいます。

そして、利緒との関係にも進展はあるのか、回を増すごとに2人の距離が近くなって仲良くなっているような感じがするので楽しみです。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

maron
南吉と利緒の関係性が微妙になってきたような感じがします。

仕事では対立ばかりしているように見えるが、Pipinを愛して読者にいいものを届けたいと思う気持ちが少しずつ揃ってきたように思えました。

モデル達がファッションを楽しんで、かつ読者も喜んで買ってくれる雑誌を作るいいチームワークが出来て行きそうです。

そして、同期の吾郎が巽先生と徐々に息が合っていいコンビになるのではないでしょうか。

南吉が悔しがるかもしれないが、今の南吉はファッション部で自分の地位を確立していくしかないと分かり、覚悟を決めて頑張っていくと思います。

ペンネーム:maron(40代・女性)

1029
最後の場面で莉緒が南吉にキスすると見せかけてしなかったので、その前のキスはどう言う意味だったのか、莉緒は南吉のことを何とも思っていないのか、でも前に南吉にキスしたことは覚えている様子だったので南吉のことが好きなのか、二人の関係がどうなるのか期待して観たい。

今回の話で、第2のキヨラとして登場した心寧だが、今後第2のキヨラとして活躍していくのか注目したい。

美麗が父親が南吉の上司だと言うことを利用して南吉にグイグイ来るのかなと思っていたが、今回は少ししかその場面がなかったので、今後美麗の動きにも注目し期待したい。

ペンネーム:1029(20代・男性)

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ラベンダー

『プリティが多すぎる』第5話のあらすじネタバレ

南吉は編集会議で初企画「プリンセスコーデ」を任される。

モデルのキヨラと心寧、スタイリストに自分たちの思いを聞いたが、皆が違う意見を持っていた。

皆で打ち合わせをしたが、スタイリストが用意したファッションにモデルたちが納得せず、意見がまとまらなかった。

困った南吉は、利緒と近松さんと飲み会をして、利緒に相談してアドバイスをもらった。

南吉はカメラマンの戸馬さんにも相談をする。

戸馬さんが撮った写真からヒントを得て、和テイストに変更することにしたが、企画が被ってしまった。

南吉は最初から企画を考え直すことになり、怒ってしまった。

『プリティが多すぎる』第5話の感想

南吉の初企画がうまくいけばいいと思ったが、モデルやスタイリストの思いが一致せず、女性たちの言い合いが始まった時は大変だと思った。

近松さんと利緒と南吉が飲み会をしていた時、近松さんが「こだわりのある人たちをまとめるのは大変だよ。」と言った言葉がとても印象的だった。

また、利緒が頑張っている南吉を見守っている姿がとても素敵だと思った。

カメラマンの戸馬さんと南吉との場面も見ていて心地よい空間のような気がした。

このドラマは衣装も毎回気になるが、今回は戸馬さんの衣装が特にかっこよかった。

最後の場面で、南吉が怒ったことは少し意外だった。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

はるか

『プリティが多すぎる』第5話のあらすじネタバレ

南吉の考えた企画が、初めて選ばれて喜ぶ。

プリンセスをテーマにした企画でモデルは、キヨラと心寧を起用した。

しかし、キヨラと心寧の意見を聞いてスタイリストに伝えていたつもりが、上手く伝わらずにキヨラも心寧も納得しない洋服を用意する事になる。

南吉は、利緒から編集長の仕事の仕方などを聞き改めて企画を考える。

カメラマンの写真をみて和のテイストのプリンセスを考える。

キヨラと心寧も満足してくれたが、和の企画が、被っている事から企画を練り直すように編集長から言われてしまう。

なぜ、僕が、企画を練り直さなければいけないんですかと怒る南吉だった。

『プリティが多すぎる』第5話の感想

南吉が、企画の件で怒りをみせたシーンが、迫力ありました。

普段は、女性だらけの職場でからかわれても怒らない南吉が、怒っている姿は、以外でした。

南吉の和のプリンセス企画は、面白そうで良いと思ったので企画が、被ってしまいかわいそうでした。

しかし、南吉より前に和の企画を考えていたようですし今回は、南吉が、譲るべきかなと思いました。

キヨラと心寧のモデル達の性格も今回は、対比されていてよく分かりました。

利緒は、職場の仲間としても男性としても南吉を好きなんだなと思いました。

南吉は、仕事も熱心で好青年ですが、怒りやすい所もありますね。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

『プリティが多すぎる』第5話のあらすじネタバレ

南吉は心寧の発掘によってピピンの編集部員としての一歩を踏み出した。

通勤途中にも可愛い子がいると声をかけてスナップを撮ったりと、その仕事ぶりは順調に思えた。翌号の編集会議で南吉の企画が初めて通ることになり、キヨラと心寧をツートップにおいたプリンセス特集を考えてる。

利緒から周りの意見を聞かないと暴動が起こると脅された南吉はモデルの二人をはじめスタイリストなど意見を聞いて回るが当然ながら全くまとまらなかった。

キヨラと心寧の意見の折衷案をスタイリストに伝えなんとかまとめようとするが、二人から抗議にあい南吉は途方にくれる。

『プリティが多すぎる』第5話の感想

編集部員としてのスタートラインに立った南吉が初めての企画を任されるようになったのは、初回から見てきたファンにとっては感慨深いものだった。

しかし、テイストが真逆のキヨラと心寧に翻弄され疲弊していく南吉は壁へのぶつかりかたが新入社員のそれのようで見ていて感情移入すると同時にちょっとかわいそうになった。

また、利緒が南吉を認めたような感じでちょくちょく心配して声をかけて遠くから見守る感じがとても良かった。

前回は恋愛要素が強い感じだったが、今度は頼れる同僚ポジションであり、今回はコーデかぶりという難解にぶつかった南吉をどう支えるのか楽しみである。

ペンネーム:梓(30代・女性)

あんこ

『プリティが多すぎる』第5話のあらすじネタバレ

初めて企画した「視線をさらうプリンセスコーデ」が通って張り切る南吉に利緒は自分の判断だけで決めちゃダメよとアドバイスをします。

企画のモデルとなるキヨラと心寧の意見は正反対だし、スタイリストの徳丸には2人の世界観が全く違うと怒られてしまい、企画はなかなか上手くいかずに南吉は落ち込んでしまいます。

詩織みたいにみんなの意見を聞いているのに上手くいかないと愚痴る南吉に対して利緒は、詩織は確たるビジョンを持って仕事をしているんじゃないかなと伝えます。

利緒の言葉をきっかけに企画を練り直した南吉ですが、その企画が瑠美と被り、詩織から企画を変更するように言われますが、ようやく自分が納得できるプランができたのにこんなの納得できないと南吉はキレてしまいました。

『プリティが多すぎる』第5話の感想

初めて企画が通って開かれる南吉が可愛かったです。

利緒のアドバイスを元に、みんなから意見を聞いているのになかなか上手くいかずに落ち込む南吉の姿は以前だったら自分の意見を貫きそうなのになと、南吉の成長が感じられて嬉しくなりました。

最後の最後で企画が被ってやり直しになるというまさかの展開にはびっくりしました。

あれだけ一生懸命に考えた企画だからこそ、南吉もどうしても譲れなかったんだろうなと思います。

あんなにブチギレるとは思っても見ませんでしたが、果たして南吉の初企画はどうなってしまうのか続きが気になります。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

milkmama

『プリティが多すぎる』第5話のあらすじネタバレ

自分の企画『視線をさらうプリンセスコーデ』が初めて通り喜ぶ南吉意見を聞かないとうまくいかないと編集部の面々からアドバイスを受け前回発掘したモデル心寧とピピンのカリスマモデルキヨラのイメージを聞きにいく。

キヨラのガーリーなイメージと心寧のロックなイメージ世界観がまるで違う提案を南吉はスタイリストに伝えるも伝言係と呆れられてしまう始末さらにカメラマンはいいんじゃない?と適当な返事をされてしまう。

南吉はみんなの意見を反映させようと計画をまとめようとキヨラ心寧スタイリストの3人が集まりコーデを決めるはずがみんなが言い合いになってしまい板挟みになり南吉は困り果ててしまう。

自分はなにを紙面を通して伝えたいのかが抜け落ちていることに気づいた南吉はもう一度カメラマンに会いに行くカメラマンの写真をみて和のプリンセス、姫に企画内容を決めみんなを説得してみせるとやる気になった。

スタイリストにも編集者になったと企画に賛同してもらえコーデも決まっていき無事に撮影プランが完成したが巻頭企画とテイストがかぶりまさかのやり直しに・・・

『プリティが多すぎる』第5話の感想

かわいいがわからないと悩んでいた南吉がそれぞれのかわいいに接することで自分とも仕事とも改めて向き合って、前向きになりはじめて仕事への姿勢が変わってきたなと思いました。

チャンスをつかんでもがいてうまくいかなくて、またもがいて自分なりの正解にたどり着いてみんなに自信をもって接することでカメラマン・スタイリストにも編集者としても認められてモデルたちの意見も取り入れつつさりげなくアドバイスしつつコーデも決まっていき撮影計画までこぎつけてすごく順調になってきて生き生きしててとても頑張れーと思いました。

自分の伝えたいこと自分のすべきことはなにかとまた一つ自分の中のかわいいをすすんだ南吉だと思ってましたが簡単にはいかないなぁ~と思いつつ、来週も楽しみです。

ペンネーム:milkmama(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA