プリティが多すぎる|3話の動画見逃し無料視聴はこちら【11月1日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『プリティが多すぎる』第3話( 2018年11月1日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『プリティが多すぎる』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『プリティが多すぎる』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『プリティが多すぎる』第3話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『プリティが多すぎる』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月1日(木)放送終了後〜2018年11月8日(木)22時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『プリティが多すぎる』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第3話のあらすじ

2018年11月1日(木)放送のドラマ『プリティが多すぎる』第3話のあらすじを紹介します。

南吉(千葉雄大)は編集長(堀内敬子)に命じられ、「ピピン」No.1モデル・キヨラ(長井短)と彼氏とのカップルデート企画を手伝うことに。

バカップルに振り回されてうんざりする南吉だったが、同僚の利緒(佐津川愛美)に叱咤され、嫌々ながらも撮影の準備を進める。

そんな中いよいよ迎えた撮影当日、突如キヨラが「彼氏と別れたからこの企画は無かったことにしてほしい」と言い出して…!?

公式サイトより引用

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ラベンダー
「ピピン」専属モデルのキヨラと彼氏とのカップルデート企画のサポート役を南吉が任されることになった。

この企画を南吉がどのように進めていくのかが気になるところだが、撮影当日にキヨラが「彼氏と別れたからこの企画はやらない」と言い出した。

とりあえず、三田村編集長や利緒に相談して、色々と教えてもらいながら進めていくと予想する。

トラブルがあったが、無事にカップルデートの企画を進めていくことができるのかが楽しみなポイントである。

また、利緒と南吉がキスをしている予告動画があったので、二人の恋の行方も気になるところだ。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

まるちゃん
基本的には新見がこの仕事に対して前向きに取り組んでいくという展開で、原作通りにドラマでもストーリーを進んでいくのかと思います。

やる気のない新見が編集部のみんなからそのやる気のなさを見透かされて今度はどんな失敗をしてしまうのか、ハラハラします。

心配です。

情報量の多いローティーン雑誌、カラフルな世界観に急に馴染むのはなかなかむずかしいでしょうね。

でも新見の、やってみようという前向きさが垣間見えてきて、これからどう馴染んでいけるのか楽しみなところです。

そして、新見と利緒と近松の恋模様も楽しみです。

ペンネーム:まるちゃん(30代・女性)

まる
次は問題児キヨラと彼氏のカップルと絡むみたいでしたが、原宿ファッションが分からないわたしにも苦痛な仕事だろうなと思いました。

あの服装のかわいさが分からない方には死ぬほど厳しい仕事だろうな思いました。

しかも相手が他の言うことをしっかり聞いてくれる相手ではなくキヨラなところが本当に地獄だろうなってとても思いました。

実際にペコとりゅうちぇるのカップルのようなものだと思うのですが、同い年なのですが全く2人がいいと思わなかったですし、同い年だと思えない部分が多かったので来週の南吉くんも応援したいと思います。

ペンネーム:まる(20代・女性)

はるか
雑誌の中から登場するモデル同士のカップルは、実際にもテレビによく登場しますね。

おしゃれが、好きな恋人同士なので若者のファンもおおいカップルだと思います。

楽しみな所は、南吉が、この二人相手に奮闘する所です。

バカップルらしいので南吉の嫌いなタイプのカップルだと思われます。

展開予想としては、仕事のためにこのカップルの仲を取り持つことになりそうです。

彼氏と彼女の話を聞いて二人を上手くなだめるのが、今回の南吉のお仕事になりそうです。

最近の南吉は、イヤイヤながらもピピンに馴染もうとしていて応援したくなりました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

南吉は初めてのかわいいの感触をつかんで、雑誌編集部員としての一歩を踏み出したのが2話だった。

今後南吉が業務にまず慣れていくところが楽しみ。

恐らくいっぱしの編集部員になってきたところで廃刊だか休刊の危機に直面したりすると思うので、そこから今の採算ギリギリのピピンをどう復活させていくのか気になる。

文芸にいた知識を生かして何かコラボ的なことをするのか、あるいはファッションの世界から遠いところにいた南吉だからこそ浮かぶような斬新なアイデアで乗り越えるのか、痛快な展開を期待したい。

また利緒との関係もどうなっていくのか注目である。

ペンネーム:梓(30代・女性)

あんこ
pipin編集者として、同僚の利緒ともなんとか上手くいき始めたかのように思いましたが、また一波乱ありそうですね。

やっぱり南吉は文芸部に戻れることが一番のきぼうなんでしょうか。

柏崎編集長も登場するみたいだし、南吉はこのまま文芸部に戻ってしまうなんてことがあるのか、せっかく理解し始めたように思う可愛いについてもpipin編集者としての仕事も投げ出してしまうのか、利緒とはまたぶつかってしまうみたいなので、なかなか上手くいかない二人の関係がどうなっていくのかとても気になります。

編集部の皆さんの服装が明るくて可愛くてらそれも楽しみです。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『プリティが多すぎる』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

あんこ

『プリティが多すぎる』第3話のあらすじとネタバレ

雑誌pipinの編集者として、企画を提案するもpipinらしさがないと却下されて上手く行かない南吉は利緒の企画の仕事を手伝うことになります。

モデルカップルのデート企画でしたが、撮影当日にモデルカップルが別れてしまいます。

次号に間に合わない危機からカップルの演技をしてもらいますが、その撮影をみた利緒からはこれじゃ掲載できないとだめだしをくらいます。

頭にきた南吉ではありましたが、利緒の言葉を思い返して、別れたことを取材する形で、雑誌への掲載が決まります。

その後、pipin編集部での飲み会で酔った利緒から南吉は突然キスされてしまいます。

『プリティが多すぎる』第3話の感想

南吉なりにpipinを良くしようとか考えていると思うんですが、毎回空回りしてしまうんですよね。

今回も壁にぶち当たってどうなることやらと思いましたが、なんとか乗り越えようと頑張る姿がとても良かったと思います。

利緒もそんな南吉のことを見直したように感じました。

利緒が酔った勢いとはいえ、南吉にキスしたところは衝撃的で、これは酔っているからなのか別に理由があるのかとても気になる終わり方でした。

南吉の驚いて固まる姿が可愛かったです。

柏崎の娘さんがまさか読者モデルの美麗とはびっくりでして笑ってしまいました。

それにしても南吉はモテますね。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

1029

『プリティが多すぎる』第3話のあらすじとネタバレ

南吉は、古巣の編集長・柏崎から娘が「Pipin」の読者で最近派手な格好ばかりしていると愚痴られる。

柏崎は「Pipin」のことを嫌っている様子だ。

南吉は編集部に戻ると、「Pipin」を理解するという意味で「Pipin」のNo.1モデル・キヨラとその彼氏とのカップルデート企画を手伝うことになる。

嫌々手伝う南吉だが、同僚の利緒と共に撮影の準備を進める。

しかし撮影当日、突然キヨラが「彼氏と別れたからこの企画は無かったことにしてほしい」と言ってくる。

南吉は、キヲラを何とか説得し、撮影が始まるが、キヲラとその彼氏はぎくしゃくしたままだ。

仕事を終え駆けつけた利緒が、撮影されたデータを見てこれではダメだと言う。

事情を知らなければ、読者には分かりっこないと主張する南吉に、利緒は読者をバカするなと怒る。

南吉はそれでも莉緒の考えが理解できずその場は終わる。

南吉が編集部に戻り記事の構成を考えていると柏崎がやってくる。

柏崎は、娘が「Pipin」を読み始めてから以前よりイキイキとして、よく笑うようになったことに気付いたと言う。

そして娘は父の会社が、「Pipin」を作ってる会社と同じだと知り、初めて尊敬されたと言う。

つまり、娘にとっては芥川賞より「Pipin」の方が価値の高いものなのだと柏崎は南吉に話す。

柏崎の話を聞き、キヨラと彼氏を呼び出しもう一度撮影させてほしいとお願いをする。

そして、嘘のない記事を書こうと決心するのだった。

南吉は、今回のトラブルを利用し、キヨラの別れ話をうまく記事にした。

そこへ菓子折りを持った柏崎がやってくる。

南吉の挨拶に来たと見せかけ、娘のために編集部を見学させてほしいというのだ。

そして、連れてきたその娘は美麗だった。

その夜「Pipin」編集部全員で飲みに行くことに。

南吉は、利緒に今回のら記事のことを謝る。

莉緒はいい記事だったと突然南吉にキスをするのだった。

『プリティが多すぎる』第3話の感想

今回の話で南吉が「Pipin」への理解を深めたこと、「Pipin」に対する嫌々な気持ちなどは無くなり雑誌編集者として成長し表情も穏やかに見えた。

最後の場面では、莉緒が南吉にキスをするが、莉緒は南吉が前からずっと好きだったのか、今回の件で好きになったのか、はたまた全く好きではないけどキスをしたのか、真相は今のところ謎を残して終わってしまった。

莉緒は、キヨラとその彼氏から高望みしてると一生独り身と言われていたから自分から何か動かなければ密かに決心していたのだろう。

南吉と莉緒の恋模様も来週以降展開が楽しみだ。

ペンネーム:1029(20代・男性)

『プリティが多すぎる』第3話のあらすじとネタバレ

南吉は雑誌ピピンの読者層を広げようと企画書を提出するが、まずは雑誌を知るところからだと言われ相手にされない。

その上、利緒の企画のキヨラとその彼氏のライムのラブラブカップル企画を担当することになる。

南吉は、撮影当日ライムと別れ企画をなかったことにしてほしいと言うキヨラにプロであればカップルを演じて撮影に挑めと迫る。

ぎこちない雰囲気で終わった撮影後、撮影の写真を見た利緒はこの写真はどれも使えないと言い出すが、南吉は現状態でベストな撮影をしたまでだと譲らない。

頑なな南吉に忘れ物を届けに追いかけたレイに南吉は本の編集者を目指したきっかけを語り出す。

『プリティが多すぎる』第3話の感想

文芸部にこだわる南吉の意外な過去がわかり、南吉への見方が変化する回だった。

また、南吉が本に対して並みではない情熱を燃やしているように、ピピンを読んで可愛いに憧れ輝いている読者がいることを知った南吉が、読者が何を求めているかを真剣に考え誌面を作ってくところが仕事ドラマとしても面白いところだった。

偽りのラブラブカップル企画を捨てて、キヨラとライムの別れを書いた今のキヨラの等身大の記事を書いた南吉の成長が逞しく、次回も気になってしまった。

また利緒の南吉に対する思いが変わっていくのも随所に見受けられそれも見所の一つだった。

ペンネーム:梓(30代・女性)

はるか

『プリティが多すぎる』第3話のあらすじとネタバレ

南吉は、編集長から娘が、「ピピン」を読むようになってからおかしくなっていると相談を受ける。

この雑誌を読んでからおかしな友達とつるんでいると怒り出し南吉に「どうしてくれるんだ」と言う。

編集部に戻った南吉は、ピピンの問題点を指摘する。

しかし、編集長から「ピピン」を理解することからと優しく諭される。

そして、南吉は、カップルの密着記事を任される。

バカップルな様子の二人に呆れながら取材する南吉。

この企画に不満のある南吉は、利緒とこの企画について言い合いになる。

取材をしていると破局したから取材は、受けられないと言い出す。

南吉は、嘘でもカップルのふりをして取材すべきと言うが、二人の真実を取材することこそ大切だと分かる。

『プリティが多すぎる』第3話の感想

雑誌のカップル取材のすごさが、分かりました。

若いカップルのノリとか怒りとかを大人が、理解するのは、苦労するなと感じました。

雑誌のカップル取材で仕事なのに破局したから嘘は、つけないからやめるという考え方は、純粋だけど大人になると南吉よりの考え方になってしまうかなと思いました。

南吉の意見は、社会人として当然のような感じもするので共感します。

しかし、若いモデルたちのカワイイに取り組む純粋さも分かるのでどちらの意見もありだなと思いました。

南吉が、莉緒に「ピピン」をバカにしていると思われてしまうのが、かわいそうですね。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

neko

『プリティが多すぎる』第3話のあらすじとネタバレ

お調子者の近松に資料を求められ、久々に文芸編集部に顔を出す新見。

そこで柏崎に思わぬ事実を告げられ、あっけにとられる。

実は柏崎の娘がピピンに触発され、すっかり変わってしまったというのだ。

怒鳴られてピピン編集部に戻る新見。

そこで今度は編集長に「これはピピンじゃない」と企画書案をボツにされる。

強く言いかえす新見だが、やんわり返されてしまう。

そんな編集長の計らい?で、利緒の企画を手伝う事になった新見。

カップル企画という事で、キヨラとその彼氏のマイペースさに翻弄され、またもイライラする。

その日の撮影は順調だった。

しかし後日の撮影で新見は「彼と別れたから企画をなしにして欲しい」とキヨラから言われる。

仕事なんだから読者の期待に応えるのがプロだ、と撮影を続行させる新見。

ぎこちない表情の2人。

撮影後、写真のチェックに戻った利緒は「これは使えない」と表情を曇らせる。

「紙面に載ったら分からない」と言う新見に、またもぶつかる利緒と新見。

一部始終を見ていて追いかけてきたレイに、新見は文芸を目指したきっかけを語る。

それをそっと聞いていた利緒。

残業している新見のもとに、ふと柏崎が訪れる。

娘がピピンによって輝いたという話をされ「これがピピンか」としみじみ言われた新見は、思うところがあり、キヨラ達のもとを再び訪れ撮影を申し込む。

結局記事は当初利緒が作ったものと変わってしまったが「いい記事になった」と認められる。

その日打ち上げで訪れた店で、酔った利緒は新見にキスをしたのだった。

『プリティが多すぎる』第3話の感想

近松にいいように使われて苦笑いするも、どこか人の好さを感じさせる新見。

新しい企画を打ち出すも、やんわり編集長に否定されてしまう。

利緒のヘルプで入ったカップル企画ものでは、キヨラ達に逆にお似合い、と利緒との関係をからかわれ、思わず強く否定する感じがほのぼのする。

そんな後日に生じたトラブルはきっと新見にとってまたありえない事態だったに違いない。

そして無理やり仕事を遂行する新見、ぎこちない距離と表情のキヨラ達。

結局それも、利緒に「使えない」と言われ、ぶつかってしまう。

ピピンが嫌いなわけじゃない、生きる意味を見出してくれた文芸の編集で居たい思いが強いのだ。

「カワイイに一生懸命な子達を馬鹿にしないで」という利緒の言葉が引っかかっている新見。

ふいに訪れた柏崎の言葉もあって、新見は企画を変えてキヨラに再撮影を申し込む。

そしてその企画はみごと編集長のオッケーがでたのだ。

そして最後の突然のキスには驚いた。

次回どうなるのか楽しみだ。

ペンネーム:neko(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『プリティが多すぎる』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『プリティが多すぎる』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA